フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達が気持ち悪いと言われる原因と解決方法

問題点と解決方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達が気持ち悪いと言われることがある

外出自粛の影響で利用する人が増えているUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、実際に利用した人の声を聞いてみると沢山の好意的な感想の中に不満の声も聞かれます。どんなサービスでも不満がゼロということはありません。不満に耳を傾けて改善を続けるのはサービス業の基本中の基本です。

Uber Eatsに寄せられる不満の中で気になるのが「配達担当者が気持ち悪い」というクレームです。食べ物を取り扱う仕事にとって気持ち悪いというイメージは致命的です。実際に気持ち悪さを感じたことが原因で利用をやめてしまったという人もいるようですが、Uber Eatsの配達パートナーが注文主と接触する時間はごくわずかでしかありません。

短いコミュニケーションしかしていないのになぜそんなにも気持ち悪いという印象を持たれてしまうのでしょうか。Uber Eatsで働き続けたいのならなんとかして気持ち悪いと言われないよう改善する必要があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達が気持ち悪いと言われる原因

なぜUber Eatsの配達パートナーは注文主から気持ち悪いと言われてしまうのでしょうか。
理由は色々と考えられますが重要なのは「食べ物を扱う仕事に携わる人には平均以上のクオリティが求められる」という事実です。

Uber Eatsで注文された料理は依頼主が口にするためのものです。口に入れるものに人並み以上に清潔さや丁寧さが求められるのは当たり前です。どんなに丁寧に扱ったとしても依頼主にとってクオリティが足りていなければ容赦なく気持ち悪いと思われてしまいます。

気持ち悪いというのは多分に感覚的な問題なので一生懸命やっているという言い訳は通用しません。相手に不快感を与えないよう配達パートナー自らが努力し改善を目指すためにもなぜ気持ち悪いと言われてしまうのか、その原因をきちんと知っておきましょう。

不潔な人が配達をしている

Uber Eatsの配達パートナーが気持ち悪いと言われてしまう原因のひとつが「不潔さ」です。食品の取り扱いには衛生管理が求められるのに配達パートナーが不潔では気持ち悪いと言われてしまうのも当然です。

汚れた上着や乱れた髪型、履き古した靴や汗まみれのシャツなどおよそ衛生的には見えない格好をした人間が運んできた食べ物を好んで食べたいと思う人がいるでしょうか。気持ち悪いと言われてしまうと理不尽さに怒りを覚えますが不潔な格好をしていればそう言われても反論できません。

配達パートナーの仕事をするなら最低限の清潔さには気を使いましょう。身なりをきちんとと整え汗はこまめに拭く。たったそれだけで清潔感は大きく改善します。配達に急ぐあまりおろそかになりがちですが清潔さに気を使えないようではいい仕事はできません。

コミュ障が配達をしている

人とのコミュニケーションがほとんど無いのがUber Eats配達パートナーの特徴です。人間関係が苦手なコミュ障でも働きやすいと評判ですが、そのことが気持ち悪さの原因となってしまっています。

依頼を受注し料理を受け取り依頼主のところに届ける、という仕事の流れの中で他者とコミュニケーションするのは料理を受け取るときと配達品を渡すときのみです。時間にすればそれぞれ1分にも満たない時間ですが、コミュニケーションが苦手ないわゆるコミュ障の人はたったそれだけのやりとりすら上手くできません。

必要以上にオドオドビクビクした態度ではなんだコイツ、と思われ気持ち悪がられても仕方がありません。無理に愛想よくしろとはいいませんがUber Eatsの配達パートナーもサービス業である以上は人として最低限の礼儀やふさわしい態度は必須です。

配達パートナーによる痴漢事件の事例がある

最近はUber Eatsを利用して料理を注文する女性も増えています。女性の一人暮らしでUber Eatsを利用する方も珍しくありませんが、残念なことに一部の不心得なUber Eats配達パートナーにより痴漢事件が発生した事例が報告されています。

女性にとって異性に自宅を訪問されるのはそれだけで警戒の対象です。宅配便や勧誘はもちろんUber Eats配達パートナー模型界の対象ですが、実際に痴漢事例が発生してしまったことにより見る目はさらに厳しさを増しています。

もちろん99%のUber Eats配達パートナーは痴漢などしない真面目な人達です。一部の不心得者のせいで男性のUber Eats配達パートナー全てに対し気持ち悪いという見方が起きてしまっている現状は腹立たしくも仕方のないところです。

配達の食事に食べた痕跡がある

海外のUber Eatsで頻発した事件が、Uber Eats配達パートナーが配達中の食事を勝手に食べてしまうという悪質行為です。ピザを一切れつまみぐいしておきながら元からそうであったかのように偽装して何食わぬ顔で配達完了する。そんな事件がアメリカなど世界各国で頻発し大問題になりました。

残念なことに日本のUber Eats配達パートナーの中にも配達中の食事に手を付けたと思われる事例が発生しています。誰かが手を付けた食事など気持ち悪くて食べられたものではありません。一度でもそんな被害にあってしまったら全てのUber Eats配達パートナーを気持ち悪いと思ってしまうのは当然です。

正社員として働いていない人が活動している

Uber Eats配達パートナーはUber Eatsに雇用されているわけではなく独立した個人として請負契約を結んで働いている形になっています。配達という仕事そのものには雇用形態は全く関係ないのですが、実際問題として今までどこで何をしていたのかわからないような人間がUber Eats配達パートナーとして働いていることに対してなんとなく不安や気持ち悪さを感じてしまうのは当然の気持ちです。

特に日本ではどこかに所属していない人に対して厳しい目が向けられる風潮があります。Uber Eatsに正社員として雇用されているわけでもない中途半端な立場の不安定さ、不確定さに対し無意識のうちに気持ち悪さを抱くという人は少なくありません。

気持ち悪くないUber Eats(ウーバーイーツ)ももちろん多い

気持ち悪いと思われることもあるUber Eats配達パートナーですが、もちろん配達パートナー全員が気持ち悪いわけではありません。

ほとんどのUber Eats配達パートナーは気持ち悪さなどなく健全に働く人たちばかりです。挙げられた問題をかかえているのはごく一部に過ぎず全てのUber Eats配達パートナーが気持ち悪いというのは偏見でしかありません。

Uber Eats配達パートナーは多様な人達が働いています。極一部のせいで全体が悪く見られてしまうのは非常に心苦しいことですが、理不尽な目を向けてくる利用者もまた極一部の少数です。

少数の大きな声に振り回されるのは愚かな行為です。問題点を改める努力は必要ですが頑張って働いている人に対しては温かい目で見守るのが正しい態度です。

お小遣い稼ぎの大学生が活動している

Uber Eatsの配達パートナーとして働く人たちの中で多いのが大学生です。

大学生といえばアルバイトに精を出すというイメージがありますが、最近の大学は出席日数や成績の管理が非常に厳しく一昔前のように授業をサボってバイト三昧というわけには行きません。放課後もレポートや課題に追われてなかなかバイトができない大学生もたくさんいます。

Uber Eatsの配達パートナーは忙しい大学生にピッタリの仕事です。時間のあいた時だけ自由に働けるので授業との両立がしやすく忙しい時期は勉強に専念できます。生活費稼ぎのバイトととは別にお小遣い稼ぎでUber Eatsの配達パートナーに登録する大学生も多く、有り余る若さと体力を活かして配達に励んでいます。

起業を目指している人が活動している

Uber Eatsの配達パートナーはお金に困って直ぐに仕事がしたい人がやる仕事というイメージがありますが、最近急増しているのが起業を目指す人達です。

Uber Eatsの配達パートナーは小規模とはいえ独立した個人が責任をもって仕事を請け負うシステムです。それは起業を目指す人にとってはいい予行演習であり自分の可能性を試す大きなチャンスです。試行錯誤を重ねて効率のよい働き方をめざしたり働く喜びを追求したりと、Uber Eatsの仕事を通じて得た経験を活かすために日々配達業務に勤しんでいます。

仕事量に応じて稼ぎも増えるので起業準備の資金稼ぎにもピッタリです。資金稼ぎのアルバイトをいくつも掛け持ちする中にUber Eatsを含めている起業家志望も大勢います。

自由な働き方を目指している人が活動している

Uber Eats配達パートナーの大きな魅力が自由度の高さです。自由に働ける仕事は世の中にたくさんありますが参入障壁の低さや稼ぎへの直結度で言えばUber Eatsは圧倒的な魅力を持つ仕事です。

Uber Eats配達パートナーは誰にも拘束されずに働けます。依頼探しも自分の気が向いた時のみでOKですし、配達が完了すればその後の行動は自分次第です。新たな依頼を探してもいいですし疲れたらその日の仕事は終わりにしても構いません。休憩も好きなだけ休めるので誰に邪魔されることもなく完全に自由に自分のペースで働けます。

その自由さ故に気持ち悪い、うさんくさいと見られてしまうこともありますがそれを差し引いてもなお自由な働き方には大きな魅力があります。誰かに雇われず自由な働き方を目指す若者にとってUber Eats配達パートナーは天職といえる仕事です。

運動が好きな人が活動している

Uber Eats配達パートナーの働く動機で意外と多いのが「運動になるから」という理由です。

Uber Eats配達パートナーは長距離移動もある体力仕事です。暑さ寒さにさらされながら走ったり自転車を漕いだりするのは楽ではありませんが、運動が好きな人にとっては働きながら運動ができるという一石二鳥の仕事です。特に自転車を趣味にする人にとって街中を愛車で走りながらお金がもらえるUber Eats配達パートナーの仕事は趣味と実益を兼ねています。

Uber Eats配達パートナーとして働く高齢者は運動になるからという理由でこの仕事を選ぶ人が多く、体力的に無理の無い範囲でトレーニング代わりに働く姿が見られます。

【まとめ】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達は全員が気持ち悪いわけではない

気持ち悪いと不評も聞かれるUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーですが全員が気持ち悪いわけではありません。気持ち悪い身なりや態度なのはごく一部の問題のある人物だけでありほとんどのUber Eats配達パートナーは社会人として問題のない人たちです。

残念ながら気持ち悪いと言われてしまう人も問題点を正しく認識し改善の努力をすれば現状から脱却できるのでまずは自分に問題がないか見つめなおすことから始めましょう。

料理を配達すれば問題ない、というのはあまりにも甘すぎる考えです。新しい働き方とはいえ社会の一員としてふさわしい振る舞いをするのは最低限求められる常識です。気持ち悪いと言われることのないよう我が身と行動を振り返り恥ずかしくない振る舞いを心がけてください。