配達パートナーの登録はこちら

【毎週】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をすれば給料日が月に4回も訪れます【給料日】

疑問を持ったブタさん

はあ、給料日まで遠いなぁ。いつもの事なんだけど、給料が振り込まれるまでにお金を使いすぎちゃって、給料日前はカツカツなんだよね。。。

あー、1ヶ月に何回も給料日があるお仕事、ないのかなあ???

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 普通の会社員やアルバイトの給料日は月に1回だから給料日前はシンドイ思いをする
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーであれば毎週給料日が訪れるから最高
  • 実際に体験してわかった、給料日が多いと幸福度もあがるし仕事へのモチベーションもあがる

普通の会社員やアルバイトの給料日は月に1回だから給料日前はシンドイ思いをする

「給料日が月に何回もあったらいいのになあ…」と思ったことはありませんか?

一般的な会社員やアルバイトの多くは、給料日が月に1回しかやってこないですよね。

そのため、給料日前にはお小遣いがギリギリ、、、という人も少なくないはずです。

多くの会社員は給料日前にはお金がカツカツになってとってもシンドイ

多くの会社員は、毎月の給料日を(早く来い…)と思いながら毎月働いていますよね。

皆さん、給料日前にはやはり、お金がカツカツになっているようですね。

毎月、給料日になるまでお金が無くなってしまわないか心配しながら生活する、って、何だか落ち着かないですよね。

ただ、給料日前にはお金を持っていない会社員の方は本当に多いようです。

どうしてみなさん、給料日前にはこんなにもお金がなくなるのか?その答えは、ズバリ「会社から1ヶ月ギリギリ生きていけるレベルのお金しか稼ぐことが出来ていないから」でしょう。

多くの会社員の皆さんは、会社からの給与所得しかないため、会社に100%捧げるしかなくなるのです。

その結果、会社にはこき使われ、その上に雀の涙程度の給料しか貰えず消耗している会社員が激増しているのです。

毎月25日にATMの前に並んでいる会社員を見ていると、なんかちょっとセツナイね

毎月25日頃になると、街中のATMに多くの人が並んでいますよね。

あの光景をみると、なんだかちょっとセツナイ気持ちになったりします。

まず、皆さん給料日を意識して生活、行動している時点でお金がカツカツなんですよね。

とくにATMに並んでいる会社員などを見ると、本当にいたたまれない気持ちになってしまいます。

彼らにはぜひUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを副業として行っていただき、余裕のある生活を送っていただきたいところです。

月に一回の給料日だと、途中でお金が尽きたら途方もなくなってしまう

給料日が月に一回しかない、って、計画的に考えながら使っていかないと、大変なことになりますよね。

それこそ、月の前半に飲みすぎたりしてしまうと、月半ば頃お金が底をつき、本当に生活に苦しむ会社員の方なんかもいますよね。

社会人にもなってお金がないことに苦しみ、同期や友達にお金を借りながら生活していく、なんて誰も求める生き方ではないですよね。

そもそもの話、給料が少ないことも問題ですが、給料日が月に何回かあれば、もう少し計画的に給料を使うことができるようになるかと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーであれば毎週給料日が訪れるから最高

先にも挙げた通り、一般的なアルバイトや会社員の給料日は月に一回しか訪れてきません。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは違います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は、一週間ごとに計算をされ、振込に関しても、稼働があるのであれば毎週振り込まれてきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは毎週給料日がやってくるので実は安心の仕組み

実はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動した報酬 は、毎週振り込まれます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬振込形態としては、週末締めの翌週支払い、と言った形になります。

そのため、会社員やアルバイトの人のように、1ヶ月カツカツになりながら頑張って働く必要が無いのです。

毎週、「給料日(給料ではないので本当は報酬支払日)」がやってくるので、気持ち的にもとても余裕を持って活動することが出来ます。

毎週給料日が来れば、月に一度だけの給料日よりも柔軟にお金を使えますよね。

また、毎週お金が振り込まれると、嬉しさも増えますので、働く強いモチベーションの源泉にもなります。

お金がなくなってきたらその週は頑張って稼働すれば次の週にしっかりと振り込まれる

給料日が月に4回訪れる、ということは、より柔軟な働き方が出来るようになる、ということです。

仮に、とある週にお金が無くなりそうになってきたら、その週は頑張ってUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしてたくさん活動すれば、次の週になったらすぐにその報酬が振り込まれます。

これは、一般的な会社員やアルバイトの人では経験できない大きな魅力でしょう。

逆に、ある週に頑張って集中的に稼働すれば、ほかの週にゆっくり休んだり、言ってしまえば、いつでも旅行に行くことさえだって出来ます。

普通の会社員であれば毎日基本的には会社に行って働かなければいけませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーであれば、シフトや強制出勤、強制稼働などないので、1ヶ月ガッツリ働いて1ヶ月ガッツリ旅行に行く、なんてことも出来ます。

毎週給料日が来ることは精神的な安定にも繋がるし、自分のペースの調整もしやすい

給料日が毎週訪れることで、自分の精神的な安定にもつながると思います。

一般的な会社で働いていると、給料日は基本的に月に一度です。

ですので計画的にお金を使わないと、月半ばで破産…なんてことにもなりかねません。

ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーであれば、毎週のように給料日がやってきます。

お金がある時はゆったりと、お金が欲しければガッツリと配達パートナーとして活動することで、毎週、お金が振り込まれてきます。

会社のペースに合わせるのが疲れた、自分のペースに合わせて生活をしたい、と考えている方は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはとてもおすすめです。

実際に体験してわかった、給料日が多いと幸福度もあがるし仕事へのモチベーションもあがる

私自身も実際に体験をして気付いたことですが、給料日が増えると、毎週が楽しくなります。

一週間ごとに区切られるのでモチベーションの管理もしやすく、結果として給料日が多いとモチベーションも上がるな、と思いました。

毎週給料日が訪れてくることのメリットはとても大きいと思います。

【結論】給料日が4倍に増えると幸福度も4倍になります

これは私の実感ですが、給料日が増えることで、幸福度も上昇します。

皆さん、給料日は好きですよね?

会社から給料が貰えた直後は、手元にお金があり、とても充足感に満たされる人が多いことと思います。

しかし、会社の給料日は月に一回しかありません。

給料日がやってくるまでには、様々な会社で起こるストレスとなるイベントを乗り越えてこなければなりません。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーであれば、そんな辛い思いをしなくても大丈夫です。

毎週、給料日があるので、その週に活動して稼いだお金の分は次の週になればすでにあなたの手元に入ってきます。

毎週給料日があると、やっぱり嬉しいですね。

1週間を過ごすのがとても楽しみになります。

また、1週間という短いスパンで活動することで、会社員のようにダラダラ慢性的に働くことなく、とても集中して働くことができるような気さえします。

細かく給料日がやってくると自分のモチベーションの管理もしやすくなる

給料日が何回もやってくると、自分のモチベーションの調整がしやすくなります。

従来のような月に一回しか給料日のない場合、月半ば辺りになると仕事のモチベーションが低くなってしまうこと、よくありませんか?

とくに会社員やふつうのアルバイトの場合、どれだけ気合を入れて働いても、適当に働いても、結局の給料には変わりがありません。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの場合は、自分のモチベーションを高く保つことで、仕事効率が上昇し、いつもより多く稼ぐことも十分可能だと思います。

そして、給料日が週に4回もやってくることで、あなたのモチベーションは高く保ち続けやすいことと思います。

モチベーションを高く保ち続けることが出来れば、精神的にも安定する上に仕事効率も上昇するため、良いですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は成果報酬なので頑張れば頑張るほどお金が稼げるようになる

もうみなさんご存知かと思いますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしてのお仕事は、完全に成果報酬型の働き方となります。

また、一般的な会社員やアルバイトと比べて、非常に柔軟な働き方ができることがUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの大きな魅力です。

まず出社やシフトがないので、自分の働きたいと思った時に、自分が満足するまで、完全に自分のペースで働くことができます。

報酬は配達数や配達距離などに応じて支払われるので、沢山お金を稼ぎたい人はガッツリと、健康も兼ねのんびりと活動したい方は自分のペースで活動することが出来ます。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集