Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働くデメリットを考えてみた

疑問を持った人

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの事を調べていると、とても魅力的な働き方である、ということはよくわかったよ、だけど、Uber Eats(ウーバーイーツ)のデメリットも知りたいな。なにかデメリットはあるのだろうか・・・?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活動する上でデメリットは存在するのか?

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動するにあたり、なにかデメリットは存在するのか?とうことについて考えていこうと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは普通のアルバイトや会社員としての働き方とは大きな違いがあります。その事を踏まえ、Uber Eats(ウーバーイーツ)ならではのデメリットや残念なポイントがあるかどうかについて解説していきます。

【結論】ない!Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは最高の働き方です

結論を先に申し上げると、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活動することによるデメリットはありません。そう断言できるくらい、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは最高の働き方であると思います。

特に、会社員として人生をフルコミットするのは御免だ、自分の人生を生きたい、自分のがんばった分だけお金が稼げる成果報酬の働き方がしたい、と考えている方にはUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはうってつけの働き方である、ということができると思います。

会社員として働くよりも圧倒的に自由な働き方が出来る

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活動するならば、会社員として働くよりも圧倒的に自由な働き方をすることができます。なぜなら、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、会社員のように、指定時間は会社にいなければいけない、お昼休みは何時から何時まで、といったような時間の縛りが一切無いからです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、完全にシフトが自由な働き方です。スマホアプリのスイッチひとつで、稼働モードと停止モードを切り替えることができます。

そのため、長時間働きたい!と考えている人は朝から夜までぶっ通しで稼働してたくさん配達をこなすことも可能ですし、ちょっとしたスキマ時間に配達をしたい、と考えている人であれば、2〜3時間だけ稼働する、といったことも可能です。

たぶん、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーより自由に、誰でも働ける手段は他に無い

ここだけの話ですが・・・たぶん、Uber Eats(ウーバーイーツ)よりも自由に働ける仕事をあなたが見つけ出すのは、なかなか難しいと思います。

近年は、インターネットの普及により、YouTuberやブロガーなど、会社員としての給与所得以外での多様な働き方が増えてきて、そういったものを副業として実践する方も増えてきましたが、ぶっちゃけ、給与所得以外でお金を稼ぐことは難しいです。

この記事を読んでいるあなたも、今まで給与所得(会社やバイト先からの給料)以外からお金を稼いだことはどれくらいあるでしょうか?おそらく、給与所得以上にお金を稼ぐことの出来ている人は、なかなか居ないと思います。

ブログやYouTubeはどれだけ投稿をしても、見てくれる人がいなければ、そこにお金は発生しません。しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の働き方は、給与所得ではありませんが、「配達した分は必ず」報酬が発生します。そのため、頑張れば頑張った分だけ報われるのがUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーなのです。

ここは残念!Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのデメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動する上ではメリットが圧倒的に大きく、あまりデメリットとして挙がるものはありません。

しかし、強いて挙げるとすれば、いくつかの残念なポイントがあるので、ここではそのことについて解説をしていきます。

配達なので疲れるのが残念!ただし続けてると体力つきます

まず、デメリットを挙げるとすれば・・・当たり前なのですが、「疲れること」ですかね笑

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、その名の通り、食事の配達を行うお仕事になります。配達の方法としては、自転車、もしくはバイクでの配達になるのですが、どちらを選んで配達するにせよ、たくさん配達をすればするほど疲れてしまうのは仕方がないかと思います。

特に、本業でずっとデスクワークをしているようなお仕事をしている人は運動不足の人々が大半だと思うので、そういった方たちはなおさらです。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを初めた当初の数日は、筋肉痛に悩まされることを覚悟しましょう(笑)

しかし、ある程度配達を続けていると、だんだん筋力や体力もついてきて、慣れてきます。慣れてきたらこちらのものです。報酬は配達料にある程度比例するので、体力がついて配達を多くこなすことが出来るようになればなるほど、報酬も増える傾向にあります。

*報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

給与所得ではないので確定申告が若干面倒なのが残念

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達をした分の報酬は、一般的な会社のお給料のような、いわゆる「給与所得」ではありません。振り込まれ方は、オランダからの海外送金になります。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)で得た所得は、確定申告が必要となります。確定申告とは、簡単に言うと、「所得に対して支払う税金の申告」です。

一般的な会社の給与所得の場合には、会社側ですべて確定申告を済ませてくれるため会社員は確定申告をする必要はありませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはUber社の従業員としてではなく、「個人事業主」として配達を行うため、各自で確定申告をし、所定の納税を行う必要があるのです。

これがちょっと面倒くさく、かつ今まで確定申告をしたことがなかった人にとってはよく分からない手続きになるため、まずはお近くの税務署に行って事情を説明し、どのような手続きを取ればよいのかどうか、相談をしてみましょう。

日によって成果にバラツキがあるのが残念!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で受け取れる報酬は、地域や時間帯、配達パートナーの稼働状況やブーストなどのプロモーションによって変動します。

そのため、同じ時間帯だけ配達、同じ件数だけ配達をしていても、単価の変動があるため、日によって報酬の差があります。この点は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの残念な点と言っても良いでしょう。

一般的な会社員の場合、良くも悪くも、毎月の給料はほぼ同額ですよね。安定して固定額が入ってくる会社員の方にとっては、日によって変動のあるUber Eats(ウーバーイーツ)配達員の報酬には多かれ少なかれ思うところがあるかと思います。

しかし、これが「個人事業主」の働き方なんですね。自分の頑張りや工夫次第で、報酬を上げることが可能な点は会社員ではなかなか味わえない良い部分だと思います。

トータルで見たらUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは圧倒的にメリットが大きい働き方

結論を言うと、総合的にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの働き方を見たら、少なくとも私個人の感想で言うと「圧倒的にメリットの大きい働き方だな」と感じました。

特に、副業としての働き方や近年の自分の時間を最優先する生き方にはピッタリ合致しているのがUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活動することだと思います。

自由に生きたい、会社に縛られたくない人には最高の働き方です

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとしての働き方は、近年増えてきた「自由に働きたい」「会社に縛られたくない」という人たちにとっては最高の働き方である、と言えると思います。

「好きなことで生きていく」というフレーズも有名になった現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのような働き方もこれからどんどん世間に浸透していくことでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはとても魅力的な働き方だと私は断言できます。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、都心を自転車やバイクで縦横無尽に駆け回ることができ、時には六本木ヒルズや中目黒アトラスタワーといった高級マンションに配達に行ったり、中には芸能人の家に配達に行くことさえあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動していると、毎日、新しいことの発見の連続なので、新鮮な気分で楽しんで配達をすることができます。その上、お小遣い稼ぎもできてしまうので、とても魅力的だと思います。

【人間関係からの開放】コミュ障でも大丈夫、他人にガミガミ怒られることから解放されます

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのメリットとして、個人的に大きなメリットが、私のような「コミュ障」でも大丈夫である、という点です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働く上で、会社のように同じ人と密なコミュニケーションをとらなければならないシチュエーションがありません。毎回の配達が全く違う人との一期一会のお仕事なので、人間関係で悩まされることがなくなります。これは本当に本当に大きなメリットだと私は思います。

会社員をしていると、どうでもいいような人間関係で悩まされたりすることが多々あります。特に、私は人の挙措を敏感に感じ取ってしまう正確なので、人間関係では大きく悩まされてきた事が多々あります。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員はそのような悩みから一切開放されるので、とっても晴れやかな気持ちで風を切って働くことができます。

新しい働き方をしたい人はとりあえず始めてみるべし

Uber Eats(ウーバーイーツ)は現在の日本の働き方の中では、「新しい働き方」であると言うことが出来ると思います。特に、今までの働き方でずっと縛られてきた「時間」からの開放、という点においては、Uber Eats(ウーバーイーツ)は現代らしい、最高の働き方であると言うことが出来ると思います。

また、都心を駆け巡ることによって、今まで見たことのなかった景色や、会うことのなかった人々に会うことができます。本当に、新鮮な気持ちで働くことができ、とても楽しい働き方であると私は思います。

少しでも興味を持った方は、まずは自分で始めてみてはいかがでしょうか。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集