配達パートナーの登録はこちら

会社を辞めたいけれど行く宛がない人はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をすれば良いです

疑問を持ったブタさん

最近気づいたけれど、僕が今働いている会社って、結構ブラック企業かもしれない。ツライなぁ。

あぁ。。。会社を辞めたい会社を辞めたい会社を辞めたい・・・!!

・・・だけど、会社をやめたら、一体僕はどうやって生きれば良いのだろう?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 日本人は会社に行くのが嫌で毎日憂鬱な日々を過ごしている人が非常に多い
  • 安定志向の日本人は会社を辞めたいけれど、その後が不安な人が本当に多い
  • 会社を辞めたいけれどその後の方向性が無ければ、まずUber Eats(ウーバーイーツ)をやれば良いと思います

日本人は会社に行くのが嫌で毎日憂鬱な日々を過ごしている人が非常に多い

もはや皆さん承知の人が多いかもしれませんが、悲しい事実をお知らせします。

多くの日本人は、会社が嫌すぎて毎日憂鬱な日々を過ごしている人が多いです。

特に深刻な人だと、会社(仕事)が原因でうつ病になってしまう人も日本国内には非常に多いです。

朝の満員電車に乗ることを考えるだけでもテンションが下がって憂鬱

朝の満員電車、本当にツライですよね。

実際、私も朝の満員電車の経験がありますが、ぶっちゃけて言うと「負のオーラ」の漂い方が尋常ではないレベルです。

皆さん、会社に消耗しているんでしょう。

朝の通勤による満員電車は、乗るだけでテンションが下がり、憂鬱になってしまいます。

会社に行ったらあとは怒られっぱなし、こき使われっぱなしな事が分かりきっていて憂鬱

満員電車で消耗しきったあと、会社でもさらに消耗してしまうことが多いです。

朝の満員電車でただでさえストレスをためてしまったのに、会社でも理不尽なことで怒られたり、別にやらなくても良いタスクを無理やり振らされてそのことで怒られる、なんてことは会社員では当たり前のようにありますね。

個人的な意見を言うと、「やってもやらなくても良いタスクは振るな!」と、声を大にして言いたいですね。

なぜなら、タスクが増えることに伴い、ミスが増えるリスクも増えることを意味します。

つまりそれは、怒られる可能性や、気分が萎える可能性が高くなることにも繋がりますよね。

会社の仕事なんて自分にはほとんど還元されないので、最低限の仕事をさっさとこなして定時で帰宅をするのが最適解だと私は思います。

もしそうでないと考えているのであれば、むしろ早く独立することをおすすめします。

独立をすれば、より自分に還元される量が確実に増えるでしょう。

1日では出来ないような仕事量が降ってきてなかなか帰らせてもらえず憂鬱

ストレスも溜まりつつ、会社で理不尽な仕事を沢山されつつ、なかなか帰ることができない。そんな会社はとても多いです。

明らかに1日分(8時間)で終わる量じゃないくらい大量のタスクが毎日課される、なんて人も多いのではないでしょうか。

特に、金融系、IT系の人はその傾向が強いように感じます。

それゆえに毎日10時間とか11時間とか働いており、自分の時間が全く確保できず、精神的にかなり重い負担になってしまうことはよくある話です。

そんな働き方をしていると、折角の自分の人生なのに、会社のために生きているようなものではないでしょうか。

安定志向の日本人は会社を辞めたいけれど、その後が不安な人が本当に多い

ところで、日本人の多くは、安定志向ですよね。

皆さん、正社員として就職して、安定したキャリアを築き上げていきたい、と考える人が非常に多いです。

しかし、その事が災いして、多くの日本人はツライ会社を辞めれずにくすぶっている人が非常に多いと思います。

しかし、そんな辛い思いをして、その先に一体何を求めているのでしょうか?

日本人は安定志向な人がまだまだ多い。しっかりと一定額の給料はもらい続けたい

昔よりも柔軟な思考になってきたとはいえ、日本人は相変わらず安定志向な人が本当に多いですよね。

周りを見渡してみると、「起業したい!」と声高に言う人は私の周りでもちらほらいますが、その中でも実際に起業しているのはごくわずかです。

やはり、皆さん、起業したい、と心の何処かで思いつつも、毎月の安定した収入はしっかりキープしておきたいのでしょう。

会社員として働く事と安定した収入を失うことを天秤にかけたときに、まだ、会社員として働くことを選ぶ日本人は多いようです。

しかし、本当にその選択で良いのでしょうか?

あなたがこの先も会社員として働くことを選び続けた場合、あなたが生み出した利益の一部は常に会社に吸収され続けることになります。

言うまでもなく、消耗してしまいますよね。

仕事が憂鬱で辞めたいけれど、辞めたら辞めたで不安が多そうだから結局辞めない

仕事を辞めたい、と考えている人、「会社辞めたい」が口癖になっている人がものすごい多いことを感じます。

仕事が本当に辛くて辞めたいけれど、なかなか辞めることができなくて、結局TwitterやInstagramのストーリーなどでネガティブな発信を行い平静を保とうとする、そんな人がちらほらいます。

確かに、仕事は辛くて会社に行くのがとても憂鬱だけれど、だからといって会社をすぐに辞めることが出来るとそうではないだろう、そう考える人が多いようです。

確かに、その気持ちもわかります。

今まで、会社員として会社から与えられる給料でご飯を食べていた人からすると、会社に属しないでどのようにして生きていくことができるのか、そう疑問に思うことも不思議な話ではありませんね。

そんなこんなで、結局いつになっても文句ばっかり口にして会社に居続ける、そんな人が少なくありません。

その結果、「意識高そうなフリして結局消耗してる奴」が大量発生している

仕事を辞めたいけれどなかなか決断がつかず、意識を高くしたいのか、変なセミナーに何回も参加して、むしろ消耗している日本人もたまに見かけます。

残念なお話ですが、会社が辛くて会社を辞めたい人をターゲットに、悪質なセミナーの勧誘だったりマルチ商法の勧誘なんかが蔓延っているのが現実です。

このような悪い流れができてしまうのも、日本人のなかなか決断が出来ない性質ならではのことでしょう。

私の知人にも、会社を辞めて起業して頑張ろう、と言っている傍ら、マルチ商法にドップリとハマってしまい、なけなしの少ない給料の殆どを会社に吸い取られてしまっている、という人もいます。(多少可愛そうですが・・・)

会社を辞めたいけれどその後の方向性が無ければ、まずUber Eats(ウーバーイーツ)をやれば良いと思います

この記事を読んでいる人は今までに無かった選択肢を見出すことが出来て幸運だと思います。

結論から言うと、会社をやめたいけれど、辞めた後にどうやって生きていけば分からない・・・と考えている人は、まずはUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動をしてみることを強く推奨します。

会社を辞めた後、稼ぎ口が見つけられない人はとりあえずUber Eats(ウーバーイーツ)配達がおすすめ

今の時点で、会社を辞めたいけれど辞めた後に何をすれば良いのかわからない人は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやりましょう。

多くの人にとっては、給与所得以外にお金を稼いだことが無いと思います。自分自身で確定申告をしたことのある人など、あまり居ないのではないでしょうか。

そんな人がいきないr給料以外に稼ぎ口を見つけろ、といっても難しい話です。

そんな中、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーであれば、配達を1件ずつこなしていくことで、確実に個人でお金を稼ぐことができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを会社をやめた直後の保険として活動をしてもよいし、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをきっかけにさらなるビジネスに挑戦するのも良いと思います。

ともあれ、誰も活動をすれば確実にお金を稼ぐことのできるUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、あなたが会社を辞めるよいきっかけになると思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは「個人事業主」だから「独立した」と胸張って言える

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、雇われとしてではなく、「個人事業主」として活動をします。

Uber社とUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとの関係は、雇用者、被雇用者の関係ではなく、業務提携、パートナーといった関係に近いです。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)で活動を始めた時点で、あなたは立派な「独立」を果たすことが出来ます。

独立をした時点で、他の会社員の皆さんとは大きな差をつけることが出来ると思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)から振り込まれた報酬は給与所得ではないため、個人で確定申告をすることになりますが、確定申告は個人で事業を行っている人は皆行うため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは独立への良いステップアップであると言うことができると思います。

シフト自由、自分の裁量で働けるから会社員生活では見えなかった世界観が見つかる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーでは、完全に自分の裁量で働く事ができます。

一般的なアルバイトのように、シフトなどが全く定められていないのがUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの大きな特徴です。

自分の好きな時間に、自分の好きな時間だけ働くことができるのがUber Eats(ウーバーイーツ)の魅力です。

自分の裁量で働くことができるため、会社員のように、「帰りたいけれどなかなか帰れない・・・」といったこともありません。

そのため、精神的にも良い健康状態を保つことができます。

完全に自己管理になりますが、会社員生活とは大きく違った世界観が見つかることは間違いがないでしょう。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集