Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに引きこもりニートが登録する3つのメリット

疑問を持ったブタさん

自分は引きこもりの、いわゆる「ニート」なんだけど、そろそろ社会復帰しようと考えているんだよね。しかし、コミュ力がないからできるだけ他の人と関わることの無い仕事をしたいな。仕事をする上での人間関係とか特にキツイから、出来る限り個人で働ける働き方がしたいのだけど・・・何か良い働き方は無いかな?

そんなあなたの疑問を解決します。

最初に申し上げておきますが、この記事のターゲットは「現在引きこもっているけれど、お金がなくて困っている人」です。

今回の記事に関しては、反論意見がある人もいるかもしれませんが、半分ネタだと思って読んでいただけたら嬉しいです。

この記事で提供できる情報
  • 引きこもって何が悪い!ぶっちゃけ、私も引きこもりたい人生だった
  • 引きこもりニートがUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録する3つのメリット
  • 引きこもりつつ、お金を稼ぎたくなった時に稼ぐのが良い人生かも

引きこもって何が悪い!ぶっちゃけ、私も引きこもりたい人生だった

最初に申し上げておくと、「引きこもって何か悪いんだ!」ということをまずお伝えしておこうと思います。

引きこもりになってしまった人は、別に引きこもりになりたくてなってしまった人ばかりではないと思います。

社会の中で生きていく上で、どうしても社会に馴染めず、引きこもってしまた人は世の中に多くいるのではないかと思います。

【疑問】引きこもりって、何が悪い?第三者が引きこもりニートに口出しする権利はない!

これは純粋に私の感じている疑問なのですが、引きこもりの人って、引きこもっていることの何が悪いことなのでしょうか?

世間からの引きこもりに対する風当たりは強いように感じますが、私は引きこもりが引きこもることは別に悪いことではないと思います。

実際に、昔引きこもりだったけれどもそこで悩みながら生活をして、現在は連続起業家としてクラウドファンディングサービスなどを立ち上げている家入一真さんのような人は私にとって非常に尊敬の対象となっています。

少なくとも、引きこもりのあなたとは全く関係の無い第三者があなたに文句や指摘をする権利はないですよね。それと同様に、あなた自身も第三者に文句を言われなければいけない理由は全くありません。

他人に迷惑を掛けていないのであれば、引きこもりをしても全然良いとは思います

これはあくまでも私の意見にすぎませんが、他人に迷惑を掛けていないのであれば、引きこもりをしても全然問題無いと思います。

とはいえ、引きこもりをしていると、一緒に住んでいる家族に、早く引きこもりをやめるように言われることもあるかと思います。

しかし、そんな簡単に引きこもりを辞めることができたらもうすでに皆さんやめているかと思います。

そんな考えを持つ皆さんは、少なくとも自分の周りの人間に少なからず迷惑をかけてしまっているかと思いますが、少しでもその掛ける迷惑を軽減できれば相手にとっても喜ばしいことだと思います。

その手段の一つとして、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動をして、自分でお金を稼ぐことが自分にとっても社会復帰の大きな第一歩につながりますし、家族にとっても嬉しいことではないでしょうか。

【事実】私も引きこもりができるのであれば全力で引きこもりたい人生だった

これはちょっと炎上するかもしれない考え方かもしれませんが、もし私も引きこもりが出来る環境であれば、引きこもりをしたかったな、と思います。

ぶっちゃけ、日本社会って厳しすぎるので、引きこもりを多く生み出してしまう大本には、日本社会も少なからず関わっているかと思います。

理不尽なことで上司に怒られたり、社内で理不尽に嫌味を言われること、正直あります。

日本で会社で働こうと思ったら、多少なりともそのような理不尽な仕打ちを我慢しなければいけないことは必ずあるかと思います。

特に、私は面倒な人間関係などは非常に苦手なので、できれば一人で静かに生活して一人でお金を稼ぐことができたら理想だと考えている人間です。

そんな私にとって、Uber Eats(ウーバーイーツ)という働き方は、嫌な人間関係が一切なしに一人でのびのびと働くことができ、さらに自分で勤務時間も調整できるので、とても魅力的な働き方だと思いました。

引きこもりニートがUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録する3つのメリット

次に、引きこもりのニートだった人がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして登録して稼働をすることによる3つのメリットをご紹介します。

最初に結論を言ってしまうと、引きこもりニートにとって、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方は絶好の働き方なんです。

引きこもりやニートをしていたひとは、なかなか社会復帰をする際に抵抗がありますが、数ある働き方のうち、特にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはかなり働きやすい部類に入るのは間違いがありません。

メリット1:Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は同僚や上司がいない働き方なのでコミュ症でも安心して働ける

1つ目のメリットとしては、「面倒な人間関係がUber Eats(ウーバーイーツ)には一切ない」ということですね。

そもそも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方は、一般的な会社員やアルバイトのように、会社に雇われて働く働き方ではありません。

そう、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、個人事業主として働くことになるのです。

働き方も完全に「個人プレー」の働き方となっており、スマホで食事の配達依頼を受けたら飲食店に食事を受け取りに行き、配達先の家に配達に行く、これだけです。

そのため、面倒な上司や同僚などの人間関係で悩むことが一切ない、それがUber Eats(ウーバーイーツ)の働き方なのです。

もしかすると、複数人のチームで行動をするほうが好きな人にとっては、Uber Eats(ウーバーイーツ)の働き方というのは少し寂しい働き方と感じることもあるかもしれません。

しかし、会社にて上司によく怒られたり、人間関係で面倒だと強く感じる私のような人は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは非常に魅力的な働き方に思うことは間違いがないと思います。

メリット2:シフトが決められていないので、自分が働く気分になった時だけ働くことができる

2つ目のメリットとしては、「自分の働きたいときに働くことができる」ということです。

これはどういうことかというと、実はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの働き方としては、「完全に自分のペースで決めることができる」のです。

具体的に言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしたくなったら、スマホの配達専用アプリの「稼働」ボタンをオンにすることで配達依頼が舞い込んでくるようになります。

逆に言うと、配達を終了したくなったら、ボタンのスイッチをオフにすることで、配達を終了することができます。

つまり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは「自分が働きたいときに働くことができて、さらに自分の働きたい時間だけ働くことが可能」な働き方なのです。

従来のアルバイトや一般的な会社員の場合、基本的に勤務時間が定められているのが普通ですよね。この場合、相手方に自分の時間を合わせないといけないので、どうしてもストレスがたまりがちです。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーであれば、自分の働きたいと思った時間に働くことができるので、完全に自分のペースで働くことができるのです。

メリット3:引きこもりで鬱気味の人にとっては、良い気分転換となる

3つめのメリットとしては、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、「引きこもりでうつ気味の人にとっては、良い気分転換となる」ということです。

これはどういうことかというと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの働き方は、自分主体で動くことができ、同僚や上司など面倒な人間関係などもないので、自分のペースで働くことができるのです。

仕事をする上で、何かしらストレスを受けることは多く、特に日本社会は結構厳し目は働き方を普通にするので、うつ気味の人や引きこもりの人にとってはぶっちゃけハードモードです。

しかしその中でも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方は、自由の国アメリカからやって来た働き方で、他の仕事よりも自分のペースで働きやすい仕事なので、良い気分転換になるのではないかと思います。

さらに、外を自転車やバイクで走り回って行う仕事なので、室内にこもって働き続けるよりもずっと健康的な働き方だと思います。

引きこもりつつ、お金を稼ぎたくなった時に稼ぐのが良い人生かも

これまで引きこもりニートをしていた人に、「今すぐ引きこもりニートをやめろ!」などと言うつもりはさらさらありません。

出来る限り自分にストレスを溜めず、自分にとって心地いい生き方を今も、これから先も目指し続けるべきであると私は思います。

現在引きこもりをしている人で、引きこもりの生活が心地良いと感じているのであれば、引きこもりつつ、お金を稼ぐ津用が出てきたら少しづつUber Eats(ウーバーイーツ)の配達でも行いながら、出来る限りストレスを感じずに働いてみるのが良いかも知れません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーであれば、自分がお金が欲しくなった時に働くことができる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くことによって、自分がお金がほしいときだけピンポイントでお金を稼ぐことができます。

これはどういうことかというと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、「週末締めの翌週支払い」の報酬支払いの形を採用しています。

そのため、「来遊急に友達と旅行に行くからお金が必要になった」という場合でも、今週にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行えば、間に合わせることができます。

一般的な会社員やアルバイトでは、基本的に月末締めの翌月支払いなどといった給与形態が多いですよね。

そのせいもあってか、「給料日前はお金がピンチ」などとよく言う人がいることも現実としてありますね。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーであれば、毎週が給料日なので、お金が足りなくなってきたと感じればその週は配達を頑張ればいいし、お金に余裕があるのなら配達をゆるく行ってもいいし、従来の仕事よりもより柔軟に働くことができる働き方です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをきっかけに、引きこもりから復帰できる可能性もあります

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの働き方は、ここまで述べてきたように、他の働き方よりも圧倒的に自由な働き方ができます。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしての働き方をきっかけに、引きこもりの人は比較的復帰をしやすいのではないのでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)は個人での働き方なので他人に迷惑を掛けることは基本的にありませんし、労働時間も完全に自分の好きなように調整でき、誰にも文句も言われないような働き方です。

さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)は自転車やバイクで体を適度に動かす働き方なので、とても健康的な働き方です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を続けていれば、引きこもりの生活からも抜け出すことができること間違いありません。

「正社員として働く」のが正解の時代はもう終わりました。これからは自分で稼げる時代

最後に、「正社員として勤め上げる」という時代は、もうそろそろ終焉を迎えると私は思います。

正社員であるからといって、将来がずっと保証されているとは限りません。

大企業だって、倒産します。

それよりも、自分自身が稼ぐ力を身に着けておくことほうがこれからの時代は非常に大きな価値を持つことと思います。

そのきっかけの一つとして、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは「自分で稼ぐ感覚を身につける」ためには非常に合理的な働き方です。

正直な話をすると、他の成果報酬制の働き方ではなかなか稼ぐのが難しい働き方が多いのも現実です。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの働き方であれば、こちらから営業などをかけなくても配達依頼は絶えずアプリに舞い込んできますので、それに従って配達を続けることで着実にお金を稼ぐことができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)をきっかけに、自分でお金を稼いでみませんか。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集