Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録しない学生は今後の人生結構もったいない!?大学生だからこそUber Eats(ウーバーイーツ)の自由な働き方を楽しむべき

疑問を持ったブタさん

大学生なんだけど、お金を稼ぐには何をしたらいいんだろう。やっぱり無難にアルバイトを家の近くで探すのが1番なのかな。

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 都心に大学に通っている学生は全員ウーバーイーツに登録すべきだと思う
  • 【機会損失】ウーバーイーツに登録していない大学生がもったいない理由
  • ウーバーイーツ配達を始めれば「社畜を恐れる」ことがなくなります

都心に大学に通っている学生は全員ウーバーイーツに登録すべきだと思う

最初に結論から言ってしまうと、ウーバーイーツの配達エリア内に住んでいる、あるいは配達エリア内の学校に通っている学生は全員、ウーバーイーツの配達パートナーとして活動をすべきだと思います。

ウーバーイーツの配達エリアは、日々どんどん拡大をしています

ウーバーイーツの配達エリアですが、最初の頃は東京都23区内だけでのサービス提供からスタートしました。

しかし今や、横浜や大阪、更には福岡などなど、全国各地にどんどんとサービスエリアは拡大をしています。

そして今後も、より広範囲のエリアにサービスエリアが拡大していくこと間違いないでしょう。

このことによって、より多くの人たちがウーバーイーツの配達パートナーとして活躍する機会が増えるかと思います。

ウーバーイーツ配達エリア対応の都市に住んでいる学生は全員登録をすべき

ぶっちゃけ、ウーバーイーツ配達エリア内に住んでいる学生の皆さんは、ウーバーイーツの配達パートナーに登録をしたほうが良いと思います。

エリア内に住んでいる皆さんはラッキーだと思いますw

これほどまでに自由に働くことのできる働き方はなかなかありませんからね。

私は以前、ウーバーイーツの対応エリア外に住んでいながらも、対応エリアまで電車で向かい、そこから配達を開始していました。

それほどまでに、ウーバーイーツの配達という働き方は普通のアルバイトなどの働き方に比べて自由度が高く、魅力的な働きかただと私は思います。

大学に行きながら空いた時間でウーバーイーツ配達をすれば「超効率的な生き方」です

私の提案としては、大学生の皆さんは、大学に行きつつ、空いた時間にウーバーイーツの配達をするのが「超効率的」にお金を稼ぐことが出来るかと思います。

アルバイトだとどうしてもシフトなどの兼ね合いで自分の思ったように働けないことも多いです。

しかし、ウーバーイーツの配達であれば、

  • 自分の好きな時間に
  • 自分の好きな時間だけ

働くことができるので、控えめに言って最高ですよ。

しかも、ウーバーイーツの配達パートナーは、報酬が毎週支払われるので、急に来週旅行の予定が入っても、今週頑張って働けばお金を間に合わせることも可能です。

さらにいうと、ウーバーイーツの配達だったらアルバイトで稼ぐ金額くらいは余裕で稼ぐことができるので、もはやウーバーイーツの配達ができるのであれば、アルバイトするメリットなくなるかと思います。

【機会損失】ウーバーイーツに登録していない大学生がもったいない理由

正直な話、大学生の皆さんはウーバーイーツの配達パートナーとして活動をせずに、アルバイトを続けているのは機会損失だと思います。

その理由を解説します。

シフトの縛りがあるアルバイトするなら自由な時間に働けるウーバーイーツをすべき

アルバイトは一般的にシフトの縛りがありますよね。

事前に自分の決めたシフトには絶対に参加してアルバイトをしなければいけない、これはアルバイトの抱える大きなデメリットです。

しかし、ウーバーイーツの配達であれば、自分の好きな時間に好きな時間だけ働くことができるので、アルバイトのように時間きっちり働く必要が一切ないのが大きな魅力です。

言ってしまえば、「自分が働きたい気分のときだけ働く」ことも十分に可能なのです。

また、ウーバーイーツの大きな魅力として、「上司がいない」ことも非常に魅力的です。

一般的なアルバイトや会社員の場合、面倒な上司、怖い上司、うるさい上司などがたくさんいるのが一般的です。

しかし、ウーバーイーツの配達という働き方は、「完全に個人プレー」で働くことができるので、そもそも上司がいなく、淡々と配達の依頼をこなしていけば良いだけです。

そのため、人間関係をうまく保つ必要がそもそも一切なく、そのようなストレスを抱え込みやすい人にとっても非常にオススメな働き方です。

社会人になるとウーバーイーツの配達をする気力がなくなってしまう場合が多い

社会人になってもウーバーイーツの配達をしている人は多いですが、時間のある学生の今のうちに配達をできるひとは経験をしてみることを私としては強くおすすめします。

その理由としては、社会人になってからだと仕事で忙しく、ウーバーイーツの配達パートナーという働きからをする機会が少なくなるからです。

学生の今のうちにウーバーイーツの働き方を知っておけば、社会人になっても、「自分にはウーバーイーツの配達という選択肢もある」と自身を持って働くことができます。

実際、社会人をやめてウーバーイーツの配達一本で活動している人もいます。

全員に会社に行くのを辞めてウーバーイーツの配達に専念しろとはいいませんが、社会人として、会社で働くのに苦しさを感じた時に、あなたにとってウーバーイーツの配達がよい「逃げ場」になれば気持ち的にも安心かとおもいます。

とにかく「自由」な大学生には「自由に働ける」ウーバーイーツが最高にマッチしてる

大学生の多くは「自由」の身である人が多いかと思います。

もちろん、勉強などでしにものぐるいの人もいるかと思いますが、私も大学生の経験があるのでその身から言うと、大学生は本当に「自由」な身分だと思います。

「人生の夏休み」という言葉もありますが、本当にそのとおりだと思います。

ただし、大学生の皆さんの多くは金銭面で苦しんでいる人が多く、大半の人はアルバイトをしていますよね。

アルバイトの働き方は「自由」な働きかたではないので、せっかく大学にいるならもっと自由に働きたい、と思っている人も多いことでしょう。

そんなみなさんこそ、やはりウーバーイーツの配達をおすすめします。

ウーバーイーツの配達は本当に自分の好きな時間だけ働くことができるので、自由を求める大学生には圧倒的にオススメな働き方です。

【結論】ウーバーイーツ配達を始めれば「社畜を恐れる」ことがなくなります

結論ですが、どうして私がこれほどまでにウーバーイーツの配達パートナーを学生の皆さんにオススメするかというと、ウーバーイーツの配達を行うことで、「将来社畜で苦しみ続ける」ことから解放されるきっかけになるからと思っているからです。

大学生の皆さんはこれから先、働いてお金を稼ぐことになるかと思いますが、ウーバーイーツの配達のような働き方でお金を稼ぐことが出来るということを知ることができると、働き方の幅が大きく広がるのではないかと思います。

ウーバーイーツの配達は「雇われ」ではなく「個人事業主」として働きます

大前提として、ウーバーイーツの配達パートナーの働き方は雇われて働きません。

どういうことかというと、ウーバーイーツの配達パートナーは個人事業主として、ウーバーイーツから仕事を分けてもらって働くのです。

そのため、他人に指揮命令されることが一切ないし、自分の意志で働くことができます。

そのため、ウーバーイーツの配達パートナーとして活動するということは、自分が働きたい分だけ働くことができます。

もちろん、自分が働いただけしか報酬を手に入れることができませんが、アルバイトのように「やらされる」働き方よりは、圧倒的に高いモチベーションで働くことができます。

「どうすればより効率的に働くことができるか?」を考えることで、収益を伸ばすこともできます。

数年後の社畜にビビりながら大学生活送るより、ウーバーイーツで独立を意識すべき

この記事を読んでいるあなたも、将来的には「独立して自分の手でお金を稼げるようになりたい」と考えている人も多いかと思います。

そんなあなたこそ、ウーバーイーツの配達を行って、「自分の手でお金を稼ぐ」感覚を身につけることができるウーバーイーツの配達を行うことをおすすめします。

ウーバーイーツの配達で「自分で稼ぐ」ことを覚えたら、ここから応用して、いろいろな分野でお金を稼ぐ機会を見つけることもできるかもしれません。

独立を目指している人こそ、ウーバーイーツの配達はおすすめです。

ウーバーイーツ配達を皮切りに、「自分らしく」自分の人生を生きるべき

ぜひ、皆さんもウーバーイーツの配達をきっかけに、「自分らしい」人生を探してみませんか。

とはいえ、ウーバーイーツの配達は、よくあるネットビジネスのように「稼げるかわからない胡散臭い働き方」ではありません。

行うことは、コツコツと配達をこなすことです。

ウーバーイーツの配達であれば、アルバイトと同じくらい(時給1000円〜)のお金を稼ぐことは十分に可能です。

そこから、さらに自分なりに効率的な稼ぎ方を覚えていけば、どんどんと報酬を伸ばしていくことも可能です。

ぜひ、ウーバーイーツの配達をきっかけにして、よりのびのびとした働き方、楽しい生き方を見つけてみてください。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集