フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京・港区エリアの給料予想!注文・配達を解説!

東京 Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区のサービスは始まっている?

東京都港区では、Uber Eatsのサービスを利用する事が可能です。マクドナルドなど大手飲食チェーンから、地域密着型の飲食店まで、幅広いジャンル・規模の飲食店がUber Eatsに参入しています。

港区は六本木や麻布十番など、オシャレだったり高給だったりして人気の飲食店が多く並ぶ激戦区です。コロナ禍でUber Eatsに参入するお店が増え、自宅で人気店の味が楽しめるとして需要も急増しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区のおすすめ加盟店・レストラン店舗情報

港区はどのお店もUber Eats配達員の出入りが激しいです。そんな港区内のUber Eatsおすすめ加盟店・レストランを紹介します。

マクドナルド

特にお腹が空いていてとにかく早く食べたいときに出前をするならマクドナルド一択でしょう。マクドナルドはUber Eatsでも人気が高く、港区内のどの店舗でも常に配達員が誰かしらおり、すぐに配送してもらえます。配達員が見つかるまでの時間がほぼ0なのでその分到着が早く、時間重視ならマクドナルドがオススメです。

アンティキ・サポーリ

飲食店激戦区広尾で人気のイタリア料理店。オシャレで高級感のあるイタリアンが自宅で楽しめます。元々味が高く評価されている料理店ですが、UberEatsに対応したからと言ってクオリティが下がることはありません。特にパスタ系のメニューの人気が高いです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区のサービス営業時間

港区内でのUber Eatsのサービス営業時間は、8:00〜25:00です。港区も2019年7月に営業時間拡大エリアの対象となりました。朝早い時間帯や深夜帯など、飲食店が営業していない時間帯も利用できるのはありがたいでしょう。

港区は朝活が活発なエリアかつ、起業家が多く住んでいて夜中まで営業している飲食店も多いです。そのため、朝早い時間や夜遅い時間にUberに対応している飲食店が多くて便利でしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区の配送料・基本料金

港区のUber Eatsの基本料金は、受け取り料金が265円、受け渡し料金が60円、距離料金は125円/kmです。こちらに関しては港区に関係なく都内一律となります。

また、港区の配送料は50円〜300円程度が相場です。単価が高い分配送料が安く設定されていると考えられます。

港区はUber Eats対応店が多いことから、個人経営のお店は家からお店までの距離が近く、基本的に配送料は200円以内で済むことが多いです。逆に大手飲食チェーンは配送料が一律なので、個人経営のお店よりも配送料が高く付くかもしれません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区で使えるお得なクーポン情報

Uber Eatsの港区の地域限定クーポンはありません。港区でのUber Eatsサービス開始から時間が経過しているので、今後もあまり地域限定クーポンは期待できないでしょう。

ただ、初回ダウンロード限定クーポンや友達紹介クーポンは、当然港区でも利用できます。
初回ダウンロードの場合は2,000円引きクーポンが利用可能。友達紹介クーポンでは、紹介した友人1人につき1,000円引きクーポンが何度でも受け取れます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区の注文の始め方

Uber Eatsの注文の始め方は、まず住所を登録します。スマートフォンの位置情報をONにし、Uber Eatsのアクセスを許可します。
次に自分が住んでいるマンションの部屋番号など、細かい情報を入力して、位置情報を登録しましょう。

位置情報を登録したら、メニューを検索して注文を行います。配達範囲内のお店のメニューを選択したら、決済画面に移りましょう。

最後に決済画面で現金・クレジットカード・PayPayのどれかを選択し、決済を行います。あとは配達員が自宅に到着して商品を受け取り、配達員の評価をしたら取引終了です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区は稼げる?

港区はUber Eatsの中でも特に稼げるエリアです。港区はオフィス街・住宅街・繁華街と様々な顔を持ち合わせるエリア。飲食店も住宅も多く、家や職場でのご飯にUber Eatsが利用されています。

ただ、港区は繁華街エリアと居住地域がはっきり分かれていないので、お店と配達先の距離が近く、基本料金が稼げないことがよくあります。したがって、港区で稼ぐには数をこなす必要があるでしょう。
また、港区は富裕層が多く暮らすエリアであり、チップを受け取れるケースが多いです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区の配達の始め方

Uber Eatsの配達の始め方は、まずWebで仮登録を行います。この際に、必要書類を提出し、銀行口座の登録を行いましょう。
登録が承認されたら、カバンを準備します。

配達用のカバンはAmazonにて購入可能です。かつてはレンタルでしたが、現在は自分で用意する形式となっています。UET Japan製のものが純正のカバンとなるので、できればこちらを購入してください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区で稼ぐための方法

港区でUber Eatsで稼ぐポイントは、朝8時〜9時、夜22時〜25時の間で稼働することです。他の地域だと、延長時間が適用されている時間はお店がやっていないことも多いのですが、港区の場合、六本木や麻布十番など深夜営業をしている地域がたくさんあります。そのため、港区はもちろん、近隣のエリアからも注文が集中しやすく、この時間帯は稼ぎ時と言えるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区で稼げるエリア

港区でも特に稼げるのは麻布周辺です。タワーマンションが多く、居住者層も富裕層がメインとなっていて、特にコロナ禍では注文が集まりやすくなっています。外国人居住者もたくさん住んでおり、チップをもらいやすいのも麻布のメリットでしょう。

ただ、麻布周辺は道が入り組んでいて、坂道が多いのが難点。そのため、自転車は電動のものをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区の給料・報酬予想

港区のUber Eatsの報酬は1,500円〜2,000円程度です。港区は平日も休日も安定してUber Eatsの需要があります。特に今は在宅ワーカーが多いので、もしかすると平日でも時給2,000円を超えるかもしれません。

ただ、港区は道が複雑なので、この地域に馴染みがない方だと慣れるまで配達に時間がかかってしまうかもしれません。移動の際のタイムロスを減らせるように、ある程度周辺を回ったうえで、道を把握したうえで配達をすることをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)港区まとめ

港区のUber Eatsは東京都内でも特に高いです。また、外国人居住者が多く、チップが跳ねやすいというメリットもあります
。実際に多くの配達員が港区で配達をしており、稼ぎたいなら狙い目の地域でしょう。

ただ、道が入り組んでいて稼ぐにはコツがいる地域でもあるので、時間をかけて港区を攻略してください。