フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿の給料予想!注文・配達を徹底解説

東京 Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区のサービスは始まっている?

新宿エリアでは、すでにウーバーイーツが利用できる状態になっています。東京は全国に先駆けて、2016年9月にウーバーイーツがスタートしていますが、当初は新宿は含まれていませんでした。新宿が対応エリアになったのは、2017年12月のことです。

このため、日本全国でもかなり早い時期から、新宿ではウーバーイーツが使えるようになっています。今ではすっかりサービスの魅力が浸透しており、グルメ激戦区で知られる新宿エリアのレストランやカフェの多くが加盟済みです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区のおすすめ加盟店・レストラン店舗情報

スパイスカレー食堂

本格的なスリランカカレーが楽しめると話題のレストランです。脂肪分少なめで、小麦を使わないグルテンフリーの、健康的なカレーを楽しめます。もちろん味の方も折り紙付きで、口コミでも高評価を獲得しているのは特筆点。ウーバーイーツでも多数のカレーメニューを堪能でき、利用者満足度も高くなっています。

小麦と酵母 満 曙橋本店

パンと軽食を満喫できる、和のテイストを取り入れたベーカリーです。小麦と酵母にこだわり、食材の持ち味を活かすのがモットー。こだわりのパンやサンドイッチは特に評判です。ウーバーイーツではパン単品からサンドイッチ、ジャムと言った多彩なメニューをラインナップ。パン好きならば、一度はチェックしておきたいベーカリーと言えます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区のサービス営業時間

新宿エリアの営業時間は、8:00から25:00までと設定されています。全国的にみても、他の大都市よりも営業時間は長めです。流石に日本の中心地ですから、それだけのニーズがあるのでしょう。人口やライフスタイルの多様さから、深夜でも一定のニーズが期待できます。

なお、営業時間は適宜見直されるので、気を付けて下さい。ウーバーイーツは日本でも利用者が多く、急成長を遂げています。このため営業時間を拡大することがしばしばあるので、この記事と最新情報では食い違いがあるかもしれません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区の配送料・基本料金

ウーバーイーツでは食事の代金に加えて、配送料がかかります。エリアや店舗、注文の混雑具合によって変動するのですが、新宿では50円から570円程度になるのが一般的でしょう。基本的には近い店舗では安く、遠くなるほど高額になります。

新宿以外から取り寄せる場合は、より高額になるケースも増えてくるので注意しましょう。また、悪天候だったり配達パートナーが足りない時も、高額になりやすいです。なお、東京の基本料金は受取が265円で受け渡しが60円、距離報酬が1㎞あたり125円となっています。配達報酬は、他エリアに比べて高めの水準と言えるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区で使えるお得なクーポン情報

新宿区でウーバーイーツが気になっている時には、初回注文時に使える便利なクーポンがあるので、活用してみましょう。初めて注文する場合に限定されているので、使わないと損です。

このクーポンは使い方シンプルで、オーダーの際にコードをコピペするだけで適用されます。チケットを貰うなどの面倒な手続きが必要ありません。また、二回目以降の注文で使えるクーポンも、しばしばキャンペーンで配布されているのでチェックしておきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区の注文の始め方

PCでは公式サイトの注文システム、携帯端末ではアプリを使うと便利です。注文システムは氏名や電話番号を入力してアカウントを作成すると、後は自由にオーダーできます。配送希望地を選んでメニューを探し、カートに追加してから決済するのが基本的な流れです。

メニューによっては、カートに追加する時に大盛りやトッピングを選べます。アプリの方も使い方は簡単で、スマホ操作に慣れていれば、特に問題はないでしょう。インストールして、後は注文したい料理を選んで決済するだけです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区は稼げる?

新宿区は配達パートナーにとって、もっとも効率的に稼げるエリアの一つ言えます。このエリアはグルメに目が無い住民が多く、しかも、高所得者で便利なサービスを積極的に使う傾向にあります。

この潜在ニーズの豊富さは、配達パートナーにとっては大きなメリット。しかもウーバーイーツで人気のチェーン店も多い上に、地域密着型のレストラン・食事処も枚挙に暇がありません。全国的にみてもそうですが、都内でも新宿ほど稼げるエリアは限られているでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区の配達の始め方

配達パートナーとして登録すると、配達業務をはじめられます。特に厳しい条件はないので、気軽にチャレンジしてみましょう。登録はもともとシンプルですが、今はパートナーセンターが閉まっているため、より簡単になりました。

公式サイトの登録用ページにて、必要事項をフォームで入力し、本人確認用の書類を提出すれば手続き完了です。後は数日から2週間ほど、審査のための時間がかかるので、暫く待ちましょう。なお、稀にですが追加で認証用の資料を請求されることがあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区で稼ぐための方法

新宿区でもエリアと時間帯によって、注文の入り方が変わってきます。例えば、チェーン店が多いエリアはランチタイム、軽食やスイーツが多いなら15時くらいに忙しくなる、と言った具合です。もちろん、曜日によっても稼ぎは変わってくるでしょう。

このため、新宿で効率的に稼ぐなら、いつ、どこを縄張りにすれば稼げるのかを把握することが大切です。新宿は店舗数も多く、エリアも広大ですから、地図などで調べて狙い目のスポットを見つけていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区で稼げるエリア

新宿においてもファストフードは人気が高いため、バーガーのチェーン店や牛丼屋が集まっているエリアは狙い目です。具体的には新宿駅や東新宿駅、大久保駅周辺は有名チェーンが多い上にレストランも集まっており、注文が入りやすいでしょう。

特に大久保や東新宿は高田馬場などのエリアから、利用される可能性もあります。ただし、新宿はタワーマンションが多いので、注意が欠かせません。タワマン上層からの注文はタイムロスに繋がりますから、このようなオーダーが多いエリアは考え直した方が良いでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区の給料・報酬予想

タイミングや配達パートナーのスキルにもよりますが、ピーク時には1時間当たり2,000円前後を稼ぐのも可能なエリアでしょう。平均すると1300円から1700円位になる日が多いと思います。

このエリアはブーストがかかることが多いですし需要もあるので、全国的にみても高水準の収入が期待できます。現に、一日で1万円以上稼いでいる配達スタッフもいるほどです。腕を磨くと、場合によっては非正規社員よりも稼げるかもしれません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)新宿区まとめ

新宿エリアのウーバーイーツについてまとめてきました。特に美味しいレストランが加盟しているので、グルメ好きには嬉しいエリアでしょう。配達される分、テイクアウトより楽ですし衛生的にも安心感があります。

もし、これから注文を考えている時には、クーポンを忘れないようにしましょう。また、配達スタッフとしても、魅力が詰まったエリアとなります。場所によっては坂道が多いのできついですが、その分、体力があればライバルに差を付けることも可能。ニーズが多い上に稼げるスポットも多彩なので、興味があれば、今が初め時かもしれません。