配達パートナーの登録はこちら

会社の昇給を期待している間にUber Eats(ウーバーイーツ)でサクッと稼いだほうが早いです

疑問を持ったブタさん

会社で頑張って働いているけど、全然昇給する気配がないぞ、、、

会社の中ではかなり精神すり減らして捧げている方なんだけど、全然評価されなくて泣きたい。

こうなったら、副業で稼ごうかな。だけどいい方法が思いつかない。

何かいい案があったら教えて欲しいな!!

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • よく考えてみてください。会社の昇給のために精神削ってまで働く意味ありますか?
  • あなたが会社の昇給を待っている間にUber Eats配達パートナーは昇給分をサクッと稼いでいる
  • 【断言】会社員が昇給のために必死に働くのは、コスパが超絶悪いので辞めるべし

よく考えてみてください。会社の昇給のために精神削ってまで働く意味ありますか?

ここでは、会社の昇給をするためにひたすら頑張って、時には精神を削ってまで働く必要があるのか?について考えてみたいと思います。

現在、会社で馬車馬のように働いている人は要チェックです。

【結論】ない

結論は、「ない」です。以上。

会社はマジで全然昇給してくれない

会社って、本当に昇給してくれないです。

仮に昇給をするとしても、その幅はごく僅か、中学生のお小遣い程度、なんて事もざらです。

どうしてこんなにチビチビとしか昇給しないかと言うと、あまりにも大盤振る舞いしてしまうと会社の痛手になってしまうからですね。

会社の中には、「年間100万昇給する」なんて会社もありますが、大手商社などのガッツリと利益を出しているところくらいになります。

大半の会社は、ほぼ昇給しないと考えて良いと思います。

あなたが会社で消耗しても何も得るものはありません

そもそも、あなたが消耗してまで働いても、結果的にあなたが得るものは何もありません。

しいて言うなら、みなし残業分を引かれた、わずかばかりの残業代くらいでしょう。

しかし、よく考えてみてください。

そこまで会社のために頑張る必要、ありますか?と。

あなたが精神をすり減らして会社のために頑張っても、会社はあなたの持ち物ではないし、会社が潤うだけです。

しかも頑張っても年功序列のため他の人と給料の差なんてほとんどつきません。

これが、会社です。

あなたが会社の昇給を待っている間にUber Eats配達パートナーは昇給分をサクッと稼いでいる

ここでは、あなたが会社の昇給を期待して精神をすり減らし、馬車馬のように働いている 間にUber Eatsの配達パートナーはどうしているか?について解説をしていきます。

【悲報】Uber Eats配達パートナーはあなたの昇給分など一瞬で稼いでいる件

いきなりの悲報ですが、Uber Eats配達パートナーとして働いている人は、あなたが精神をすり減らしてまで掴み取った昇給分など、一瞬で稼いでしまいます。

Uber Eatsの配達パートナーをしている人の中には、会社員の副業として活動している人も多くいます。

そういった方は、あなたが平日の深夜まで会社に残ってひたすら仕事に忙殺されている間に、Uber Eatsの配達をサクッとして報酬を稼いでいるのです。

なお、Uber Eatsをしている会社員の中には、月に5万円ほどを稼ぐ人もいらっしゃいます。

空いている時間を有効活用して稼ぐのが1番強い

副業をする上での強みと言ったら、「空いている時間を活用してお金を稼ぐことが出来る」点ですね。

会社員をしている人でも、少なからず「空き時間」や「自由な時間」はあると思います。

そのような時間を活用してお金を稼ぐことが出来れば、収入の幅をグッと増やすことが出来ます。

Uber Eatsの配達パートナーは、それが出来るから良いのです。

シフト調整不要、スキル不要なので誰にでもチャンスがある

Uber Eatsの配達パートナーの働き方は、一般的なアルバイトとは大きく異なります。

具体的にどのように異なるかと言うと、以下の通りです。

  • シフトの調整が不要
  • 自分の好きな時に働ける
  • 自分の好きな時間だけ働ける
  • エリア内なら場所は自由
  • スキル不要
  • 報酬は週払い
  • 平日なら当日から開始できる

Uber Eatsの特徴を一部抜粋してみましたが、こんな感じです。

つまり、Uber Eatsの配達パートナーは、今までの働き方に比べて、圧倒的に自由度の高い働き方なのです。

このように自由な働き方であるゆえ、Uber Eatsの配達パートナーの働き方は多くの層に支えられています。

学生もいればフリーターもいれば会社員もいれば主婦もいる。

それがUber Eats配達パートナーです。

【断言】会社員が昇給のために必死に働くのは、コスパが超絶悪いので辞めるべし

最後に、断言します。

会社員の人が昇給を目指して汗水流して夜も遅くまで働くのは、控えめに言ってコスパがめちゃくちゃ悪いので辞めるべきです。

もう皆さん気づいているかと思いますが、これが事実です。

【結論】会社員はマジで昇給しません

結論をズバリ言ってしまうと、「会社員をしていても、マジで昇給しませんよ」ということですね。

会社員のよくある口癖として「あ~、給料上がらないかなあ」というのがよくありますが、上がりません。以上です。

今の時代、会社に昇給を期待しているだけ、時間の無駄と考えた方が良いでしょう。

そのかわり、会社以外にお金を稼ぐ手段が様々あるので、自分自身で色々考えて行動することでお金を稼ぐことは十分可能だと思います。

昇給しないのに頑張るのはコスパが悪い?

会社は全然昇給をしてくれないのに、必死こいて夜遅くまで仕事を頑張るのは残念ながらコスパが悪すぎだと思います。

今の時代、インターネットとスマホが非常に普及しているため、そんなに会社にへばりついていなくても稼ぐ方法は沢山あります。

その中でも、Uber Eatsは再現性が高く誰でもお金を稼ぐことが出来る働き方のためこのブログで紹介をしています。

稼ぎたい人はひとまずUber Eats配達パートナーをするのが最適解

今回の話のテーマの結論を言ってしまうと、会社の昇給を期待して頑張って働いても、残念ながらあなたの期待する昇給を受けられる可能性はとても低いです。

もしあなたが会社員で、「稼ぎたい」と考えているのであれば、Uber Eatsの配達パートナーを始めることが現在では最適解だと思います。

Uber Eatsの配達パートナーは、自分の好きな時間に、自分の好きな時間だけ働くことの出来る、とても自由度の高い働き方です。

実際に私もUber Eats配達パートナーとして活動をしていますが、これ以上自由な働き方は無い、と言えるくらい、自由な働き方を実現できます。

Uber Eatsの配達パートナーのWeb登録は、こちらから簡単に行うことができます。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集