配達パートナーの登録はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが労働組合を結成しようとしている

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをしている人たちが集まり、労働組合を結成しようとしている動きがあるようです。

今回のニュースの要約
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーたちが12日、労働組合の結成に向けた準備会を都内で開催
  • 参加者の配達パートナー・弁護士からはUber Eats(ウーバーイーツ)の問題点を指摘
  • 配達パートナーはウーバーと雇用関係になく、労災や雇用保険の対象にならないことを指摘
  • 今回の労働組合結成の目的は、あくまでも「皆が働きやすくなること」
  • 配達員の女性が自動車と接触事故を上げ、治療費を請求された事例が紹介
  • 不透明な報酬体系への不満も指摘。集計ミスがあったと言う。
  • ウーバーでの働き方に対する不満は日本だけではなく、海外でも高まっている

詳細が気になる方は、以下の記事を読んでみると良いですよ。

参考 Uber Eats(ウーバーイーツ)、配達員から不満 労働組合の結成準備ライブドアニュース

うーん、確かに守られる部分は守ってほしいというのもあるけど、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの働き方の魅力な点として「自由に働くことができる」というのがありますよね。

あまりにもUber Eats(ウーバーイーツ)がしっかりと保護の対象になってしまうと、たしかに安心してはたらく人も増えるかもしれないけれど、自由度が少なくなってのびのびと働くことができなくなってしまう人も出てきそう・・・。

実際、私は今のままで良いと思っています。好きな時間に好きな時間だけ働くことができるUber Eats(ウーバーイーツ)の今の働き方はとても魅力的だと思っているので。

だけど確かに、事故などを起こしてしまったときにはなかなか大変ですよね・・・。

いやぁ、この問題、なかなか難しいですね。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集