Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)であの有名なラーメンが注文できる事に驚きが隠せない

疑問を持ったブタさん

あぁ〜、外に出るのは寒いしシンドイので、家で家系が食べたい。家系といいつつもなかなか家で食べられないのは残念だよな・・・せや、Uber Eatsで家系ラーメンを注文出来たら良いのにな!?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • そもそも、家系ラーメンって何だろう?家で食べれるから「家系」って名前なんじゃないの?
  • 【衝撃】都内の家系でも結構有名な「野郎ラーメン」がUber Eatsに対応していた
  • Uber Eats配達パートナーが実感する、配達の多い食事案件をズバリ紹介します

そもそも、家系ラーメンって何だろう?家で食べれるから「家系」って名前なんじゃないの?

そもそもの話になりますが、「家系ラーメン」ってどんなラーメンだか、皆さんはご存知でしょうか?

家系って名前がつくくらいだから、家で食べられるラーメンなんじゃないか?と私はずっと思っていましたが、実際に初めて家系ラーメンをお店に行って食べたときは、「こんなラーメン、家で絶対食べないでしょ!笑」と、驚いたものです。

ここでは、「家系ラーメン」について、まだ食べたことのない人にもわかりやすく解説をしていきます。

「家系ラーメン」って何だ?その呼ばれ方の由来は意外と知られていなかった

そもそも、「家系ラーメン」ってどうしてそのように呼ばれるようになったのか、皆さんはご存知でしょうか?

私は、家系ラーメンの由来は、「家で食べるようなラーメン」のことかとずっと思っていましたが、実際に調べてみると、答えは違いました。

家系ラーメンの由来は、今からおよそ40年前、横浜にオープンしたラーメン屋「吉村家」さんのラーメンがルーツだそうです。

吉村家のラーメンはこってりした豚骨醤油ベースでとても評判が良く、結果として吉村家を見習って「○○家」というラーメンが多く広がった結果、今に至って「家系ラーメン」と呼ばれるようになったようです。

ノリノリのブタさん

USA!USA!EAK!EAK!家系!

家系ラーメンって好き嫌いがはっきり分かれるけど、それが良いんだと思います

皆さんは、家系ラーメンは好きでしょうか?家系ラーメンといったら、「アブラマシマシヤサイマシカラメ・・・」などと呪文を唱え、出てくるラーメンはもはや麺が見えないほどもやしやお肉が大量に乗ったものが出てきたりしますよね。

私も時々家系ラーメンに行くことがあります。家系ラーメンに行く前にはとてもワクワクしてお店に向かうのですが、いざラーメンが出てきて食べ始めると、その量に圧倒され、「くっ、、、やめとけばよかった・・・」と後悔することが多いです。

しかし、家系ラーメンを食べてから2〜3日たつと、「あれ、、、家系ラーメン食べたいぞ??」という気分になってくるのです。そう、家系ラーメンって好きな人にとってはとても強い依存性がある食べ物なんですよね・・・。

ちなみに、家系ラーメンで大盛りを注文すると、だいたい絶望するので要注意です、まだ家系ラーメンを食べに行ったことのない人は、むやみに量を増やさないほうが良いです。なぜなら、家系ラーメンの量の基準は、一般的な食事よりもずいぶんと多いからです。

そんな家系ラーメンですが、好きな人はとことん好きな食べ物だとはおもいますが、やはり好き嫌いが大きく分かれると思います。家系ラーメンの匂いだけで嫌悪感を抱く人もいるのが事実。だけど、そんなところが家系ラーメンの魅力だと思うのです。

【家で家系】家系ラーメンって呼ばれてるんだから、やっぱり家で食べたいよね

「家系ラーメン」って言われているくらいだから、家で家系ラーメンを食べてみたいですよね。この記事を書いている今日は関東で全面的に雪が降っているのですが、家系ラーメンを食べるためにお店の外に並ぶ・・・なんてのは寒くてキビシイです。

家で家系を食べることができれば、自分ひとりで集中して家系の味を楽しむことができるので、いつもとはまた違う美味しさを感じることが出来るかと思います。

また、忙しい人なんかはお店まで行って食べるのも億劫だと思うし、もし配達で家系ラーメンを食べることができたら会社にいながら家系ラーメンを食べることもできますよね。そうなったら家系好きの皆さんにとっては最高だと思います。

【衝撃】都内の家系でも結構有名な「野郎ラーメン」がUber Eatsに対応していた

家系ラーメンの中でも特に有名なお店と言ったら、好きな人の頭のなかには何店舗か思い浮かべると思います。

その中でも、都内にある家系ラーメンとして三本の指に入るくらい有名なお店に「野郎ラーメン」というお店があるのを皆さんは御存知でしょうか?

野郎ラーメン

ボクのお店ダヨ

実は、この「野郎ラーメン」という家系ラーメンのお店の一部が、なんとUber Eatsでの配達に対応していました!ここでは、そんな野郎ラーメンについて簡単にご紹介をしたいと思います。

野郎ラーメンって何?何が「野郎」であるのか、食べたことない人に徹底解説

野郎ラーメンとは、東京を中心に関東圏でチェーン展開をしている家系ラーメンのお店になります。都内、特に23区内に住んでいる人であれば、黄色背景に黒い太文字で「野郎ラーメン」と書いてあるお店を見たことある人もいるのではないかと思います。

野郎ラーメンは、あの大手家系ラーメン総本山である「らーめん次郎」につぐ人気を持つ家系ラーメンのお店と言うことも出来ると思います。

そんな野郎ラーメンは、どうして「野郎」と言われているのでしょうか?その答えは、野郎ラーメンのラーメンを見てみれば、納得が行くかと思います。野郎ラーメンのラーメンはどんなものなのか・・・?ズバリこちら!

野郎ラーメン秋葉原店のラーメン

こんな感じですwどこからどう見ても「野郎」ですねこれは・・・。

そんな野郎ラーメンのメニューも、「○○野郎」と名前が付いたものが多いです。書き出してみるとこんな感じ。

  • 豚骨野郎
  • 豚骨豚野郎
  • 煮干野郎
  • 味噌野郎
  • 味噌バターコーン野郎
  • 汁無し野郎
  • 小豚野郎
  • 坦々野郎
  • etc..

メニューに「野郎」が付いているだけでにじみ出る野郎感・・・(?)

野郎ラーメンがUber Eatsに対応しているのは、家系ラーメン界の革命だと思う

そんな野郎ラーメンですが、なんとUber Eatsの配達に対応しているんです!Uber Eatsの配達に対応しているラーメン屋があることさえも驚きなのに、家系ラーメンの代表格である野郎ラーメンがUber Eatsの配達に対応しているなんてびっくりですよね。

Uber Eatsで野郎ラーメンが注文できるようになったことにより、夢に見た「家で家系」をついに実現出来るようになりました。

対応しているのはまだ大森店のみ?Uber Eatsで家系はまだまだ少なそう

野郎ラーメンがUber Eatsの配達に対応している、とは言ったものの、残念ながらまだ対応している店舗は、大森店のみらしいです。

ただし、今後はさらに多くの店舗がUber Eatsに対応をし始めることと思います。そうなれば、多くのエリアから野郎ラーメンをUber Eatsで注文でき、多くの家庭はオフィスで野郎ラーメンを楽しむことができるようになるでしょう。

野郎ラーメン大森店のUber Eats注文ページはこちら

Uber Eats配達パートナーが実感する、配達の多い食事案件をズバリ紹介します

最後に、実際に現役のUber Eats配達パートナーとして活動している私が配達を行っている上で実感をしている、Uber Eatsの配達案件の中でも特に依頼の多い配達案件をご紹介いたします。

Uber Eatsの配達といっても、本当に沢山のお店から、さまざま食事の配達の依頼が届きます。そのため、Uber Eatsの配達パートナーは配達を行っているうちに本当に沢山のお店があることを知ることが出来るのが魅力的です。

そんなUber Eatsの配達案件の中でも、依頼が多いお店とそうでないお店が存在しているのも事実です。中には、Uber Eatsの配達パートナーとして稼働をしていると1日のうちに必ず配達をするような高頻度で依頼が来るお店もあります

。高頻度で依頼が来るということは、そのお店の近くで待っていると依頼が届きやすい、ということです。そんなお店をズバリご紹介します!

【配達経験】長く配達をしていると、配達案件の種類には特徴がある事がわかる

私は実際にUber Eatsの現役配達パートナーであり、配達経験も一年以上となるので「中堅配達パートナー」ですが、そんな私が長くUber Eatsの配達をこなしていると、配達案件の種類や頻度には特徴があることがわかりました。

長く配達をしている人にとってはよく分かると思いますが、配達する先のお客さんのこそ「一期一会」ですが、配達する商品をピックアップするお店は、意外と何回も同じお店に訪れる事が多いんです。

Uber Eatsの配達案件でやっぱり多いのは、「マクドナルド」で間違いないですね

結論から言うと、Uber Eatsの配達案件で一番多く配達をしているお店は、やっぱり「マクドナルド」で間違いが無いです。マクドナルドは都内だけでも数え切れない店舗があり、認知度が高く、何だかんだで多くの人に愛されているお店です。そのため、Uber Eatsの配達もやはり多いですね。

私はUber Eatsの配達パートナーとして稼働する日には、8時間から10時間ほど稼働をしているのですが、稼働した日は大体かならず1回はマクドナルドの商品を配達します。1日に2回や3回、それ以上、マクドナルドの商品を配達する日があっても全く珍しくありません。

やっぱり、店舗数と知名度ともに突出しているマクドナルドは、Uber Eatsの配達案件数でもずば抜けています。これは私だけでなく、すべてのUber Eats配達パートナーに同じことが言えると思います。

【本音】配達パートナーにとっても、できるだけ配達しやすい商品を運びたい

ここで、Uber Eats配達パートナーの本音を言うと、配達をしやすい商品と配達をしにくい商品があるのは事実です。具体的に言うと、配達をしやすい商品は、「カバンにしっかり収まって型崩れや汁こぼれがしない商品」ですね。

Uber Eatsの配達をしていると、配達のしやすい商品を配達のしにくい商品があるのは紛れもない事実です。折角同じ配達をするのであれば、できるだけ配達のしやすい商品を選びたいですよね。

個人的な話をすると、マクドナルドの商品でもドリンクがついていない場合は運びやすいです。あとはタピオカなんかは蓋が熱圧着されているため溢れることがないため安心して配達ができます。

逆に、お寿司や汁物なんかは配達中に中身が偏ってしまったり汁が溢れてしまう危険があるため、できればあまり配達したくないなぁ、なんて思ってしまったりします。

ただし、どんな商品を配達するのかについては配達パートナー側で選ぶ事ができないので、これは運に任せることしかできないですね。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集