Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアで激稼ぎするための登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアで激稼ぎするための登録方法

この記事では、川崎エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をこれから始めようとしている方にとっては非常に役に立つ記事になります。

今回の記事では、川崎エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)の登録方法から、営業時間などの基本情報、そして川崎エリアで劇的に稼ぐことのできる悪魔のような方法もご紹介いたします。

この記事を読むことで、Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアでガッツリと活動をすることができ、しっかりとお金を稼ぐことができるはずです。すべて重要なことが書かれていますので、しっかり理解できるまで、何度も読み込んでください。

もし急いでいる方で、早く川崎エリアでの登録を進めてしまいたい、という方は、以下のリンクから配達パートナーへの登録を進めましょう。

川崎でのUber Eats(ウーバーイーツ)配達に早く登録する

webでの配達パートナー仮登録を済ませる

川崎エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を始める前に、まずはwebでのUber Eats(ウーバーイーツ)配達用アカウント登録を行う必要があります。

のちほど説明しますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして実際に活動を始めるためには、説明会の参加などもありますが、いずれにせよ、WEBでのアカウント登録というものは必ず行う必要があります。

この機会に登録を済ませてしまえば、スムーズに登録完了まで進めることができますので、記事を読み進める前に、この機会にまずは配達パートナーとしての登録を進めてしまうことをおすすめします。

こちらのリンクから簡単にweb登録を行うことができます。記入内容もそこまで多くなく、1分くらいで登録を完了することができるので、サクッと登録をしてしまいましょう。

パートナーセンターに行き説明会&ウバッグ受け取り

上記でWEB登録を完了させることができたら、次はパートナーセンターに行き、本登録を進めましょう。パートナーセンターとは、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録やサポートをしてくれる施設で、Uber Eats(ウーバーイーツ)運営のスタッフさんが常駐している施設です。

基本的に、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして新しく配達の仕事を始める方はこのパートナーセンターに行き、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に関する注意点などの説明会を受講することになっています。

説明会の受講が完了したら、「ウバッグ」と呼ばれる、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー専用のリュックを受け取ることができます。皆さんが街ナカでよく見かける、黒い大きなリュックサックです。

川崎から一番近いパートナーセンターは「横浜パートナーセンター」

川崎駅でUber Eats(ウーバーイーツ)配達を始めようとしている方にとっては、横浜パートナーセンターが一番最寄りです。以下に横浜パートナーセンターの住所や営業時間などを書いておきます。

基本的に、パートナーセンターの営業時間内に行くことで、いつでも配達パートナーの登録の説明をしていただくことができます。特別な予約などは不要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜パートナーセンターの概要
施設名 パートナーセンター(横浜)
住所 横浜市中区弁天通4-53-2 DOMONビル4階A
最寄り駅 馬車道駅より徒歩4分、関内駅より徒歩7分
営業日 月・水・土(祝日含む): 12:00〜19:00

上記の通り、パートナーセンターでUber Eats(ウーバーイーツ)配達に関する説明会とウバッグの受け取りを完了することができたら、晴れてあなたもUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの一員です。登録が完了したら、その日から早速配達活動を開始することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は基本的に自由な働き方ができ、すきな時間に配達を開始し、すきな時間だけ配達活動を行うことができ、疲れたらすきな時間に配達業務を終了することができます。

従来の働き方よりも圧倒的に自由な働き方が出来るのがUber Eats(ウーバーイーツ)の大きな魅力です。そのような魅力もあり、現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの新規登録者数は圧倒的に増え続けています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアのサービスエリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、「サービスエリア」というものが決められています。これは、その名の通り、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービスを提供しているエリアのことを言います。

川崎エリアの現時点(2019年10月)での対応エリアは以下の区になります。

  • 川崎区
  • 中原区
  • 幸区
  • 高津区

残念ながら、Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアでは全ての地域で配達に対応している訳ではなく、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文も配達も未だに対応していないエリアもあります。

しかし、今後川崎エリアのウーバーイーツの対応する区は拡大する可能性が十分にあります。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアはまだまだ発展途上で日々どんどん多くのエリアに拡大をしているので、今後に期待しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアの営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文・配達の営業時間は地域によって異なります。ここでは、川崎エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間について解説をしていきます。

営業時間のことはいいから、とにかくいますぐ配達パートナーとして登録を進めたい!と考えているかたは、こちらのリンクから簡単にWEBでの仮登録を進めることができます。

現在のUber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアの営業時間は、朝の9時から夜の12時までとなっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間はエリアによって異なるため、川崎エリア以外の営業時間に関してはこの限りでは有りません。

朝の9時から夜の12時まで配達できる時間がありますが、この時間を有効に使うことができれば、一日に1万円以上稼ぐことも不可能ではありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアの営業時間は先ほどもお伝えしたとおり「朝の9時から夜の12時」までですが、場合によっては夜の12時以降でも配達の活動ができる場合があります。

具体的にどのような場合かと言うと、営業時間ギリギリにお客さまからの注文が入った場合です。この場合、12時を超えて配達を行うことがあります。

一日の報酬額にこだわり、営業時間ギリギリまで活動をしたいと思っている人は、12時を過ぎても10分から15分程度、配達依頼が入ってくるのを待ってみるのも良いかもしれません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアの配送料・基本料金

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送料金や基本料金は、それぞれのエリアで価格が異なります。ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアの場合の配送料や基本料金について解説をしていきます。

この章の最後には、実際に川崎でUber Eats(ウーバーイーツ)配達をしたらどのくらいの稼働でどのくらい稼げるのか?シミュレーション事例をご紹介しますのでしっかりとお読みください。

その前に、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達のwebu登録がまだお済みでない方は、こちらのリンクからweb登録を進めましょう。

配送手数料(送料)は290〜540円の価格変動制|需給によって変動する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達手数料(送料)とは、いわば送料のことを指します。基本的に、Uber Eats(ウーバーイーツ)のフード注文には送料が掛かります。この送料(配送手数料)はフード注文時、キャンペーンによって無料になることもありますが、基本的には有料です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアの配送手数料は、290円から540円の価格変動制(ダイナミックプライシング)を採用しています。どのようなことかというと、フード注文の需要が供給よりも多いときは価格が上がり、需要が供給よりも少ないときには価格が下がる、ということです。

つまり、多くの配送手数料を稼ぎたい場合は、多くの人がUber Eats(ウーバーイーツ)のフード注文をする時間帯に配達の活動を行えばよい、ということになります。

※この配送手数料は、注文者にかかるお金で、配達パートナーはこの配送手数料を受け取ることができません。後述する受取料金や受渡料金として受け取ることになります。

受取料金は250円|レストランからピックした際に発生する料金

Uber Eats(ウーバーイーツ)の受取料金とは、レストランから食事を受け取ったときに発生する料金のことを指します。Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は一気に振り込まれるので、あまりその都度発生するお金のことは意識しないかもしれませんが、配達パートナーであるあなたがレストランにフードを受け取った瞬間、受取料金というものが発生するのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアでの受取料金は250円です。この金額はあくまでも川崎エリアの料金であり、地域によっては受取料金の金額が異なる場合もあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の受取料金は配送手数料とはことなり、固定価格です。基本的に現時点では川崎エリアの受取料金は一律250円となっています。

受渡料金は120円|お客様の手元にドロップした際に発生する料金

Uber Eats(ウーバーイーツ)の受渡し料金とは、私達配達パートナーが注文者であるお客様に食事をお渡ししたときに発生する料金のことをいいます。これも、受取料金と同様、あまり意識することのないお金ですが、お客様に食事を渡した瞬間に、受渡し料金としてお金を稼ぐことができているのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアの受渡料金は120円です。なお、受渡料金も受取料金と同じように価格固定です。エリアによって受渡料金が異なる場合もありますが、川崎エリアの場合は120円となっています。

要するに、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達でお客さんに食べ物を届けると、「お届け代」として缶ジュース1本分(=120円)の報酬を受け取ることができる、ということです。

距離料金は60円/km|5kmの配達なら300円もらえる

Uber Eats(ウーバーイーツ)でいう距離料金とは、「配達で走行した距離に応じて支払われる料金のこと」を言います。

どういうことかというと、「配達でたくさんの距離を走った人ほどたくさんのお金を貰える」のが距離料金です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、案件によって配達先への距離は様々です。中には、100メートル以内で配達が終了するものもあれば、配達の距離が5キロを超える場合もあります。

そんなに大きな違いがあるのに、配達の料金が同じだったら不公平ですよね。そのために、距離料金という要素があり、長距離を走った人ほど多くのお金をもらえる仕組みになっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の距離料金は、エリアによって料金が多少ことなります。川崎エリアの距離料金は、1kmあたり60円です。

1kmあたり60円ということは、5km分の配達を行うと300円が報酬に加算される、ということになります。

サービス手数料は10%|Uber Eats(ウーバーイーツ)運営の取り分

Uber Eats(ウーバーイーツ)の「サービス手数料」とは、いわばUber Eats(ウーバーイーツ)の運営が中抜きする料金になります。

配達パートナーとしては中抜きされるのは嫌かもしれませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)というプラットフォーム、仕組みを利用して私達もお金を稼がせてもらっている立場なので、この点は仕方が有りません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアのサービス手数料は10%となっています。このサービス手数料は今後変更される可能性があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリア基本料金の一例

最後に、Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアでとある配達をしたときの基本料金の一例をご紹介します。仮に、2kmの配達をした場合は、基本料金は以下のように計算することができます。

受取料金250円+受渡料金120円+距離料金60円/km*2-サービス手数料10%=432円

この金額にブーストの倍率(1.5倍~2倍程度)が加わったものがあなたの報酬となります。

もちろん、2km以上の配達をした場合には、この限りではありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアで超稼げる悪魔のような方法

ここが今回の記事の中でも皆さんが一番気になる情報かもしれませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアで配達活動を行う上で、実践しておくと何も知らなかったときよりも確実に稼ぐことのできる。非常に有益な情報を解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアで大きく稼ぎを出す上で今回解説するポイントは大きく3点あります。1つづつご紹介します。

1.マクドナルドをピンポイントで狙う|安定の鳴りの多さ

1つ目は、「マクドナルドをピンポイントで狙う」ということです。正直な話をすると、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとって、マクドナルドという店舗は稼ぎ頭になります。

特に、東京であれば様々なお店からの依頼がありますが、特に川崎エリアだとマクドナルドからの配達依頼の重要度が非常に大きくなります。

どうしてマクドナルドをピンポイントで狙うとよいか?というと、他の店舗に比べて、圧倒的にマクドナルドからの配達の依頼が多いからです。Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐためには、できるだけたくさんの配達を行うように心がけることが必要となります。そう考えると、川崎エリアで稼ぐためにはマクドナルド案件は確実に手に入れたいのです。

マクドナルドはUber Eats(ウーバーイーツ)配達の拠点として活用するのも有効です。配達を終わったらマクドナルド前に戻る、といったように、マクドナルドの店舗を軸にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うと効率的に稼ぐことができます。

2.横浜エリアまで活動範囲を広げてしまう|横浜はよく鳴る

2つ目は、「横浜エリアまで活動範囲を広げてしまう」ということです。結論を言うと、川崎エリアで活動するよりも、お隣の横浜エリアで活動をしたほうが稼ぐことができます。なぜなら、ご存知のとおり、横浜エリアの方が川崎エリアよりも都会であり、その分配達の需要も大きくあるので、たくさんの配達の機会があります。

横浜は川崎と隣接しており、川崎エリアで活動をしようと思っている人は横浜エリアでも活動をすることができるので、横浜エリアに活動範囲を広げたほうが間違いなく良いでしょう。

横浜エリアの情報はこちら「Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜の対応エリア・登録方法・稼げるエリア・休憩できる公園情報【徹底解説】」に記載してあるので、詳細情報を知りたい方はぜひ御覧ください。

3.雨の日に活動すればブースト&クエスト&需要増でさらに稼げる

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアでしっかりと稼ぐためのもう一つの方法が「雨の日に活動をする」ことです。正直な話をすると、雨の日を制するものはUber Eats(ウーバーイーツ)を制する、と言ってもいいくらい、雨の日のUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は稼げます。

雨の日は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達活動を行う人が自然と現象して、それに対して注文の需要は増える(雨の日は在宅の人が多い為)ので、配達パートナー一人あたりの配達依頼は増加することになります。

そういった理由で、雨の日にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をすると通常時よりも稼ぎやすいのです。

また、雨の日にはブーストやクエストなどのイベント発生確率も向上するため、さらに稼ぎやすくなります。

結論、大きく稼ぐなら雨の日にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うのはおすすめです。

雨の日に配達をすることを考えている方は、視界が狭まりやすいですので、交通安全にはしっかり気をつけてください。

また、雨の日のUber Eats(ウーバーイーツ)配達に関する情報は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は雨の日にすべきか?その理由はなぜ?(内部リンク)」こちらも御覧ください。

※ただし、台風や超豪雨の日などはサービスが停止される可能性があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアの登録はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎エリアで活動をしようと考えている方は、まずは以下のページに進んで配達パートナーの仮登録を完了させましょう。

川崎エリアはまだまだUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの需要がたくさんありますので、ガッツリ稼ぎたい方は今のうちに登録をして稼ぎきってしまうことを強くおすすめします。

川崎エリアのUber Eats(ウーバーイーツ)のWEB登録は、こちらから簡単に(1分以内で)登録を完了させることができます。登録者は日々、どんどん増えていますので、配達パートナーとしてお金を稼ぎたいけれどまだ登録を完了していない方は、こちらから登録を進めてください。

もし、川崎エリアだけでなく横浜エリアでの配達も興味がある方は、こちらのページも是非ごらんください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアの登録方法・稼げるエリア・休憩出来る公園

【a】Uber Eats 配達パートナー募集