配達パートナーの登録はこちら

大学生がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録するメリット・デメリット

疑問を持ったブタさん

大学生がUber Eatsの配達パートナーに登録するメリットって、一体何があるんだろう。

大学生だったら、おとなしくアルバイトや派遣をやればいいと思うんだけど、わざわざUber Eatsの配達パートナーに登録して活動する必要性はどこにあるのかな?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 大学生がUber Eats配達パートナーに登録するメリットを3つご紹介
  • 大学生がUber Eats配達パートナーに登録するデメリットとは?
  • 【事実】Uber Eats配達パートナーに登録して活動している大学生は非常に多いです

この記事を書いている私は、大学生・・・ではないですが、大学生の頃にUber Eatsの配達パートナーとしてガッツリ働きたかったな・・・と思いました。

今の時代は、Uber Eatsの配達パートナーという働き方がメジャーになっており、現在の大学生は本当に恵まれていると思います。

このような選択肢がある限り、この選択肢を選ぶかどうかは本人の判断に委ねられますが、正直な話を言うと、もし私が現在大学生であれば、確実にUber Eatsの配達パートナーとして活動をしていると思います。

大学生がUber Eats配達パートナーに登録するメリットを3つご紹介

大学生にとって、Uber Eatsの配達パートナーという働き方は非常に魅力的な働き方です。

ここでは、大学生にとって、Uber Eatsの配達パートナーとして登録をすることのメリットを3つご紹介します。

Uber Eatsは大学生が行うのにうってつけの働き方であると言うことができると私は感じています。

具体的に、「どのような点が」大学生がUber Eatsの配達を行う上で魅力的なのか、詳しく解説をしていきます。

メリット1.アルバイトではすぐにお金が手に入らないけれど、Uber Eatsなら即金可能

1つめのメリットとしては、「アルバイトでは給料がすぐには手に入らないけれど、Uber Eatsならすぐに報酬を受け取ることができる」という点があります。

アルバイト、会社員ともに、一般的には給料日は月に1回に設定されているところが多いですよね。

実際、多くのアルバイトや会社は、毎月25日ごろが給料日になっているところが多いです。

月末になるとATMにスーツを着たサラリーマンが行列を作っている様子を見たことがある人も多いかと思います。

しかし、Uber Eatsの配達パートナーであれば、週に一回、給料日がやってきます!

どういうことかというと、実はUber Eatsの配達パートナーの報酬は、「週末締めの翌日払い」という体系になっているのです。

そのため、毎週Uber Eatsの活動をしていれば、毎週給料が入ってくるのです。

銀行口座によって報酬が支払われる曜日は違います。

私の場合、みずほ銀行なのですが、Uberからの海外送金の手続きが毎週月曜日に行われ、手元の口座に入ってくるのは水曜日となります。(これは銀行口座によって異なる場合があります。)

毎週報酬が入ってくることによって、大学生にとっては、突然決まる旅行の計画などにも柔軟に対応することができるのは魅力的なのではないかと思います。

普通のアルバイトは翌月まで待たないと給料が入りませんが、その点毎週給料が入ってくるUber Eatsはお金の無い大学生に特に支持される給与形態をしているのではないかと思います。

メリット2.アルバイトでは上司にグチグチ怒られるが、Uber Eatsは一切ない

2つ目のメリットとしては、「アルバイトは上司にグチグチ怒られる事が多いが、Uber Eatsは一切怒られることが無い」ということです。

私はUber Eatsの配達パートナー以外に、一般的なアルバイトの経験もあるのですが、上司に非常にグチグチ怒られていました。

私が上司に怒られる大きな理由としては、「何度同じことを言われてもなかなか仕事を覚えることができない」というものが大半を占めていたのですが・・・正直、バイトの仕事なんてよほど興味がないと簡単には覚えることはできませんよね。

私は飲食店の厨房でアルバイトをしていたのですが、メニューの盛り付けの位置や仕込みの野菜の置き場所などが細かく指示されていました。

メリット3.アルバイトではシフトが決まっていて面倒だが、Uber Eatsは好きなときに働ける

3つ目のメリットとしては、「Uber Eatsはシフトが無く、完全に自分の好きなタイミングで働くことができる」ということです。

多くの大学生が行う、一般的なアルバイトの場合、シフト制であることがほとんどですよね。

毎月、自分の出勤できそうな日程をあらかじめシフトに登録をしておいて、基本的にシフトに指定された日には確実に出勤をしなければいけないのがシフト制のデメリットですね。

しかし、自由な時間を満喫できる大学生にとって、シフトが定められているのは正直、結構イヤですよね。

そんなアルバイトの働き方に対し、Uber Eatsの配達パートナーは、自分の好きなときに働くことができるというメリットがあります。

「えっ、シフトはどうするの?」と思う方もいるかもしれませんが、Uber Eatsには「シフト」という概念がありません。

Uber Eatsの配達パートナーは、自分の働きたい時に、専用アプリのスイッチをON/OFFするだけで、自分の働きたい時だけ働くことができるのです。

そのため、極論を言ってしまうと、10分だけ働くこともできますし、体力があれば12時間働き続けることもできます。

アプリの稼働状態がONになっていれば、飲食店から配達の依頼がある限り、配達をすることができます。

もちろん、配達した分だけお金を稼ぐことができるのです。

大学生がUber Eats配達パートナーに登録するデメリットとは?

ここでは、大学生がUber Eatsの配達パートナーに登録をして活動をすることに関するデメリットについてご紹介いたします。

大学生の一般的な働き方といえば、基本的に「アルバイト」ですよね。飲食店や書店、居酒屋、スーパーなどで働くことが一般的だと思います。

そんな働き方とは大きく異なる「Uber Eatsの配達パートナー」という職業ですが、大学生が行う上でなにか不都合のある点があるのか?について解説をしていきます。

【結論】デメリットは、無いとおもいます。

結論を先に言ってしまうと、大学生がUber Eatsの配達パートナーに登録することのデメリットは一切ないのではないかと私は思います。

大学生にとって、Uber Eatsの配達パートナーは最適な働き方である、ということですね。

ズバリ言ってしまうと、Uber Eatsの配達パートナーという働き方はアルバイトよりも圧倒的に柔軟な働き方ができるのは間違いないと思います。

私も大学生の頃はアルバイトをしていましたが、私が大学生をしていた頃からUber Eatsの配達パートナーという働き方がメジャーになっていれば、確実にUber Eats配達パートナーとして活動をしていたと思います。

自分が今思い浮かぶメリットを書き出してみると、こんな感じです。

  • 自分の好きな時間に働くことができる
  • 上司にガミガミと怒られることもない
  • 給料は毎週支払われる
  • 身体を動かす仕事なので、健康的で筋トレ・ダイエットにも繋がる
  • たくさんのおしゃれな飲食店を知ることができる
  • 六本木ヒルズやテレビ局などの普段入れないところにも配達に行ける
  • ときには芸能人・有名人の家に配達に行くこともある

・・・まだまだ書き出すとキリがありませんが、ちょっと考えただけでもこれだけのメリットがUber Eatsにはあります。

強いて言えば、Uber Eatsは「対応エリア」が決められていること

かろうじてUber Eatsのデメリットを上げるとするならば、「対応エリアが決められていること」ですかね。

Uber Eatsの配達エリアはどんどん広がってきたとはいえ、まだまだ対応していないエリアも多いですね。

東京や大阪といった都心に住んでいる人であれば、気軽にUber Eatsの配達を開始することができるかと思いますが、Uber Eatsの配達エリア外に住んでいる人はどうしても始めるのが難しいですね。

とはいえ、現在は多くの主要都市がUber Eatsの配達に対応をしてきたので、多くの大学生にとって始めやすいのではないかと思います。

そう考えると、少なくともUber Eatsの配達に対応しているエリアに住んでいる方は、積極的に配達パートナーとして活動をすることが合理的かと思います。

【事実】私はUber Eatsエリア外に住んでいましたが、エリア内まで電車で行ってました

これは事実なのですが、私は少し前まで、Uber Eatsの対象エリア外に住みつつ、エリア内まで電車で向かい、そこから稼働を開始していました。

具体的に言うと、私は東京都下に少し前まで住んでいましたが、Uber Eatsの配達をしたかったため、電車に乗って対応エリアである新宿まで向かい、そこからシェア自転車「赤チャリ」を借りて配達をしていました。

電車代は往復で500円程度毎回かかっていましたが、それでも新宿まで出てきてUber Eatsの配達をするのは私にとって非常に魅力的な選択だと思いました。

実際、Uber Eatsの配達パートナーは本当に自由に働くことができるので、このように多少の出費をしてでも配達を行う価値は十分にあるのではないかと思います。

Uber Eatsの配達は基本的に東京都では23区内となりますが、東京都下(西東京エリアなど)に住んでいる大学生でも選択肢の一つに入れて良いかと思います。

【事実】Uber Eats配達パートナーに登録して活動している大学生は非常に多いです

ここで事実をお知らせしておくと、Uber Eatsの配達パートナーに登録をして活動をしている大学生は非常に多いです。

街中でUber Eatsの配達をしている人たちを見ていると、若い方々が非常に多く、多くの大学生が活動をしていることがわかります。

大学生にとって、今までは居酒屋などを始めとした「アルバイト」しかお金を稼ぐ手段はありませんでしたが、Uber Eatsの配達パートナーという働き方は近年、どんどん一般的になっているように感じます。

実際にUber Eats配達をしていると、大学生の配達パートナーによく会います

これは事実なのですが、Uber Eatsの配達を実際に行っていると、大学生の配達パートナーの方に会うことが多いです。

やはり、大学生のUber Eats配達パートナー率はとても高いと実感しています。

事実、時間の余裕のある大学生にとって、自由な働き方であるUber Eats配達ほど魅力的な働き方はなかなかないかと思います。

  • 自分の好きな時間に働くことができる
  • 上司にガミガミと怒られることもない
  • 給料は毎週支払われる
  • 身体を動かす仕事なので、健康的で筋トレ・ダイエットにも繋がる
  • たくさんのおしゃれな飲食店を知ることができる
  • 六本木ヒルズやテレビ局などの普段入れないところにも配達に行ける
  • ときには芸能人・有名人の家に配達に行くこともある

このようなメリットがあるUber Eatsの働き方は、普通の社会人になったらまず出来ない体験でしょう。

Uber Eatsの配達パートナーとしての働き方は、大学生にとって、お金を稼げるだけでなく、とても良い体験・思い出にもなるのではないかと思います。

特に、六本木ヒルズに入ったり有名人の家に配達ができる仕事など、本当にないですからね笑

これは運次第ですが、実際にUber Eatsの配達を続けていると、少なからずこのような機会が訪れることはあるでしょう。

(六本木ヒルズへの配達に関しては、非常に多いです(笑))

大学生は基本的に時間に余裕があるので、Uber Eats配達で非常に稼ぎやすいです

大学生の方は重々承知かと思いますが、一般的な社会人と比べて、圧倒的に自由な自分のための時間をつくることができますね。

実際に私も大学生だったのでよくわかりますが、大学生って本当に暇ですよね。

暇で時間はとても豊かにあるけれど、お金がない。

これが大学生ですね。

そんな大学生にとって、やはりどう考えてもUber Eatsの配達パートナーという働き方はめちゃくちゃ魅力的であると胸を張って言うことができます。

時間はあるけれど、自分だけの自由な時間がほしい、そんな学生の皆さんは、一般的な飲食店のアルバイトなどで消耗をしていないで、Uber Eatsの配達パートナーとしての稼働を始めてしまうのが懸命な選択だと私は思います。

運動好きな人や自転車に乗るのが好きな人にとって、Uber Eatsはもはややらない理由はない

最後にUber Eatsに特に向いている人はどのような人か?について解説をしていきたいと思います。

前提として、「とりあえず大学生にとってUber Eatsはとても魅力的な働き方である!!!」ということは間違いがありません。

その中でも特に「自転車によく乗る人」や「運動好き」な人は、確実にUber Eatsの配達をやったほうが良いと思います。

なぜならば、Uber Eatsの配達パートナーは、自転車に乗って都心を駆け回りつつ配達をすることで、お金を稼ぐことができるからです。

他の仕事・アルバイトでこのような仕事はなかなか無いでしょう。

強いて言えばメッセンジャーくらいかな?だけど、Uber Eatsほど自分の働きたい時に自分のペースで働くことのできるラフにできる仕事は無いのではないかと思います。

今回の結論!

大学生は、とりあえずUber Eatsの配達パートナーに登録しておけば間違い無しです!以上!

【a】Uber Eats 配達パートナー募集