配達パートナーの登録はこちら

会社員がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを指差して笑っていた話

疑問を持ったブタさん

ゲゲッ、、、Uber Eatsの配達をしていたらスーツを着た会社員の人に笑われた。。。Uber Eatsの配達って、まだまだ馴染めてないのかなあ。そんなに変わった働き方に思われているのかなあ。まあ確かに、こんな四角いリュック背負っていたら、不思議に思われるのもわかるかも、、、?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 会社員がUber Eats配達パートナーを指差して笑っていた話
  • 【事実】会社員は「雇われ」だけど、Uber Eats配達パートナーは「個人事業主」です
  • 【結論】Uber Eats配達パートナーは堂々と働いてオッケーです

会社員がUber Eats配達パートナーを指差して笑っていた話

実際に私が街で目撃したのですが、会社員がUber Eatsの配達パートナーを指差して笑っていました。

具体的に、どのような笑い方をしていたかというと、

「あんな大きなカバンを背負って、恥ずかしくないのかな?w」

といった様子でした。

実際に私もUber Eats配達パートナーとして活動しているので、そのようにスーツを着た会社員を見て、私自身、思うところがあったので書いていこうと思います。

結論、何が言いたいかというと、「会社員がUber Eatsをそんなに馬鹿にする権利はないぞ・・・!」ということです。

東京都内にはたくさんのUber Eats配達パートナーが活動しています

現在、東京都内ではすでにたくさんのUber Eats配達パートナーが活動しています。

もはや、東京都23区内を歩いていると、Uber Eats配達パートナーを見ない日はないくらい、Uber Eatsの配達パートナーという働き方はメジャーになってきたと思います。

また、街中にUber Eatsの配達パートナーがいても、それを物珍しそうに見る人は随分減ってきたのではないか、と思います。

以前までは、大きなリュックを背負っている人に対して「あの人は何をしているんだろう?」といった眼差しで見ている人がとても多く見られましたが、現在では多くの人にUber Eatsの配達パートナーという働き方が認知されてきたと思います。

最近は少なくなったけど、まだ配達パートナーの認知度は成長途上

先にも書きましたが、Uber Eatsの配達パートナーはどんどん有名になってきて、知名度も十分増えてきました。

しかし、まだまだUber Eatsの配達パートナーという働き方の知名度は発展途上にあり、これから先もどんどん成長していく働き方であることは間違いがないと思います。

私が初めてUber Eatsの配達を開始したのは、今から1年以上前ですが、当初は今よりも配達パートナーは確実に少なかったです。

現在はかなり多くの人がUber Eatsの配達パートナーとして活動をしており、少なくとも東京の街を歩いていると必ず目撃するといっても過言ではありません。

しかし、まだまだUber Eatsの配達パートナーが道行く人に物珍しそうに見られることもあります。

会社員の働き方とは大きく異なる働き方をしているため、会社員の人はまだまだUber Eatsの働き方に理解をできないことも多いことでしょう。

【真理】会社員はUber Eats配達パートナーを笑ってられませんよ【地位の違い】

私は先日、街中で会社員がUber Eatsの働き方を笑っているような様子を目撃しましたが、正直なことを言ってしまうと、会社員がUber Eatsの配達パートナーの働き方を笑う筋合いはまったくないと思います。

真理を話してしまうと、会社員よりもUber Eatsの配達パートナーのほうが社会的地位は上である、という考え方をすることもできます。

なぜなら、会社員は「被雇用者」なのに対し、Uber Eats配達パートナーは「個人事業主」だからです。

これに関しては、後ほど解説をします。

そもそも、大前提として、職業に貴賤があるという考えをしている会社員の方は、大した働き方をしているとは思いません・・・

【事実】会社員は「雇われ」だけど、Uber Eats配達パートナーは「個人事業主」です

これは事実なのですが、会社員とUber Eats配達パートナーだと、社会的な地位が異なります。

具体的に言うと、会社員の場合は、「被雇用者」、つまり「雇われの社員」ですが、Uber Eatsの配達パートナーに関しては、Uber社に雇われている訳ではなく、あくまでも「個人事業主」として活動することになります。

会社員とUber Eats配達パートナー、どっちが偉いかについての議論

そもそも、会社員とUber Eats配達パートナーのどちらが偉いか?という話になるかと思います。

結論から言うと、会社員とUber Eats配達パートナー、それぞれの職業に貴賤は全く無いと思います。

そもそも、会社員とUber Eats配達パートナーの働き方を比較することがナンセンスですよね。

会社員にも会社員の良いところがあるのと同じように、Uber Eats配達パートナーにも良いところがあるかと思います。

具体的に上げてみると、会社員とUber Eatsの配達パートナーの魅力は以下のようなものが挙げられます。

まず、会社員の魅力としてはこのような点があります。

  • 給料が安定している
  • ボーナスがもらえる
  • 社会的な地位があること(ローンが組みやすい、など)

それに対し、Uber Eats配達パートナーの魅力としては以下のような点が挙げられます。

  • 勤務時間(勤務開始時間・勤務中時間・勤務終了時間)が完全に自由
  • 働けば働いた分だけ収入を手に入れることができる
  • そもそも個人の働き方なので、人間関係の悩みや上司に怒られることなどが一切ない

【事実】会社員は「雇われ社員」だけど、Uber Eats配達パートナーは「個人事業主」

これは事実なのですが、会社員であるかぎり、「会社に雇われている社員」であるということは変わりありません。

それに対し、Uber Eatsの配達パートナーは「個人事業主」として活動をしています。

個人的に、この差はとても大きいと思います。

会社員と個人事業主、それぞれにメリット・デメリットがありますが、片方しか経験したことのない人は、もう片方を経験するのも良いかと思います。

特に、世の中の大半の人は会社員だと思いますが、そのような人はUber Eatsの配達パートナーとして働いてみて、個人事業主としての働き方を経験するといい経験になると思います。

【持論】個人事業主には雇われ社員には味わうことができない経験があると思う

これは個人的な持論ですが、個人事業主を経験した身としてお話をします。

個人事業主として活動するということは、「雇われ社員では味うことができない経験」ができると思います。

具体的に言うと、個人事業主には、会社員をしていると経験のできない、このようなできる経験があると思います。

  • 確定申告を経験できる(=自分のお金の動きを把握する機会が手に入る)
  • 青天井の収益を手に入れることのできる可能性が生まれる(金銭的自由)
  • 自分の働きたい時間に働きたいだけ働くことができる(時間的自由)

収益に関しては自分の努力次第、というところもありますが、会社員の給料では上限がまぁ見えているので、「めちゃくちゃお金を稼ぎたい」などと考えている人は個人事業主の道をどんどん進んでいけたら良いのではないかと思います。

その第一歩として、Uber Eatsの配達パートナーは個人事業主の大きな一歩となってくれることでしょう。

【結論】Uber Eats配達パートナーは堂々と働いてオッケーです

結論からいうと、Uber Eatsの配達パートナーは、もっと堂々と働いてオッケーである、ということを言いたいです。

Uber Eatsの配達パートナーをしようと考えている人や、実際にUber Eatsの配達パートナーとして配達をしている人の中には、「やっぱり会社員として働いたほうがいいのかな・・・」などと考える人もいますが、Uber Eatsの配達パートナーとして働くこともとても立派な働き方だと思います。

【強気でOK】周りより進んだ働き方をしているのがUber Eats配達パートナー

Uber Eatsの配達パートナーは、もっと強気になってオッケーです。

なぜなら、Uber Eatsの配達パートナーとして活動している時点で、普通のアルバイトや会社員よりも先進的な働き方をしていると私は思います。

現時点でUber Eatsの配達をしている人や、これからUber Eatsの配達をしようと考えている人は、時代の流れにしっかり乗ることができる人だと思うので、積極的に挑戦をして良いと思います。

まだまだ成長途中かもしれないけれど、今後メジャーな働き方になっていくハズ

Uber Eatsの配達パートナーという働きかたは、まだまだ成長途上の働きかたかもしれません。

しかし、その成長のスピードは著しいです。

このグラフを見れば、いかにUber Eatsが成長している業界であるかは一目瞭然だと思います。

【理由あり】配達パートナーになるなら今がチャンス

今でこそ、Uber Eatsの配達パートナーという働き方はマイナーな働き方であるかもしれませんが、今後はどんどん、驚くべきスピードでメジャーな働き方になっていくと思います。

なぜなら、Uber Eatsの配達パートナーとしての働き方は、企業にとっても個人にとっても、非常に合理的な働き方だからです。

だからこそ、Uber Eatsの配達パートナーとして働くのであれば、成長途上の今がチャンスだと思います。

今からUber Eatsの配達パートナーとして働くことで、先行者利益を少なからず手に入れることができると思います。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集