Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の人気はまだまだ右肩上がり!飽和する前に始めたほうが良いです

疑問を持ったブタさん

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の将来」についてちょっと気になったんだけど、これから先、Uber Eats(ウーバーイーツ)はどうなっていくのだろう・・・?

今よりももっともっと繁栄していくのかな。

それとも、もう少ししたら、今みたいなUber Eats(ウーバーイーツ)のブームは下火になるのかな・・・?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 【歓喜】2019年もUber Eats(ウーバーイーツ)の認知度や規模はどんどん大きくなっています
  • 【悲報】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー人員数はいつ飽和するかわかりません。
  • 配達パートナーが増えると収入が減るかも・・・稼げる今のうちに稼ぎきるのが良い

目次

【歓喜】2019年もUber Eats(ウーバーイーツ)の認知度や規模はどんどん大きくなっています

ちょっと喜ばしい話をすると、2019年もまだまだ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の認知度や日本国内でのスケールともに、どんどんと大きくなっていきます。

もう東京などの都心ではたくさんのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが溢れているように思えますが、実際はまだまだ成長途上で、これからますます、日本国内でのUber Eats(ウーバーイーツ)の市場は成長を続けていくことは間違いありません。

街でウバッグを背負って配達をする姿も今や都心では見慣れた光景になりました

東京や大阪、名古屋などのUber Eats(ウーバーイーツ)に対応している都心に住んでいる人であれば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達バッグ(通称:ウバッグ)を背負って自転車やバイクに乗り、颯爽と配達をしている人々ももう見慣れた光景になっている人が多いのではないかと思います。

実際、私がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始めたのは今からおよそ1年ほど前になりますが、当時に比べると、現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている人は圧倒的に増えているかと思います。

実際、以下のグラフを見てみても、Uber Eats(ウーバーイーツ)のユーザーが右肩上がりに増えていることがわかります。

【実話】Uber Eats(ウーバーイーツ)スタッフに聞いた、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の今後の展望とは・・・

これは私が実際にUber Eats(ウーバーイーツ)のスタッフと話をして聞いたことなのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の対応エリアは今後どんどん拡大していくみたいです。

実際に、私がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を開始した頃には、東京エリアしかなかった記憶がありますが、現在では、以下のエリアがUber Eats(ウーバーイーツ)として対応をしています。

  • 東京都23区ほぼ全域
  • 埼玉県さいたま市・戸田市・蕨市
  • 千葉県千葉市・船橋市
  • 神奈川県横浜市・川崎市
  • 大阪府大阪市
  • 京都府京都市
  • 兵庫県神戸市・芦屋市・西宮市
  • 愛知県名古屋市
  • 福岡県福岡市

気付かぬ間に、こんなにたくさんの地域がUber Eats(ウーバーイーツ)の対応エリアとなっていたみたいで、驚きが隠せません。

そして、この配達エリアの拡大は今後も進んでいくでしょう。まだまだ全然、エリアの拡大の余地はありますからね。

あまりにも対応エリアが拡大して配達パートナーが増えていったら、働き方の今までの常識が覆ることになるかもしれませんね。

【結論】まだまだUber Eats(ウーバーイーツ)は伸び盛り!今後もどんどん規模は拡大していくでしょう

結論を言うと、まだまだUber Eats(ウーバーイーツ)は日本国内では伸び盛りの業界・産業であると言うことができるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは多くの人の雇用創出にも繋がりますし、お店側からしても気軽に配達を頼む相手ができるため、お互いにwin-winなビジネスモデルである、ということができるかも知れません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしての働き方は、交通マナーの問題などが取り沙汰されていますが、そうはいっても今後しばらくはまだまだ規模が伸び続けると思います。

もしかしたら、Uber Eats(ウーバーイーツ)以外にも同様のサービスがどんどん出てくる可能性もあり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー的な働き方は本当に一般化するかもしれません。

いずれにしても、成長産業であることは間違いないので、今後の成長にも注目をしていきたいですね。

【悲報】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー人員数はいつ飽和するかわかりません。

朗報のあとに、少し残念なお知らせかも知れませんが、日本国内で活動するUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの人員数は、正直なところ、いつ飽和するかわかりません。

少なくとも現時点ではまだまだ配達パートナーが足りない状態なので大丈夫ですが、これから先、Uber Eats(ウーバーイーツ)のj配達パートナーが増えすぎて、飽和状態になる可能性も十分に考えられます。

【現状】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの人員数はどんどん増え続けている

現状として、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは近年、どんどん増加をしています。

実際、まだまだUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは足りていない状態です。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の運営側でも、配達パートナーを紹介したら数万円の紹介報酬をばらまいているような現状もあります。

そのこともあり、現在ではUber Eats(ウーバーイーツ)の情報を取り扱っているブログやウェブサイトもどんどん増えましたよね(私が始めた頃はほとんど競合が居なかったので、なんとも言えない気持ちになりますが・・・)

しかし、それくらい、Uber Eats(ウーバーイーツ)という働き方が盛り上がっているのは、実際に配達パートナーとしても活動している私としても、非常に喜ばしいことだと思います。

少なくともしばらくのところは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方が下火になることはなさそうです。(それこそ、法規制などがなされない限りは、伸び続けるかと思います。)

【悲報】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー対応店舗数は、人員数ほどの伸びは無いらしい

ここで悲報なのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは先程お話したようにものすごいペースで増え続けています。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)に加盟する店舗数は、ユーザー数ほどは増えていないようです。

これはどのようなことを意味するかというと、やはり、将来的に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは供給過多になり、稼げなくなる可能性がある、ということです。

少し考えてみれば分かることですが、配達を依頼してほしいお店に対して、今までは一人の配達パートナーしか居なかったところが、配達パートナーの増加によって3人や5人に増えてしまっては、もらえる報酬ももらえなくなってしまいます。

そんな将来も予想されるため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが今よりも稼げなくなる将来も考えられるのです。

皆さんは、これについて、どう思いますか?

・・・とはいえ、現時点ではまだまだUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの人員数は人出不足みたいなので、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で自由にお金稼ぎをしたい人は、今がチャンスだと思います笑

(補足として、ゴールデンウィークはUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが減りすぎて、配送料がめちゃめちゃ跳ね上がったみたいです。中には、配送料が1800円を超えた、という注文もTwitterで見かけました。)

近い将来、街中を見渡してみるとどこもかしこもUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーだらけに?!

もしかすると、近い将来には、今以上に街を見渡してみるとUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーだらけになる可能性も考えられますよね。

言ってしまうと、都心を走るタクシーの台数くらい、いや、それ以上にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーだらけになる可能性もあります。

そうなると、会社に就職しないで配達パートナー一本で活動を始める人や、現在会社に務めている人も会社をやめてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに鞍替えをする人も多く出てくるかもしれません。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達から派生した働き方も出てくる可能性は十分に考えられますよね。例えば、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのマネジメント事務所だったり・・・おっと

配達パートナーが増えると収入が減るかも・・・稼げる今のうちに稼ぎきるのが良い

現状、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーがどんどん増えている、ということは間違いありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが増えるということは、本来自分が受け取ることのできる収入を彼らと分け合わなければいけなくなる、ということです。

もしかすると、近い将来「あの頃はなぁ・・・Uber Eats(ウーバーイーツ)ってヤツがあって、なかなか自由に稼げる時代もあったんだぞォ。。。」なんて懐古する未来がやってくるかも知れません。

そのような未来が予測される現在、あなたは何をすれば良いのかというと、ズバリ「稼げる今のうちに稼いでしまう」これに尽きますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの人員が増え続けている現実を受け入れる必要がある

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが今後どうなるのかについては、私達個人の力では、正直どうしようもありませんね。

少なくとも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの人員数は、今後しばらくは確実に増えていくでしょう。

私達は、そんな現実を受け入れる必要があると思います。

具体的に言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが増えた将来、収益が下がることも十分に考えられます。

そうなった時に困らないように、「今何をすべきか」という思考を繰り返す事が何よりも大事になりますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは会社員のように雇われの身ではなく、個人事業主として働くことになります。

つまり、自分の身は自分でしっかり守る必要があるのです。

配達パートナーの母数が増えると一人あたりの収益が激減する可能性もあり

何度も書いていますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが今後も引き続きどんどん増えていくことを鑑みると、今までなら本来もらえていたはずの収益を、他の人と分け合うことになるため、必然的に一人あたりの収益が激減してしまう可能性も考えられますね。

少なくとも、Uber Eats(ウーバーイーツ)が一番メジャーになっているアメリカで大きな動きが出てきたあと、日本にその波が遅れてやってくると思うので、今後動きがあったらこのブログでも取り扱っていこうとは思っています。

【結論】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼げる今のうちに稼ぎきってしまうのがセオリー

結論としては、やはり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして稼ぐことのできる今のうちに稼げるだけ稼ぎきってしまうことがセオリーと言えるでしょう。

少なくとも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方は、現在の日本でできる働き方の中では圧倒的に誰でも自由に稼ぐことが’できる働き方であると思います。

シフトがなく、上司に怒られることもなく、週払いであるUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方をまだ体験したことの無い方は、この機会に会員登録だけでも済ませておくのが良いかと思います。

(いつ会員登録の規制が始まってもおかしくないですからね・・・)

【a】Uber Eats 配達パートナー募集