フード無料クーポンを1分で獲得!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリアの注文・配達を解説【なんば・梅田・心斎橋】

現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーセンターが休止しています。それに伴い、現在はオンラインで配達パートナー登録を完結できます。すぐに配達パートナーとしての登録を完了させたい方は、こちらより1分程度で登録できます。

1分で完了!Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の登録はこちら

今回の記事の要点
  • 大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)対応エリア
  • 大阪でのUber Eats(ウーバーイーツ)配達登録方法
  • 大阪エリアのUber Eats(ウーバーイーツ)配達で稼ぐ方法
  • 大阪エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)で稼げるエリア
  • 大阪でのUber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターの情報
  • 大阪エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)配達に便利なシェア自転車情報
  • 大阪エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)配達におすすめの休憩できる公園

今回は、大阪でのUber Eats(ウーバーイーツ)対応エリアや稼ぐための方法、シェア自転車の情報などを特集する。Uber Eats(ウーバーイーツ)は東京だけでなく、大阪でもサービスを展開しているが、この記事を読むことで、大阪エリアにおけるウーバーイーツ配達パートナーと利用者にとって有益な情報を入手できるだろう。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリアが知れるYouTube動画

まずは、Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリアのことを知ることができるYouTube動画をいくつか紹介していく。これから大阪エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を検討している方は、ここで紹介する動画を見ることで、配達へのイメージが膨らむことであろう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリアの配達環境が知りたい方向け動画

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリアの緊急事態宣言後の配達についての動画

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリアの現金対応についての動画

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達ができる大阪のサービスエリア

次に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に対応している大阪のサービスエリアを紹介していく。

今すぐウーバーイーツ大阪エリアで配達パートナーとして活動を開始したい方は、下のリンクから登録が可能だ。5分程度で簡単に登録ができるので、「すぐに配達を始めたい」と思っている方はまずは登録を完了させることをおすすめする。

大阪エリアのサービスエリアマップは以下の通りだ。見ての通り、大阪市の24すべての区でUber Eats(ウーバーイーツ)を利用できる。

※大阪市以外の市町村や、大阪市内の対応エリア内でも一部エリアでは、まだUber Eats(ウーバーイーツ)を利用することができない場所もあるので注意が必要だ。

大阪エリアで対応しているUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアは次のとおりだ。

  • 大阪市西淀川区(にしよどがわく)
  • 大阪市淀川区(よどがわく)
  • 大阪市東淀川区(ひがしよどがわく)
  • 大阪市此花区(このはなく)
  • 大阪市福島区(ふくしまく)
  • 大阪市北区(きたく)
  • 大阪市都島区(みやこじまく)
  • 大阪市旭区(あさひく)
  • 大阪市港区(みなとく)
  • 大阪市西区(にしく)
  • 大阪市中央区(ちゅうおうく)
  • 大阪市城東区(じょうとうく)
  • 大阪市鶴見区(つるみく)
  • 大阪市大正区(たいしょうく)
  • 大阪市浪速区(なにわく)
  • 大阪市天王寺区(てんのうじく)
  • 大阪市東成区(ひがしなりく)
  • 大阪市西成区(にしなりく)
  • 大阪市阿倍野区(あべのく)
  • 大阪市生野区(いくのく)
  • 大阪市住之江区(すみのえく)
  • 大阪市住吉区(すみよしく)
  • 大阪市東住吉区(ひがしすみよしく)
  • 大阪市平野区(ひらのく)

大阪でのUber Eats(ウーバーイーツ)配達の基本料金について

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の報酬の内訳は、次のように計算できる。

  • 基本料金×ブースト倍率+クエスト-手数料

まずは、基本料金について解説をしていく。

基本料金の内訳は次のとおりだ。

  • 基本料金=受取料金+受け渡し料金+距離料金

上記の基本料金に加え、時折発生するブーストやクエストの料金が加わり、その合計からサービス手数料の10%を引いた金額が配達パートナーの報酬になる。

※Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の内訳はさておき、早速配達パートナーに登録をし、活動を開始したいと考えている方は、以下のリンクから会員登録を完了できる。

受取料金:215円

受取料金は、レストランにて商品を受け取った際に発生する。なお、大阪エリアでの受取料金は215円だ。

受け渡し料金:105円

受け渡し料金は、注文者に商品を渡した際に発生する。大阪エリアにおける受け渡し料金は105円だ。

距離料金:60円/km

距離料金は、レストランから配達先までの距離に応じて計算される。

つまり、遠い距離を配達すればするほど、距離料金は多くなって、配達パートナーに支払われる報酬も大きくなる、ということだ。なお、大阪エリアでの距離料金は、1kmあたり60円である。

大阪エリアのUber Eats(ウーバーイーツ)配達で稼げる金額の事例紹介

大阪エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするといくら稼ぐことができるのか、気になる人は少なくないだろう。そこで今回は、実際に大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている人Twitter上の収益報告を独自に調査した。

結論から言うと、大阪エリアではUber Eats(ウーバーイーツ)の配達によって高額な報酬を獲得していることが多く見られることが判明した。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼げるのは東京エリアだけだと思っている方は少なくないが、大阪エリアでもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で高額を稼ぎ出すことは可能であることが分かった。

以下は、大阪エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)配達をしている配達パートナーのツイートである。これを見ても、大阪エリアの配達で大きく稼げることが分かる。

大阪エリアのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録をする手順としては、以下の3つの手順が必要である。

  1. 事前にUber Eats(ウーバーイーツ)のアカウントをWEB登録する
  2. パートナーセンターに行き、説明会を受ける
  3. シェア自転車やレンタルバイクを借りて配達スタート

具体的に、一つずつ手順を紹介していく。

事前にUber Eats(ウーバーイーツ)のアカウントをWEB登録する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動を開始するためには、最初にWEBでのUber Eats(ウーバーイーツ)配達用アカウントへの登録が必要となる。

なお、以下のリンクからUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーのアカウント登録が可能だ。

パートナーセンターに行き、説明会を受ける

WEB登録が完了ても、すぐに配達を開始できるわけではない。

WEB登録が完了したらパートナーセンターへ行き、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に関する説明会を受講しよう。

説明会を受けることで、以下のような特典を受けることができる。

  • 配達パートナー専用アプリの使い方を教えてもらう
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達専用バッグを受け取れる

※非常に残念だが、現在はコロナウイルスの影響により、パートナーセンターが全国的に閉鎖されている。そのため現在は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録はオンラインで完結できるようになっている。

配達専用リュックに関しては、Amazonを通して自宅で受け取ることができる方式が採用されている。詳細についてはWeb登録の申し込みを進めることで一つずつ分かりやすく説明を受けられるので手順通り進めていけば困ることは無いだろう。

レンタル自転車やレンタルバイクを借りて配達スタート

恵比寿で赤チャリを活用するのがUber Eats(ウーバーイーツ)(ウーバーイーツ)配達で稼ぐコツ!

説明会を受け終わったら、配達の開始までもうすぐだ。

自分自身の自転車やバイクを持っているのであれば、それらを使って配達可能である。もし持っていない場合、レンタル自転車やレンタルバイクを借りて配達をスタートしよう。

※大阪でレンタルバイクやレンタル自転車を借りる手段を知りたい方は、こちらに詳しく解説しているので、参考にするとよいだろう。

大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターについて

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動を開始する時や、配達に関してのトラブルや困ったことの対処をするために、Uber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターのお世話になることは欠かせない。

ここでは、大阪エリアにおけるUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーセンターの場所や営業時間などの情報について詳しく解説をしていく。

もし今すぐにウーバーイーツの配達を完了し早く配達を開始したいと考えている方は、以下のリンクから登録の完了が可能だ。

住所

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪パートナーセンターの住所は、次の通りである。

  • 大阪市中央区伏見町4-2-14 Wakita 藤村御堂筋ビル1F

最寄り駅

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪パートナーセンターの最寄り駅は、淀屋橋駅だ。

淀屋橋駅13番出口からわずか徒歩1分でUber Eats(ウーバーイーツ)大阪パートナーセンターに到着できる。

営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪パートナーセンターの営業時間は、月曜日〜日曜日の12:00〜19:00だ。それ以外の時間は営業していないのでよく確認しておこう。

※先にも述べたが、現在はコロナウイルスの影響により営業が停止されている。オンラインで登録が完結できるため、パートナーセンターにわざわざ足を運ぶ必要がなくなった点は改善点であると言えるだろう。

駐輪場

残念だが、Uber Eats(ウーバーイーツ) パートナーセンターには駐輪場は用意されていない。自転車やバイクで訪問する際には、近くの駐輪場に駐輪するようにしよう。

淀屋橋付近の自転車駐輪場は、こちらから確認できる。

大阪で稼ぐならバイトするよりUber Eats(ウーバーイーツ)配達がいい理由

極論を言うと、大阪でアルバイトをして稼ぎたいと考えているのであれば、アルバイトをするよりもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしたほうが良いのではないでしょうか、と筆者は考えている。

その理由はいくつかあるが、大きく分けて以下の4点が挙げられる。

  1. 自分の好きな時間に配達ができる
  2. 給料は週払いなので毎週お金が入る
  3. 自転車やバイクで走り回る仕事なので健康的
  4. 上司に怒られることが一切ない

上記の点について、より深堀りして以下に解説する。

自分の好きな時間に配達ができる

1つ目の理由は、「自分の好きな時間に配達をすることができる」という点が挙げられます。

一般的なアルバイトの場合は、どうしても他の人と一緒に働くことになるので、シフトの調整などをしなければいけません。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達の場合は、自分の働きたい時間帯にアプリの稼働開始スイッチをオンにするだけで、そこから配達の依頼がどんどん舞い込んでくるため、行ってしまえば自分の働きたい時間帯、好きな時間帯に働くことができます。

そのため、朝の通勤が苦手な人は通勤ラッシュを避けて配達の仕事を行うこともできますし、配達時間や配達終了時間もすべて自分の好きなように決めることができます。

この点においては、アルバイトをするよりも圧倒的に柔軟性の高い働き方だと思います。

給料は週払いなので毎週毎週お金が入る

2つ目の理由は、「給料が週払いなので毎週お金が入ってくる」ということです。基本的に一般的なアルバイトは給料日が月に1回、多くても月に2回というところが多いかと思います。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合、週末締めの翌週払いなので、毎週が給料日なのです。

そのため、「来週出かける予定があるからお金欲しいな」と思ったら今週頑張って働くことで来週の頭にはお金が振り込まれるので、この点は非常に柔軟性の高いシステムだと思います。

アルバイトよりも自分の思ったようにサクッと稼ぐことが出来る点はUber Eats(ウーバーイーツ)は優れているかと思います。

自転車やバイクで走り回る仕事なので健康的

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は自転車またはバイクで行うことが一般的です(軽貨物車両での配達もできます)。

特に、自転車の場合は、一日中配達をすることで非常に脚力もつきますし、体も思いっきり動かすので非常に健康的な働き方だと思います。

個人事業主として働く場合、どうしてもパソコンでの仕事が多く、運動不足になってしまう人が多いかと思いますが、それに対してUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をすれば思いっきり運動をすることになるので、体を非常に健康的に保つことができるのです。

上司に怒られることが一切ない

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、完全に「個人プレイ」の働き方です。つまり、自分のペースで働くことができる、ということです。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達には他の人間と一緒にチームとなって働くことがないので、例えばアルバイトの場合は上司に怒られる事もよくあると思いますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達では怒られることが一切ありません。

そのような点に関して言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の働き方は、精神衛生上、非常に優れた働き方だと思います。

大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしてたくさん稼ぐための3つの方法

結論、大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしてたくさん稼ぐためには、以下の3つの要素が最低限必要になります。

  • 稼げるエリアで配達をする
  • 稼げる時間帯に配達をする
  • 雨の日も配達をし、ブーストやクエストを狙う

一つずつ、具体的にご紹介します。

※時間がなくて、記事全部を読む時間はないけれど、とにかく早く大阪でウーバーイーツの配達員をやりたいと思っている人は、以下から登録してください。

稼げるエリアで配達をする

まず、大阪エリアで稼ぐためには、稼げるエリアで配達活動を行うことが必須です。

具体的にどのエリアが稼げるエリアなのか?詳しくは後ほど紹介しますが、梅田、難波、心斎橋などのエリアで稼ぐことが出来ます。

稼げる時間帯に配達をする

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐためには、稼げる時間帯に配達をすることも非常に重要です。

具体的に言うと、午前11時から午後2時までのランチタイムや、午後6時から午後9時のディナータイムは注文が必然的に増加し、稼げる時間帯ということが出来ます。

逆に、それ以外の時間帯は長時間稼働してもなかなか注文依頼が来ず、稼げないことも多いです。

雨の日も配達をし、ブーストやクエストを狙う

また、雨の日に配達をすることでも、稼ぐことができます。

雨の日は、他の配達パートナーが活動を休止することや、ブーストやクエストなどのインセンティブが発生しやすく、実は稼ぐのに非常にチャンスなのです。

稼ぐために、あえて雨の日を狙って活動する、というのも一つの戦略です。

大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)配達で稼げるエリア(稼ぎたい人)

大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をする上で具体的にどのようなエリアが「稼げるエリア」かというと、人やお店が多く集まっている地域は、比較的注文が多く、「稼げるエリア」ということが出来ます。

大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をして稼ぎたい人は、これから紹介するエリアを中心に活動することで大きく稼ぐことが出来る可能性が広がるかもしれません。

それでは、ご紹介していきます。今回、「大阪で稼げるエリア」としてご紹介するエリアは、

  • 梅田
  • 難波
  • 心斎橋

の3ヶ所になります。1ヶ所ずつ、詳細を解説していきます。

※記事の途中ですが、今すぐウーバーイーツ大阪エリアでの配達を開始したいと考えている方は下のリンクから登録を完了させることができます。

梅田(北区)

1つ目の稼げるエリアは、「梅田(北区)」です。

梅田地域は、大阪駅周辺ということもあり、大型商業施設の内外にたくさんのUber Eats(ウーバーイーツ)対応レストラン・飲食店があります。

また、人口密度も多い地域なので、梅田地域にいれば配達依頼は非常に多く舞い込んできます。

梅田の代表的施設

梅田といえば、大阪駅に隣接している地域で、数多くの観光施設や巨大複合施設がたくさんあることでもよく知られています。

具体例を挙げると、「グランフロント大阪」や「阪神百貨店」などを初めとする多くの百貨店・大型商業施設が集結しています。

難波(中央区・浪速区)

2つ目の稼げるエリアは、「難波」です。

難波は「大阪随一の繁華街」として、難波は観光客で常に賑わっている地域ですが、そんな地域であるからこそ、Uber Eats(ウーバーイーツ)に対応している飲食店の数も多いです。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をする上では、難波エリアは欠かすことのできない地域であると言えるでしょう。

難波の代表的施設

難波の代表的施設といえば、お笑いの「よしもと なんばグランド花月」があったり、あのグリコの看板や戎橋(ひっかけ橋)でおなじみ「道頓堀」があるのも難波です。

心斎橋(中央区)

3つめの稼げるエリアは、「心斎橋」です。心斎橋は難波と隣接している地域で、ここもまた、観光客で非常に賑わっている地域です。人もお店も多い、心斎橋周辺でUber Eats(ウーバーイーツ)の稼働をしても、配達依頼は鳴り止まないことでしょう。

心斎橋の代表的施設

心斎橋と言ったら、道頓堀が有名です。道頓堀には、かに道楽や、美味しいたこ焼き屋など、「食い倒れ旅」をするのにうってつけの地域です。 心斎橋には飲食店が多いこともあり周辺でUber Eats(ウーバーイーツ)配達の活動をすると絶え間なく配達依頼が舞い込んできます。

大阪のウーバーイーツ配達で休憩に使えそうな公園

ウーバーイーツ配達で稼ぐためには適度な休憩をとることが必要不可欠となりますなぜなら休憩を取ることができなければ長時間の配達をすることは難しくなり長時間配達ができないと大きく稼ぐことはできないからです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達中にどのような方法で休憩を取れば良いかと言うと、結論、一番良い方法としては休憩のできる公園でしっかりと体を休めることです。

そこで、ここでは大阪エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするにあたり、休憩をするのにぴったりな公園についてご紹介します。今回ご紹介する大阪エリアの公園は、以下の8ヶ所となります。ここでご紹介する公園でしっかりと休憩を取ることでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達効率がアップし、結果的に収入を大きく伸ばすことができるでしょう。

  • 靭公園(西区)
  • 大阪城公園(中央区)
  • 扇町公園(北区)
  • 中之島公園(北区)
  • 住吉公園(住之江区)
  • 八幡屋公園(港区)
  • 天王寺公園(天王寺区)
  • 浪速公園(浪速区)

1ヶ所づつ特徴とアクセスをご紹介します。

※休憩のための公園の情報などよいから、とにかく早く大阪でウーバーイーツの配達員をやりたい、早く稼ぎたいと思っている人は、以下から登録してください。

靱公園(うつぼこうえん)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の休憩場所として靭公園はおすすめできます。元々は滑走路であった靭公園ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達に適している理由として、ベンチの数が非常に多いことが挙げられます。

公園と一括りに言ってもベンチのない公園では配達パートナーがしっかりと腰を下ろして休憩することができません。しかし靭公園であれば非常に多くのベンチがあるため配達パートナーが時間を使って休憩することができます。

実際靱公園を訪れてみると、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが休憩している姿をちらほら見かけることがあります。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー以外にも、会社員の方などがベンチに座ってお弁当を食べている姿が見られます。

ウーバーイーツ大阪エリアで配達を行う際には休憩場所として靭公園があることを頭に入れておくと良いでしょう。

住所

靭公園の住所は、「〒550-0004 大阪府大阪市西区靱本町2丁目1-4」となります。

最寄り駅

靭公園の最寄り駅は、阿波座駅、または本町駅です。阿波座駅には地下鉄中央線千日前線が通っており、本町駅には地下鉄中央線御堂筋線四つ橋線が通っています。

大阪城公園(おおさかじょうこうえん)

ローソンがあったり、自販機もあり、ベンチもある大阪城公園はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの休憩場所として非常に良い場所です。

大阪城公園の大きな特徴として、広い芝生があることが挙げられます。特に天気の良い日には、芝生に座って休憩をすることで気持ちをリフレッシュさせることもでき、しっかりとした休憩が取れると思います。大阪城公園の芝生では、横になり昼寝をしている人も時折見かけられます。

またトイレがたくさん設置されていることも大きな特徴です。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはトイレ休憩がしづらいことが課題として挙げられますが、大阪エリアであれば、ここ大阪城公園に訪れることでしっかりとしたトイレ休憩を取ることができます。

住所

大阪城公園の住所は、「〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城1」です。

最寄り駅

大阪城公園の最寄り駅は、大阪城公園駅です。

大阪城公園駅にはJR大阪環状線が通っています。

扇町公園(おおぎまちこうえん)

梅田にも近い扇町公園はトイレも芝生もあり、サクッと休憩するには良い場所です。

ベンチがやや少ない事に関しては残念ですが、トイレや芝生があるため、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの方が休憩していることも見かけられます。

住所

扇町公園の住所は、「〒530-0025 大阪府大阪市北区扇町1丁目1-21」です。


Googleマップのアプリで見たい方はこちら

最寄り駅

扇町公園の最寄り駅は、扇町駅です。

扇町駅には地下鉄堺筋線が通っています。

中之島公園(なかのしまこうえん)

バラ園として有名な中之島公園は、たくさんベンチがあり、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の皆さんの休憩場所としても非常に良いでしょう。

芝生ではお昼寝をしている人も見られます。

扇町公園と同じく北区なので梅田に近いのも非常に便利です。

オフィス街のど真ん中にある中之島公園ですが、だからこそUber Eats(ウーバーイーツ)の配達の最中のちょっとした休憩に良い公園だと思います。

住所

中之島公園の住所は、「〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島1丁目1」です。

最寄り駅

中之島公園の最寄り駅は、淀屋橋駅、またはなにわ橋駅です。

淀屋橋には京阪本線御堂筋線が通っており、なにわ橋駅には京阪中之島線が通っています。

住吉公園(すみよしこうえん)

住吉公園はトイレもありベンチもあり、木陰が多い公園なので暑い季節のUber Eats(ウーバーイーツ)配達でも休憩にくればリフレッシュ出来る場所となるはずです。

池にはカルガモがいて、じっと見ているだけでもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達の疲れがリフレッシュできそうです。

住所

住吉公園の住所は、「〒559-0002 大阪府大阪市住之江区浜口東1丁目1-13」です。

最寄り駅

住吉公園の最寄り駅は、住吉大社駅です。

住吉大社駅には南海本線が通っています。

八幡屋公園(やはたやこうえん)

港区にある八幡屋公園は春になると桜が非常にキレイでお花見客が多く集います。夏は芝生で寝っ転がるのも気持ちよいです。

八幡屋公園にもベンチやトイレはあり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の休憩としても十分使いやすい公園だと思います。

住所

八幡屋公園の住所は、「〒552-0005 大阪府大阪市港区田中3丁目2-11」です。

最寄り駅

八幡屋公園の最寄り駅は、朝潮橋駅です。

朝潮橋駅には地下鉄中央線が通っています。

天王寺公園(てんのうじこうえん)

天王寺公園は動物園も隣接している大きくて有名な公園ですが、芝生に寝っ転がっている人も多く見られます。

また、トイレは広く非常にキレイです。

この天王寺公園のある天王寺エリアも実はあべのハルカスも近かったりということもありUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼げるエリアということができます。

ただし、ベンチや椅子はあまりないので、トイレ休憩程度に使うのがおすすめです。

住所

天王寺公園の住所は、「〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町5-55」です。

最寄り駅

天王寺公園の最寄り駅は、天王寺駅、または天王寺駅前駅です。

天王寺駅にはJR阪和線、JRはるか、JRくろしお、御堂筋線、JR大阪環状線、谷町線、JR大和路線が通っており、天王寺駅前駅には阪堺電軌上町線が通っています。

浪速公園(なにわこうえん)

浪速公園は多少のベンチもあり、浪速エリアで軽食を取るには良い公園と言えるでしょう。多少の遊具も有り、子どもたちが遊具でよく遊んでいます。

浪速エリア、難波駅周辺でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をする方は、この浪速公園は休憩場所の候補として一つ頭の中に入れておくと良いかと思います。

しかし残念なことに、浪速公園ではトイレを使用することはできません。

住所

浪速公園の住所は、「〒556-0024 大阪府大阪市浪速区塩草1丁目1」です。

最寄り駅

浪速公園の最寄り駅は、なんば駅、またはJR難波駅です。なんば駅には南海本線、南海高野線、南海特急が通っており、JR難波駅にはJR大和筋線が通っています。

大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするためのシェア自転車一覧

大阪では、以下にご紹介するシェア自転車が普及しており、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはこのシェア自転車を使うことをおすすめします。

電動自転車であるシェア自転車は通常の自転車よりもアシストが聴きより効率的に配達を行うことができます。また電池がなくなったら他のシェア自転車に乗り換えができるので朝から夜まで電動自転車の恩恵を受けながら配達を行うことができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするためにシェア自転車を契約するときは、月額契約をするのが一番お得ですので、月額料金もご紹介します。

※シェア自転車に申し込む前に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの会員登録は済ませましたか?以下のリンクから、簡単にUber Eats(ウーバーイーツ)のWEB会員登録をすることができます。

ドコモ・バイクシェア『大阪バイクシェア』(HUBchari(ハブチャリ))

大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を自転車で行うのであれば、 NTT ドコモが提供するシェア自転車サービスを使用することをおすすめします。大阪エリアでは「ハブチャリ」という名称でサービスが提供されています。

電動自転車で電池がなくなったら自由に自転車の乗り換えが可能なので、快適にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をすることができます。

プラン

ドコモ・バイクシェアには、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー専用プランがあります。

月額固定で、乗り放題できるプランになります。

料金

ドコモ・バイクシェアのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー専用プランは、月額4,000円です。

※ただし、同じ自転車を4時間以上レンタルし続けている場合は30分ごとに100円課金されます。

  • 例1 : 9:00~14:00までの稼働時間内で、途中12:30に別の自転車に乗り換えた→課金なし
  • 例2 : 9:00~14:00までの稼働時間内はずっと同じ自転車を使用し続けた→課金あり(200円)

申込方法

ドコモ・バイクシェアのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー専用プランに関しては、通常の登録方法だと適用できません。

運営に直接問い合わせをして、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー専用プランを適応してもらいましょう。

運営への問い合わせはこちらから行うことができます。

大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするためのレンタルバイク一覧

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でガッツリ稼ぐためには、バイクでの配達は非常に有効な手段です。

なぜかと言うと、バイクでの配達は自転車での配達よりも圧倒的にスピードも出るし体力も消耗しないし、たくさんの配達をこなすことができるからです。

もし現在あなたがバイクを持っていない場合でも、バイクをレンタルして配達をするのは合理的な選択と言うことが出来ると思います。

そこで、今回は、大阪での配達で使えるレンタルバイク店をご紹介します。

※Uber Eats(ウーバーイーツ)の会員登録を完了させてからバイクのレンタルを行うことをおすすめします。配達パートナーのWEB登録は以下のリンクからどうぞ。

二輪処グループ

二輪処グループは、大阪府内に3店舗あるレンタルバイク店です。

その中の1店舗「二輪処Saga屋」は大阪市内にあり、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがバイクをレンタルするお店としても非常に使いやすいお店かと思います。

住所

二輪処Saga屋の住所は以下の通りです。

〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町3-8-1

最寄り駅は、JR関西本線「東部市場前」駅付近になります。

料金

二輪処グループのレンタルバイクの料金は、非常に安い水準にあると言えるでしょう。具体例を挙げると、50ccの原付バイクを1ヶ月のレンタルで、およそ8,000円からレンタルすることができます。

その他の詳しい料金表は、こちらの料金表を参考にしてみましょう。

申込方法

二輪処グループのレンタルバイクの申込みは、電話、メールフォーム、予約フォームのいずれかから申し込むことができます。

電話、メールフォームの申し込みはこちらから、予約フォームからの申込みはこちらからどうぞ。

まとめ

今回は、大阪のUber Eats(ウーバーイーツ)対応サービスエリアのご紹介や、大阪でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くことを検討している人に向け、具体的な登録方法や稼げるエリア休憩できる公園の詳細情報などについて詳しくご紹介をしました。

今回の記事を読んでから奪いイッツ大阪エリアでの配達を開始することでより効果的な配達が可能になり結果的に大きな稼ぎへと繋げることができることでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリアでの配達パートナーとして活動を開始するためには、まずはWEBでのUber Eats(ウーバーイーツ)アカウント登録が必要です。以下のリンクからアカウント登録を行うことができます。

※本来であれば、Web登録を完了した後にパートナーセンターに行き説明会を受講する必要がありますが、現在はコロナウイルスの影響によりWebでの登録で完結できるようになっています。配達パートナー専用リュックは郵送で自宅まで送られてくるので、早く配達を開始させたいと考えている方は早めの登録をおすすめします。

配達クルー募集[menu]
【a】Uber Eats 配達パートナー募集