配達パートナーの登録はこちら

会社員をやりながらUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしても大丈夫?

疑問を持った人

普段は会社で働くサラリーマンをしているんだけど、会社員として働きながらでもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動することは出来るかな、、、?というか、実際に会社員をしながらUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしているいる人って居るのかな?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 会社員をしながらUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを務めることはできるのか?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをする会社員が注意すべきこと
  • 結論を言えば、会社員にとってUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはうってつけの副業だと思う

会社員をしながらUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを務めることはできるのか?

この記事を読んでいる人の中には、お小遣いが欲しくてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになろうか考えている方も少なからずいらっしゃるかと思います。

さて、ここで考えてみましょう。一体、会社員をしながらUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くことはできるのでしょうか?ここでは、「会社員がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活動する」ことについての是非について考えていきたいと思います。

【結論】出来ます。むしろ、おすすめです

会社員をしながら、一体Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動することができるのでしょうか・・・?

結論から言うと、可能です。むしろ、おすすめです。

会社員の人でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをしている人は沢山います。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、会社員でも十分に活動することができる、新しい働き方なのです。

この記事を読んでいる会社員の方は、少なからずUber Eats(ウーバーイーツ)に興味を持っていると思いますが、そのような方は是非始めてみてください。こちらから会員登録→平日にUber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターに行って説明会に参加することで、すぐに配達パートナーとして活動することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が公式にアップしているYouTube動画でも、会社員(法律会社勤務)の方が紹介されています。(Uber Eats(ウーバーイーツ)の魅力を語っているオシャレな動画ですので、ぜひご覧ください。↓)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは都内を駆け巡り、いい運動になるしとても楽しい

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしての活動は、会社員にとってはとても良いものになることが多いと思います。

多くの会社員の方はオフィスワークをしており、オフィスワークをしている方の多くは運動不足になりがちなため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動することによって運動不足の解消もでき、お金も手に入る、という一石二鳥の恩恵を受けることができます。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは運動不足の解消だけではなく、都心を端から端まで駆け回ることになるので、今まで見てこなかった景色などを見ることができ、とても楽しいです。

日によって六本木ヒルズのような超高級マンションや大きな会社へ配達に行くこともあるので、常に新鮮なワクワクした感覚で配達を楽しむことができます。

副業でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをしている人は非常に多い

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをしている人の中には、専業で活動している人もいますが、私の所感だとほとんどの方は副業での活動をしていると思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはシフトが完全に自由な働き方で、副業としてもうってつけの働き方です。そのため、私の知り合いでも、副業としてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをしている会社員の方はとても多いです。

平日はずっと机に向かいっぱなしで土日に運動しつつお小遣いが欲しい、と考えている方にとって、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー以外の選択肢はなかなか見つからないでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをする会社員が注意すべきこと

会社員の方がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始めるにあたり、いくつか注意すべき点があるのでここで解説をしていきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは普通の会社員とは大きく異なります。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動する上では、魅力的な部分もたくさんありますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達はまだまだ日本国内で浸透している働き方ではありません。そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーならではの注意点をご紹介します。

張り切りすぎて筋肉痛になり、本業に支障が出ないように注意

何も運動をしていない状態からUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動し始めると、最初のことは筋肉痛になります(笑)。これは、残念ながら避けることはできません。

特に、東京都心は坂道が多く、電動自転車に乗っていても一日中活動をしていると翌日には体がバキバキになることもしばしば。慣れてくると体力もついてきて問題なく配達をこなすことができるようになりますが、最初のころはやはり筋肉痛は避けられません。

そのため、副業としてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始める会社員の方は、本業に支障の出ないように、自分の体をいたわりつつ活動を行うことをおすすめします。筋肉痛で本業に支障が出たら元も子もないですからね(笑)

配達先が本業の勤務先になることも!?副業禁止の場合、配達エリアに注意

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、依頼があったら配達用のスマホアプリが鳴り、地図に従ってお店への食事の受け取りと配達先への配達を行う、という流れになります。

ここで注意したいのが、配達依頼をするお店と配達先は完全にランダムである、ということです。特に、配達先は、お店に食事の受け取りを完了したあとに分かるようなシステムで、それまでどこに配達に行くかわかりません。

そのため、エリアによっては、配達中に職場の知人に遭遇したり、自分の職場や元職場に配達に行く、なんてことも怒りかねません。

それを避けるためには、自分があまり行きたくないエリアからの注文依頼を受注しない、という選択ができます。副業禁止の会社で働いている方は、本業先にばれないように、なるべく本業から離れた場所を拠点に活動するのがいいですね。

給与所得にならない!今まで経験の無かった確定申告をする必要があるから注意

Uber Eats(ウーバーイーツ)で受け取った所得は、「給与所得」という扱いにはなりません。なぜならば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはUberに雇用されてはいないからです。そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の活動で手に入れた収入は、確定申告の必要があります。

とはいえ、多くの会社員の人にとっては、確定申告を経験することはなく、どうすればよいかわからない人も多いかと思います。そのような方は、確定申告シーズン(12~3月)あたりに税務署にいってどのような方法で確定申告を行えばよいか、相談をしてみることをおすすめします。

基本的に税務署は平日のみの営業になっており、多くの会社員の方は平日に仕事が入っていると思いますが、確定申告は必須なので有給を取ってでも平日に税務署に行く必要があります。

結論を言えば、会社員にとってUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはうってつけの副業だと思う

最終的な結論を言えば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは会社員にとってうってつけの副業である、というのが私の感想になります。ここでは、私がそのような結論に至った理由を解説していきます。

昨年、2018年は「副業元年」とも言われたように、ここ最近では社会人の副業に関して社会的に大きな注目を浴びています。そこで、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが現在大きく注目を浴びています。なぜか?Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、数ある副業の中でも特に魅力的な部分が沢山あるためです。

ここまで自由な働き方のできる副業はなかなかない

副業としての仕事は会社員にとっては数え切れないほどたくさんの種類のものがありますが、ぶっちゃけてしまうと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーほど自由度の高い副業はなかなか無い、ということが出来ると思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業は完全に自由に、自分のペースで働くことができます。例えば制作案件の場合などは納期がしっかりと定められていることが多く、期限に追われながら働く・・・なんてこともありますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの場合は自分の働きたい時間だけ活動すれば良く、帰りたくなったら帰れば良いので、精神的に追い込まれることはありません。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは他の人間とコミュニケーションをとって仕事を進めらなければならない、ということはありません。全部自分のペースで黙々と作業を進めることができるので、会社員の悩みとして大きなウェイトを占めている「面倒くさい人間関係」で悩むことが全くありません。

むしろ、配達をすればただただ感謝されるのがUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーなので、気持ちいい気分で活動をするころができます。

ここまで確実に成果=報酬となって返ってくる副業はなかなかない

副業は数あれど、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーほど成果がしっかりと報酬として返ってくる副業はなかなかないと思います。

他の副業の場合、それこそ在宅ワークやアフィリエイトの場合には1ヶ月で1000円を稼ぐことすらハードルが結構高いです。そもそも、最初のうちはほぼ無給といってもよいほど稼げないものがほとんどである、といっても過言ではないでしょう。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの場合、稼働すれば比較的稼働した分だけの報酬を受け取ることが出来る働き方であると思います。それこそ、休日の一日をUber Eats(ウーバーイーツ)の配達に当てることで、月の副業収益として4〜5万のプラスにすることも十分可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはまだまだ最先端の働き方なので、早く参入すると先行者利益が手に入る

海外ではもうすでにUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのような働き方が一般的になっている国もありますが、日本は新しいものを取り入れることが苦手な風潮があるせいか、まだまだUber Eats(ウーバーイーツ)の働き方は一般的にはなっていないと思います。つまり、日本国内ではまだまだUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは最先端の働き方である、ということが出来るでしょう。

しかし、私達の中にももうすでに感度の高い人はUber Eats(ウーバーイーツ)配達員としてガンガン配達をしており、そういった方たちが副業としてバリバリ活躍している、という現実もあります。

他の人が初めていないうちに参入をして活動することで、先行者利益として良い報酬が手に入っている、という事実も少なからずあるのではないかと思います。なんせ、配達パートナーが増え過ぎたら、配達パートナーお互いが競合となり一人あたりの仕事が減ってしまいますからね。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くことを考えているのであれば、早いうちから参入するのが良い選択だと思います。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集