Uber Eats注文配達登録ガイド

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区は稼げる?注文・配達を徹底解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区のサービスは稼げる?

「渋谷でUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスは始まってる・・・?」

はい!結論から申し上げると、渋谷区でのUber Eats(ウーバーイーツ)サービスはすでに始まっています。

Uber Eatsは、2016年に日本へ進出し、まずは東京でのサービスを開始しました。

東京でのサービス開始と同じタイミングで渋谷区でもサービスを提供していることから、渋谷区でのサービスは他の地域と比べて早い段階から開始していると言えます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区のおすすめ加盟店・レストラン店舗情報

渋谷区は、東京屈指の有名エリアとして知られています。

特に飲食業界ではかなりの激戦区と言っても過言ではありません。この背景から、飲食店が渋谷区で生き残るには「安い・美味い・早い」の条件が必要になってきます。つまり、渋谷区でUber Eatsを使う際は、この3条件を満たしたレストランを利用することをおすすめします!

その中でも特におすすめなお店は、牛たん、とろろ、麦めしで有名な「ねぎし」です。牛タンねぎしは渋谷区に7店舗ほどあるので、スピーディに注文を受け取れます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区のサービス営業時間

残念なことに、渋谷区でのUber Eats(ウーバーイーツ)サービスは、24時間の営業は行われていません。

なお2022年1月現在、渋谷区の営業時間は朝9時から夜12時までが営業時間となっています。Uber Eatsで注文する際は、注文の時間に遅れないよう気を付けましょう。

余談ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の本場、アメリカのニューヨークでは、24時間営業で、休みなく営業しています。それを考えると今後、東京の「眠らない街」渋谷でもUber Eats(ウーバーイーツ)の営業が24時間営業となる可能性は十分にあると考えてよいでしょう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区の配送料・基本料金

Uber Eatsの利用によって、「配達手数料」と「サービス料」という2種類の手数料が発生します。

なお渋谷区のUber Eats配達手数料は、お店によって異なります。安いお店だと50円、高くなると350円や400円のお店もあります。

また、悪天候の時やランチタイム、ディナータイムの混雑時は配達手数料が500円以上になったりと、更に高くなる場合もあります。

同様にサービス手数料も変動制となっており、代金に対して5%から10%の手数料が発生します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区で使えるお得なクーポン情報

渋谷区エリアのUber Eatsサービスでは、比較的高頻度でキャンペーンを実施しています。

例えば、初回限定で2,000円割引になるクーポンなどがあります。時期によってキャンペーン内容は変わってきますが、 Uber Eatsを使うとお得なことに間違いありません。

また、クーポン以外にも、 Uber Eatsではお店ごとでキャンペーンをやっているケースも多く、例えば「配送手数料無料」や「一つ頼むと一つ無料」などが期間限定で実施したりしています。ぜひ、チェックしてみて下さい。

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区の注文の始め方

まずはアプリをダウンロードして、住所など必要情報を登録をしましょう。支払い方法の登録も忘れないで下さい。事前にクレジットや電子マネーの支払いを設定しておかないと注文はできません。

登録・設定が済みましたら、アプリのメインメニューからお店を選び、食べ物や飲み物などのメニューを選択していきましょう。場合によっては、大盛りや小盛りも選択できるお店もあります。また、1回の注文で、選べるお店は1つだけですので、注意しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区は稼げる?

渋谷区のUber Eatsは稼げます。なぜなら、東京は日本で一番人口が多い場所であり、23区内である渋谷区はUber Eatsで稼ぎやすいエリアと言えます。

また、渋谷区は飲食店数が23区内でも多い方なので、人が多く飲食店が多い渋谷区はUber Eatsの配達員を始めるにはおすすめのエリアです。

さらに、渋谷区の飲食店の特徴として、ファーストフード店やスイーツ店が多いため、 このようなお店はUber Eatsで利用しやすいというメリットもあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区の配達の始め方

渋谷区でUber Eatsの配達員を始めるのは簡単です。全てオンラインで完結できます。

まず、Uber Eatsの公式ホームページから配達パートナー用のアカウントを作成しましょう。続いて、プロフィール写真や必要書類をアップロードしましょう。

必要書類は、自転車やバイクなどの車両で異なりますので、ご注意下さい。その後、3日〜2週間ほど審査結果を待ち、無事通過しましたら、報酬振込先の銀行口座を登録して完了です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区で稼ぐための方法

渋谷区でUber Eatsの配達員として稼ぐためには、曜日と時間帯が重要です。

曜日については、平日と休日に分けられると思いますが、渋谷区はやはり平日が稼ぎやすいと言えます。

なぜなら、平日は渋谷区外から通勤してくる人口が大きいため、それだけUber Eatsを使う人口が増えるためです。特にランチタイムは絶好のチャンスです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区で稼げるエリア

渋谷区で稼げるエリアは平日と休日で異なります。平日の場合は、渋谷区のオフィス街が稼ぎやすいです。

特にIT企業やベンチャー企業は、他の一般企業よりもUber Eatsの利用頻度が高く、IT企業が集中した渋谷区は1999年ごろから「ビットバレー」と呼ばれています。

一方で休日の場合は、住宅地エリアが稼ぎやすいでしょう。

休日の場合は、お昼と夜問わず、自宅からのUber Eats利用者が一定数いることが考えられるため、住宅地エリアが適していると言えます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区の給料・報酬予想

Uber Eatsの配達員は時給でお金が貰えるわけではないため、何時間働いたらどれくらい稼げる、といった基準はありません。

裏を返せば、報酬は工夫して頑張った分だけ増えていきます。渋谷区の場合、目安として1回の配達で報酬は500円ほどです。

そのため、一回の配達に15〜20分かかったとすると、初心者は1時間に2件、ベテランは3〜4件として、時給換算で1,000円〜2,000円程度と考えられます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)渋谷区まとめ

渋谷区でのUber Eatsのサービスは2016年から始まっています。

飲食店の激戦区である渋谷区では「安くて美味しくて早い」お店が多く、Uber Eatsを使用するには最適なエリアと言えます。

Uber Eatsの利用方法は非常に簡単でアプリを登録すれば、すぐに利用可能です。

また、Uber Eatsの配達員をする場合にも、渋谷区は稼ぎやすいエリアと言えるため、上手く配達する時間帯とエリアを工夫すれば、時給換算で1,000〜2,000円ほど稼げる可能性があります。

渋谷で配達を開始

公開日: 最終更新日:

関連記事