Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達が危ない18の理由を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の危ない配達って、どんな配達なんだろう?危ない配達をすると何がいけないの?危ない配達をすると稼ぎにくくなるって本当?

今回の記事を読むことで、このような疑問を解決できます。

この記事を読んでわかること

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の危ない配達パートナーに焦点を当てて解説をしていきます。実は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の危ない配達パートナーはどんどん増えており、危ないUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーによる事故や事件も発生していることが現状としてあります。

もちろん、危ない配達パートナーは居てはいけません。しかし「危ない配達パートナー」とはどのような人たちなのか?具体的な事例を紹介いたします。

目次

【警告】Uber Eats(ウーバーイーツ)で危ない配達をしている人は改善しましょう

Uber Eats(ウーバーイーツ)したい男の子

Uber Eats(ウーバーイーツ)ってすごい魅力的なサービスだとおもう。

使い方によってはデメリットとかあるのかな?

Uber Eats(ウーバーイーツ)はとても画期的なサービスじゃが、実は「怖い・危ない」一面も潜めているのじゃ・・・。

ここでは、そんなUber Eats(ウーバーイーツ)が「どんな状況だと怖く、危ないのか?」について詳しく解説していくぞい。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

ここでは「怖い・危ない配達を行うことの大きなデメリット」について解説をします。

最初に警告をしておきますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの中で怖く・危ない配達をされている方は、本当に改善をしてください。心から、よろしくお願いいたします。

怖く・危ない配達をしていると、結果として気持ちよく配達の仕事をこなすことは難しいと思うし、リスクを追ってまで「怖い・危ない配達」を選択してもリスクに見合うリターンを得るのは難しいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の危ない配達をしていると、他人に迷惑です

最初に警告じゃが、Uber Eats(ウーバーイーツ)で他の人の迷惑になるような怖い配達や危ない配達をするのは絶対に駄目じゃぞ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

まず、怖い・危ない配達の仕方をしていると、他の方に大きな迷惑が掛かってしまうのでやめましょう。というお話です。「怖い配達・危ない配達、ダメ、ゼッタイ」です。

私ももうUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとしてのキャリアはそこそこ長くなるため、さまざまな配達パートナーを見てきましたが、やはり一定数の配達マナーの良くない配達パートナーがいることは残念ながら事実としてあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして怖い・危ない配達を行っていると、自分以外の歩行者や、他のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに対して大きな迷惑が掛かります。

そうか・・・。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は自分本位なものであってはいけません。他の人への配慮があることこそがUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活動するための最低条件になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)したい男の子

そうか・・・。怖い・危ない配達をすると、自分が危険だけじゃなくて、他の人にも迷惑がかかるから、安全な配達を心がけよう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の危ない配達では他の人より稼げません

君はUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぎたいと思っているのじゃな?それならなおさら怖い・危ない配達をするのは良くないぞ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)でしっかりと稼ぐことが出来る人は、みんなコンスタントに安全な配達でしっかりと活動している人が多いんじゃぞ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

そもそもの話になりますが、あなたがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達において、「怖い・危ない方法」で配達をしたところで、他の人よりも優位になったり他の人より稼げるようになる、なんてことはありません。

むしろ「怖い・危ない配達をすること」であなた自身も、あなたの周りにいる人たちにも、デメリットとなることがほとんどと言っても過言ではありません。

ちょっとシビアなお話にはなりますが、怖い・危ない配達を続けていると、最悪な事態、あなた自身が交通事故で亡くなってしまったりあなたが歩行者の方などに怪我を負わせてしまいます。

その結果、損害賠償や逮捕・・・なんてことも十分に考えられます。

そもそもの話になりますが、配達のお仕事として道路を自転車やバイクで走る以上、しっかりと責任を持って行動をする必要があります。

多くのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの方はお金を稼ぐことに必死であるため、あまり深く考えたことはないかもしれませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達はとても慎重に行う必要があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)したい男の子

なるほど・・・。結局、ルールをしっかり守って、正しく配達したほうがいい結果を出せるんだね!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で危ない配達をしていたら反省すべき

この記事を読んでいるUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている、そこのあなたに問いただしたい。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で、自分が怖い・危ない配達をしている自覚はまさかだけどないじゃろな・・・?

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

この記事を読んでいるあなたがもうすでにUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動しているのであれば、あなた自身、これまでの配達で怖い・危ない配達をしていなかったか、今一度振り返ってみてください。

「交通安全を完全に守って、とても安全、快適な配達ができた」と自身を持って言えるかた、素晴らしいです。

あなたのような方がUber Eats(ウーバーイーツ)で結果を残せる配達パートナーになれます。引き続き安全運転を心がけて気持ちのいい配達を心がけてください。

「ちょっと怖い・危ない配達をしてしまうときもあったかな」と感じているあなた、気をつけてください。

あなたが「多少でも危険な配達をしてしまったかもしれない」という意識があったら、事故に巻き込まれてしまったり、あなた自身が事故の加害者になってしまうリスクが少なからずあります。

「怖い・危ない配達ばかりしてしまった」と考えているあなた、今すぐ配達を改善してください。怖い・危ない配達を今まで通り続けていると、遅かれ早かれ、深刻で重大な事故に巻き込まれてしまいます。

「今まで事故をしてこなかった」からといって、これから先も事故をしないかと言われると、そうとは断言できません。怖い・危ない配達を続けることで、事故が起こってしまうリスクは非常に大きくなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)したい男の子

怖い・危ない配達は「ダメ、ゼッタイ」だね!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の「危ない配達」の具体例

ここからは、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の怖い・危ない配達について、具体例を紹介していくぞい。

ランキング形式で、よくある「怖い・危ない配達」を取り上げて見るぞい。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

次に『怖い・危ない配達とはどのような配達なのか?』について解説をいたします。一言で「怖い・危ない配達」と言っても、さまざまなパターンがあるので、なかなか実感を掴むことは難しいかもしれません。

そんなあなたのために、ここでは、実際にこの記事の著者、かつUber Eats(ウーバーイーツ)現役配達パートナーである私が遭遇したことのある「怖い・危ない配達」に具体的な事例をご紹介いたします。

信号無視をガンガンする人

信号無視は歩行者や自転車ドライバーでは軽視する人が多いのじゃが、マジで危険なので絶対にやっちゃダメなんじゃ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

まず信号無視をガッツリ行う人は自他ともに危険なので今すぐ辞めましょう。辞めましょうというか、やっては絶対にダメですね。

田舎出身の人はもしかしたら地元に信号がなかったり、あっても交通量が少ないために信号をあまり守らないような人が多いかもしれません。しかしUber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアである東京や大阪、名古屋などの都心で信号無視をすると、非常に危険です。

なぜなら都心は田舎と比べると交通量がとても多く、交通遵守の意識をしっかりと持っていないと事故を起こしてしまう可能性が非常に高くなります。

また信号無視をしているところをパトカーや覆面パトカー、路上にひっそりと隠れている白バイ警察官(これが都心は本当に多い)に見られると一発アウトです。警察官に捕まるとまずその日の配達はストップしてしまいます。免許が停止になってしまうことさえ考えられます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)したい男の子

信号無視は命に関わることもあるからね。信号は守るためにあるんだよね。信号無視は絶対にしないようにするよ!

歩行者の多い歩道を自転車に乗って歩行者に激突する人

自転車は「車両」じゃから、本来は歩道を走行しちゃダメなんじゃ。

歩道は文字通り、「歩行者のための道路」じゃ。

歩行者を歩いている人の事を最大に考えることが必要じゃぞ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

歩道を爆走する自転車配達パートナーの方をたまに見かけますが、怖いですよね。その上に歩行者に接触する自転車配達パートナーもこの間見かけました。歩道の爆走による歩行者への接触に関しては完全に配達パートナーに非があります。

相手が重症を負ってしまうリスクもあります。そうなった場合、多額の慰謝料を支払う必要があり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でお小遣い稼ぎをする意味がそもそも亡くなってしまいますね。

お金を稼ぐためにUber Eats(ウーバーイーツ)をしているのにもかかわらず、他人を不幸にしてしまい、お金も賠償で多額を失ってしまう、こうなっては本末転倒です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を自転車で行う方は、基本的に車道を走行しましょう。歩道は本来歩行者のための道であり、自転車が通る場所ではありません。

中には広い歩道があり自転車の走行が許されている場所もありますが、そのような道でも歩行者が第一優先です。自転車で配達をする方は、基本的に「車道での配達」を頭の片隅に置いておいてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)したい男の子

基本的に自転車は車道を走るべきだね!

スマホ操作しながら自転車に乗って配達をする人

スマホを片手に運転をするのは、本当に怖い・危ないから絶対にやめるべきじゃ!

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

Uber Eats(ウーバーイーツ)したい男の子

たしかにスマホ片手運転をすると転倒や衝突の事故の原因になるから、本当に怖い・危ないね!

実際、僕も片手運転で自転車ひっくり返ったことあるし・・・本当に怖い・危ないからダメだよ。

私がUber Eats(ウーバーイーツ)配達中に見た「怖い・危ない例」として、こちら「スマホを操作しながら自転車に乗った配達パートナー」を何度か見かけたことがあります。

もちろん危険な配達行為なので、今すぐに辞めるべきです。Uber Eats(ウーバーイーツ)は仕事の受注や配達にスマホを使う必要のある仕事ですが、だからといって自転車に乗って運転している最中にスマホを操作するのは絶対にダメです。

自転車の運転中に操作するのは本当に危険です。「片手運転になってしまう」こと、さらに「スマホに注視することで視界が狭くなってしまう」ことという、危険と危険の組み合わせで超危険な行為になります。

スマホ自転車はものすごい危険な行為ですが、私が配達をしていると意外とスマホを片手に自転車の運転をしている配達パートナーは多いです。本当にやめたほうがいいですよ・・・。

とはいえ「スマホを使わないとUber Eats(ウーバーイーツ)の配達ができないじゃないか!」という配達パートナーの皆さんに、のちほど、スマホを使って配達をするUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの皆さんが絶対に持っておくべきアイテムをご紹介いたします。

夜間のライト無灯走行

夜間に自転車のライトを付けずに平気で運転をしている人がいますが、大変危険な行為です。

仮に自分が道や人物が見えていても、相手からしたらあなたが無灯火でスピードを出して突進してこられたらひとたまりもありません。

夜間に自転車に乗る際は必ずライトをつけましょう。

ブレーキ不良運転

ブレーキ不良運転も非常に危険です。自転車のブレーキは、左側が後輪、そして右側が前輪のブレーキの役割を果たしますが、どちらのブレーキもうまく機能しなければまったく意味がありません。

時々、片側のブレーキがまったく効かない自転車に乗っている人などが見られますが、そのような自転車に乗っている人はもっと危機感を持ってください。

これは昔の私にも言いたいのですが、片側しか効かない自転車にのっていると、とっさの時に効かない方のブレーキを握りしめ、その結果危機から回避できずに大怪我に遭ってしまう・・・なんてこともあります。

もし現在乗っている自転車がどちらかのブレーキしか効かないようであれば、今すぐ自転車屋さんに持っていって修理をしましょう。

幼児の複数人乗せ運転

さすがにこれはUber Eatsの配達では居ないとおもいますが、一般的の自転車運転マナーとして、幼児を複数人乗せて運転することは非常に危険です。

あなた一人の力では、いくら幼児とはいえ、複数人乗せて完璧に安全に運転する、なんて一般的に考えて不可能ですよね?

余談ですがUber Eatsの配達で複数人幼児を乗せて配達をしている人がいたら、すぐに配達を止めさせましょうね。

踏切への立ち入り

私は踏切の立ち入りに関してはやっている人をあまり見たことがないのですが、カンカンなっている踏切が降りている踏切に堂々と立ち入って越えようとする人がいるみたいですね。

どういう神経でこの行為を行うのか、私には理解できませんが、懲りずに何度もやっているといつか死にます。はい、確実に。

電動自動車のスピード走行

電動自転車をスピード走行するのも、実はなかなか危ない行為です。

Uber Eatsの配達パートナーはシェア電動自転車にのって配達を行う人が結構多いですが、スピードの出し過ぎにはくれぐれも気をつけてください。

二人乗り

これはさすがにUber Eatsの配達パートナーでは居ませんが、自転車の二人乗りも非常に危険だし、れっきとした法律違反です。

中学生ならまだしも・・・なんて言えるはずないし、もはや大人でも時々二人乗りをしているカップルなんかを目にしますが、これも非常に事故の危険性が高まります。

イヤホンなど使用運転

イヤホンを使用して自転車の運転をするのも、非常に危険です。

とはいえこのブログでも片耳イヤホンを付けてUber Eatsの配達をすすめていたりしますが、その目的は配達依頼の通知依頼を聞き取るためだけの目的であり、もちろん音楽を聞きながら配達をしたりするのは本当に危険なので絶対にやめてください。

またもや、両耳イヤホンやヘッドホンを着用しての自転車の運転など、これもまた、事故率が急上昇します。

最近ではAirPodsをはじめとした完全ワイヤレスイヤホンなども人気がありますが、これを両耳に装着して音楽を聞きながらの配達なんかは絶対にやめましょう。

飲酒運転

自転車だから大丈夫、とかいって飲酒運転をするのも絶対にダメです。

自動車の酒気帯び運転で逮捕される人がいるニュースなんかはよくありますが、自転車の詰みも自動車とまったく同じで、仮に酒によった状態で自転車を運転して人を怪我させたりなどしたら普通に逮捕される可能性結構でかいです。

・・・飲酒運転でUber Eatsの配達を行っている人はさすがに居ませんが、いたら私に教えてください。(その後どうなるかはお察しで

シニアとの接触

自転車を走行する際には、シニアとの接触にも非常に注意をするべきです。

高齢者を接触すると、わりと大事になることがおおいです。お年寄りはとくに体が弱いので、怪我や捻挫をさせてしまうと、下手するともう痛みが引かなくなることもあったり、命を落としてしまうことだって十分にあります。

Uber Eats配達パートナーにとって一番よいのは、「できる限り高齢者のそばを走行しない」これに尽きます。

自転車での犬の散歩

Uber Eatsの配達パートナーで配達中に犬の散歩をしている人がいたら逆に見てみたいほどですが、非常に危険な行為です。

リードが自転車のギアに絡まり、犬が大怪我をしてしまう大事故の事例も結構多いです。

本当にあなたが犬を愛しているのであれば、きちんと歩いて散歩しましょう。

歩道でのスピード走行

歩道を爆速で自転車を走らせるのも非常に危険です。

歩道はその名の通り、歩行者のための道路です。自転車に乗る人のための道路ではありません。

自転車の人は、どうぞ、車道へ。

※自転車を走行してもよい歩道もありますが、基本的に自転車は車道を走行するもの、と認識しておくべきです。

傘さし運転

雨の日にUber Eatsをする人の中で傘差し運転をする方は居ませんが、傘差し運転は本当に危ないので絶対に行うべきではありません。

ちなみに私は昔、傘差し運転をしてカーブで大胆に転んで大怪我をした経験が何度かあります。

並進走行

よく、複数人でUber Eats配達を行っている謎の人たちを時々見かけますが、自転車やバイクで並進走行をして話しながら配達をするのは危ないのでやめましょう。

並進走行は自転車だけでなくバイクでも非常によく見られる光景ですが、危険です。

一時停止無視

自転車だからといって、交通標識を無視して運転するのは非常に危険ですのでやめてください。

とくに自転車の運転手は一時停止を無視して思いっきり突っ込んでくることなどあるので、もっと警戒心を持って自転車を運転すべきです。

車道の右側通行

自動車と同じように、自転車が車道の右側走行を行うのは、逆走で非常に危険です。

しかも車道の右側を走ってる場合、対向車が来たら避けれず事故まっしぐらですよね。絶対にダメです。

自転車は、あくまでも車道の左側を走行すべきです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが逮捕された事例

先日、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動をしていた男が逮捕されました。

逮捕された理由としては「女子大生にわいせつな行為をした疑い」だそうです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、誰にでも簡単にできる仕事(選考などがいらない)です。誰にでも可能な仕事であることが災いした結果、今回のようにわいせつ行為で逮捕される人が出てしまったのかもしれません。

しかしUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をまじめにやっている人も多く、今回の逮捕によってUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー全員の印象が悪くなってしまうのはイヤですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で危ない配達をしないために用意しておくべき代表的な便利グッズのご紹介

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を安全で快適に行うためには、自分で「配達グッズ」を揃えることが大事なんじゃ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

Uber Eats(ウーバーイーツ)したい男の子

そうなんだ。自分で配達のためにグッズを用意したほうがいいんだね。

ところで「配達グッズ」って・・・?具体的には、どんなグッズなんだろう?

配達グッズを用意することで、効率的に稼げるようになるのじゃぞ。

大丈夫。この章で、詳しく解説をしていくぞい。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

最後に怖い・危ない配達をしないために用意をしておくことがオススメなUber Eats(ウーバーイーツ)の配達に役立つ、代表的な便利グッズをご紹介いたします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に役立つ便利グッズを持っていると、怖い・危ない配達をしてしまうことを回避できる上に、配達効率を向上させることもできます。

多少の出費こそありますが、トータルで見たUber Eats(ウーバーイーツ)に関する報酬を考えると、便利グッズはご自身であらかじめ用意しておくことを強くオススメします。

安全なUber Eats(ウーバーイーツ)配達生活を送るためには自分で配達のためのグッズを揃える必要がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするのであれば、最初は自腹を切ってしまうことになるのじゃな、それでも自分でアイテムを揃えて配達をしたほうがいいんじゃ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

最初は自分にとってマイナスになるかもしれないが、トータルで考えると、確実に自分で配達グッズを用意したほうが結果プラスになることが多いんじゃ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかせ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を安全に行うためには、最低限、自分自身でグッズを揃える必要があります。

配達に使用するグッズに関しては自分で購入する必要がありますが、言ってしまえばUber Eats(ウーバーイーツ)の配達に使用するグッズは確定申告の際に経費としてすることも可能です。

自分で必要最低限のグッズを購入すれば、安全かつ効率的な配達ができるようになります。これからUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をはじめようと考えている方は、これからご紹介するグッズを最低限は揃えましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは暗い夜にはとくに歩行者や車に注意して配達する必要あり!ライトやベルをお忘れなく

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、深夜の23時や24時近くまで配達可能です。

とくに夜の遅い時間に配達を行う場合は、日中よりも視界が狭くなっておりますので、歩行者や車には十分に注意をして配達を行う必要があります。

夜間にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うのであれば、自転車用のライトや防犯ベルの利用が必要不可欠です。シェアバイクを利用する場合には基本的に自転車に標準で付属していますが、時に壊れていたりして使えない場合もあるので、常時携行しておくと安心です。

スマホを操作しながら片手運転をするなんてご法度!Uber Eats(ウーバーイーツ)配達にはスマホホルダーが必須

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活動するのであれば、誰しもが必ず持っておきたいのが「スマホホルダー」です。

これは、バイク配達パートナー、自転車配達パートナー両方の方に必ず常時携行していただきたいアイテムになります。これがないと、結果的に片手運転をしてしまう形になり、大変危険です。

スマホホルダーがあれば、片手運転をせずとも運転中にスマホで地図の確認ができるので、いわば「自転車/バイク版のカーナビ」としてスマホを使いやすくなります。

スマホホルダーはUber Eats(ウーバーイーツ)に本当に必須のアイテムです。これから配達パートナーをはじめようか考えていて、スマホホルダーを持っていない人はこの機会に必ず購入をするようにしましょう。

一応こちらに私の使用しているスマホホルダーを掲載しておきます。ホルダーの中にも、固定方法が何種類もありますので、自分のスマホにピッタリのものを選ぶようにしましょう。

自転車 スマホ ホルダー 振れ止め 脱落防止 オートバイ バイク スマートフォン GPSナビ 携帯 固定用 マウント スタンド 防水 に適用iphone7 8 X xperia HUAWEI android 多機種対応 角度調整 360度回転 脱着簡単 強力な保護 (ブラック)
Tiakia

↑このスマホホルダーは私が以前使用していたものですが、ケースなどを使用していて分厚くなってしまっているスマホだと固定できない可能性があります。

↑このようなゴムで固定するスマホであれば、分厚さにあまり影響されずにどのスマホでもしっかりと固定できます。4方向からしっかりと固定されているので落ちる心配もあまりありません。

↑おまけで、こんな商品もあります。チャックで開けて中にスマホを入れる、という形式のものです。この方式であればスマホがすっぽ抜けることもありませんが、操作性に関しては多少落ちるのは仕方ありません。

※注意点として、4方向(以上)からスマホを留められるようなスマホホルダーの購入をオススメします。左右だけ固定するようなスマホホルダーは、自転車の運転中にすっぽ抜けて飛んでしまう可能性があります。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集