フード注文1,000円割引クーポンをGET

【徹底解説】Uber Eats(ウーバーイーツ)で結果を出すには「朝」が超重要な理由

疑問を持ったブタさん

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で成果を出すには朝の時間が重要である、って本当?朝、早起きするのはあまり得意じゃないし、いつもは午後ぐらいから稼働をはじめてるんだけど、やっぱり朝早くから配達をスタートしたほうが良いのかな。だけど、朝ってそもそも注文入るのかな?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で成果を出すには本当に朝の時間が重要なのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で結果を出すには、朝の時間が重要であるのかどうか?について解説をしていきます。

みなさんは、何時頃からUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を開始しているでしょうか?人それぞれ、配達を開始する時間は様々だと思いますが、おそらく皆さんはUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をする日はいつも同じような時間に配達を開始していると思います。

その中でも、いつもお昼以降に配達を開始している皆さんは、ぜひ朝イチで配達をしてみてはいかがでしょうか?朝イチで配達を始めると、今までとは違った景色が見えてくるかもしれません。

【結論】朝の時間はUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとってとても重要です

結論から言うと、朝の時間は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとって非常に大切な時間であると断言できます。

朝の時間を活用するかどうかで、その日の成果だけでなく、モチベーションややる気の面に関してもメリットが盛りだくさんです。

私がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行なう日は、「必ず」朝イチから稼働を始めます

具体例を挙げると、私がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行なう日には、必ず朝イチから稼働を開始します。私は普段新宿駅からシェア自転車を借りて配達を開始するのが毎日のルーティーンなのですが、新宿区でのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達開始時間である朝9時までにはすぐに稼働できるように準備を整えて終わっています。

むしろ、朝から始めないと逆にツライ?朝の時間はボーナスタイムです

個人的に思うのが、「むしろ、朝イチから始めないとなんかツライ」ということです。出来る限り朝早くから稼働することによって、あらかじめ自分の中で設定していた目標金額に早く届くことができます。

お昼過ぎなど、遅くから始めてしまうと、自分の決めていた目標金額に到達するためには深夜遅くまで稼働をしなくてはいけなくなったり、目標金額に到達できなくなってしまう日などもあります。

そう考えると、朝イチから稼働することでその日の自分の最大限の結果を出すことが出来、結果として満足感のある一日を過ごす事ができます。

*地域、プロモーションなどによってその日の報酬は変化します。

朝の時間がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとって重要である理由とは

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとって、朝の時間が重要であることを軽く説明いたしましたが、どうしてそこまで朝の時間にこだわるのか?こちらで詳しく解説をしていきたいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーという仕事はシフトが決められていないので、自分の好きな時間から配達を開始することができます。そこであえて、朝イチで配達を開始するメリットは何があるのか?についてご紹介いたします。

朝は配達依頼が少ないと思いきや、実はガンガン依頼が来るので稼ぎ時

朝の時間帯はあまり配達の依頼が来ない、と思っている人も少なくありませんが、実は朝の時間はガンガン配達が来ることが多いです。

なぜかというと、朝イチの時間帯はまだまだUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが稼働を始めていない事が多く、街に配達パートナーが少ないと、お客さんの奪い合いが少なくなるため、必然的に自分が配達できる量が増える、といった仕組みです。

少しでも報酬額を増やしたいと考えている人は、朝イチの時間帯から稼働を開始することを強くおすすめします。

夜遅くにもつれ込むよりも、その分朝早くから活動をしたほうが成果につながる

お昼すぎから初めて深夜遅くまで配達をするのも良いですが、それをするのであれば朝の早い時間から配達を開始していたほうが成果につながる、と個人的に思います。

夜の時間帯になるとたしかに配達量は増えてきますが、あまり夜遅くまで稼働をすると全体的に夜型の人間になってしまい、夜型になると平均的にだらだらとした時間を送ってしまいがちになり、全体的な生産性が落ちてしまうことが多いです。

それよりも、朝早くから活動を開始して、夜はそこまで遅くならないうちに切り上げ、早寝をして次の朝イチに備える、という生活をしたほうがトータルで見ると成果にもつながると思います。

朝は希望の朝日が降り注ぐ。一日を最高のモチベーションで始める事ができる

朝イチで活動することのメリットといえば、やはり朝日を浴びながら活動出来ることが大きいです。

日光を浴びることの恩恵は実は多く、例えば、SE(システムエンジニア)などのコンピュータを触っている職業に勤める人は常に室内にいて太陽光を浴びる時間が少ないためうつ病になってしまう人が多いそうです。

その点、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして配達を朝イチから始めることができれば、太陽が出ている時間帯に最大限に日光の恩恵を受けることができ、さらに運動ができるので、とても健康的に働くことができるでしょう。

【実体験】朝型の生活にすると、人生の質が全体的に向上します

結論から言うと、朝型の生活にシフトすると、人生の質が全体的に大きく向上します。実際にこの記事を書いている私も現在は朝型の生活を送っているのですが、朝型にしてから仕事効率が大きく向上し、一日のうちに多くのことをこなすことができるようになりました。

実際に私が経験している具体例などを挙げながら、人生全体的な意味で朝型の生活を送ることの魅力を解説していきます。

朝の1時間は夜の3時間に相当する。朝型の生活にすれば、自分の時間が増やせる

「朝の1時間は夜の3時間に相当する」とよく言われることもりますが、これは本当の話で、朝の時間を活用することで1日をより充実した日にすることができます。

なんとなく感覚的に、「夜は自分が寝るまで、ゆっくりとした時間が流れている」と思いがちですが、仕事の効率を上げたいときやなにか目標を成し遂げたいと考えているときは、朝の時間を有効に活用したほうが結果が出しやすいです。

起きた直後である朝は脳が最高のコンディションで活動することができ、また、多くの人は寝ており、とても静かな環境です。そのため、誰にも邪魔されること無く、自分のやりたいことに存分に集中して取り組むことが出来ます。

【事例】私は現在、毎日4時30分起きの「超朝型生活」にシフトしました

具体的な私の事例をお話すると、私は現在、毎日4時30分に起きている、いわば「超朝型生活」にシフトをしました。

現在、この記事を書いているのも、早朝です。このブログと朝型生活への関わりによる具体的な成果を挙げてみると、早朝にブログを書くようになってから、更新頻度を上げることができるようになりました。

個人的にこの超朝型生活は自分の生産性を大きく向上してくれているので、今後もこの生活を引き続き行っていこうと考えています。

【簡単】誰でも出来る。自分の体に無理をせず、朝型生活になる方法【シンプル】

「毎日4時30分起きなんて、普通はありえない」と思う人もいるかも知れませんが、残酷なお話をしておくと、「普通」を求めていると、平凡な人生で終了してしまいます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行なうような人は、その時点で普通の会社員とはズレた生活を送っており、人生の質を上げたい、と強く思っていたり、人生で成功したい、と思っている人が多いです。そんな皆さんにも、超朝型生活を試してみてほしいです。

方法は簡単、夜早く寝るだけです。1日8時間の睡眠が必要な人は、4時30分に起きるために、夜の8時30分には寝ましょう。8時30分が厳しい人は、9時に寝て5時に寝る、といった生活でも大丈夫です。

ちなみに私は、9時に寝て4時30分に起きる生活をしている事が多いです。別に早起きだから睡眠不足状態ではなく、しっかりと7時間以上寝ています。睡眠時間をしっかり確保しないと体調に支障をきたしてしまうので、夜はしっかりと長い時間眠るようにしましょう。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集