フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアの給料予想【注文・配達を徹底解説】

kagoshima 九州地方

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアがいよいよ開始!

kagoshima

2020年8月4日(火)から、鹿児島エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)がサービス提供を開始しました。この記事ではUber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアで利用できる配達サービスの特徴や、鹿児島エリアで配達パートナーとして働く際に覚えておきたいポイントをまとめています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアの対応範囲

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアで商品の配達を依頼できる範囲は、2021年5月時点では鹿児島市中心市街地の東部に限られています。自宅が配達対応エリア内にない場合は、自宅を商品の届け先に設定することはできません。
Uber Eats(ウーバーイーツ)では自宅に限らず勤務先や宿泊しているホテルを届け先に設定することもできるので、自宅がUber Eats(ウーバーイーツ)の対応エリア外にある人は勤務先や宿泊先を届け先に設定して商品を注文しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアで利用できる加盟店鋪・レストラン例

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアのUber Eats(ウーバーイーツ)加盟レストランは、2021年5月時点で176店舗あります。個人経営店から全国展開している外食チェーン店まで、さまざまな飲食店のメニューの配達を気軽に依頼できるのは嬉しいですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアの注文登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアで商品の配送を依頼したい時は、まずはUber Eats(ウーバーイーツ)の公式サイトから会員登録手続きを行います。

会員登録の手続きが完了したら、鹿児島エリアの加盟レストランの中から注文する飲食店を選んでください。
頼みたい飲食店が見つかったら注文するメニューを選び、カートに追加して注文手続きを進めます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではクレジット―カードや電子マネーなどのキャッシュレス決済のほか、現金での代引き支払いにも対応しています。配達パートナーと会わずに商品だけ受け取りたい人にはキャッシュレス決済がおすすめです。

注文時に配達方法を選ぶこともでき、キャッシュレス決済で事前に会計を済ませていれば自宅前に商品を置いてもらい配達パートナーと対面せずに受け取る置き配も希望できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアで利用できるクーポン

Uber Eats(ウーバーイーツ)では定期的にお得な割引クーポンが配布されています。新規会員登録者限定のクーポンもあれば、既に何度もUber Eats(ウーバーイーツ)を利用している人でも利用できるクーポンなど種類はさまざまです。

ただしUber Eats(ウーバーイーツ)のクーポンは利用期間が限定されているものが多いので、Uber Eats(ウーバーイーツ)でクーポンを取得した際には利用期間にご注意ください。

紹介クーポンで1,000円分の割引クーポンを配布中

2021年5月時点のUber Eats(ウーバーイーツ)では、1,000円分安く商品を注文できるお得なクーポンが配布されています。1,500円以上の注文をした時限定で利用できるクーポンですが、最低注文金額よりも大きな金額が割り引かれるかなりお得なクーポンです。

1人で注文する場合に1,500円以上商品を頼むのは簡単ではありませんが、2人で注文するなら1人750円以上、3人で注文するなら1人500円以上の注文でクーポンの利用が可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアの送料・手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)は加盟レストラン、注文者、配達パートナーの三者がいて成り立っているサービスです。そのため注文者は加盟レストランに支払う商品代金のほか、Uber Eats(ウーバーイーツ)に対して送料とサービス手数料を支払う必要があります。

送料とサービス手数料、それぞれの特徴についてまとめました。

送料

Uber Eats(ウーバーイーツ)の送料は、配達を依頼する地域によって金額が異なります。Uber Eats(ウーバーイーツ)が鹿児島エリアでサービスの提供を開始した当初は、どんな場合でも送料は一律320円に設定されていました。

しかし2021年5月時点の鹿児島エリアでは、商品の届け先から加盟レストランまでの距離の長さが長くなるほど高い送料が請求されています。少しでも安い送料で配達を依頼したい人は、届け先から近い加盟レストランの商品を注文しましょう。

サービス料

Uber Eats(ウーバーイーツ)で発生するサービス料は、注文金額に対して10%の金額が支払い金額に加算される手数料です。送料無料キャンペーンが実施されている時であっても、サービス料の請求は通常通り行われるためご注意ください。

少額注文手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)で商品代金以外に請求される料金は送料とサービス手数料だけではありません。商品の購入金額が700円未満だった場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)では別途150円を少額注文手数料として請求しています。

つまりUber Eats(ウーバーイーツ)での注文金額が699円だった場合、少額注文手数料とサービス料が加算されて最低でも918円が請求されるということになります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアで送料無料で利用できるEatsパスとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用を渋っている人の多くは、商品代金に加算される追加料金が気になっているのではないでしょうか。しかしUber Eats(ウーバーイーツ)で発生する追加料金のうち、送料だけならばサブスクリプションサービスの「Eatsパス」を利用することで月額980円で送料が無料になります。

「Eatsパス」はUber Eats(ウーバーイーツ)が提供しているサブスクリプションサービスで、毎月980円支払うだけでUber Eats(ウーバーイーツ)利用時に送料が無料になるお得なサービスです。

定期的にUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する人は、ぜひ「Eatsパス」を契約して送料を気にすることなくUber Eats(ウーバーイーツ)を利用してみてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアの配達登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの仕事は、18歳以上で配達用の乗り物を確保できる人なら誰でも始めることができます。時間に縛られない働き方なので、Wワークや副業として隙間時間を有効活用したい人におすすめな仕事です。

配達パートナーの仕事を始めるためには、まずはアカウントを作成しなければいけません。Uber Eats(ウーバーイーツ)の公式サイトで配達パートナーのアカウント作成手続きを行い、必要書類をアップロードしてください。身分証明書などは画像で提出できるため、配達パートナーの登録手続きはスマホで簡単に完了できます。

アカウントを作成後およそ7日程度で、Uber Eats(ウーバーイーツ)からアカウントの有効を連絡するメールが届きます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアの給料予想【稼げる金額はいくら?】

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアで配達パートナーの仕事で稼ぐためには、効率よく配達の仕事をこなさなければいけません。

東京や大阪と比較すると鹿児島エリアの加盟レストラン数は少なく、人口もそれほど多いわけではないため鹿児島エリアは都心部よりも稼ぎづらいエリアと言われています。

仕事に慣れてコツを掴むまでは、時給700円から1,000円程度がUber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアで稼げる金額の相場です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアで稼ぐためのコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーで稼ぐためには、稼ぐためのコツを抑える必要があります。これから紹介する稼ぐためのコツは鹿児島エリアに限らず、全国どの地域でも応用が可能です。

ポイントを押さえてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーで効率よく稼いでみましょう。

需要の多いランチタイム・ディナータイムを狙う

お客さんからの注文が入らなければ、配達パートナーの仕事は生れません。そのためUber Eats(ウーバーイーツ)で効率よく稼ぎたい場合は、お客さんからの注文が多くなるランチタイムやディナータイムを狙って集中的に仕事を探すのがおすすめです。

早朝や夜遅い時間に待機していても、ランチタイムやディナータイムと比較するとUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する人が圧倒的に少ないためなかなか注文が入りません。できるだけ11時から13時頃のランチタイムや、18時から20時頃のディナータイムを狙いましょう。

稼げるエリアで配達をする

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは勤務日程が決まっていないため、1人ひとり稼働するスケジュールが異なります。そのためUber Eats(ウーバーイーツ)で効率よく稼ぐためには、稼げるエリアを選んで待機することが重要です。

いくら待っても仕事が来ないようなエリアを待機場所に選んでしまうと、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐことはできません。鹿児島エリアの加盟レストランが密集しているエリアやオフィス街周辺の飲食店付近など、稼げるエリアで待機してください。

雨の日に稼働する

雨の日にわざわざ外に出て食事を買いに行くのは面倒ですよね。Uber Eats(ウーバーイーツ)ではこの外出が面倒くさいと感じる雨の日が狙い目です。

普段は節約思考で送料がもったいないからとUber Eats(ウーバーイーツ)の利用を我慢している人でも、「今日は雨が降っているから少し楽をしよう」とついUber Eats(ウーバーイーツ)に頼ってしまう可能性が期待できます。

ただし雨の日は路面が滑りやすくなり、自転車やバイクなどによる交通事故が増えやすくなる日でもあるため配達時の運転には十分気を付けてください。

ブースト時に稼働する

Uber Eats(ウーバーイーツ)では注文が増加するピーク時に、「ブースト」と呼ばれる制度で配達パートナーの報酬額が1.1~1.5倍に増えます。同じ距離の配達でも通常時とブースト時は報酬額が大きく異なるので、定期的にブーストの発動を確認しておくことをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアで稼げるエリアはどこ?

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐためのコツと合わせて、鹿児島エリアならどの辺りが稼ぎやすいのか気になる…という人もいるでしょう。Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアでおすすめな稼ぎやすいエリアについて、4つのエリアに分けて紹介します。

店鋪の多く集まってる場所

鹿児島市内で特に多くの飲食店が集まっているのが、天文館通駅周辺です。大通りから一歩足を踏み入れた場所に商店街があり、周辺の路地まで飲食店が立ち並んでいます。

加盟レストランが多い場所で待機していれば自然と仕事が入ってくるため、Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率よく稼ぎたい人におすすめなエリアです。

繁華街エリア

店舗の多く集まっている場所と同じ場所になってしまいますが、天文館エリアは鹿児島一の繁華街と呼ばれているエリアです。居酒屋やバーなど夜遅い時間帯でも営業している飲食店が多いため、ディナータイムからUber Eats(ウーバーイーツ)の営業終了時間まで働きたい人にぴったりなエリアと言えるでしょう。

また鹿児島駅周辺にも観光客をターゲットにした飲食店が多く立ち並んでいます。

駅周辺エリア

鹿児島駅や天文館通駅の周辺には、多くの飲食店が集まっています。駅前の飲食店となると目にする機会が多いこともあって、Uber Eats(ウーバーイーツ)で加盟レストランを検索する際に目に留まりやすい傾向があるエリアでもあります。

有名な外食チェーン店なども駅周辺にオープンする傾向があるため、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぎやすいエリアの1つと言えます。

有名チェーン店周辺

Uber Eats(ウーバーイーツ)で食事の注文を迷った時、お店が多すぎて選べない…という人の中には、とりあえず誰もが知っているような有名チェーン店を選んでおけば問題ないだろうと考える人もいます。食べなれた味を楽しみたいという考えの人は、定期的に同じ飲食店で同じメニューを購入します。

そのためファンが多い有名チェーン店周辺で待機していれば、全く仕事が入ってこなくて困るという心配はありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアの配達で持っておきたいアイテム

稼ぐためのコツを押さえ、稼ぎやすいエリアを理解したら、次に押さえておきたいのが働きやすさです。より快適にスムーズに商品を配達できる準備を整えてくれる、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーにおすすめな便利アイテムを紹介します。

モバイルバッテリー

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、仕事の受付から商品の配達までの一連の作業にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達専用のスマホアプリを使用します。ずっとアプリを使っていると必然的にスマホの充電が減りやすくなるため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーにはモバイルバッテリーの持ち歩きが必要不可欠です。

容量が大きく充電スピードが速いほど仕事がしやすくなるため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録したら仕事を始める前に質の高いモバイルバッテリーを用意しておきましょう。

スマホホルダー

スマホホルダーには自転車にセットして使用するタイプや腕に取り付けるタイプ、ストラップタイプなどさまざまな種類があります。Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達中に使用するスマホホルダーのタイプは決められていないので、自分が働きやすいタイプのスマホホルダーを探してみてください。

雨の日でも快適にスマホが操作できるようにしたい人には、防水機能付きのスマホホルダーがおすすめです。

大容量SIM・WiMAX

配達専用のスマホアプリを長時間屋外で操作していると、多くのデータ通信料を消費します。速度制限がかかってしまうと配達専用のスマホアプリの動きが悪くなり、配達に支障が出てしまうため注意が必要です。

新しく大容量SIMのスマホに変更、もしくは配達中でもWiFiの消費を心配する必要がないWiMAXを契約することをおすすめします。

配達専用バッグ

Uber Eats(ウーバーイーツ)はAmazonで配達専用バッグを販売しています。一般的なリュックやバッグで商品を配達する場合、店舗で受け取った時の状態を保ったまま届け先に配達することがかなり難しいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達専用バッグは2021年5月時点では4,000円で購入が可能です。

タオル

配達の際にタオルで商品を梱包しておくと、自転車やバイクで届け先まで配達しても食事がぐちゃぐちゃになりにくいです。配達した商品の状態が悪いとクレームや低評価に繋がるため、いつでも梱包に使用できるように配達専用バッグの中にタオルを準備しておきましょう。

タオルのほかには、宅配便の梱包時に使用するプチプチなども役立ちます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアで利用できるシェア自転車

鹿児島エリアで配達パートナーの仕事がしたいけど、配達用の自転車やバイクを用意できない…そんな人はシェア自転車を活用するのがおすすめです。鹿児島エリアには、鹿児島市内27カ所にサイクルポートが設置されている「かごりん」というシェア自転車があります。

現金とクレジットカード、2種類の支払い方法を選んで利用できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)鹿児島エリアを楽しく利用しよう!【まとめ】

忙しくて買い物に行けない、体調が悪いから買い物に行けない…そんな時にUber Eats(ウーバーイーツ)が役立ちます。まだUber Eats(ウーバーイーツ)を利用したことがないという人は、ぜひこの記事で紹介したクーポンや「Eatsパス」などお得なサービスを利用してUber Eats(ウーバーイーツ)に挑戦してみてください。