フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達は高校生でもできる?年齢制限などについて解説

よくある疑問・質問

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達は高校生でも働ける?

Uber Eatsの配達スタッフは配達パートナーと呼ばれます。配達パートナーとして働くには身分証明書の提示などいくつかの条件や制限が設けられていますがその中に高校生についての記載はありません。高校生という理由で配達パートナー登録を拒否されることはなく働くことが可能です。

高校生であるという理由で拒否されることはありませんが配達パートナー登録の条件を満たしていなければ当然働くことは不可能です。例えば配達パートナーとして働くのに必須のスマートフォンを持っていなかったり有効な身分証明証が用意できなければ登録できず働くこともできません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達には年齢制限がある?

自由な働き方で話題を集めるUber Eatsですが、配達して報酬を稼ぐ配達パートナーには年齢制限が設けられています。

規約によると「少なくとも18歳又は貴殿の法域における成人年齢(18歳と異なる場合)に達していなければなりません」と書かれています。つまりUber Eatsの配達パートナーとして働くには18歳に達していることが条件となっています。

さきほどUber Eatsは高校生でも働けると書きましたが年齢制限のほうが優先されます。そのため18歳未満の高校生は働くことができません。Uber Eatsで働けるのは18歳に達した少なくとも高校3年生以上が対象となります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で働いている人は何歳が多い?

大手アンケートサイトが配達パートナーを対象に行ったアンケート調査によると配達パートナーで最も多いのが20代で44パーセント、次いで30代が約32パーセント、40代が15パーセントとなっています。20代から40代で配達パートナーの9割を占めており10代と50代以上の年齢層は合計しても1割程度となっています。

働いている人の年齢層は地域によって多少のばらつきはあるものの全体的な傾向としてはどのエリアでもほぼ同じような年齢構成が見られます。時期によっても違いが見られ学校が休みになる7から8月にかけては10代、20代の割合が増加します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達を多くの年齢の人がしている理由

Uber Eatsの配達パートナーは多くの連例の人が働いています。多様な年齢の人が働いている大きな理由として参加することの容易さが挙げられます。

Uber Eatsの配達パートナーになるのはとても簡単です。年齡などの条件をクリアしていて身分証明書やスマートフォンなど必要な物があればだれでもすぐに登録可能です。一般のアルバイトのように履歴書の提出や面接などはなく基本的に不採用になることがないので働き口を探す人にとって非常にハードルが低い職業です。

また、一般の仕事では高齢になるほど採用されにくい傾向がありますがUber Eatsの配達パートナーでは高齢を理由に不採用になることがないのも年齢層が幅広い理由のひとつです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達は年を取ると厳しくなる?

18歳以上であれば高齢でも働けるUber Eatsの配達パートナーですが歳を取るにつれて仕事が厳しくなってくるのは紛れもない事実です。

大前提として、Uber Eatsの配達パートナーは体力を要求される肉体労働です。指定時間までに料理を届けるにはスピーディーに移動するだけの体力が必要です。徒歩はもちろん自転車でも1日働けばクタクタになります。原付バイクを使っても暑さ寒さの厳しい中で一日中あちこち届け続ければかなりの疲労がたまります。

近場の配達のみ受ける、過ごしやすい季節のみ働くなど対策をしても加齢による体力の衰えが避けられない以上は歳を取るにつれて仕事が厳しくなるのは避けられません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達における年代別の特徴

Uber Eatsの配達で働く人たちを見てみると年代別にそれぞれ特徴が見られます。働く人それぞれが意識しているわけではないのですが全体的な傾向として年代による働き方の違いは意外なほどはっきりと表れます。

それぞれの年代ごとの特徴を見てみると何を求めてUber Eatsで働くのか、なぜUber Eatsを選んだのかといった働く目的や仕事を選んだ理由などが浮かび上がります。年代別の働き方を知ることでUber Eatsが果たしている社会的役割や現状の課題なども読み取れます。

高校生のUber Eats(ウーバーイーツ)配達の特徴

高校生のUber Eats配達パートナーの最大の特徴は労働時間です。

高校生の場合は基本的に学校優先なので働くのは授業が終わった午後以降です。さらに深夜の高校生の外出は条例違反で補導される可能性があるため遅くまで働くこともありません。配達パートナーとして働く高校生の労働時間のほとんどが午後3時から午後9時までに集中しています。夏休みの時期には人数が旧俗するのも大きな特徴です。

移動手段としては自転車が主流ですが若さからくる危険な運転も報告されています。やや料理の扱いが荒っぽい傾向もあり配達トラブルも報告されていますが改善にも積極的で失敗を繰り返すことはあまりありません。

大学生のUber Eats(ウーバーイーツ)配達の特徴

大学生のUber Eats配達の特徴も高校生と似た傾向が見られます。授業優先で働く時間帯は午後以降が中心、夏休みやテスト明けなど長期休暇の時期には人数が急増します。

大学生の配達パートナーに見られる大きな特徴が、やりがい重視で横のつながりを大切にすることです。大学生は収入だけでなく人との出会いや人脈を重視する傾向が強く、仲間同士でグループをつくり仕事の情報などを共有するなど独自の活動が多く見られ、稼ぐ手段としてだけではなく新しい体験の場としてUber Eatsを考えています。

効率良く働くためのいわゆる攻略法の共有にも熱心で有利な情報を独占せず積極的に発信する傾向が強いのも大学生の特徴です。

20代のUber Eats(ウーバーイーツ)配達の特徴

20代のUber Eats配達パートナーは収入を最も重視しています。生活のために働いているという人が多いこともあり大きな特徴として「スピード重視」の傾向が見られます。

出来高で報酬が決まるUber Eatsでは依頼を多くこなすほど収入が上がります。一件あたりの配達を短時間で完了すればそれだけたくさんの依頼を受けるチャンスが広がることからとにかく短時間で完了させるためにスピード重視で配達します。

スピーディーなのはいいのですが自己やトラブルのリスクが高いのも20代の特徴です。急ぐあまり危険な運転をしたり料理の扱いに丁寧さが欠けていたりとトラブル発生率は全年代の中で最も高くなっています。

30~40代のUber Eats(ウーバーイーツ)配達の特徴

30代、40代のUber Eats配達パートナーの特徴は「効率重視」です。

いろいろな事情はありますが30代、40代の配達パートナーで働いている人の多くはUber Eatsの仕事で生計を支えています。命をつなぐ大切な仕事なので少しでも収入を上げることを重視していますが20代のようにスピード重視で働くのは体力的にも事故のリスク的にも懸命な選択とはいえません。

その結果、限られた条件の中で収入を上げるために効率を重視した働き方を選択します。注文を受けやすいエリアはどこか、どの時間帯が最も稼げるのか、配達難易度が低いのはどの地域なのかなど配達業務を効率化するために知恵を絞ります。

50代以上のUber Eats(ウーバーイーツ)配達の特徴

50代以上のUber Eats配達パートナーは生活のために働く人とやりがいや体力づくりのために働く人に二分されます。生活のために働く人は0代、40代と似たような特徴が見られますがやりがいや体力づくりのために働く人は他の年代とは明らかに異なる特徴があります。

やりがいや体力づくりのために働く50代以上のUber Eats配達パートナーは帰り道で依頼を取りにくいことから敬遠されがちな長距離の依頼を積極的に受注する傾向が見られます。彼らにとって配達パートナーの仕事はトレーニングややりがいのためのものであり報酬は最優先すべき条件ではありません。必ずしも効率的ではない仕事であってもやりがいさえあれば積極的に受注します。

やりがい重視なので収入の波があっても長期間継続的に働いている人が多いのも特徴のひとつです。