Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を効率よく行うために私がよくする工夫を紹介

疑問を持ったブタさん

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を少しでも効率化して収益を伸ばしていきたいけど、なにかいい方法はあるかな?

ぶっちゃけ、今よりももっと効率化出来ると思うし、もっと収益を伸ばせるとおもう。

しっかりと収益を出している人は、どんな工夫をしているのかな。教えてほしいな。

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 【結論】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で収益を伸ばすためには「効率化」が必要不可欠です
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を効率的に行うための3つのポイントをご紹介します
  • 【事実】効率ばかりを追求しすぎても疲れます。ときにはのんびり、楽しく配達することも大事

【結論】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で収益を伸ばすためには「効率化」が必要不可欠です

いきなり結論のお話ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で、今よりもグッと収益を上げるためには、「効率化」をすることが必要不可欠になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼いでいる人は、しっかりと「効率化」された配達ができている

これは事実なのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、「しっかり稼いでいる人」と「あまり稼ぐことが出来ない人」の2種類に別れます。

「しっかり稼いでいる人」は、稼いでいない人と比べて何が優れているかというと、「効率的に配達を行っていること」これに尽きるんですよね。

稼いでいる人は、配達効率を非常に強く意識をしています。そして、しっかりと効率化された配達をすることが出来ているのです。

効率的にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするためには、少しコツが必要です

皆さん、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするのであれば、できるだけ稼ぎたいという思いがあるかと思います。

しかし正直な話をすると、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を効率的に行うためには、少しコツが必要になります。

闇雲に配達を行っても、効率的に配達をするのはなかなか難しいんですよね。

しっかりと効率的に稼いでいる人は、ちゃんと頭を使って要領よく配達を行っています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方は、完全に個人事業主としての働き方なので、配達成績が収益に直結します。

せっかくUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うのであれば、少しでも効率的に配達を行い、稼げるようになりたいですよね。

最初の頃はなかなか効率的な配達ができないかも。だけど、だんだん出来るようになります

ぶっちゃけ、最初の頃はなかなか効率的に配達をすることは難しいです。

何故かというと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では経験が効率に結びつく面も非常に大きいからです。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を継続的に行っていると、段々と効率的な配達が出来るようになって来ることは間違いありません。

それに加え、効率的な配達を行うための要点を掴んでおけば、もっと効率的に稼ぐことができるようになります。

実際にどんな要点を掴んで配達を行うとよいのか?これからご紹介しますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を効率的に行うための3つのポイントをご紹介します

「具体的に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を効率的に行うためにはどうしたら良いんだろう?」

そんな疑問を持つ皆さんのために、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を効率的に行うためにはどうしたら良いか?3つのポイントに分けて解説をします。

1.需要のない地域では暇になる!できるだけお店の多いエリアで活動をし続けること

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を効率的に行うためには、需要のないエリアでの活動を行うことは絶対にやめてください。

具体的に、どのようなエリアが需要の無いエリアかというと、こんな感じです。

  • お店が少ないエリア
  • 人通り・交通量が非常に少ないエリア
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)対応エリア外・または対応エリアギリギリの場所
  • 過疎地

このようなエリアは、基本的にUber Eats(ウーバーイーツ)の需要が少ないエリア、または需要の無いエリアになります。

このようなエリアで活動をすることは辞めましょう。

それでは、どのようなエリアで活動をするのがよいか?具体例を挙げてみると、こんな感じです。

  • 山手線圏内
  • 恵比寿駅周辺(シェア自転車も非常に多く、注文も多い)
  • 新宿駅周辺
  • 渋谷駅周辺
  • 秋葉原駅周辺

などなど、他にもたくさんありますが、一例を挙げてみるとこんな感じのエリアで活動をしておけば間違いないでしょう。

山手線圏内で活動をしておけば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達依頼は比較的舞い込んできやすいかと思います。

2.電池が切れたら即交換!シェア自転車のバッテリーは常に「強」モードで配達を行おう

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を自転車で行う人の多くは、「ドコモ バイクシェア」を利用する人が多いのではないかと思います。

シェア自転車はなかなか便利です。電動自転車で都内の各地で利用できる上に、電池がなくなったらすぐに違う自転車に交換することができます。

この電動自転車ですが、バッテリー強度を手元で選ぶことができます。

  • エコモード

たしかこのような段階でバッテリーの強度を選ぶことができるのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーであれば、迷わず「強」を選ぶべきです。

何故かと言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをしている限り、都心のあちこちに必然的に移動することになるので、電池がなくなってもすぐに新しい自転車に交換することができるからです。

また、「弱」などで配達を行っていると、自転車も重く、体力の消耗も激しくなるため、絶対に「強」での配達を行ったほうが良いです。

私も自転車での配達を行っていますが、もちろん「強」モードで都心を爆走しています(笑)

3.食事休憩はもったいない!活動をしている日はコンビニおにぎりでも食べよう!

これは人によっては少し厳しい聞こえ方をするかもしれませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をする日であれば、食事休憩を取るのはもったいないので辞めましょう。

とはいえ、配達をずっとしているとお腹が空くのは当然の話です。

私が言いたいのは、「食事のために稼働の時間をストップさせるのは勿体無い」という話です。

つまり、稼働をストップして飲食店などに入り、ゆっくりご飯を食べるのは、配達効率が低下してしまう原因となるので、できるだけ避けましょう、ということです。

具体的に私がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしているときは、基本的にすぐにお腹を満たすことのできるおにぎり、または一本満足バーなどを食べていることが多いです。

この意見には賛否両論あると思いますが、あくまでも私は配達の時間が失われるのが勿体ないため、コンビニでサクッと軽食を購入しながら、配達依頼が舞い込んできたらすぐに稼働できる体制を常に整えています。

【事実】効率ばかりを追求しすぎても疲れます。ときにはのんびり、楽しく配達することも大事

これは事実なのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行う上で、効率ばかりを追求しすぎてもあまり良くないです。

なぜなら、効率ばかり考えていると、疲れるからです。。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行う上では、「楽しく・継続すること」が何よりも大切になります。

のんびり、楽しく配達することの魅力的な部分も非常に大きいので、配達を細く長く続けるためには、あまり無理をするのは良くないですよ。

効率ばかり追求し続けても、だんだんと疲れてきてしまうかもしれません

ぶっちゃけた話をすると、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をする上で、効率ばかり追求を続けていても、正直疲れちゃいますよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行う上で何よりも大切なのは、「継続的に配達を行うこと」これに尽きます。

効率をどんどん追求できる人は頑張ってもらっても良いですが、すべての人が効率的に動こうと一生懸命になって努力するのは私としてもあまりおすすめしていません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うモチベーションは、人によって様々です。

もちろん、「お金をしっかり稼ぎたい」という人もいるでしょうし、「健康維持に配達をやろうかな」「運動がてら配達をやろうかな」という人も多くいるのがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達は、「常に全力」の必要は全くありません。のんびり楽しく配達しましょう

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達のやり方として、「常に全力でやらなければいけない」というような決まりがありません。

むしろ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達なんて「自由に働けること」が大きな魅力なので、その魅力を十分に自分にとって活かすことが大切です。

だって、

  • 自分の好きな時間に配達を開始できる
  • 自分の好きな時間だけ配達をすることができる
  • 自分の辞めたくなった時間に配達をやめることができる
  • 上司に怒られることがまったくない(なぜなら上司が存在しないから)
  • シフトがないので本当に自分の気分で働くことができる

・・・こんなに自由な働き方ができる仕事、他には無いのではないでしょうか?

だから、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達はもっと気軽に取り組むべきです。

のんびり楽しく配達できるのが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の魅力ですよ。

自分の体力や気分に合わせたペースでの配達を続けることが結果的に一番良いですよ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を長期的に続けるためには、自分の体力や、自分のその時の気分に忠実に従いながら配達を続けていくことが大切になります。

配達をしたくない気分のときや体がしんどいときに配達を続けても、良いことは全くありません。

どうせなら、自分の気分がノリノリなときに配達を行ったほうが、結果的に配達効率も収益も上がるのではないかと思います。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集