Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録の人気が急上昇中!募集制限前に早めに登録を!

疑問を持った人

ウワサで聞いた話なんだけど、最近、Uber Eats(ウーバーイーツ)が大人気で配達パートナーになりたい人がどんどん増えているみたい・・・たしかに、自由に頑張れる感じあって、良さそう。いつでもどこでも活躍できるなら、ボクもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやってみようかな?

そんなあなたの疑問を解決します。

結論から言うと、↑ブタさん、いますぐにでも登録をしたほうがよいですよ。

この記事で提供できる情報
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが急増中!?「ウバッグ」が在庫不足になっているらしい
  • 人気の原因は、テレビなどのメディアで話題になったことによるものらしい
  • いつ募集を締め切るかわからない!募集を締め切る前に登録してしまうことがおすすめ

この記事を書いている私は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーです。

空いた時間があったら、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして稼働して、お金を稼いで生活をしています。

そんな私が小耳に挟んだ情報によると、最近はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの人気が急上昇していて、新規登録をする人がどんどん増えているようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが急増しているらしい

最近、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが急増しているらしいです。

たしかに、東京の都心を歩いていると、いたるところに大きな四角いリュックをかついで自転車やバイクに乗っている人たちが多く見られます。

彼らこそがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーで、自由に頑張る事ができるUber Eats(ウーバーイーツ)の魅力に気づき、都内を縦横無尽に駆け巡っているのです。

このお仕事の魅力に気づく人が昨今のテレビやネット、雑誌などのメディア露出が増えることによって「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしたい!」と考える人がどんどん増えているみたいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー専用バック「ウバッグ」が在庫不足らしい

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして登録をすると、配達パートナー専用の食事を運ぶリュックが支給されます。

コアなUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの中では、このリュックのことを「Uber Eats(ウーバーイーツ)のバッグ=ウバッグ」と呼んでいる人もいます。

都内に住んでる人や都内によく来る人は少なくともみなさん一度は見たことがあるかと思いますが、そう、自転車やバイクにのって、大きい正方形のリュックを背負っている人です。

あの人たちこそUber Eats(ウーバーイーツ)の配達であり、彼らが背負っておるリュックこそ、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー専用バイク「ウバッグ」なのです。

そんな彼らが背負っているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーバイク(ウバッグ)が、現在、在庫不足になっているそうです。

そう、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの新規登録者が劇的に増えていることにより、バッグの供給量が追いつかず、いよいよ在庫不足になってしまっているようなのです。

確かにこのサイトからの登録も多い

言われてみれば、確かにUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーがどんどん増えていることがわかります。

というのも、実はこのサイトからUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録している人もどんどん増えているのです。(あまりブログを更新していないのに…)これもUber Eats(ウーバーイーツ)がどんどん注目されている証拠ですね。

このブログではUber Eats(ウーバーイーツ)の情報を中心に発信をしているのですが、かくいう私もUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの一人です。私は普段、土日などの空き時間を利用してUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行なっています。

このサイトでは私が実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行いながら、気づいた点や気になった点などに関して記事を発信しています。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活躍している方や、これからUber Eats(ウーバーイーツ)を始めようかと考えている方は、このブログを定期的にチェックされることをおすすめします。

「シェアエコ」「副業」ブームで人気は右肩上がり

皆さんもご存知の通り、近年は「シェアリングエコノミー」や「副業」ブームが来ています。というより、ここ最近でシェアリングエコノミーや副業は激アツの話題ですよね。

結論から言うと、シェアリングエコノミーや副業は私たちの人生を豊かにします。、、、というと、なんだかうさんくさく聞こえるかもしてませんが、シェアリングエコノミーや副業を使いこなして自分のものにすることで、確実に人生がイージーモードになります。

シェアリングエコノミーに関しては、皆さんご存知の通り、このブログでも大きなテーマとして扱っている「Uber Eats(ウーバーイーツ)」をはじめ、さまざまなものが「シェア」される時代になっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は「配達」という労働力や「空き時間」をシェアしていますが、この他にもありとあらゆるものがシェアされる時代になっています。具体的に挙げてみると、こんなものがあります。

  • カーシェア
  • 自転車シェア
  • カメラのシェア
  • 部屋のシェア、家のシェア
  • 空き時間のシェア
  • ブランド服のシェア…..

などなど、挙げだすとキリがないほど、現代は多種多様なモノやコトがシェアされる時代になっています。どうしてこんなにも「シェア」される時代になったのでしょうか?

細かく話しだすと長くなりますが…簡潔にいうと、「シェア」することが合理的だからです。インターネットがある現代では、シェアする環境が整っています。

さらに、信用(レビュー)評価によって、安全性、信頼性もある程度担保されています。そのため、現代ではシェアする文化がどんどん広まっているのです。

それに合わせて、「副業」のブームも同時進行で盛り上がっていますね。

その一つとして、我らがUber Eats(ウーバーイーツ)があります。

これは、アルバイトとは一線を画しており、ひとりひとりが「個人事業主」として頑張ることが出来ます。

そのため、「シフト」や「時間」の概念から解放され、「頑張りたいときに」「頑張りたい場所で」「頑張りたい時間だけ」頑張ることを可能にしたのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の他にも、「メルカリ」なんかも副業として活用することが出来ますね。

自分の持っているモノをなんでも自分の好きな値段で販売することができます。自分の頑張りやPR次第で、出品したモノが売れ、お金を手にすることができます。

また、メルカリでしっかりと活動していくと、「レビュー」「高評価」が溜まり、どんどんお金を手に入れやすくなります。

これが、シェアリングエコノミーなのです。

メディアなどで話題になったのが原因?

Uber Eats(ウーバーイーツ)は現在、とんでもなく大ブームになっています。

ここまで人気になったのも、テレビで特集されたり、雑誌で特集されたりしているからでしょう。

最近は「副業」ブームもあり、自由に頑張れるUber Eats(ウーバーイーツ)を魅力的に感じている人がどんどん増えています。

メディアでもよく特集されている

今や、Uber Eats(ウーバーイーツ)は誰もが知るサービスに成長しましたよね。

それもそのはず、Uber Eats(ウーバーイーツ)は最近、ネットだけでなく、テレビや雑誌など、多くのメディアで取り上げられるようになりました。

つい先日も、Uber Eats(ウーバーイーツ)がワールドビジネスサテライトで特集が組まれたので、それをキッカケにUber Eats(ウーバーイーツ)の事を知った!という方も多いのではないかと思います。

また、本屋に行っても最近は「副業特集」の本ばかり並び、その中では必ずと言っていいほど、Uber Eats(ウーバーイーツ)の特集記事が掲載されています。

言わば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは「副業の代表格」と呼ぶに十分ふさわしいということが出来るレベルにまで成長をしました。

そしてこの流れは今後もどんどん加速していく事でしょう。

公務員も副業の容認をし始めたように、今や誰も「副業」から目をそらすことが出来ない社会になりつつあるのです。

都内を歩くと必ずと言って良いほど目に入る

東京都内、特に23区内に住んでいる人なら、大きな四角いリュックを背負って自転車やバイクに乗って一度は見たことがあると思います。

彼らこそUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーです。

そんな彼らが背負っているリュックには、大きく「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のロゴが入っています。

実は、彼らは配達パートナーであると同時に、「動く広告塔」でもある訳です。

彼らが配達をすればするほど、街中の多くの人の目にUber Eats(ウーバーイーツ)のロゴが触れられる訳ですね。

特に、ここ最近はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーがものすごい増えていることもあり、東京23区内に入れば、彼らを見つけだすのも難しくないです。

なぜなら、彼らは東京都23区内を縦横無尽に走り回っているからです。

そんな彼らが街を走り回る姿を見て、Uber Eats(ウーバーイーツ)の事を知り、「私も始めてみようかな」と考える人が非常に多くなっています。

そんな私も、彼らが走る姿をみてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始めてみようと思ったうちの一人です。

都心を自転車で駆け巡るのがとても魅力的に見え、調べてみると、Uber Eats(ウーバーイーツ)の自由な仕事の方法に魅力を感じ、始めてみようと思いました。

自由に頑張りたい時代ですものね。

ここ数年で、革命的に「仕事の方法」は変わって来ていると断言できます。

以前までは、「会社に長く勤めて年功序列で良いお給料をもらう」「石の上にも三年」「大手は安定」という考えが一般的でしたが、現在は「好きな事で」「自由に頑張りたい」という考え方がどんどん増えて来ています。

そのため、各企業もそのようなニーズに合わせ、実際、現代は昔に比べて自由に頑張りやすく、かつ、しっかりと活躍できるような仕事の供給量がどんどん増えて来ています。

これは、インターネットという革命的な技術が進歩して来たためです。

むしろ、世界中どこからでも接続できるインターネットの普及する今日の世界では、Uber Eats(ウーバーイーツ)のような自由な仕事の方法がどんどん増えることは必然的なことなんです。

募集を締め切る前に登録するのがおすすめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやってみたい」と考えている人は、できるだけ早めに配達パートナーとしての登録を済ませてしまう事をお勧めします。

人気が加熱しすぎて配達用バッグの在庫も無くなりつつあるようなので、できる限りはやく配達パートナーになってみたい、と考える方はとりあえずこの記事を読み終わったらすぐに会員登録を済ませてしまうことを強く推奨します。

登録者急増ゆえ入会制限の可能性も!

現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)は大人気のサービスとなっていますよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で食べ物の注文をする人も、Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーをする人もどんどん増えています。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に対応する店舗もものすごいスピードで増えています。

代表的な店舗でいうと、マクドナルドも都内ではUber Eats(ウーバーイーツ)に対応している店舗が非常に多いです。

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを一日やってみるとわかりますが、マクドナルドからの注文が入ることが非常に多いです。

また、芸能人や企業のUber Eats(ウーバーイーツ)の利用者も非常に多いです。

私も芸能人の家に配達に行ったこともありますし、六本木ヒルズに入っている大企業や、ちょっとまえにテレビで世間を賑わせた「あの」企業の社長にランチを届けに行ったこともあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして稼働することのメリットのひとつに、このような事があります。

つまり、「自由に活躍できる」という事以外に、「自分の今まで関わらなかったような場所や人に関わる事ができる」ということです。

たとえば、先ほど挙げた「ヒルズ族」の家への配達などがあることで、六本木ヒルズの高層階の部屋の前まで行く事ができたり、テレビ局や官庁への配達をする事があります。

私がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしてそのような場所に行ける機会が手に入ることは純粋に「とてもワクワク」します。

現在はあまりにもUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになりたい人が非常に多く、配達用のリュックの在庫がなくなって来ているそうです。

そのため、近い将来、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー登録の募集が制限される可能性も少なくないでしょう。

そのため、少しでもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに興味を持っている人は、今すぐにでも配達パートナーの登録を済ませておくことをおすすめします。

登録をしておくだけなら費用もかからないですし、自分の好きな時に頑張れば良いので、とりあえず登録を先に済ませておくのが懸命なのかな、と思います。

ウバッグの在庫が入荷するまで登録して待つべし

現在はUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになりたいと考えている人が多すぎて、配達用のUber Eats(ウーバーイーツ)専用バッグ、通称「ウバッグ」の在庫が品薄となっているようです。

いずれは入荷すると思いますが、それも先に登録した人から順番に支給になりますので、もしできるだけ早くUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして東京都内を縦横無尽に駆け回って自由に稼ぎたいと考えているのであれば、できるだけ早い登録をする事をお勧めします。

わたしがUber Eats(ウーバーイーツ)に登録した頃であれば、その場ですぐにウバッグを受け取る事が出来たのですが、残念ながら(?w)現在はテレビや雑誌な、ネットなどでUber Eats(ウーバーイーツ)のメディア露出が増えたことになって、知名度、人気度共にどんどん上昇して来ました。

そしてこれからも副業とシェアリングエコノミーがどんどん加熱する流れですので、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになりたい、と考える人はどんどん増えていく事でしょう。

そのため、わたしがお勧めしたいことはただ一つ、「できるだけ早く登録だけは済ましておきましょうw」ということです。

こちらから簡単に登録可能です

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの登録はこちらから簡単に出来ます。

登録の際には「YBUCWU」のプロモーションコードを入力して頂ければ、わたしの方から「Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率的に活躍できるノウハウ」や「Uber Eats(ウーバーイーツ)をやっていて感じた疑問点の解決」などに関してのご希望があれば個別に手取り足取りレクチャーさせていただきます。

実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしてガッツリ活躍している私の実際に頑張った体験談や失敗なども合わせてご紹介させていただけたらな、と思っています。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集