フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みをわかりやすく解説【注文・配達】

Uber Eats(ウーバーイーツ)仕組み 知っておきたい知識・ノウハウ
現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーセンターが休止しています。それに伴い、現在はオンラインで配達パートナー登録を完結できます。すぐに配達パートナーとしての登録を完了させたい方は、こちらより1分程度で登録できます。

1分で完了!Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の登録はこちら

Uber Eats配達パートナーは必見! 持っておきたいアイテム集!

Uber Eats配達パートナーの方は必見です!

配達時に持っておくと便利なアイテムを楽天ROOMにまとめました。

配達で他の人と差を付けたい方はチェック必見です!

楽天ROOMで便利アイテムをチェック!
「BIGLOBE rakuten_room 2+」
「BIGLOBE WiMAX 2+」
Uber Eats配達パートナーにおすすめ! Wi-Fiを無制限で使えるWiMAX!

Uber Eats配達パートナーにおすすめなのがこちら「BIGLOBE WiMAX 2+」!

容量無制限のモバイルWi-Fi端末なので、Uber Eats配達による通信制限の心配が一切ありません!

サービス開始月は月額0円で利用できるのもポイントです💡

BIGLOBE WiMAXの申し込みはこちら
監修:本田 忠嗣 Uber Eatsの配達を累計5,000回以上行う配達のプロ。効率化を追求し、Uber Eats配達での月間収益は50万円を超える。配達にあたりノウハウをこのサイトで完全公開中。 メッセージ:フード注文1,000円引きクーポンを配布しています!「interjpe216jg4v」をご利用ください。
クーポンを利用する
配達パートナーの登録はこちら

今回はUber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みに関する話をしていきます。皆さんはUber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みをご存知でしょうか?

細かい仕組みを知らずにUber Eats(ウーバーイーツ)を利用している方も多いと思いますが、ここでは具体的にUber Eats(ウーバーイーツ)を注文する人から見た仕組み、配達パートナーから見た仕組み、店舗側から見た仕組みの3つの観点からお話をしていきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みはどうなっている?

Uber Eats(ウーバーイーツ)仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)基本的にな仕組みについて、こちらで紹介します。ここでは、食事の料金に関する仕組み、支払いに関する仕組み、配達の報酬に関する仕組み、クーポンに関する仕組みについて詳しくご紹介します。

食事の料金に関する仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)で食事を注文する料金は、以下の式で表すことができます。

  • 食事代金+配達手数料-割引クーポン

支払いに関する仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法は以下の手段が使えます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • Line Pay
  • Apple Pay
  • PayPay

現在は、手渡しで現金のやり取りをするのは衛生上あまり良くないので、できればクレジットカードやデビットカード、あるいはスマホ決済を用いることをおすすめします。

また配達パートナーによっては現金に対応していない場合もあるので、よりスムーズに食事を注文したい場合には現金以外を利用するようにしましょう。

配達の報酬に関する仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの報酬は以下の式で表すことができます。

  • 報酬=基本料金×ブースト×特別キャンペーン-サービス手数料
  • 基本料金=受取料金+受渡料金+距離料金

※サービス手数料と距離料金に関しては都市によって異なる場合があります。

クーポンに関する仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、クーポンを利用することで割引価格で食事を注文することができます。このサイトでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の初回注文を割引価格で注文できるクーポンコードを配布しています。クーポンコードの詳細について知りたい方は、次の記事にて詳しく解説してあるのでよかったらご覧ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)注文が1000円割引になる紹介クーポンを配布中!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)フード注文者から見た仕組み

ここでは実際に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の食事を注文する人から見た、食事の注文から食事が届くまでの仕組みについて詳しくご紹介します。

フード注文に登録する

Uber Eats(ウーバーイーツ)のフード注文するためには、まずUber Eats(ウーバーイーツ)の会員登録をする必要があります。Uber Eats(ウーバーイーツ)の会員登録は以下のボタンから行うことができます。会員登録と合わせてアプリのダウンロードも行いましょう。

アプリで食事を探す

Uber Eats(ウーバーイーツ)の会員登録を行い、アプリのダウンロードが完了したら、実際にアプリ上で食事を探しましょう。まずは自分の注文したい飲食店のメニューをタップします。

食事を注文する

注文した飲食店を選んだら、その中にメニューが複数表示されます。実際に注文したいメニューをタップし、購入準備を進めましょう。

なおウーバーイーツで注文できるメニューは実際の店舗と異なる場合があります。また価格に関しても、配送手数料やサービス手数料を抜きにして実際の店舗よりも価格が高くなってしまうことが多いです。

クーポンを利用する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文をお得にするためには、クーポンを利用することをおすすめします。このサイトでは、初回注文者限定の1,000円割引クーポンを配布しています。クーポンを利用したい方は、次の記事にて詳しく詳細を説明してあるので良かったらご覧ください。

支払いをする

実際に注文する食事を選択したら、支払いを行いましょう。Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法は以下の方法で行うことができます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • Apple Pay
  • Line Pay
  • PayPay

Uber Eats(ウーバーイーツ)は現金での注文をすることもできますが、現在は新型コロナウイルスが流行しており、配達パートナーと注文者が対面して食事の受け渡しをすることはあまりおすすめされていません。そのため、注文をする際にはクレジットカードやスマホ決済を利用するとよいでしょう。

食事が届く

無事に注文を進めることができたら、しばらく待ちましょう。近い場所であれば5分から15分程度、遠い場所であっても1時間以内には食事が届くことが多いです。

ただし、配達パートナーの稼働状況や天気の状況などによって配達時間が前後する場合があります。

また住所の設定ミスやピンズレが起こってしまうと、配達の時間がかかってしまう場合があります。ピンズレが起きないように正しく住所が設定されていることをアプリ上で確認しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーから見た仕組み

ここではUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行う配達パートナーが、注文の依頼を受けてから配達をし、報酬を受け取るまでの仕組みについてご紹介します。

配達パートナーに登録する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うためには、まずは配達パートナーに登録をしましょう。配達パートナーの登録は以下のボタンから手順通り進めることができます。

以前までは登録説明会に直接参加をして登録までの手続きをする必要がありましたが、現在では新型コロナウイルスの影響により全てオンライン上で登録手続きを完了することができます。

また配達リュックに関しても、現在はAmazonで購入するようになっています。AmazonではUber Eats(ウーバーイーツ)公式の配達専用バッグの他に、OEMで様々な企業から配達専用バッグが発売されています。公式バックよりもコンパクトで軽いものなども発売されているので、よかったらご利用ください。

またこちらの記事でもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達専用バッグの情報について発信しています。こちらも合わせてご覧ください。
Uber Eats(ウーバーイーツ)のリュック購入について!使わないのはアリ?

配達依頼を受ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして実際に稼働を開始すると、しばらくすると配達依頼をスマホのアラートで受けることができます。

配達依頼に関しては時間帯や場所によって依頼されやすさが異なります。混雑しているランチタイムやディナータイムの時間、または店舗の多い場所などでは頻繁に配達依頼が鳴ります。

一方で過疎地や注文の需要がない時間帯に稼働をしても配達依頼をあまり受けることができません。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で多く稼ぎたい方は、需要の多い時間帯や需要の居場所で活動するようにしましょう。

依頼店舗に食事を受け取りにいく

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリ上で配達依頼を受け取ったら、実際に店舗に行って食事を受け取りに行きましょう。店舗までの場所はUber Eats(ウーバーイーツ)のアプリ上に表示されるので、アプリの指示通りに動くだけで大丈夫です。

配達先に食事を届ける

店舗に食事を受け取ったら、配達先まで配達に行きましょう。食事を受け取った際に受け取りボタンを押すと配達先までの住所が表示されます。配達先に関しても指示通りアプリ上のナビに従って配達を行うことができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)店舗側から見た仕組み

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)でお店を運営する店舗側から見た、お客さんから食事の注文を受けてお客さんに食事が受け渡るまでの仕組みについてご紹介します。

お客様から注文を受ける

お客様から食事の注文があった際に店舗側の端末にアラートが鳴ります。Uber Eats(ウーバーイーツ)に対応している店舗の多くは、iPadで注文の管理をしていることが多いようです。

食事をつくる

食事の注文依頼があったら、実際に食事を作ります。食事を作ったら、Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリ上で配達パートナーを探しましょう。

配達パートナーに食事を渡す

飲食店の近隣で活動しているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを見つけたら自動的にマッチングします。配達パートナーがしばらく時間がたつと店舗に食事を受け取るので渡してあげましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みのまとめ

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みについてお話をしていきました。今回の記事を読むことで、フード注文者から見たUber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み、配達パートナーから見たUber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み、店舗側から見たウーバーイーツの仕組みについて深く理解することができたのではないでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用する上で、仕組みについてあまり大きく考える必要はありませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は新しいビジネスモデルなのでその仕組みについて知っておくことでより深い興味を持てるかと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のフード注文の登録をしたい方は、以下のボタンから登録を進めることができます。

また配達パートナーとして活動を始めたい方は、以下のボタンから登録を進めることができます。

監修:本田 忠嗣 Uber Eatsの配達を累計5,000回以上行う配達のプロ。効率化を追求し、Uber Eats配達での月間収益は50万円を超える。配達にあたりノウハウをこのサイトで完全公開中。 メッセージ:フード注文1,000円引きクーポンを配布しています!「interjpe216jg4v」をご利用ください。
クーポンを利用する
配達パートナーの登録はこちら
「BIGLOBE WiMAX 2+」
Uber Eats配達パートナーにおすすめ! Wi-Fiを無制限で使えるWiMAX!

Uber Eats配達パートナーにおすすめなのがこちら「BIGLOBE WiMAX 2+」!

容量無制限のモバイルWi-Fi端末なので、Uber Eats配達による通信制限の心配が一切ありません!

サービス開始月は月額0円で利用できるのもポイントです💡

BIGLOBE WiMAXの申し込みはこちら
Uber Eats配達パートナーは必見! 持っておきたいアイテム集!

Uber Eats配達パートナーの方は必見です!

配達時に持っておくと便利なアイテムを楽天ROOMにまとめました。

配達で他の人と差を付けたい方はチェック必見です!

楽天ROOMで便利アイテムをチェック!
「BIGLOBE rakuten_room 2+」
タイトルとURLをコピーしました