フード無料クーポンを1分で獲得!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の時給はバイトよりも良い?解説します

現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーセンターが休止しています。それに伴い、現在はオンラインで配達パートナー登録を完結できます。すぐに配達パートナーとしての登録を完了させたい方は、こちらより1分程度で登録できます。

1分で完了!Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の登録はこちら

【結論】Uber Eats(ウーバーイーツ)は時給制の働き方ではない

成果報酬(歩合制)の働き方である

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事は、時給制ではなく完全歩合制の働き方です。つまり、1時間1,000円などと決まっているのではなく、たくさん配達するほど報酬がもらえるという仕組みです。

通常のアルバイトの場合、アルバイト先と雇用契約を結び、「働いた時間×時給」が受け取る給料の額となります。しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合、アルバイトのように雇用契約を結ばず個人事業主として働くことになるため、受け取るのは給料ではなく報酬となります。歩合制となるため、時給換算した場合に900円になることもあれば1,500円になることもある、というわけです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬について、以下で詳しくみていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬について

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事で受け取る報酬は「基本料金×ブースト-手数料+クエスト」となります。この計算方法により算出された報酬額が口座に振り込まれます。配達パートナーの仕事に興味はあるものの、実際のところどの程度稼げるのかイメージできないという方も多いでしょう。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬について理解するために、基本料金・ブーストなどのインセンティブ・サービス手数料についてそれぞれ以下で説明します。

基本料金

基本料金は、受け取り料金・受け渡し料金・移動距離を足したものとなります。受け取り料金は受け渡し料金は、配達エリアによって料金が少しずつ異なるため注意しましょう。

まず、受け取り料金は、お店で配達する商品を受け取ったときに発生する料金のことです。1つのお店で、2つの配達先の商品を受け取った場合も、受け取った回数は1回として計算されます。

続いて、受け渡し料金とは配達先で商品を渡したときに発生する料金のことです。また、移動距離とはお店から配達先までの距離に応じて支払われる料金のことで、1kmごとに60円が発生します。移動距離が長くなるほど報酬はアップします。

ブースト・インセンティブ

その他、エリアや時間帯などに応じてインセンティブが発生する場合があります。

ブーストとは、エリアや曜日、時間帯に応じて決められた倍率のことで、基本料金に掛け算して計算します。人気のエリアや曜日、時間帯であるほどブーストが高い傾向にあります。ブーストの倍率は、定期的に見直しが行われています。

また、不定期で行われるクエストに応じて、インセンティブが受け取れる場合もあるのでチェックしましょう。例えば、決められた回数配達をしたり、天候の悪い時に配達することでインセンティブを受け取ることができます。ただ、配達回数など、クエストの内容はその都度変わります。内容などはアプリにリアルタイムで表示されるのでチェックしましょう。

サービス手数料

サービス手数料とは、サービスを仲介しているUber Eats(ウーバーイーツ)に対して支払う手数料のことで、基本料金の10%となっています。配達パートナーは、稼いだ報酬からサービス手数料を差し引いた金額を受け取ることになります。サービス手数料は基本料金に対してかかるため、ブーストやクエストに対してはかかりません。そのため、ブーストやクエストで稼いだ報酬はそのまま受け取ることができます。

報酬が支払われるのは原則として1週間に1回なのですが、報酬を受け取るときの振込手数料はかからないため安心してください。

ただ、配達のために自転車やバイクをレンタルする場合や配達先が遠い場合は、レンタル料金や交通費などの別途料金がかかる、という点には注意をしておきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬Twitter報告事例

では、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働いている人は、どの程度稼いでいるのでしょうか。

初めての配達で、平日に約3時間で2,433円となっています。時給換算すると、800円程度稼げています。

土日に稼働して、12,399円稼いでいます。日曜日の報酬は3,425円に加えて、クエストで3,800円追加報酬を受け取っています。クエストがあるかどうかで、報酬が大きく変わることが分かります。


9:00~15:00と17:30~22:00に稼働して、13,440円稼いでいます。時給で考えると1,280円となっています。


1週間のうち空いた時間を利用して13時間51分稼働して、30,767円稼いでいます。時給換算すると2,2224円と効率的に稼げています。


バイクで配達しているこちらの方は、夜のみの約3時間の稼働で、4,980円売り上げています。時給換算すると、1,600ほど稼げています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は時給いくらくらい?

その時によって異なる

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事が実際のところどの程度稼げるのかが気になるところですが、配達エリア・時間帯・曜日・移動距離・天候などさまざまな要因が影響し、その時によって異なるため、時給換算しにくいのが現状です。また、配達するエリアの土地をよく知っているのか、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に慣れているのか、どこで待機するのか、配達方法はどうするのか、といったことによっても時給は異なってきます。調子の良い場合や悪い場合にどの程度稼げるのか、以下で見ていきましょう。

調子が良い場合は時給2000円を超える場合がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達の時給はその時によって異なりますが、調子が良い場合は時給2,000円を超える場合もあります。実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをしている人の報酬を見てみると、時給換算した場合に2,000円を超えている人もたくさんいます。ブーストやクエストをうまく利用して、効率よく配達することができれば、時給2,000円を超えることは可能です。配達をこつこつ続けているうちに待機する場所や人気のお店など効率よく稼ぐコツが分かってきます。そのため、少しでも時給を上げるためには継続することが大切です。

調子が悪い場合は時給1000円を割る場合がある

時給2,000円を超えることもある一方で、調子が悪い場合は時給1,000円を下回ることもあります。特に、慣れないうちは時給800円程度になることもあります。ただ、時給1,000円を超えない場合でも、人間関係がなく1人で気楽に働けることや通勤時間がかからないことなどを考えると、働く価値はあると言えます。初めたばかりで思うように報酬が伸びないときもすぐに辞めてしまうのではなく、どうすれば効率よく配達できるのかを考え、配達方法を変えたり稼働する時間帯を変えたりして、根気よく続けてみましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の稼げる(時給が高くなる)条件は?

需要のある時間帯に配達を行う

Uber Eats(ウーバーイーツ)で少しでも稼ぐためには、需要のある時間帯に配達を行うことが大切です。11:00~14:00、18:00~21:00頃は食事をとる方が増えるため、需要が高くなります。注文が多いのはもちろん、ブーストの倍率が高くなったり、クエストが適用される可能性が高まるため、稼ぎやすくなります。

なお、同じ時間帯であっても、平日より休日の方がインセンティブを受け取れる可能性が高いため効率的に稼ぐことができます。特に休日のランチタイムや平日のディナータイムは需要が高まるため、時給が高くなりやすいです。その分、配達パートナーが多くライバルが増えることも考えられます。

需要のある地域で配達を行う

需要のある地域で配達を行うことも、Uber Eats(ウーバーイーツ)で多く稼ぐためのポイントの1つです。人気のお店が集まっている地域であれば、注文数が増えて配達しやすいため稼ぎやすくなります。また、クエストが適用される可能性も高まるため、時給が高くなりやすいです。

特に、有名チェーン店などがある地域であれば、注文が入りやすいため稼ぎやすくておすすめです。配達パートナーになったばかりのうちは人気店が分からないかもしれませんが、配達をこなしているうちにたくさん注文が入るお店が分かるようになってきますよ。注文用のアプリで、人気店をチェックすることも可能です。

配達の効率を上げる

いかに短い時間で効率的に配達できるかどうかが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼ぐうえで大切なポイントです。配達方法について考えてみましょう。自転車やバイクで商品を運んでいるUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを見ることが多いですよね。自転車であっても、電動自転車やロードバイクなどであれば、普通の自転車と比べて効率的に配達できます。

また、シェアサイクルを利用して配達をしている配達パートナーも増えています。サイクルポートまで自転車を取りにいく手間は必要ですが、月に数千円で何度でも乗ることができ、維持費がかからないなどのメリットがあります。

配達方法だけでなく、土地をよく知っている地域で配達するなど、自分に合った方法で配達の効率を上げていきましょう。

原付きバイクを活用する

原付バイクを活用するのも1つの方法です。バイクを使って配達する場合、ガソリン代や税金、保険料など、自転車と比べて維持費がかかるというデメリットはあります。一方で、お店まで商品を取りに行く時間や配達までの時間を少なくすることができ効率的に配達できるというメリットもあります。

また、遠い依頼も受けやすくなります。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達の報酬には移動距離も含まれているため、距離が長くなると受け取る報酬の額も高くなります。街中から少し離れたエリアで配達する方には特におすすめです。自宅にバイクがあればバイクを取りにいくまでの時間もかからないため、すぐに待機場所やお店に向かうことができて効率的です。

雨の日に配達を行う

雨が降っている中配達をするのは億劫です。しかし、そう考える配達パートナーが多いため、雨の日は稼ぎやすくなります。雨の日に配達をする配達パートナーが少ないため依頼を受けやすいのはもちろん、雨の日限定のクエストが適用されることが多いため、効率的に稼げます。

また、雨の日は外出を控えてUber Eats(ウーバーイーツ)を注文する人が増えることも考えられます。注文数が増えれば、依頼を受ける可能性も高まります。

とは言え、雨が降っていると視界が悪くなり、配達の効率が下がるだけでなく滑ったり事故に遭う可能性も高くなります。レインコートやタオルなどしっかり準備したうえで、注意して配達するようにしましょう。

現金払いを受け付ける

現金払いを受け付けるのもUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼ぐための1つの方法です。Uber Eats(ウーバーイーツ)は、現金払いにも対応しています。クレジットカードやデビットカードを登録する手間から、現金払いを選ぶ注文者も多いため、現金払いを受け付けることで依頼が増える可能性があります。

また、報酬の一部をすぐに現金で受け取ることができるのもメリットの1つです。ただ、現金で受け取った報酬のうち手数料などについては、翌週の支払い分あるいはクレジットカードから引き落とされます。

現金払いを受け付けると稼ぎやすくなる可能性はあるものの、おつりを常に準備しておかなければならないといった点には注意が必要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で稼げない(時給が低い)理由

配達需要のない場所で配達をしている

Uber Eats(ウーバーイーツ)でなかなか稼げない理由として、配達需要のない場所で配達をしていることが考えらえます。当たり前ではありますが、注文が少ない場所では依頼がなかなか受けられません。また、ブーストやクエストがない場合が多く、効率的に稼ぐのが難しいと言えます。

一方で、ライバルが少ないことからあえてそういった場所を選ぶというのも1つです。注文が入ったお店の近くにいる配達パートナーに依頼が来やすいため、人気のお店の近くで待機するなど待機する場所も工夫しましょう。注文するアプリで人気のお店を探すこともできますよ。

配達需要のない時間帯に配達をしている

配達需要のない時間帯に配達をしていることも、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げない理由としてあげられます。基本的に、11:00~14:00頃のランチタイムや18:00~21:00頃のディナータイムには注文が多くなります。しかし、平日の夕方ごろなど、食事をとる人が少ない時間帯には、あまり注文が入りません。そのため、待機をしていても時間だけが過ぎてしまう可能性があります。また、配達需要のない時間帯はクエストやブーストがない場合が多いです。

一方で、需要のない時間帯は配達パートナーのライバルが少ない、とも考えられます。待機中に他の仕事などをして時間を有効に使えるのであれば、需要の少ない時間に待機するというのも1つの方法です。

配達時間がそもそも短い

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で稼げない理由として、配達時間がそもそも短いことも考えられます。自分の空いた時間で好きなときに働けるのがUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのメリットですが、簡単に稼げる、というわけではありません。特に、慣れていない頃は、お店までの道や配達先までの道などを確認しながら配達することも多く、1件配達するだけでも時間がかかってしまいます。

配達に慣れてくれば、地図を見なくても配達できたり人気のエリアが分かったりと効率的に配達できるようになり、時給が上がってきます。簡単に稼げると思わず、配達をこなすことでコツを見つけながら根気よく取り組みましょう。

時給が低くなることがあってもUber Eats(ウーバーイーツ)配達が魅力的な理由

時間の自由がある

時間の自由があることがUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの最大の魅力です。平日に本業をしていても、休日などの空いた時間を使って働くことができるのが特徴です。アプリをオンラインにしていると依頼が入ってきますが、依頼を受けたくない場合はオフラインにしておけば問題ありません。オフラインにしておけば依頼が入ることはないため、時間があるときだけ働くことができるわけです。

また、会社のように通勤する必要がなく、他の作業をしながら待機することもできるため、時間を有効活用できます。さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)はサービスエリアを徐々に拡大しており、働く場所も自分で決められるため、効率的に働けます。

人間関係のストレスがない

人間関係のストレスがないことも、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの大きな魅力の1つです。雇用関係を結んで働く会社の場合、上司や同僚、部下、取引先などさまざまな人間関係を構築する必要があります。人間関係で悩んでいる、という方も多いのではないでしょうか。

一方で、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事の場合、個人事業主として働くので、人間関係のストレスがありません。人と関わるのは、お店の人から商品を受け取り、配達先に商品を渡すときだけです。上司や取引先との関係を気にすることなく1人で黙々と取り組める点は、大きなメリットだと言えます。

都心を自転車やバイクで駆け巡れるため楽しい

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの魅力の1つに、都心を自転車やバイクで駆け巡れる点もあげられます。天気や気候の良い日であれば特に、気持ちよく働くことができます。オフィスの中で座ったまま勤務するのではなく、外の空気を吸いながら体を動かして働けることはメリットだといえるでしょう。

また、運動したい方にとってもおすすめです。自転車であれば、稼ぎながら軽く運動もできるので効率的です。もちろん、運動したくない方や疲れたくないという方は、電動自転車などを使えば負担が減らせます。自分に合った方法で配達しましょう。

振り込みが早い(当週締め翌週払い)

稼いだ報酬の振り込みが早いのもUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの魅力です。毎週月曜日の午前4時が締め日となり、1週間分の報酬が水曜日に振り込まれます。なお、海外からの送金なので入金される日はずれる可能性があります。とは言え、働いた週の報酬を翌週には受け取ることができるのです。アルバイトなどの場合、1ヶ月分まとめて支払われることも多いため、1週間ごとに報酬を受け取れることは魅力的です。

また、振込手数料をUber Eats(ウーバーイーツ)側が負担してくれるため、報酬をそのまま受け取ることができます。ちなみに、配達を現金払いで受け付けた場合は、振り込みを待つことなく、配達の際にすぐに報酬を受け取ることができるというメリットもあります。

配達クルー募集[menu]
【a】Uber Eats 配達パートナー募集
Enable Notifications    Ok No thanks