配達パートナーの登録はこちら

専業でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をすると、こんな良いことが待っています

疑問を持ったブタさん

これは前から思っていた疑問なんだけど、専業でウーバーイーツの配達をしている人っているのかな。専業でウーバーイーツをやって飯が食えたら、いろんなことに積極的にチャレンジができるようになる気がする。

あとは専業でウーバーイーツ配達をするメリットとデメリットについても知りたいな。詳しく教えて!

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 専業でウーバーイーツの配達をすることはできるのか?
  • 専業でウーバーイーツの配達パートナーになるとどんなメリットがあるのか?3つ紹介
  • ちょっとコレは残念!?専業でウーバーイーツ配達をするデメリットとは?

そもそも、専業でウーバーイーツの配達をすることはできるのか?

ここでは、そもそも「専業でウーバーイーツの配達をすることができるのか?」というテーマで深堀りをしていきたいと思います。

この記事を読んでいる人の中にも、「専業でウーバーイーツの配達が出来たらいいな」と考えている人は少なくないでしょう。

実際に、私も専業でウーバーイーツの配達を行おうか考えたこともあります。

ただ、「専業でウーバーイーツの配達ができるのか?」と、疑問に思う人も少なくないはずです。

ウーバーイーツという働き方は、なんと言っても「副業」としてのイメージが強い働き方です。

しかし、「自由な働き方」であるウーバーイーツの配達を専業で行うことができたら嬉しいと考えている人もいます。

そんな人のために、「専業でウーバーイーツの配達を行うべきなのか?」を考えてみましょう。

【結論】専業でウーバーイーツの配達をすることはできます。実際にしている人がいます

最初に結論を申し上げると、専業でウーバーイーツの配達をすることは出来ると私は思います。

その理由は、実際にウーバーイーツの配達を専業で行っている人がいるからです。


Twitterで「ウーバーイーツ 専業」などと探してみれば、専業のウーバーイーツ配達パートナーの方を探すことができます(笑)

専業のウーバーイーツ配達は楽ではないかも知れないが、自由な働き方なのは確かでしょう

専業でウーバーイーツをすることについて、私なりの意見を書いてみます。

まず、専業でウーバーイーツの配達を行うのは、残念ながら「楽」な働き方ではないかもしれません。

なぜなら、ウーバーイーツの配達パートナーは、「配達」の仕事であり、専業として生活できる程度に稼ぐためには、自転車やバイクで目安として8時間から10時間程度は稼働を行う必要があるからです。

しかし、「楽」ではないかもしれないけれど、ウーバーイーツの働き方が「自由」な働き方であることは間違いがないでしょう。

その理由としては、後ほど詳しくご紹介しますが、ウーバーイーツの配達パートナーの働き方は、一般的は会社員やアルバイトと比べるとちょっと特殊で自由な働き方ができるからです。

とはいえ、割合的には兼業で取り組んでいる人が大半なので、まだまだ専業では少ない

これは事実なのですが、ウーバーイーツの配達パートナーを「専業」で活動している人は、まだまだ少ないです。

事実、多くの人は、ウーバーイーツの配達パートナーを「兼業」や「副業」として活動しています。

その理由としては、専業として稼働することが大変だという認識があることもありますが、ウーバーイーツを現在働いている仕事にプラスで給料を補填したり、大学生の場合であれば、アルバイト代わりとして利用している人が多いからです。

とはいえ、ウーバーイーツの配達を専業で取り組んでいる人もいるので、しっかり考えながら活動をしていけば、ウーバーイーツ配達専業でご飯を食べていくこともできるのではないかと思います。

ちょっと頭を使って、YouTube発信を行いながらウーバーイーツを専業で行ったり、このブログのように専業ウーバーイーツ配達の経験を情報発信することによって、さらなる収益を見込むこともできるのではないかと思います。

専業でウーバーイーツの配達パートナーになるとどんなメリットがあるのか?3つ紹介

ここでは、専業でウーバーイーツの配達パートナーになることのメリットをご紹介します。

専業でウーバーイーツの配達パートナーになると、一般的な会社員やアルバイトでは受けることの出来ない旨味が結構あります。

専業でのウーバーイーツ配達パートナーはまだまだ少ないとは思いますが、専業でウーバーイーツを行うメリットを感じたら、この際に思い切って専業配達パートナーになってしまうのも結果的に良い判断になるかもしれません。

最後に決断するのはあなた自身ですが、まずは専業のウーバーイーツ配達パートナーにどんなメリットがあるのか?についてご紹介しますね。

会社員のような時間に縛られた生活とはオサラバ!自分の好きな時間に働くことができる

ウーバーイーツの最大の魅力といえば、「自分の自由な時間に働くことができる」という点だと思います。

ウーバーイーツは一般的なアルバイトや会社員とは異なり、自分自身で働く時間を決めることができます。

所定の労働時間やシフトなどは全く決められておらず、自分が働ける時間帯に好きなだけ働くことができるのです。

そのため、午前中だけ働いてもいいし、午後だけ働いてもいいし、朝だけ働いてもいいし、夜だけ働いてもいいし、一日中働いても良いのがウーバーイーツの配達パートナーです。

ウーバーイーツを軸に、もっと自分のやりたいことに対して積極的にチャレンジができる

仮に専業で活動をしなくても、ウーバーイーツの配達をベースに、自分の好きな事にチャレンジしてみるのも良いかも知れません。

ウーバーイーツは自由な働き方ができるので、従来の会社員やアルバイトよりも、自分の本当にやりたいことにフォーカスして働くことができるでしょう。

私の場合は、ウーバーイーツの配達パートナーの経験を、このようにブログに発信したりしています。

ウーバーイーツの配達パートナーとして活動を行っている人の多くは、自分自身のプライベートを充実させている人が多いです。

音楽活動をしたり、エンジニアをしたり、ウーバーイーツの配達を軸に、様々な活動に展開させていくことができれば、より充実した生活を送ることができること間違いなしです。

個人事業主として、会社に雇われずに働くことができるので、自発的に生きることができる

ウーバーイーツの配達パートナーは「雇われ」の仕事ではありません。「個人事業主」として活動をします。

つまりどういうことか?というと、働く量を自分で調整できる、ということです。

一般的なアルバイトや会社員の場合は、基本的に所定の時間内は会社に拘束されることになりますが、Uber Eatsの配達パートナーであれば、自分の好きな時間に働くことができ、報酬は完全に成果報酬型であるため、自分自身で働き方を調整することができます。

また、個人事業主であり、自分の工夫次第で収入を伸ばすこともできるので、雇われの立場よりも自発的に考えながら働くことが出来ます。

そういった点に関して言うと、雇われて働くよりも仕事にやりがいを見出すことができ、楽しく働くことができるかと思います。

ちょっとコレは残念!?専業でウーバーイーツ配達をするデメリットとは?

最後に、専業でウーバーイーツの配達パートナーになることで挙げられるデメリットについて考えてみようと思います。

メリットもあればデメリットもあるのが世の常です。

私なりに、ウーバーイーツの配達を専業で行うことで不都合な点を考えてみましたが、もしかしたらあなたにとってはデメリットとは感じないかもしれません。

これから挙げることを考慮した上で、メリットで受ける恩恵のほうが大きいと判断をしたら、専業でウーバーイーツの配達パートナーに挑戦してみるのも良いのではないかと思います。

とはいえ、実際に鮮魚でウーバーイーツの配達をしている人もいるのが現状なので、とりあえず試してみて、自分にとって専業ウーバーイーツ配達がうまくやって行けそうだと感じたら継続をし、無理そうだと感じたら、そこでやめればいいかと思います。

その1.完全な成果報酬制なので、会社員のように「有給」というものは一切ない

ウーバーイーツの配達パートナーは、完全に成果報酬型の働き方をしています。

どういうことかというと、「自分が働いた分だけ報酬を受け取ることができる」という働き方になります。

そのため、自分が働かないと、報酬は手元に入ってきません。

また、ウーバーイーツの配達パートナーは、会社員のように「有給休暇」というものがありません。

仕事をしなければ、報酬を受け取ることができないのが会社員とは違う個人事業主の特徴になります。

ウーバーイーツは自由に働くことができる反面、このような会社員特有の恩恵を受け取ることが出来ない点はデメリットと言えるのではないかと思います。

その2.雨の日に稼ごうと思ったら、雨に濡れながら配達をしなければならない

ウーバーイーツの配達パートナーは、完全成果報酬制の配達をする仕事になります。

そのため、仮に外の天気が雨でも、その日に稼ごうと思ったら、雨の中配達をしなければ、収益を伸ばすことができません。

(ただし、雨の日は路面が滑りやすく危険なのでこのブログでは活動はあまり推奨していません。)

このように、天気に左右されることがウーバーイーツの配達パートナーのデメリットであると言っても良いかも知れません。

また、台風などの強い雨や風などの天候の場合、ウーバーイーツの活動そのものが運営側によって中止になることもあります。

こうなると、活動をそもそも行うことが出来ないのでそのような日には収益をあげることができません。

その3.会社に属さないで働くことになるため、確定申告をする必要がある

最後に、ウーバーイーツの配達パートナーは、「個人事業主」として活動をするので、名目上は「フリーランス」の人などと同じような扱いになります。

つまり、受け取った報酬に対して一定額の税金を自分で支払う「確定申告」を行う必要があるのです。

確定申告は年に1回行います。一般的には、3月前後に税務署に行って行います。

確定申告に関しては、一般的な会社員は経理の方が行うので、自分自身で行う経験がありません。そのため、ウーバーイーツの専業をはじめたら、確定申告のやり方を覚える必要があります。

実際に私も今年の頭に確定申告を行いましたが、戸惑うポイントがいくつもあるので、あらかじめ確定申告についての勉強や準備はすこししておいたほうが良いかと思います。

こちらの本が確定申告のことなどについてわかりやすく書かれています。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集