配達パートナーの登録はこちら

【Uberで】時間で人間を縛ることは奴隷的な考えだと思う【奴隷解放宣言】

疑問を持ったブタさん

時給労働にくたびれてしまったよ。お金を稼ぐためには必ずしも一定時間拘束されないとダメなのかな。自分の好きな時間に、好きな時間だけ働くことができればいいのに・・・なにかいい解決法はないかな。。。?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • ほとんどの人間は「時給」で働いているけど、それってものすごいシンドイです
  • 時間で人間が縛られるのは「奴隷」である理由とは?時給的な考えから今すぐに脱するべし
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)は「時給」の働き方ではない!完全に成果報酬なので工夫次第で稼げるように

ほとんどの人間は「時給」で働いているけど、それってものすごいシンドイです

社会人として働いている大半の人は、「時給労働」をしている、という事実があります。

時給労働は、労働した時間分、確実にその分の給料が貰えるというメリットがありつつ、一人の人間が割くことの出来る時間のリソースには限りがあるので、収入の上限が生まれてしまいます。

また、大半の時給労働は働く場所が制限されます。

結論を言ってしまうと、時給労働ってものすごいシンドい働き方であると思います。

【真理】時給労働って、めちゃくちゃシンドくないですか?私はシンドイです

これは私がずっと前から思い続けてきたことなのですが、「時給労働ってめちゃめちゃシンドい」と思います。

時給労働のメリットは、自分が働いた分は確実に給与が保障される、という点がありますが、会社やアルバイト先はそれをいいことに、労働者を酷使して、結果としてブラックな労働環境を作り上げる場合があります。

また、時給労働には、給与の上限があります。

自分の働いた分しか給料を手に入れることは出来ないので、大きく稼ぐには、必然的に長時間労働をするしかなくなります。

とはいえ、人ひとり稼働できる時間は上限があります。

つまり、残念ながら時給労働では飛躍的に稼ぐことは不可能なのです。

時給労働をすればお金の安定はするかもしれないけれど、制約や失うものも多い

とはいえ、時給労働は多くの会社(とくにパートやアルバイトはほとんど)で採用されている労働形態になります。

もちろん、時給労働をすることにメリットを感じる人もいます。

時給労働をすることの代表的なメリットのひとつに、「稼働した時間分だけの給料が保障される」というものがあります。

たしかに、働いた時間分だけ確実に給料が貰えるのはいいことかもしれません。

しかし、逆に言うと、自分が時間働いた分以上のお金は絶対に稼ぐことが出来ない、ということになります。

つまり、自分がどれだけ仕事を工夫して行い、他の人よりも成果を出すことに貢献したとしても、他の怠けながら働いた人と同じ給料しか貰えない、という場合も十分考えることができます。

正社員でも会社の時給を換算してみると、そこら辺のアルバイトの方が高いことも

ぶっちゃけた話をしてしまうと、日本企業で正社員として働いている人の中には、最低賃金を下回っていたり、アルバイトの人よりも安い時給で働いている人は少なくないと思います。

日本の会社の多くは「みなし残業」や「裁量労働制」などを取り入れている会社も多いですが、会社はこれらを悪用して、社員に給料で還元しないことも多いです。

正社員としてフルタイムでガッツリ働き、さらに残業も毎月たくさんの時間行っているにも関わらず、給料が雀の涙程度しか貰えないのは、悲しいですよね。

日本の正社員の待遇がそんなに低いのであれば、もはや正社員である理由すら考え直してしまいます。

しかし、これからの時代は、「正社員」であることに固執せずにより柔軟な働き方が増えていくことと思います。

そのひとつとして、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーという働き方があります。

人間が場所に縛られるのは「奴隷」である理由とは?時給的な考えから今すぐに脱するべし

私は、一般的な時給労働のような、時間によって人間がひとつの場所に縛られて働く働き方は「奴隷的な働き方なのではないか」と考えています。

結論から言うと、時給労働のような働き方をしている人は、今すぐにその働き方を改めるように行動を始めた方がいいのでは無いか、と考えています。

【結論】時間で人間が縛られるのは、奴隷だと思います

日本社会の働き方は、「時給労働」が主流になっているのはみなさんご存知の通りだと思います。

アルバイトの募集などは、基本的にほとんどの募集が時給労働ですよね。

正社員にしても、毎月の労働時間が定められた上に固定給な会社が多いので、これもひとつの時給労働と言っても間違ってはいないでしょう。

だけど、この「時給労働」って、なんか奴隷みたいに思えます。

「○○時間働けばこれだけの給料を出すから、その間は拘束させてもらうよ」

という様に私には聞こえますね。

自分の生産効率がどんなに向上しても、ずっと同じ給料で働かされていると、だんだんモチベーションも低下してしまいます。

これが、「時給労働」が奴隷のような働き方であり、日本人の働き方には問題があるような印象をもつ原因だ思います。

一定時間おなじ場所で働き続ける必要があるのは「我慢」であり、生産性は落ちる

会社員って、始業から定時まで、基本的に会社に居て働き続けなければいけませんよね。

だけど、それって「我慢」ですよね。

本来は、自分の生産効率が最大限発揮だきる時間だけ稼働をして、時間対生産性を高めていくことが理想的です。

しかし、会社員の場合はそれが出来ません。

とにかく、会社に朝から夜まで8時間(8時間では済まされない場合も多いですね)きっちり働かなければいけない。

これって、「思考停止」状態に陥ると思います。

思考停止になると、生産性もガタ落ちですね。

こういった理由で、会社員として働く時点でかなり生産性の低い人生を歩み続けていくと思います。

時給での働き方が一般的になっているけど、それって自然と私達を苦しくしている

結論を改めて申し上げると、時給での働き方は、控えめに言って「シンドイ」です。

時給労働をこれから先も続けていく時点で、私達は永遠と消耗し続ける人生を歩み、「お金欲しいなあ」と思っていても飛躍的に稼げるようになることは極めて難しいでしょう。

あなたが現在、自分の働き方に関して苦しさや辛さを覚えているのは、あなたが「時給労働」という消耗する働き方を選んでいるからかもしれません。

そういった場合、「時給労働」から抜け出すことが出来れば、あなたはより働きやすくなると思います。

そのきっかけのひとつに、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーという働き方をここでは提案致します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、自分の好きな時間に、自分の好きなだけ働くことの出来る新しい働き方です。

近年、従来の「時給労働」に消耗している人にとって、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは根強い支持があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は「時給」の働き方ではない!完全に成果報酬なので工夫次第で稼げるように

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、そんな「時給労働」とは一味違った働き方をすることが出来ます。

その上に、誰でも始めることが出来るし、稼働した分は必ず報酬の保障がされているので、よくある副業のような「ぜんぜん成果が出ない、、、」なんてことはありません。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)は完全に成果報酬型の働き方で、配達した距離や配達数に応じて報酬が伸びることもあります。

そのため、自ら工夫して配達効率を上げることで、手に入れる報酬を伸ばすことができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)には「時給」という概念は無い!配達量で報酬が決まる完全成果報酬制

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしての働き方には、「時給労働」という概念は一切ありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの働き方は、「成果報酬型」の働き方である、ということが出来るでしょう。

アプリで飛び込んでくる配達依頼に対して、愚直にタスクをこなしていくことで、自分が配達した距離や配達数に応じた報酬を受け取ることが出来ます。

シフトが無いので自分の好きな時間に働くことができる。時間で縛られる事が一切ない

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーには、「シフト」が一切ありません。

つまり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、時間に縛られずに、自分の好きな時間に自由に働くことができる、ということです。

従来の働き方の場合、時間に縛られて働くことが一般的でしたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはその常識を覆した働き方となります。

自分の好きな時間に、自分の好きな時間だけ働くことができる、というのが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の働き方なのです。

即日稼働可能、給料は週払いなので「日雇い派遣」よりも自由な働き方が出来る

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、即日登録、即日稼働をすることができます。

つまり、今あなたがこのブログを読んでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動しよう、と決めた場合には、こちらのリンクから登録ページに進み事前のWEB登録を済ませ、Uber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターに行って軽い説明を受け、配達バッグを手に入れることですぐに配達を開始することができます。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集