フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の評価が悪いデメリットや原因・解決策

問題点と解決方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の評価制度について

Uber Eats(ウーバーイーツ)には評価制度があります。評価されるのは配達パートナーだけでなく、料理を受け取るレストラン、Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用者がそれぞれ評価するシステムになっています。レストランは配達パートナーが料理を受け取る際の対応について評価し、注文者は配達パートナーの対応を評価します。そして配達パートナーは料理を受け取るレストランと注文者について評価を行います。

評価はアプリの良い評価(グッドボタン)を押すか悪い評価(バッドボタン)を押すかの2択ですが、評価を行わないことも可能です。当たり前の対応をしっかりと行っていればよほどのことがない限りバッド評価をもらうことは考えにくいですが、悪い評価を受けないように配達パートナーは注意したほうが良いでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の評価が悪いデメリット

それではUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働いた際にレストランや注文者から悪い評価を受けてしまうとどうなってしまうのでしょうか。ここからは配達パートナーとして働く際にレストランや注文者から悪い評価を受けてしまうと被るデメリットについて説明します。

悪い評価を受けると被るデメリットについて知ることでなるべく悪い評価を受けないように意識できると思います。Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーとして既に働いている人でデメリットについて詳しく知らない人やこれからUber Eats(ウーバーイーツ)で働こうと考えている配達パートナー希望の人にも知っておいて損はない内容ですので是非ご覧ください。

アカウントが停止になるリスクがある

配達パートナーがUber Eats(ウーバーイーツ)で働くに当たって評価が悪くなると受けるデメリットについては、Uber Eats(ウーバーイーツ)は利用者からの評価が悪くなり続けると稼働エリアの都市において評価の最低ラインがあります。

この最低ラインを下回ってしまうとUber Eats(ウーバーイーツ)のアカウントが停止させられてしまい、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして稼働することができなくなってしまいます。そのため自分の評価については最低ラインを下回らないように注意する必要があります。一定の稼働をした際にはUber Eats(ウーバーイーツ)のアカウントを確認して自分の評価について確認することもUber Eats(ウーバーイーツ)を続けるためには必要なことと言えます。

配達依頼がなかなか来なくなる

次にUber Eats(ウーバーイーツ)の評価が悪くなってしまうとUber Eats(ウーバーイーツ)から配達依頼がなかなか来なくなってしまいます。配達依頼がなかなか来なくなってしまうとUber Eats(ウーバーイーツ)で稼働しても効率的に稼ぐことができなくなってしまいます。Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ごうと考えている人にとって配達依頼がこないというのは致命的なデメリットと言えるでしょう。

配達パートナーとしてUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ごうと考えているならば評価については常に注意を払う必要があるでしょう。配達件数をこなして稼ぐことに集中してしまうとレストランや注文者に対しての気遣いができなくなってしまい悪い評価を受けてしまわないように気を付けましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の評価が悪い原因

ここまで配達パートナーがUber Eats(ウーバーイーツ)の評価が悪くなるとどうなってしまうのかデメリットについて説明しましたが、そもそもなぜUber Eats(ウーバーイーツ)の評価が悪くなってしまうのでしょうか。ここからはUber Eats(ウーバーイーツ)の評価を悪くしてしまう原因について紹介したいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のレストランや注文者から評価を悪くしてしまう配達パートナーの行動を知ることで評価を良くすることにつなげることもできると思います。配達パートナーとしてこれからUber Eats(ウーバーイーツ)を始めようと思っている方は、知っておいて損はない内容ですので是非ご覧ください。既に配達パートナーとして働いている方もこの内容を知ることで悪い評価を避けることにつながることでしょう。

配達遅れが多い

まず、悪い評価を受けてしまう一番の要因として配達の遅れが挙げられます。やはりUber Eats(ウーバーイーツ)注文者はお腹が空いているから料理を注文するのであって、当然配達が遅れれば良い気はしないでしょう。

配達が遅れてしまう要因についてはレストランの事情もあるでしょうし、配達パートナーが道に迷ってしまうということもあるでしょうがどちらにせよ配達が遅れてしまった際には悪い評価を受ける可能性が高いので、配達パートナーとして配達遅れが発生しないように注意しましょう。そしてやむを得ずに遅れてしまった際には注文者に対して配達の際に謝罪するなど誠意をもって対応しましょう。万が一配達が遅れても誠意をもって対応すれば許してくれるかもしれません。

配達の際に無愛想である

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーがレストランや注文者に対して料理を受け取る際や受け渡しの際に無愛想な対応をしてしまうと悪い評価を受けやすい要因になります。配達パートナーはレストランから注文者の元に料理を運ぶだけでなく、あくまでもサービス業としての自覚をもってレストランや注文者に対して明るく、笑顔で接するなど愛想よくしたほうがよいでしょう。

注文者も見知らぬ配達パートナーが無愛想な顔をして料理を届けに来たら警戒してしまうと思います。お互いに気持ちよく料理を届けるためにもレストランや注文者に対して応対する際は明るく、笑顔で対応することを心がけましょう。そうすればきっと良い評価を貰いやすくなるはずです。

配達の仕方が雑

料理の配達の仕方が雑なのも、注文者から良い印象を受けません。例えばレストランから料理を受け取った際には料理にもよりますが、料理が崩れないように保冷バッグに慎重に入れるなどして注文者に対して気遣いをする必要があります。

注文者からしてみればせっかく頼んだ料理がようやく自宅に届き開けてみたら料理がぐちゃぐちゃだった・・・となってしまえば配達パートナーに対してその怒りが向いてしまうことも考えられます。料理は運ぶ際にも丁寧に行い、目的地に届いた際にも注文者に対して丁寧に扱って渡しましょう。料理を丁寧に扱っている様子を見れば注文者も決して悪い気はしないはずです。たかが配達と侮らずに注文者に心を込めて料理を配達しましょう。

雨の時に配達物が濡れている

配達する際に雨が降っていた際は配達パートナーは要注意です。せっかく丁寧に配達した料理や配達物が濡れていると受け取った注文者は良い気分はしないでしょう。注文者の気分を害さないためにも料理は雨に濡れないように注意して運ぶ必要があります。

雨に濡れないように配達するためにUber Eats(ウーバーイーツ)配達の際に使える雨具などのアイテムも販売されているので興味がある方は購入してみてはいかがでしょうか。そうすることによって急な天候の変化に対しても落ち着いて対応することができるでしょうし配達物を濡らさないよう工夫している配達パートナーはレストランや注文者から信頼されると思います。細かいところにも気配りすることで他の配達パートナーと差別化を図ることができます。

置き配の際に地面に直置きしている

次にUber Eats(ウーバーイーツ)で料理を配達する際に注文者に直接手渡しすることなく置き配する際には注意が必要です。置き配する際に地面に直置きしてしまうとせっかく料理を無事に届けたとしても注文者から悪い評価を受ける可能性が高くなります。

特に料理などの食品関係は衛生面に対して気を使わないといけません。料理や食品関係のものを直接地面に置いてしまうと場合によっては注文者が料理を受け取りに時間がかかってしまった場合は害虫などが紛れ込んでしまう可能性もあります。そうなると配達パートナーの責任だけでなくレストランの信用問題にまで関わる可能性がありますので地面に直置きするのは避けたほうがよいでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の評価を良くする方法

それではUber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーとして評価を良くするには具体的にはどうすれば良いのでしょうか。ここからはUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしてなるべく良い評価をレストランや注文者からもらうために配達パートナーが取るべき行動について紹介したいと思います。

この内容を見ていただければこれまでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして悪い評価が多かったの方は改善することができると思いますし、これからUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始める方には順調に配達パートナーとして働き始めることができるでしょう。Uber Eats(ウーバーイーツ)の評価を良くして配達パートナーとしてより多く稼ぐために頑張りましょう!

迅速な配達をするよう心がける

評価を良くするためにまず考えられるのは迅速に配達を行うようにすることです。非常に単純ですが、やはり注文者は料理などを注文してから配達が早ければ早いほどうれしいと思います。そのためには配達エリアの地理や抜け道などを把握しておくことができればより迅速に配達することができると思います。

これは慣れの部分もあると思いますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして目的地に迅速に配達することを重視するのであれば周辺地域の地理に関してはしっかりと頭に入れておくことが肝要になるでしょう。配達する際に漫然と配達するのでなくより早く目的地に届けるにはどうすればよいか考え続けることも迅速に配達することにつながるでしょう。

商品を渡す際には笑顔で挨拶をする

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文者から良い評価を獲得するためにはレストランから料理を受け取る際や注文者に料理を届けて対応する際には愛想よく笑顔で接することも必要です。笑顔で料理や配達物を届けてもらえれば注文者も決して悪い気分はしないと思いますし、警戒も解いてくれるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはただ料理や商品を配達すればいいのではなく、サービス業として自覚を持ち相手に対して良く思ってもらえるように努力することで良い評価を貰いやすくなるでしょう。笑顔で挨拶することで相手の反応も無愛想に対応することと比べればきっと変わってくるはずです。苦手な方は少しずつできるよう頑張りましょう。

配達時に商品が崩れないようにタオルなどで固定する

レストランなどから料理を受け取った際に配達時には料理が崩れないようにタオルなどで固定することも必要です。せっかく運ばれてきた料理や商品が注文者の元に届いた際にはぐちゃぐちゃ崩れてしまったりしているとどうしても見栄えや印象が悪くなってしまいますし、注文者もがっかりすると思います。

そうなると良い評価を貰うのは難しくなってくるので良い評価を貰うにはUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして料理や商品が崩れないように気を遣って届けることが非常に重要なポイントになってくるでしょう。届いた料理や商品が綺麗な形で届けば注文者もきっと満足してもらえ良い評価につながってくるでしょう。やはり細かい気配りは大切になってきます。

雨天時には商品の防水対策を万全に行う

次に雨天時で配達する際の注意点になりますが、やはり料理や配達物が濡れてしまうとそれだけでも注文者からの印象は悪くなってしまいます。突然の天候の急変による雨に対応するためにも雨具と配達物を濡らさないための防水アイテムは常備しておいた方がよいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして防水アイテムはもはや必須アイテムと言えるので自分が雨に濡れないにも、良い評価を貰いUber Eats(ウーバーイーツ)で上手に稼いでいくためにも防水アイテムは常備しておきましょう。雨の日に頑張って届ければ注文者も多少は評価してくれるでしょうし、雨の中でも料理や配達物が雨にぬれずに綺麗な状態で届けば注文者の満足度も高くなるでしょう。

置き配用に紙などを常備しておく

良い評価を貰うポイントとして注文者に料理や配達物を届ける際に置き配するケースもあると思います。そういったケースを想定して置き配用の紙などを常備しておくことも大切なポイントです。地面に直接置き配してしまうと料理などの衛生面に対して気を使わないといけない配達物は直接地面に置いてある配達物を見て注文者は決して良い気分はしないと思います。

置き配する際には地面に直接置かずに紙を置きその上に配達物を置くことで注文者は配達パートナーが気を遣ってくれていることに気が付くでしょう。気を遣ってもらって悪い気がする人はいないと思いますし、気配りができる配達パートナーは良い評価を貰いやすくなるでしょう。小さなポイントですが重要なことだと思います。