フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区の給料予想!注文・配達を解説

東京 Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区のサービスは始まっている?

2016年9月29日からUber Eats(ウーバーイーツ)が日本で営業を開始しました。この時のサービス対象エリアは、東京都内の渋谷・恵比寿・青山・赤坂・麻布・六本木のごく限られたエリアでした。それから徐々にサービスエリアが拡大し、目黒区内でも2017年12月14日からUber Eats(ウーバーイーツ)の配達サービスが利用できるようになりました。

その後もサービスの提供エリアは広がり、都内のほぼ全域で利用が可能です。ただし、羽田空港付近や一部の埠頭はサービスエリア対象外もありますが、目黒区内は全域でサービスの利用が可能となっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区のおすすめ加盟店・レストラン店舗情報

目黒区は、世田谷区・渋谷区・品川区・大田区に隣接する区です。駒沢通り、目黒通り、山手通り、環状7号線などの幹線道路が走り、JR目黒駅、東横線中目黒駅、自由が丘駅などの主要駅があります。

人気の街でもある「中目黒」・「自由が丘」を中心におすすめ加盟店・レストランが数多くあります。イタリア料理の「オステリアチュードゥエ」、日本料理の「SUSHI-DINING魚浜」、インド料理の「香食楽」、ハンバーガーの「MAREVRICK HAMBURGER」、サラダの「バロン」など数多くのおすすめ店があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区のサービス営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービス提供時間は、9時から24時が基本ですが、目黒区内では午前7時から午前1時までの時間帯で利用が可能です。

この利用可能時間はUber Eats(ウーバーイーツ)自体の営業時間ですから、実際に利用が可能かどうかは、商品を注文するそれぞれの店舗の営業時間によって異なります。その為、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用する場合は、各店舗の営業時間を確認する必要があります。この利用時間は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文画面から簡単に確認することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区の配送料・基本料金

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービスを利用するにあたって、かかる費用は2つあります。1つが配送料で、もう1つがサービス料です。この2つの料金を注文した商品の代金に加算して支払う必要があります。

配送料は、50円から設定されています。お店と配達先の距離に応じて自動で計算され表示されます。また、この配送料は注文の多い時間帯では割り増しされます。その為、注文の比較的少ない時間と、注文の多い時間帯では配送料が異なることとなります。

2つ目のサービス料金は、注文した商品の10%に当たる金額を支払う必要があります。ただし、上限があり350円までとなっています。また、700円未満の注文の場合には、ベット150円の手数料が加算されます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区で使えるお得なクーポン情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)では様々なクーポンの利用が可能です。まず、最初に利用すべきクーポンと言えば、「初回注文2,000円OFF」のクーポンです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録し、最初に利用する時には忘れずに利用したいクーポンです。さらに目黒区内で利用ができるクーポンでは、「モスバーガー」・「ケンタッキーフライドチキン」などの配達料無料クーポンなどの利用も可能です。また、利用する決済方法によっても利用できるものがあり、PayPay、LINEPay、マスターカードを利用して決済をすると割引をしてくれるものもあります。

クーポンは不定期に追加され、また利用できる期間が限定されているものもありますから、注文前に利用できるクーポンがないかをインターネットで検索をしてからの注文がいいでしょう。本当に多くのクーポンがあるので確認をしてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区の注文の始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用するためには、利用登録を行う必要があります。Uber Eats(ウーバーイーツ)のサイトから、「氏名」・「電話番号」・「メールアドレス」・「配達先」などの情報を登録することで利用が可能になります。

入力すべき項目には、何を記入すべきか表示がされるので迷うことなく完了できるはずです。また、注文に際しては、現金決済ができません。クレジットカード、電子決済サービスの利用が不可欠ですので、いずれかを利用できるように準備しておく必要があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区は稼げる?

目黒区は、世田谷区、渋谷区、品川区、大田区と隣接する区であり、同時に主要幹線道路が多い特徴があります。意外なことに鉄道駅は23区内で最も少ない区という特徴もあります。

渋谷、代官山、中目黒、都立大、自由が丘と東横線に沿って人気店も多く、また住宅地も広くUber Eats(ウーバーイーツ)の利用をされる方は非常に多い地域と言えます。最も稼ぎやすい、麻布・六本木・赤坂エリアほどではありませんが23区内では稼ぎやすいエリアと言えます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区の配達の始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員を始めるためには、まずは配達員としての登録をする必要があります。そして、配達員としての登録が済んで、承認され配達用のUber Eats(ウーバーイーツ)専用のバックを入手すれば配達が行えるようになります。また、依頼を受けるためにはUber Eats(ウーバーイーツ)のアプリをダウンロードする必要もあります。

登録はインターネットで簡単に行えます。氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を登録しアカウントを作成します。次いで、本人確認のための免許証等の書類、配達員のプロフィール用の写真を送付します。全てが完了するとUber Eats(ウーバーイーツ)で審査が行われ、この審査に通過すれば配達員としての登録が完了します。

次に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達用のバックの購入です。以前は、登録センターでの購入でしたが、現在はAmazonで購入するシステムに変更されています。これらが済めば晴れて配達を開始することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区で稼ぐための方法

目黒区は人気店も多く、また利用される方もい多いです。しかし、他の地域同様に地域の特性があり、稼げる場所というのも存在します。

利用ニーズの多くは、都立大から代官山へかけて、または、山手通り、駒沢通りなどの幹線道路に沿って多い傾向があります。昼時はオフィス街、夕食時は住宅街を視野に入れて活動するのが王道的な立ち回りと言えます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区で稼げるエリア

稼げるエリアの代表格は中目黒を中心とした、自由が丘、都立大、代官山のエリアです。特に自由が丘エリアは昼食から夕食前まで、中目黒・代官山は夕食時から深夜がねらい目のエリアとなります。

その為、日中は世田谷区に隣接するエリアから、時間の経過とともに渋谷区に隣接するエリアへ移動しながら稼働するのが効率的なようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区の給料・報酬予想

目黒区内のUber Eats(ウーバーイーツ)の利用の特徴は、お店と配達先の距離が近いと言う特徴があります。距離がないので1回の配達で得られる報酬は時間もかかりませんが、単価も安くなる傾向があります。

その為、数をこなす必要があります。実際、注文数は多いので数をこなすこと自体は大きな問題にはなりませんが、配達員の稼働が多い時は依頼を受けられない状況も考えられます。

それでも昼食時に2~3件、夕食時に5~7件,深夜帯に2~3件程度の稼働はできるはずです。1回の配達で得られる報酬は500円~600円といった感じですので、時給換算では1,500円といったところです。うまく稼働することで時給換算で3,000円程度までは稼働が可能となっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)目黒区まとめ

目黒区は都内でもUber Eats(ウーバーイーツ)の利用ニーズの高いエリアと言えます。それ故に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店も多くあり、様々な商品を選択して利用することが可能となっています。また、土地柄人気店も多いので中々足を運べないお店の料理を自宅で楽しむことも可能です。

一方、配達員としても働きやすいエリアと言えます。一定の利用ニーズがあり、エリアが狭いので稼働しやすいからです。また、時間帯に合わせて都内方向へ徐々に移動することで稼働効率も上げやすい特徴があります。隣接の世田谷区の三軒茶屋と中目黒はそれほど距離がないので目黒、世田谷、渋谷をまたいでの稼働も可能となるのです。