Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録している40代や50代は実際いるのか?

疑問を持ったブタさん

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動している人は、やっぱり若い人が多い印象があるけれど・・・いったい、40歳や50歳代くらいの人で活動している人はいるのかな?

街を見渡してみても、とにかく若い人が颯爽と駆け抜けていくのはよく見る光景だけど、ちょっと年配の人はあまり見かけないんだよな・・・。

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 【一般論】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、20代を中心とした若い人が多い【事実】
  • 【疑問】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして、40代や50代の人は活動しているのか?
  • 実は40代や50代の人がUber Eats(ウーバーイーツ)配達をすることのメリットは多い!具体的に紹介

目次

【一般論】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、20代を中心とした若い人が多い【事実】

まず最初に事実を述べておくと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、20代を中心とする若者が多いです。

これは紛れもない事実でして、実際に私もUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしていますが、街で出会うUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの大半は20代の若者です。

【事実】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動する人は、やはり若い人が多いです

これは事実なのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動している人の大半が、20代を中心とする若い人たちであることは間違いありません。

しっかりとしたデータなどは残念ながらありませんが、街中で活動しているUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを見る限り、そうであることは皆さんにとっても明白だと思います。

どうしてUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働く人は若い人が多いのか?その理由を解説

さて、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに若い人が多い、というのは事実なのですが、一体、なぜ若い人が多いのか?その理由に迫っていこうと思います。

結論からいうと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに若い人が多い理由としては、大きく分けて以下の3点からなると私は思いました。

  1. 「Uber」や「Uber Eats(ウーバーイーツ)」そのものの認知度が若い人のほうが高い
  2. 若い人のほうが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達という新しい働き方に順応できている
  3. 若い人のほうが、体力があるので配達の仕事に積極的に取り組める

1つづつ解説をしていきます。

まず1つめの「「Uber」や「Uber Eats(ウーバーイーツ)」そのものの認知度が若い人のほうが高い」という事に関してです。

これは事実だと思うのですが、UberやUber Eats(ウーバーイーツ)といった会社名やサービス名の認知度に関しては、40代〜50代の中年齢層に比べて、20代や30代の若年層のほうが圧倒的に認知度が高いように感じます。

実際、Uberの会社が出来上がったのが2009年と、比較的新しい会社になります。

それこそ、日本国内でUber Eats(ウーバーイーツ)やUberのサービスが展開を始めたのは、ここ数年のことになりますよね。

そんなUberやUber Eats(ウーバーイーツ)は、インターネットやスマホを通じてキャッチアップの早い若年層に関しては高い認知度を誇っていますが、40代、50代の年齢層の人々にとっては、まだまだ知らない人も多いことと思います。

次に、2つめの「若い人のほうが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達という新しい働き方に順応できている」という事に関してお話をしていきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)という働き方は、今までにはなかった、新しい働き方です。

スマホの「稼働」スイッチをオンにすると、配達の依頼がスマホに舞い込んできて、依頼を受諾すると、指示にしたがってピックアップ・配達をすることで報酬を手に入れることができる、というのがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達の一連の流れとなります。

この働き方は、今までの「アルバイト」に代わって、スマホ世代である若者にはどんどんと浸透してきている働き方です。

アルバイトよりも自由に働くことができる働き方なので、大学生を中心に多くの若者に指示されているUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、40代や50代にとっては、まだまだ馴染みにくい働きかたであることは間違いないみたいです。

新しいものに対してのアンテナは、いつの時代も若者が早いのは間違いないですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の働き方も、例外ではなく、そのような理由で多くの若者に支えられているのが現状となります。

3つめは「若い人のほうが、体力があるので配達の仕事に積極的に取り組める」ということです。

そもそもの話、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、食事の配達を行う仕事です。

言い換えてみると、「フードデリバリー」ですね。

配達の仕事は、皆さんも重々承知の通り、とても体力の必要な仕事です。

なぜならば、依頼者から配達先まで、1軒ずつ回って配達をしなければいけないからです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの配達は、自転車あるいはバイクを使って配達をします。

専用アプリに配達依頼が舞い込んできたら、まずは依頼元の飲食店に行って配達する食事を受けとり、その後に配達先のお宅に向かいます。

基本的に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事はこの繰り返しなのですが、これを自転車で行うのは、控えめに行って疲れます。

配達にシェア電動自転車を使うにしても、都内、とくに23区内は勾配が激しい場所が多いので、体力を使います。

一日に1万円ほど稼ぐためには、経験上だいたい20回以上の配達は最低限必須になるかとおもいますが、これを自転車の配達で達成しようとすると、8時間〜10時間は自転車を漕ぎ続けることになるかと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、「自由」な働き方であることは間違いありませんが、「楽」な働き方であるとは言えないです。

こういった点もあり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方は40代や50代の人よりも、体力のありトレンドのキャッチアップの早い20代の若者を中心に支えられているのです。

特に大学生にとっては、これからはアルバイトではなくUber Eats(ウーバーイーツ)配達をしたほうが絶対良い

ここでズバリ断言をしておくと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方は、特に大学生の方にとって強くおすすめできる働き方であると言う事ができます。

大学生の多くはアルバイトをしていお小遣い稼ぎをしていますが、アルバイトよりも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしたほうが圧倒的に合理的にお金を稼ぐことが出来ます。

どうして大学生にはUber Eats(ウーバーイーツ)の配達がおすすめなのか?

その理由は、やはりUber Eats(ウーバーイーツ)の「自由度」にあります。

大学生の多くは自分のために自由に使うことのできる時間があるとおもいますが、その時間を、お金を稼ぐためにわざわざ拘束をされてまでアルバイトをする意義はもう無くなりつつあります。

現代では、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達など、自由な働き方が増えているので、そのような新しい働き方を積極的に選んでいったほうが享受できるメリットは大きいのは間違いありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)であれば、お金がほしい時にだけピンポイントで働くこともできるし、自分の生活リズムや空き時間に合わせて働くことも可能です。

こういった理由で、大学生にとっては、アルバイトをするよりもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をすることを強くおすすめします。

【疑問】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして、40代や50代の人は活動しているのか?

ここで皆さんが疑問に思っていることとして、「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーには40代や50代の人たちは活動しているのかどうか?」という事に関して言及していきたいと思います。

【結論】やはり割合は少ないが、40代や50代でUber Eats(ウーバーイーツ)配達をしている人はいます

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働いている人の年齢層ですが、やはり皆さんのご想像通り、20代を中心とした若者が多いのは間違いないでしょう。

しかし、40代や50代の人でも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている人も実際にいます。

事実、私が街を歩いている最中、40代や50代あたりの人がUber Eats(ウーバーイーツ)の大きなリュックを背負って配達を行っているのを何度も見たことがあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが配達人員の年齢制限をしている訳でもなく、40代でも50代でもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達活動をしてもなんの問題もありません!

自分の体力次第、といったところもありますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは自分自身でアプリのスイッチを切り替えるだけで、稼働/稼働終了が自由に決められるので、「激務でしんどい・・・」といったことにはならないので安心してください。

それこそ、健康増進のために1〜2時間だけUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行う、という働き方も十分オッケーです。

20代が多いからといって、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを敬遠するのはもったいない!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、20代を中心とした若者が多いことは紛れもない事実です。

だからといって、40代や50代くらいの年齢層の方がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを敬遠するのは、非常にもったいない選択だな、と私は思います。

確かに、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーには40代や50代の方は参入をしている人は少ないですが、それだけの理由で参入しないのは機会損失です。

実際、最低限自転車に乗ることができればお金を稼ぐことができる働き方であるので、自由な働き方を味わってみたい会社員の方やもっと自分の好きなペースで働きたいフリーターの方にも非常におすすめな働き方です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は自分のペースで働けるので幅広い世代に受け入れられる働き方

きれいにまとめた言い方をすると、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方は、「自由度」に関しては圧倒的に他のアルバイトなどの働き方に比べて高いことは間違いありません。

実際、完全に自分のペースで

  • 働きたい時間に
  • 働きたい時間に働けて
  • 帰りたい時に帰ることができる

働き方であるので、「自分のやる気があるときには本気だして、やる気がない日には働かない」なんて選択もUber Eats(ウーバーイーツ)なら余裕でできます。

今現在、会社に強く拘束されている人にとっては衝撃的な働き方だと思います。

一度でいいので、このような働き方を経験しておくと、今後の人生の中で大きな価値観の変化が起こるかもしれませんね。

実は40代や50代の人がUber Eats(ウーバーイーツ)配達をすることのメリットは多い!具体的に紹介

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしているのは20代を中心とした若者層が大半だということは事実なのですが、実は、40代や50代の人にとってUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うことのメリットは非常に大きいのです。

具体的に、どんなメリットがあるのか?についてご紹介をしていきます。

中年太りをしやすい40代50代がUber Eats(ウーバーイーツ)配達をすれば、良い運動になり健康に良い!

40代、50代の人は、特に「中年太り」を気にしやすい年齢ですよね。

そんな皆さんに朗報です。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをすれば。必然的に運動をすることになるので、中年太りを予防することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、その名の通り、食事の配達サービスです。

飲食店から各家庭まで、食事を配達することでお金を稼ぐことが出来ます。

配達には自転車かバイクを使用することができるのですが、多くの人は自転車での配達をしています。

実際、私も自転車(シェア自転車)での配達をしていました。

この自転車の配達ですが、少なくとも東京都内、特に23区内の場合は非常に勾配が激しく、電動自転車とはいえ、結構体力を使います。

それもあり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達にガッツリ取り組んだら、必然的に筋肉もつくし太りにくい身体になることは間違いないと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うことで、今まで知ることのなかったオシャレなお店を知れる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うことで、自分が今までに行くことのなかったお店や、知ることのなかったオシャレなお店を知ることができるようになります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に加盟している飲食店は多種多様で、マクドナルドなども加盟をしていますが、その他にもオシャレなサラダ屋さんやオシャレなイタリアン、美味しいラーメン屋さんなどにもピックアップにいくことがあります。

しばらくUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしていると、飲食店に相当詳しくなるのは間違いがありません。

配達で行ったお店に、あとで食事を食べに行くのも楽しくて良いと思います。

他の若いUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーと交流し、最近の流行りなどをキャッチアップできる

40代や50代の方がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行う大きなメリットとしては、これがあると思います。「他の若いUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーと交流し、最近の流行りなどをキャッチアップできる」

40歳や50歳になると、もうなかなか20代の若者たちと対等に働く機会はないでしょう。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして街中を走っていると、20代を始めとする若者の配達パートナーに多く鉢合わせる機会があるでしょう。

そのようなときに、ぜひ若者配達パートナーに声をかけてみてください。

そして、いろいろな情報交換を試みてください。

若者は最近のトレンドに流行なので、今、世間では何が流行っているのか、あるいはUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの配達のコツなどを聞いてもよいかもしれません。

若者を味方につけることで、非常に働きやすく、そして楽しく配達ができるようになるのではないか?と思います!

【a】Uber Eats 配達パートナー募集