Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)でキレイに食事を配達する方法を考えてみた【お寿司ぐちゃぐちゃ】

疑問を持ったブタさん

どう考えたってお寿司運ぶのって難しいだろ〜〜〜!!どうやって運べばいいんだろう??食べ物崩さずに運ぶコツ、なんかあったら教えて〜〜〜!

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 【周知の事実】お寿司の配達は難しいです
  • Uber Eats配達で出来るだけ食べ物を崩さず運ぶ方法

【周知の事実】お寿司の配達は難しいです

これは周知の事実なのですが、Uber Eatsてお寿司の配達をするのは難しいです。

ぶっちゃけた話をすると、Uber Eatsでお寿司を配達することになったら、ちょっと緊張します(笑)

自転車での配達は食事を安定して運ぶのは難しい

そもそもの話にはなりますが、自転車やバイクで安定して食事を運ぶのって難しいです。

とくに、東京都内は坂道や狭い道も多く、どんなに気をつけても配達している食べ物が崩れてしまうことはあります。

お寿司の配達とか、マジで難しい。もはやスーパーに並んでる時点で崩れてる

とくに、お寿司の配達など本当に難しいと思います。

お寿司なんて、スーパーの店頭に並んでいるものでさえネタがシャリから落ちていること、ありますからね。

そもそも、シャリとネタがくっついている訳でもなく、ただ乗っかっているだけなので、それは難しくて当然です。

だけど出来るだけ崩さずに運ぶ努力は必要

そうは言っても、Uber Eatsの配達パートナーとしてお寿司をできる限り崩さずに配達をするよう、十分に注意をして配達をする必要はあります。

配達パートナーの工夫と気遣い次第で配達する食事を出来るだけ崩さ内容にすることは出来ます。

自分の出来る限り、配達する商品は綺麗な状態でお客様のところまで届けたいものです。

Uber Eats配達で出来るだけ食べ物を崩さず運ぶ方法

ここでは、Uber Eatsの配達において、出来るだけ食べ物を崩すことなく運ぶ方法について解説していきます。

Uber Eatsの配達パートナーとして働く上で、できる限り配達途中で食べ物を崩してしまうことなく配達したいですよね。

食べ物を配達中崩してしまうと低評価の元になる

これは事実です。

Uber Eatsの配達をする上で、少しばかり食事を崩してしまうことからはなかなか避けることが出来ないでしょう。

しかし、受取人のお客様にとっては、崩れた食事を渡されたら、良い気持ちはしないことと思います。

もしかすると、食べ物が崩れた状態でお客さんの元に渡してしまうと、お客さんから我々配達パートナーに低評価をつけられてしまうことも十分にあります。

セオリーは「タオルを敷き詰めて商品を固定する」

Uber Eatsで食事を配達する上でのセオリーとして、「タオルを食事に敷き詰めて商品を固定」すると良いでしょう。

常に配達パートナー専用バッグ(ウバッグ)の中にタオルを何枚か入れて置くことで、商品とウバッグとの間の隙間を埋めることができます。

なお、この方法は多くのUber Eats配達パートナーの方が行っている定番の方法のようです。

自転車の乗り方ももちろん大事。

何より、自転車やバイクで配達する上で、危険な運転をせずに安全運転を心がけるだけでも、食事をなるべく崩さずに配達できることに繋がります。

Uber Eatsの配達パートナーは誰よりも、安全運転を心がけるべきです。

何より、交通量の非常に多い都心を自転車やバイクで走り回るので、交通事故の危険があらゆる所に潜んでいます。

実際、先日にはUber Eats配達パートナーの死亡事故も発生しているので、慎重に配達を行うべきです。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集