Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

【暴露】「Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げない」と言う人は大体稼いでいます。【真相】

疑問を持ったブタさん

ネットでよく「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は稼げない」という記事をよく見るけれど、本当かな・・・?Uber Eats(ウーバーイーツ)の働き方に興味を持って、働いてみたいと思ったけれど、お金を稼ぐために始めようと考えているわけだし、稼げないのであれば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は始めないで違う副業を探そうかな・・・

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)は本当に「稼げない」のか?その真相を暴露します
  • どうしてUber Eats(ウーバーイーツ)は稼げないと言うのか?それにはちゃんと理由があります
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに参入するのであれば、急いだほうが良いという話

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は本当に「稼げない」のか?その真相を暴露します

Uber Eats(ウーバーイーツ)についての情報をインターネットなどで調べていると、一定数「Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げない!」と主張する人がいますが、それは一体本当なのでしょうか?ここでは、その真相についてUber Eats(ウーバーイーツ)配達経験者の私が暴露します。

【結論】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼ぐことは十分可能です【経験あり】

結論から言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼ぐことは十分可能です。

どうしてこう断言出来るかと言うと、この記事の著者である私が実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活動してきて稼ぐことが出来たからです。

注意

インターネットの情報の中には、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを経験したことのない人がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達に関する記事を書いてあることがあります。

しかし、このブログでは実際に配達パートナーを経験している私が完全に記事をかいているので、記事の内容に関する信頼性は担保出来ているかと思います。

以上、ご了承いただけると幸いですm(_ _)m

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼いでいる人はたくさんいる

実際のところ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼いでいる方はたくさんいらっしゃいます。

そもそもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの働き方は、副業の選択肢の一つとして扱われることが多いですが、ブログやアフィリエイト、せどりなど、他の副業とは異なり、自由に働けるけど、働いたら働いた分だけは確実にお金の稼げるような仕事になります。

言ってしまえば、自分の技量ではなく稼働時間や稼働量によって収入が左右されるような仕事になります。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして普通に一定量稼働することができれば、稼ぐことも十分可能であると断言することができます。

1回の配達に対する単価もそこそこ良く、最低収入保証も用意されているから安心

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、一回あたりの配達に対して支払われる報酬もそこまで低くないことが多いです。

具体的な配達実績例を書いてみます。目安として参考にしてみてください。

  • 33回配達(稼働時間11時間44分)、売上18,423円
  • 33回配達(稼働時間10時間34分)、売上18,438円
  • 31回配達(稼働時間9時間53分)、売上15,925円
  • 17回配達(稼働時間11時間12分)、売上8,445円
  • 27回配達(稼働時間10時間01分)、売上14,879円

※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

感覚としては、平均して1件の配達あたり500円から800円くらいの収入を稼げると考えるとわかりやすいかと思います。

また、こちらのサイトから東京・横浜エリアの配達パートナーとして登録していただいた方限定で、「新規配達パートナーキャンペーン」として、最低収入保証がされるキャンペーンを用意しています。

キャンペーンの概要

期間:このサイトからアカウント登録後、このキャンペーンに関するメールが届いてから30日間

対象者:Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして登録し、期間中に初回の配達をされた方(キャンペーンの登録等事前申し込みは不要です)

特別報酬:30日以内に完了した配達回数のレベルに応じて、純収入が下記の基準額を下回ったときに、差額をお支払いいたします。

  • 配達数:10回 基準額: 6,500円
  • 配達数:30回 基準額:20,000円
  • 配達数:50回 基準額:35,000円

例えば、このキャンペーン期間中に30回の配達を完了し、それで得た収入が17,000円であった場合、補償金額と純収入(30,000円)の差額である3,000円を追加でお支払いいたします。

どうしてUber Eats(ウーバーイーツ)は稼げないと言うのか?それにはちゃんと理由があります

「Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げない」などと書かれてあるブログなどはたくさんありますが、そもそも、どうして皆さんはそこまでUber Eats(ウーバーイーツ)が稼げないことを主張したがるのでしょうか?

実は、それには「なるほどな。どうりで、皆が『Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げない』と言いたくなる訳だ。」というようなしっかりとした大人の事情があったのです。ここではそんな裏話的真実について追求をしていきます。

理由1.ライバルを増やしたくないため。ライバルが増えると収入も奪い合いになるから

1つ目の理由は、なんと言ってもこれ「ライバルを増やしたくないため」でしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のビジネス構造としては、飛び込んできた配達依頼を配達パートナーが分担しつつ配達を行う仕組みとなっています。

そのため、ライバルとなる配達パートナーが増えすぎてしまうと、配達依頼=受け取れる可能性のある報酬を今までよりも大人数で分け合わなければいけなくなるため、必然的に一人あたりの報酬は少なくなってしまう傾向にあります。

ブログなどで「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはやめとけ」と書いている人たちは、自分が配達パートナーとして十分に稼げなくなってしまうのを恐れている可能性があります。

理由2.Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を諦めて会社員になった人が自由な働き方に嫉妬しているため

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活躍している人の中には、本業であった会社員をやめ、スーツを脱ぎ捨て、配達パートナーとして専業で働くようになった人も多数いらっしゃいます。

しかし、そのような人がすべてではありません。中には、会社員をやめ、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして専業で活動しようと考えていたけれど、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では自分が思っていたように稼げずに、結局会社員に戻ってしまった、といった人もいます。

そのような人が、専業でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活躍している人に嫉妬しており、それゆえにネットにネガキャンとして「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は稼げない」と書いている場合も考えられます。

理由3.その人が本当にUber Eats(ウーバーイーツ)配達で稼げていないため(ただし本人に深刻な理由あり)

中には、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で本当に稼げていない人もおり、そのような人が「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は稼げない!」と言っている場合もあります。

しかし、そのような場合、本人に深刻な原因がある場合が多いです。なぜならば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、普通に活動をしていれば稼ぐことができるからです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして稼ぐことが出来ないと嘆いている人の共通点として、以下のようなものが挙げられます。

「稼げない」という配達パートナーの共通点
  • 最低限の配達量や配達時間をこなすことができていない
  • 収入に求める理想が高すぎる
  • 配達効率が悪い

配達量や配達時間が短い場合が特に多いでしょう。Uber Eats(ウーバーイーツ)は自由に働くことが出来、仕事効率を上げれば収入を伸ばすこともできる職業ですが、やはり多くの配達時間、量をこなした人が比例して多くの収入をもらうことが出来る傾向にあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに参入するのであれば、急いだほうが良いという話

私からのアドバイスなのですが、もし現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに参入しようかどうか考えているのであれば、ちょっと急いだほうが良いかもです。どうしてか?その理由についてこちらで解説をしていきます。

他の人よりも早く参入したほうが、「先行者利益」を手にすることができます

基本的にどんなビジネスでも同じようなことが当てはまると言えるかと思いますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの場合も同様で、もしやる気があるのであれば、他の人より早く参入したほうが、「先行者利益」として、多くの収入を手に入れることができる傾向にあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、言ってもまだまだ発展途上の働き方で、定着するにはもう少し時間がかかると思います。

そんな状況である今のうちから配達パートナーとして参入してしまえば、後発組よりもノウハウが蓄積され、また競合も少ないため、報酬を比較的ライバルと奪い合うことなく手にすることが出来ます。

自分でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとしての働きかたを知ったあと、友達に紹介すると報酬を貰える

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーには、公式的に「紹介制度」があります。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは全員が利用することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はこの紹介制度に支払う報酬が太っ腹で、現在だと一人紹介をし、紹介した相手が所定の条件を満たすことで60,000円の報酬を手にすることができます。外資系のやることは違いますね・・・

そのため、早く参入しておいて自分自身でUber Eats(ウーバーイーツ)の働き方を知っておいて、友達にUber Eats(ウーバーイーツ)の魅力を伝えて配達パートナーの仲間を増やすことで、自分に紹介報酬も入るし配達パートナーとして一緒に活動できる仲間も増やすことができるし、一石二鳥です。友達がたくさんいる人はとっても良い制度だと思います。

(余談ですが、私は紹介するお友達があまり居ないため、察し、、、という感じです。よかったら、ぜひこのサイトから配達パートナーに登録したのち、ご連絡ください。友達になっていただきたいです。笑)

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でいつまで稼げるか分からないため、稼げるうちに稼ぎ切るのが賢い

最後になりますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして、現在ではある程度の収入を見込むことができますが、もしかすると現在の状況はバブルであるかもしれず、将来的に見るとUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーという仕事はいつまで安定して稼ぐことのできる仕事であるかは分かりません。

もしかすると、将来は今よりも多く稼げるサービスになるかもしれないし、今よりも稼ぎにくくなっているかもしれません。ただ、確実に言えるのが、今なら割と稼ぐことが出来ます。

もしUber Eats(ウーバーイーツ)の自由な働き方に興味があるような方は、できれば今始めるのがおすすめです。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集