Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにはイケメンが多い説は本当なのか?

疑問を持ったブタさん

Uber Eatsの配達をしている人を街でよく見るんだけど、なんだかイケメンが多いような気がする。Uber Eatsの配達パートナーは全体的にイケメンが多いのかな。自分はあまりイケメンじゃないけど、Uber Eatsの配達パートナーをやっても大丈夫かな・・・?(笑)

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 【結論】Uber Eats配達をやっている人にイケメンが多いのは割と当たっていると思う【個人的感想】
  • Uber Eatsの配達パートナーにイケメンが多い理由は、考えてみれば「確かに」と納得できる
  • 【逆に考える】Uber Eatsの配達パートナーをすれば、あなたもイケメンになれる?

【結論】Uber Eats配達をやっている人にイケメンが多いのは割と当たっていると思う【個人的感想】

結論から言うと、Uber Eatsの配達パートナーとして活動をしている人の中にイケメンが多いのではないか、という意見は、あながち間違いではななく、結構その通りだと思いますw

あくまでも個人的な感想になりますが、私としては、「Uber Eats配達パートナーにはイケメンが多い」という意見を支持したいと思います。ここでは、Uber Eatsはイケメンかどうか、という話題について、私が個人的に持っている持論をお話していこうとおもいます。

・・・かといって、私自身がイケメンである訳ではないんですけどね。w

実際にUber Eatsの配達をしている人を見てみると、爽やか好青年イケメンが多いのは事実

私は実際にUber Eatsの配達をしているので、配達途中に道で多くの配達パートナーさん達を目にすることがあります。そこでいつも感じている私個人の感想を言うと、Uber Eats配達パートナーさんの多くは爽やかな好青年のイケメンが多い印象があります。

私は結構長い期間Uber Eatsの配達パートナーとして活動をしていますが、街で見かける配達パートナーさんの多くが、オシャレでスタイリッシュな自転車で走りやすい服装をしておりUber Eatsのデカいリュックを背負って格好良く街を駆け回っているのを見かけます。

また、他の配達パートナーさんと同じマンションに配達に伺い、エレベーターなどで一緒になることも度々あるのですが、「こんにちは!」「お疲れ様です!」などと爽やかに話しかけてくれることも多いです。いい気分になりますね!

いずれにせよ、Uber Eatsの配達パートナーをしている方は爽やかで印象の良い人が多い、というのが私の所感です。

男性だけではなく、女性配達パートナーの方もスポーティな美人配達員が多いイメージ

Uber Eatsの配達パートナーさんの多くは爽やか好青年イケメンの人が多い、ということを先ほどお話をしましたが、実はUber Eatsの配達パートナーとして活動している方は男性の方だけではなく、以外にも女性の方が多く活躍をされています。

女性の方にとって、Uber Eats配達パートナーは体力勝負なイメージがあり、なかなか取っ付きにくそうなイメージがあるかもしれませんが、実はUber Eatsは多くの女性に支持をされている働き方なのです。

なぜならば、Uber Eatsの大きな魅力として、「シフトが一切ない」という特徴があるからです。

一般的なアルバイトやパートなどはほぼ必ずシフト制になっており、予め決められた時間には必ず働かなければいけません。そのため、簡単には仕事を休むことができないですよね。

しかし、Uber Eatsの配達パートナーであれば、自分の体力や体調に合わせて、自分自身で稼働時間を調整することができるのです。稼働したいときはスマホアプリで稼働のスイッチをオンにして、終了したいときはスイッチをオフにするだけです。

何時間働いても、少ししか働くなくても、バイトのように他人の気を使ったり迷惑をかけたり、なんてことが一切ありません。気分の乗ったときに、好きな時間だけ働いてお金を稼ぐことができるのはUber Eats配達パートナーの最大の魅力です。

ちょっと話はそれましたが、そんな理由もあり、Uber Eatsの女性配達パートナーさんも多数活躍されています。私も配達をしているとよく街ナカで女性の配達パートナーさんを見かける事がありますが、皆さん、美人でスポーティな方が多いような印象があります。

特に、女性配達パートナーさんはロードバイクに乗っている方が多いような印象があります。本当にカッコいいです。自転車が好きな女性の方の多くはUber Eatsの配達パートナーをして活動しているのではないか、と思います。

【イケメンに】当ブログ管理人は別にイケメンではないのでご安心ください【なりたかった】

ここで(個人的に)残念なお話なのですが、私もUber Eats配達パートナーとして結構ガッツリと活動をしていますが、私はイケメンではないのです。。。申し訳ございません。。。フツメンです。。。

いや、でも、個人的な感想で自分はイケメンじゃないと思っているだけであって、他人から見た自分はもしかしたらイケメンなのかもしれない!

???

フッ、残念ですが、それはないですよw

※これからUber Eatsを始めようと考えている人のなかで「えっ!自分イケメンじゃないけど、やっぱり浮いてしまうのかな。。。?」なんて考えている方、安心してください。Uber Eatsの配達パートナーには顔採用などは一切ありませんw

Uber Eatsの配達パートナーにイケメンが多い理由は、考えてみれば「確かに」と納得できるかも?

Uber Eatsは別に顔採用しているワケではないのに、Uber Eatsの配達パートナーにはイケメンが多いって、「えっ、なんで」って感じですよね。でも、実際、Uber Eatsの配達パートナーにはイケメン(そして美女)が多いんですよね。

だけど、どうしてUber Eatsの配達パートナーにイケメンが多いのか、その理由を考えてみれば、意外と「あ〜、たしかにそういう訳で」と納得の行くものがあったりします。

ここでは、具体的に、「どうしてUber Eats配達パートナーがイケメンになるのか」について考えてみようと思います。

※あくまでも私一個人の意見になるので、異論は認めます。

Uber Eats配達をするような人は自転車に乗ったり運動するのが好きな人が多い

そもそも、Uber Eatsの配達をしようと考える人は、まず自転車に乗ったり運動したりする事が好きな人が多い、ということが考えられます。インドア派かアウトドア派のどちらがUber Eatsのような屋外での活動をメインにする仕事を選ぶかと言われれば、間違いなく後者でしょう。

自転車に乗ることが好きな人や運動することが好きな人は、自然と足腰や体を鍛えてられていますよね。その甲斐もあり、自転車に乗る人や運動が好きな人はスタイルが良くてイケメン好青年に見えることが多いのです。

つまり、以下のような三段論法が成立すると思うのです。

Uber Eats配達パートナーイケメン三段論法
  • 自転車に乗るのが好きな人・運動が好きな人→体が鍛えられていてカッコいい
  • 自転車に乗るのが好きな人・運動が好きな人→Uber Eatsの配達パートナーをする
  • Uber Eatsの配達パートナーをしている人→体が鍛えられているカッコいい

Uber Eatsでの働き方を知っているような人は意識高めなオシャレ男子が多い

Uber Eatsの配達パートナーのような働き方を知っている人は、海外旅行が好きなアウトドアタイプの人だったり、ちょっと意識高めで新しいことなどが好きなオシャレな人が多いような印象があります。

確かに、Uber Eatsの働き方は最近生まれた、年配の人にはなかなか理解出来ないような自由度の高い働き方をすることができます。つまり、Uber Eatsのような働き方を受け入れることが出来るのは、時代の流れに敏感な人や新しいものが好きな人が必然的に多くなると思います。

その中でも自転車に乗るのが好きだったりアウトドアタイプの人がUber Eats配達パートナーになろうとするので、イケイケのイケメンが集まる傾向があると思います。

Uber男子にイケメンが多いのは「佐川男子」や「黒ネコ男子」にイケメンが多いのと同じ理論かも

そういえば、ちょっと前に、佐川急便の配達員「佐川男子」やヤマト運輸の配達員「黒ネコ男子」の呼び名が流行ったことをご存知でしょうか?彼らも、Uber Eats配達パートナーと同じように、荷物を各家庭に配達する仕事をする方ですが、イケメンの象徴として「佐川男子」や「黒ネコ男子」として持て囃されていました。

Uber Eatsの配達パートナーも、佐川男子や黒ネコ男子と同じような扱われ方をされている、というのも一つ、Uber Eats配達パートナーにイケメンが多い理由として考えられるかもしれません。

Uber Eatsはアメリカからやってきた最先端の働き方なので、時代を先取りしており、その甲斐もあってUber Eats配達パートナーとして活動している人は流行に乗れているイケメンである、という扱いをされるのも一つ理由として考えられますね。

【逆に考える】Uber Eatsの配達パートナーをすれば、あなたもイケメンになれる?

結局、Uber Eatsの配達パートナーの方はイケメンな方が多いのは事実だと思います。ここで言う「イケメン」とは、顔がSexy Zoneみたいなカッコいい人たちである、という意味ではなく、総合的に好印象なイメージがある人のことを指しています。

Uber Eatsの配達パートナーをしていてもあまり他の配達パートナーさんとの接点はないことが多いですが、時々すれ違ったりして話をすると、好印象の人はやはり多いです。

【結論】Uber Eats配達パートナーをすればあなたもイケメンになれると思います(多分)

ここではUber Eatsの配達パートナーを始めればみんなイケメンになれるのでは?という理論を提唱してみたいと思います。

私は思うのですが、イケメンがUber Eatsの配達パートナーになるのではなくて、Uber Eatsの配達パートナーとして働いている人がイケメンになれるのではないか、と思うのです。(逆転の発想!)男性だけではなく、女性もUber Eatsの配達を始めれば美女になれるのではないか、と思うのですが、いかがでしょうか?

特に自転車乗りのUber Eats配達パートナーは自然と体が鍛えられるのでイケメンになれる

Ube Eatsの配達パートナーとして稼働する方法は2種類あって、一つは自転車で配達をする方法、そしてもう一つはバイクを使って配達する方法があります。

どちらの方法で配達しているパートナーさんにもイケメンな人は多いですが、特に自転車で配達をしている人にイケメンな人が多いような印象があります。自転車に乗っている人は、やはり足腰が鍛えられ、体がシュッとしなやかになるため、イケメンになるのも無理はないと思います。

【まとめ】偏見かと思ってたけれどイケメンになれる理由はたくさんありました

今回のテーマは「Uber Eats配達パートナーにはイケメンが多い説は本当なのか?」ということでしたが、みなさんはこの記事を読んでどのような感想を抱いたでしょうか?「確かに、言われてみればそうかもしれない・・・!」と思った人も入れば、「いやいや、さすがに無茶振りでしょw」と思った人もいるかもしれません。

よかったらコメントなどで教えていただけると嬉しいです。これは個人の偏見かと思いきや、Uber Eatsの配達をしている人にはイケメンが多いのは実は事実で、むしろUber Eatsで配達を行うことでイケメンになれる可能性さえ考えることができました。真偽のほどはさておき、もしあなたがイケメン、美女になりたいと考えているのであれば、Uber Eatsの配達パートナーを始めればその目標に一歩近づくかも・・・?

※最後になりますが、自転車で配達を行えば結構な運動量になるので、体つきがスポーティーになるのは間違いないと思います。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集