フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区の給料予想!注文・配達を徹底解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区のサービスは始まっている?

港区には、すでにウーバーイーツが進出しています。大阪市で2018年4月26日から始まったウーバーイーツ。今回紹介する港区は、サービス開始から8カ月遅れて2016年12月からの対応となりました。ただ、このサービスは山間部や港湾部には積極的に進出しません。港区も例外ではなく、区内でも海側のエリアでは対応していない地域がありますので、利用の際には気を付けましょう。内陸側は問題なく、弁天町駅周辺などで利用可能ですska-minato

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区のおすすめ加盟店・レストラン店舗情報

元祖札幌や

50年以上の長きにわたって、ローカル・観光客問わず愛されてきた中華の名店です。特に餃子については並々ならぬこだわりがあり、本場・中国は大連仕込みの本物志向。その完成度の高さは広く知られており、行列ができる中華店として知名度は抜群です。ウーバーイーツでは餃子と焼き飯、焼き豚などを楽しめます。

月庵

古き良き大阪を感じさせる、粉モノや丼物を得意とする小規模な店舗です。懐かしい雰囲気が漂うお店で、お好み焼きやたこ焼きを満喫できます。超有名店と言うわけではないのですが、知る人ぞ知るクオリティがあり、利用者満足度は高め。ウーバーイーツでも高評価を得ています。メニューは粉モノ類のラインナップが充実している他、そばめしやおにぎりなども注文可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区のサービス営業時間

港区での営業時間は、8:00から25:00までです。一般的な地域は9:00から24:00までですが、特に人気の高いエリアは営業時間が拡大される傾向にあります。このエリアには数多くの住民が生活している他、商工業が著しく発展しているため、長めの営業時間に設定されているのも頷けます。なお、大阪市中心部では更に営業時間が拡大されています。港区も今後の収益力の向上次第では、より長くなる可能性はあるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区の配送料・基本料金

ウーバーイーツで出前を頼む時に、飲食品の代金以外に配送料がかかります。港区では50円から600円程度に設定されているため、気軽に注文できるでしょう。店舗に足を運べば配送料はかかりませんが、代わりに交通費と時間が無駄になります。この点、ウーバーイーツを上手に使えば電車代より安い配送料で利用できるのは大きな魅力です。
なお、基本料金は配達スタッフが受け取る、成果報酬となっています。具体的には商品の受け取り料金: 215円、受け渡し料金: 105円、距離料金: 60円/kmです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区で使えるお得なクーポン情報

ウーバーイーツを使い始める時には、注文代金を大幅に節約できる、とっておきのクーポンがあります。タイミングによって1,000円か、それ以上の値引きクーポンが発行されているので見逃さないにしましょう。使い方次第では、ほとんど無料で食事を楽しむこともできます。電子クーポンで、初回注文時に気軽に使うことが可能。サイト上にプロモーションコードがありますので、確認して下さい。注文確定時にコピー&ペースト入力すれば値引きが適用されます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区の注文の始め方

アカウント登録をすれば、すぐに使い始めることができます。PCでも使えますし、スマホにも対応がありますが、後者の場合はアプリを入手しましょう。アカウントを作ったら、公式サイトで注文するメニューを探します。この時には、営業時間や配達可能エリア、配送料には特に注意して下さい。港区では全域では使えませんし、店舗によって営業時間が異なるためです。使い方自体は簡単で、希望のメニューをカートに追加し、支払いを済ませると手続きは完了。後は配達員が到着するのを待ちましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区は稼げる?

港区で配達員として働いた場合、一般的なアルバイトと同等か、それ以上の稼ぎは期待できそうです。理由は、良質な住宅地があるでの土地面積の割には人口が多いことと、工場が多く昼休みの注文が期待できること、商業的に発展しており飲食店が豊富なことが挙げられます。ただし繁華街だらけの大阪市中心部に比べると、利益は落ちるでしょう。逆にガンガン注文が入ってパニックになる可能性は低いので、初心者の方が経験を積むのに使ったり、マイペースに稼ぎたかったりする場合には良さそうです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区の配達の始め方

配達員もアカウント登録からはじめますが、注文者アカウントと違うので気を付けて下さい。こちらも基本的には必要情報を入力するだけなので簡単なものの、本人確認と一定の審査があります。特に審査は数日かかるので、要注意。ただ、ネット上で手続きをするので、面接や説明会があるわけではなく、自宅で審査結果を待っていても大丈夫です。本人確認は幾つかの証明書を使いますので、公式サイトで確認しておくと良いでしょう。後はバッグや自転車、スマホなどを揃えば自由なペースで働けます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区で稼ぐための方法

まず自分の活動拠点を作り上げることが大切です。港区と言ってもエリアごとに特徴が異なるので、注文が入りやすく、かつ、効率的に配達できる場所を特定していきましょう。このため、非効率な場所にある店から依頼が来ても、断ってしまうのも一手。自身にとって最適な範囲で活動するのが原則です。加えて接客も重要でしょう。ウーバーイーツの便利さを顧客に伝えると、次回以降も利用してくれる可能性が高まります。結果的に、自分の活動拠点でリピート注文が増えるため、効率的なのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区で稼げるエリア

大阪市港区で稼ぐ時には、まず、弁天町駅周辺のエリアはチェックが欠かせません。この周囲は開発が進んでいることもあり、グルメ店がひしめき合っています。その中には、ウーバーイーツで大人気のマクドナルドなどのファストフード店が多数含まれているのが特徴。このため、同駅周辺で活動拠点を築くと、効率的な稼ぎが期待できそうです。また、周辺には幾つか公園もあるのですが、近くにファストフード店が良く見当たるので、これらを待機場所に選ぶのも良いかも知れません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区の給料・報酬予想

あくまでも予想ですが、港区では時給換算で900円から1,300円程度の報酬が期待できそうです。周辺エリアの稼ぎから計算すると、少し報酬額は下がりますが、それでも最低賃金を上回る見込みはあります。ただし、稼働するエリアや時間によっては左右しますし、インセンティブを上手く活用できるかどうかで、金額は上下する点には注意。もちろん、効率的に稼げるエリアや時間帯を見極めれば効率はあがってくるので、まずは港区で経験を積んでみてはいかがでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪・港区まとめ

港区は大阪市の臨海エリアに位置しており、営業時間は長いのに、使えない地域があるなど、少々変わった特徴をもっています。しかし、有数の観光名所を有するなど活気があって、商工業が発達しているため、ウーバーイーツとの親和性は低いとは言えません。この土地ならではの有名店や隠れた名店もありますし、ファストフード店も多数進出しています。このことから、注文の際にも色々なメニューを楽しめますし、配達員にとっても考え方次第では、働いやすいエリアではないでしょうか。