配達パートナーの登録はこちら

会社で自分を否定される暇あったら配達の1件でもこなしたら良いという話

疑問を持ったブタさん

あああ、、、会社にいると、自分を否定されてばっかりで本当に疲れてしまう。。。

だからといって、会社を辞めてしまっても行く宛がないしなあ。

いったい、僕はどうしたらいいんだろうか。。。?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 会社員をしていると、自分を否定され続け、疲弊し、絶望感を味わう事が多い
  • あなたが「ダメ人間」であることは会社や上司が作り出した幻想で、実はそうではない
  • あなたが会社に精神を削られている間にUber Eats(ウーバーイーツ)で稼いでいる人がいることを想像せよ

会社員をしていると、自分を否定され続け、疲弊し、絶望感を味わう事が多い

残念ですが事実としてあることをお話しします。

会社員を続けている限り、疲れる←これが真理です。

会社員をしていると、ただただ自分を否定され続けます。

そして、会社員である限り、ひたすら働き続ける日々が続きます。

その結果、あなたが会社で生み出した付加価値は会社に多くを吸収されます。

そんな現状に、多くの会社員は絶望をしています。

会社員をしていると否定をされ続けて消耗してしまう事が非常に多い

悲しい現実ですが、会社員をしていると、自分の考えを否定されてしまうことが非常に多いですね。

なぜならば、会社の意思決定権はほとんどすべて、会社経営者が握っており、一般社員は会社経営者の考えにすべて従わなければいけないからです。

そのため、自分で強く意見を持っていても、それが経営者の意見と大きくずれた内容であれば、その意見はその会社にいる限りは否定されるづけることになります。

※ここで補足しておくと、会社にあなたの意見を完全に否定されても、あなたの意見が世間的に完全に間違っているわけではありません。ただし、その会社ではその意見は間違っている、ということになります。

もし、あなたが会社の方針と異なった意見を強く持っている場合、残念ですがその会社にいる限り消耗し続けてしまうことになります。

もし消耗し続けているのであれば、その会社を離れることも一つの選択肢として考えるべきだとは思います。

自分は疲弊するかもしれないけれど、会社はそんな事知ったこっちゃあない

もしあなたが会社内で否定をされ続けていても、会社としてはそのようなあなたについては知ったこっちゃあない、というのが現実です。

なぜならば、会社側は経営者の意見に従って従順に付いてきてくれる会社員を求めており、会社の方針に反する会社員は求められていないからです。

そのため、会社に否定されるつづけているけれどその会社に居残り続けてひたすら消耗を続けてしまう会社員の方が続出してしまうのですが、そんな方は残念ですがその会社にいる限り、あなたが会社の方針に従順にならないかぎり、とにかく消耗をし続けてしまうことになります。

もし、あなたが会社の方針側に折れること無く、自分の意見を貫き等したいのであれば、あなたがその会社にいることはふさわしくないでしょう。

自分の意見を最大限に実現したい場合は、「独立」や「起業」という選択肢が出てきます。

【結論】会社でどんどん消耗するのは、ただの損失にすぎない

結論を言ってしまうと、会社でどんどん消耗してしまうのは、ただの損失です。

あなたが会社にいて消耗をしていたところで何も生産性はないし、誰かが救われるわけでもありません。

会社で消耗を続けている人は、できれば早く、その会社から離れることが最善の選択だと思います。

今の会社から離れることで安定した収入を失い、今後の生活が心配だと考えている人もいるかもしませんが、問題ありません。

別に今の日本で職を失っても餓死することはまず無いし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行えば1日に一万円近く稼ぐことも現実的に可能です。

もしかしたら、現在就職しているよりもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを行ったほうがお金が稼げる場合もあるでしょう。

あなたが「ダメ人間」であることは会社や上司が作り出した幻想で、実はそうではない

この記事を読んでいる会社員の中には、会社内で「ダメ人間」扱いされている人も少なくないことでしょう。

しかし、あなたが「ダメ人間」であることは、実はあなたがその会社に属しているからであり、環境を変えればあなたは大きく輝くことができます。

そう、あなたを「ダメ人間」にしたのは、他でもなく、会社や上司が作り出した幻想であり、本来はあなたはダメ人間でもなんでもないのです。

【悲報】会社にいると「ダメ人間」扱いをされる確率が上がります

ここで悲しいお知らせをします。

あなたがたとえどんなに優秀な人間でも、会社にいる限り、「ダメ人間」扱いをされる確率が上がってしまう、というのが事実としてあります。

なぜならば、会社はチームとして行動を行うもので、あなた一人が目立った活躍があっても、他の人と平均化され評価されることが多いからです。

つまり、チームメイトがダメな人間だったら、あなたもダメ人間に見られてしまう可能性が大いにある、ということです。

普段、あなたの周りにいる5人を思い浮かべてみてください。あなたより優秀な人はどのくらいいるでしょうか?

考えてみたときに、あなたが優秀だと思える人が一人も居なかったのであれば、そこはあなたがいるべき場所では無いかもしれません。

あなたがダメ人間なのはその会社内だけで、本来はダメ人間なはずがない

もちろん、あなた自身が「ダメ人間」扱いされるのはその会社内に限ります。

一回、ダメな人間として見られたら、そこから挽回して優秀な人間として見られるようになるのはなかなか簡単ではありません。

あなたがその会社でうまく行かずくすぶっていても、他の環境に行けばかなり優秀な成果を出すことが出来ることさえあります。

そう、「ダメ人間」なんて、本当はどこにもいないんですね。

ダメ人間だと思われている人のほとんどは、環境の選択を間違えているだけです。

自分に最適な環境を選ぶことができれば、あなたはとても優秀になることができると思います。

あなたが社内でダメ人間扱いされるということは、むしろチャンスです

むしろ、あなたが今「ダメ人間扱い」をされていることは、チャンスととらえましょう。

残念なお話ですが、あなたが今「ダメ人間」として扱われているのであれば、その環境では優れた結果を出すことが難しいでしょう。

可能だとしても、それはコスパが悪く、もっといい環境で活動すればさらに良い結果を残すことが出来ると思います。

つまり、あなたがダメ人間扱いされているのであれば、環境を変えてみることをおすすめします。

環境を変えることで、今までくすぶっていたあなたの人生はは大きく飛躍する可能性が十分にあるでしょう。

あなたが会社に精神を削られている間にUber Eats(ウーバーイーツ)で稼いでいる人がいることを想像せよ

あなたが会社内で安い賃金でひたすら消耗している間に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動している人はコツコツとお金を稼いでいるという現実があります。

会社員として、しょうもない賃金を貰いつつ、しょうもないミスで上司に怒られたりして消耗するのは、控えめに言って「勿体ない人生」と言うことができます。

あなたが会社員として消耗している間に、もっと健康的にガッツリお金を稼ぐことが出来ている人がいることも心にとどめておきましょう。

あなたが会社で消耗している間に、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐ人がいる

あなたが会社でミスをしたり怒られたりしてくすぶっている間に、 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしてコツコツとお金を稼いでいる人がいることが現実としてあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの中には、専業で行っている人もいれば、会社員をしながら配達を行っている人もいます。

会社員をしているだけでは、「みなし残業」や「裁量労働制」と銘打って、いくら残業したとしても潤沢なお金を稼ぐことはなかなか難しいでしょう。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動することで、週末に一万円から二万円程度のお小遣いを増やすことは現実的に可能です。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、東京23区内であれば深夜の0時まで活動することができるので、仕事終わりにサクッとお小遣いを稼ぐことさえできます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動できることで、残業を増やしてなけなしの小銭を稼ぐことから解放されるのです。

会社で消耗をしていても生み出す利益はわずか。それなら消耗せずに稼げ

これは残念な現実のお話ですが、あなたがどれだけ会社で消耗をしても、消耗をすることであなたが生み出す利益はわずかでしょう。

あなた自身が消耗しているだけでは、誰も喜ばないし、あなたが消耗していることは誰も求めていません。

むしろ消耗している状態では、生産性がダダ下がりでしょう。

要するに、あなたが消耗することによるメリットは何も無いのです。

「その苦労が将来の糧になる!」などと上司は言うかもしれませんが、そんなことをいうあなたの上司はあなたにただ「自分の思い通りに働いて欲しいだけ」、つまり「パシリになって欲しいだけ」なのです。

そんな現実が嫌であれば、消耗している環境から抜け出し、消耗せずに稼いだ方が良いでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は消耗している会社員の逃げ場です。逃げるは勝ち

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーという選択肢は、そんな会社で消耗しているあなたへ与えられた救いの選択肢となるでしょう。

消耗している会社員は、会社を辞めたいと思っているけれど、辞めたあとは何をしていいか分からないため、結局会社に残り続けてひたすら消耗し続ける選択肢をとる人がとても多いです。

それならば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしてまずは活動してみるといいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、

  • 面接が無く、だれでも始めることができ、
  • 愚直に配達を続けていれば確実にお金を稼ぐことができ、
  • 自分の働きたい時間に、働きたい時間だけ働くことができ、
  • 毎週、給料日がある

という、魅力的な働き方です。

アルバイトや正社員のように「雇われて給料日を待つ」働き方ではなく、「自発的にお金を稼ぎに行く」ような感覚です。

そのため、自分の体調が優れない時などは無理して働く必要がなく、また、上司に怒られたりするストレスもない(そもそもUber Eats(ウーバーイーツ)には上司がいない)ため、のびのびと健康的に働くことが出来るのです。

結論を言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、消耗している人の良い「逃げ場」となります。

社会人として消耗しているのであれば、できる限り早く逃げた方が良いと思います。

逃げるが勝ちですよ。

関連記事

Uber EatsでGOでは、会社員のための記事をいくつか用意しています。ぜひこちらの記事もご覧ください。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集