Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を始める上で必要なものは?自分で買い揃えたほうが便利な8つのアイテムを大公開

今回の記事のポイント

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活躍するにあたり持っておきたいアイテムを大公開!

皆さんこんにちは!今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活躍するにあたり、「これだけは持っておきたい!」というような重要なアイテムを厳選して8つご紹介したいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして効率的に活躍するためには、様々な道具を自分で用意することが必要になります。少しお金をかけてでも、戦うための道具を揃えたほうが、結果として沢山かせげるようになります。

これからUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始めよう、と考えている人は特に今回の記事を参考にしてくれると嬉しく思います!

Uber Eats(ウーバーイーツ)やるなら初期投資で必要なものは揃えるべき

配達を効率化するためには積極的に投資をしていくべき

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活躍するためなら、最低限自転車とスマホがあれば活躍することができます。しかし、それだけでは現実的にしっかりと活躍することはできません。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーといて活躍するためには、最初にしっかりと道具への投資をケチらず行うことが大切になります。

初期投資なんて一瞬でペイできるからケチしない!!

これから、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとって必要であろうものを紹介していきますが、すべてのアイテムを揃えるとある程度の値段になります。

実際に、今回紹介する道具をすべて揃えようとすると、1万円近くなってしまいますが、この程度ならUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして頑張っていれば一瞬で戻ってくるので安心してください。むしろ、これらのアイテムを揃えなければ、投資分以上の機会損失を生んでしまうと考えても間違いではないかと思います。

本当に、これらの初期投資分は、実際に頑張ってみるとわかりますがすぐにペイできるので、絶対に行ったほうが良いと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で活躍するなら絶対持っておきたい8大アイテム

1.Uber Eats(ウーバーイーツ)専用バッグ

まず最初に必要になるのは、配達に使用するUber Eats(ウーバーイーツ)のバッグですね。これはUber Eats(ウーバーイーツ)に登録する際に、説明会などでUberから支給されます。(8,000円のデポジットを4週に分けて支払います)

Uber Eats(ウーバーイーツ)専用バッグは、大きい保温・保冷リュックと小さい保温・保冷バッグが支給されます。飲食店から配達物を受け取ったら、小さい保温・保冷バッグの中に食べ物を入れ、そのバッグを大きなリュックにいれ、背負って移動します。

2.自転車orバイク

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをするなら、自転車やバイクを用意することも必要不可欠ですね。東京23区内に住んでいる人であれば自分の持っている自転車やバイクを配達にしようすることもできるし、そうでない場合は自転車やバイクをレンタルすることもできます。

自転車の場合は、ドコモ・バイクシェア(通称赤チャリ)というシェアバイクの駐輪場が東京都23区内(=Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア内)のあらゆる場所に設置されているので、こちらを使用すると便利かと思います。

赤チャリは月額4,000円で何回でも使い放題できるサービスです。

バイクの場合は、帝都産業という会社が月額16,000円からバイクを貸し出しています。

詳しくは以下のリンクを御覧ください。

>車両レンタルのご案内|Uber.com

また、赤チャリに関する記事も以前に書いているので合わせてご覧ください。

赤チャリ(ドコモバイクシェア )でUber Eats(ウーバーイーツ)本格的にやるなら、定額プランが絶対におすすめです

3.スマホ

スマホはUber Eats(ウーバーイーツ)やるのに欠かせません。というより、むしろスマホなかったら何もできないですw

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは長時間スマホのGPSをつけっぱなしにしているので、できるだけバッテリー容量の多いスマホを持っているとアドバンテージかと思います

私が現在使用しているのはiPhone6ですが、電池持ちがあまり良くないので、バッテリー付きのケースを装着しています。

なお、古くなってきたため、そろそろスマホを機種変しようかと考えています(笑)次に検討しているスマホはこちら。↓

Huaweiのスマホは低価格・高スペックなのでスゴイなぁ、と思います。本当はiPhoneXがほしい所ですが、高すぎるのでパスですw

Amazonでの評価もかなり高いです。SIMフリーなのでどのキャリアでも使えるのが良いですね。このスマホ買ったら格安SIMを挿して格安運用したいと思います。

4.自転車・バイク専用スマホホルダー

スマホホルダーがあれば、自転車やバイクを運転しながらGoogleMapsのナビをみてピックアップ先や配達先へ行くことが非常に容易になります。

また、両手でしっかりとハンドルを握ることができるので、仕事効率も最大化することができます。片手運転でUber Eats(ウーバーイーツ)やるよりも、1,000円程度であればスマホホルダーを購入して使用したほうがその分多くの仕事をこなせるようになると思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達をする際には、スマホを手に持ちながら自転車やバイクを運転するのは大変危険です。(※片手運転は本当に危ないので絶対にしないでください。)

そのため、自転車やバイクにスマホをくっつけるためのホルダーは必須アイテムです。

自転車・バイク用のスマホホルダーはいろいろありますが、私はこの商品を使用しています。自転車への付け外しがとても簡単で非常に使いやすいです。

5.モバイルバッテリー・スマホ充電ケーブル

正直、スマホ本体のバッテリーだけでは数時間しかUber Eats(ウーバーイーツ)できません。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達をするにあたり、スマホ画面とUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのアプリとGoogleMapsのアプリのGPS機能をほぼ一日つけっぱなしにするため、電池の消費が半端ないですwそのため、モバイルバッテリーを持っていないと仕事になりません。

Anker社のこのバッテリーを購入しておけば間違いないでしょう。20,100mAhあるので、ヘビーにつかっても確実にまる一日もつと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)をやっているとわかりますが、スマホのバッテリーは結構神経質に気になるようになります。バッテリーが切れたら、The Endなのでwそのため、余計な心配をしないように充分な容量のあるモバイルバッテリーを持っていることは気持ち的にとってもラクになるでしょう。

バッテリーと一緒に、充電ケーブルも購入しておくと良いでしょう。

6.モバイルWiMAXルーター

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリとGoogleMapsのアプリを起動しておくと、ものすごい通信量を使用します。そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)をやっているとすぐにスマホが通信制限になってしまうことでしょう。

スマホが通信制限になってしまうと、本来鳴るはずの宅配依頼のアラートが鳴らなくなってしまうことがあるようです。

参考:Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやってみてわかったこといろいろ(外部サイト)

私はWiMAXのモバイルルーターを契約して持っているので、Uber Eats(ウーバーイーツ)をする際には必ず持っていきます。これ一台手に入れてからは、スマホの通信制限は一切気にしなくなりました。

私が使用しているのは、「GMOとくとくBB」というWiMAXサービスです。月額3,609円でWi-Fi使い放題の「ギガ放題」プランを使うことができ、これ1台あれば月に100GB以上使用していても通信制限がかかりません。(※3日に10GB以上使用していると翌日の夜1日だけ通信制限がかかりますが、YouTubeの標準画質くらいだったら問題なく再生することが出来ます。)

GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,470円(税抜)~!

また、「GMOとくとくBB」では現在、最大で30,000円以上のキャッシュバックのあるキャンペーンもおこなっています。このキャッシュバック金額を考えると、1年目はおよそ月額1,500円程度でWiMAXを持つことができます。

7.Bluetoothイヤホン(片耳のもの)

私はこのイヤホンを使用しています。とっても小さく、電池持ちも十分です。通話もできるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーには特におすすめです。

Bluetoothイヤホンがあれば、レストランからのピックアップ依頼のアラートを聞き逃すこともありませんし、配達先のお客さんと電話で連絡を取りたい場合にも両手を使うことができるので非常に便利です。

実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして頑張っていますが、イヤホンはかなり重要な役割を果たしてくれています。

8.ウエストポーチ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活躍するのであれば、ウエストポーチを用意しておくと便利です。

ウエストポーチがあれば、その中にモバイルバッテリーやイヤホン、飲み物のペットボトルなどを入れておくことができます。

それらが入る大きなポケットがあれば良いですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)用のウエストポーチを用意しておくのがおすすめです。

まとめ

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活躍する上で、「これだけは持っておきたい!」というようなアイテムを厳選して8個ご紹介しました。

初期投資は少しかかるかもしれませんが、それを加味してもUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーという仕事はとっても自由で素晴らしい、活躍できるお仕事です。初期投資分はすぐにペイできるのでご安心ください。

これからUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始めようかな、と考えている人は、ぜひ今回の記事を参考にしてくれると嬉しいです!

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です