Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達中に眠気を感じた時の対処方法

疑問を持ったブタさん

んー、、、Uber Eatsの配達をしてるときに眠くなってきたらどうしたら良いんだろう?

みんなは眠くなってきたらどうやって対処してるんだろうか・・・知りたい。

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • Uber Eatsの配達をしている最中に眠くなることがあります
  • Uber Eatsの配達中に眠気を感じたときの対処方法を考えてみた
  • Uber Eatsの配達で眠くなったら、無理をせず休むのが結局一番良いです

Uber Eatsの配達をしている最中に眠くなることがあります

これは事実ですが、Uber Eatsの配達をしている最中に眠くなってしまうことは誰にでもあります。

【事例あり】実際に私もUber Eats配達中に眠くなることはよくあります

実際に、私もUber Eatsの配達をしている最中に眠くなることは頻繁にあります。

正直、これは仕方ないかと割り切っています(笑)

特に昼過ぎから夕方にかけて、配達依頼が少ない時間帯に眠くなりやすいです

これは私の体感ですが、特に昼過ぎから夕方にかけて、眠くなりやすいです。

要するに、「配達依頼の少ない時間帯」は眠くなりやすいんですよね。

時間帯でいうと、3時〜4時あたりは非常に眠くなりやすいです。配達依頼も少なく、日も少し落ち着いてきた時間帯ですね。

というより、この時間帯は日本全国みんな眠い時間帯だと思います(笑)

また、天気が曇っていて薄暗い日なんかは非常に眠くなりやすいです。

Uber Eats配達パートナーは眠気を堪えてまで頑張る必要のある仕事かどうか?

ここで、Uber Eatsの配達パートナーとして働くのに、「眠気をこらえてまで頑張って働く必要があるのか?」について考えてみようと思います。

結論から言うと、Uber Eatsの配達パートナーは、「自分のペースで自由に働ける」ことが魅力的な働き方なので、無理をしてまで頑張る必要はまったくないと私は思います。

Uber Eatsの配達中に眠気を感じたときの対処方法を考えてみた

ここでは、Uber Eatsの配達をしている最中に眠気を感じたとき、その眠さをどのように対処すればよいか?対処法について考えてみます。

対処方法1:眠気覚ましガムやエナジードリンクを飲んで眠気を吹き飛ばす

まずひとつ目の対処方法としては、「眠気覚ましのガムやエナジードリンクを飲んで、眠気を吹き飛ばす」という手段です。

これは結構有効な手段で、私もよく利用しています。

具体的に言うと、眠気覚ましのガムでいえば、「ブラックブラックガム」や「クロレッツ」などの強いメンソールのガムをよく食べることがあります(笑)

とりあえずこれらを口にすれば、ある程度の眠気は覚まされます。

これでも本当に眠気が収まらないときには、レッドブル、モンスターエナジー、眠眠打破、強強打破、激強打破・・・など、カフェインの入ったドリンクを飲むこともありますw

ちなみに上から下にかけて効果は強くなっていっています(笑)

ただし、カフェインの多く含まれているドリンクを飲むときには、人によっては夜眠れなくなったり、下痢になったり、体調に支障が出てしまう人もいますので、あくまでも自己責任でよろしくお願いいたします!

対処方法2:とにかく自転車を漕ぎ続けて眠気を回復させる

ふたつ目の方法としては、「眠気にはとにかく体を動かす!自転車をとにかく漕ぎ続ける」作戦です。

自転車を漕いで眠いときには、とにかく体を動かして眠気を吹き飛ばす作戦です。

自転車を漕ぎ続けていれば、配達依頼が再びよく鳴るきっかけにも繋がります。

基本的に私は、恵比寿や新宿・渋谷・秋葉原などの、いわゆる「稼げるエリア」に常に滞在するように、配達後はそういったエリアに戻ることを心がけています。

そうすれば、必然的に新しい配達依頼が舞い込んで来て、絶え間なく配達をすることができることが多いです。

ただし、居眠り運転には十分気をつけてください(居眠り運転禁止です!)。Uber Eatsの配達で事故にでもあったら、今まで稼いでいた分なんて一瞬で、それ以上の治療費なんかもかかってしまう可能性がありますよ。

対処方法3:コンビニのイートインで仮眠or速やかに家に帰ってぐっすりと眠る

3つ目の方法としては、「眠気が来たらむやみに逆らわず、おとなしく眠気に従う。コンビニのイートインスペースがあったらそこで仮眠を取るか、あるいは家に帰ってその日はぐっすり眠る」作戦です。

最近のコンビニは、イートインスペースが充実していますよね。イートインがもし空いていたら、そのスペースでサクッと15分くらい仮眠を取るのも良い選択肢だと思います。

短時間でも、仮眠をとることで眠気がスッキリする効果がありますし、その後の配達のモチベーションも高く保つことが出来るかと思います。

日中14時~16時の「眠い」と感じやすい時間帯に適度な仮眠をとると、脳の疲れがとれ、仕事や勉強のパフォーマンスが上がります。通常、体内時計のリズムは、眠気のピークが就寝時刻からおよそ15時間後にくるようになっています。このタイミングで仮眠をとると、眠気が解消できます。

https://www.sleepstyles.jp/about/archive/7546.html

(上)この通り、仮眠をとるとパフォーマンスが上がることが書かれています。

Uber Eatsの配達で眠くなったら、無理をせず休むのが結局一番良いです

これは結論ですが、Uber Eatsの配達で眠くなったら、無理をしないで休むことが一番良いです。

眠い中頑張ったところで、効率は低下しますし、その後のUber Eatsの配達にも悪影響を及ぼします。

「疲れているときはゆっくり休む」これがUber Eatsで効率的に稼ぐための必須事項です。

眠いときにUber Eatsの配達をしようと思ってもモチベが沸かずあまりオススメではない

ぶっちゃけた話をしてしまうと、眠いときにUber Eatsの配達をしようとするのは、あまりオススメではありません。

なぜならば、眠い状態でUber Eatsの配達を行おうと思っても、モチベーションを高く保つことは難しいし、配達の効率も必然的に低下してしまうからです。

そしてそもそも、Uber Eatsは自由に働けることが魅力な働き方なので、眠いときにわざわざ働く必要は一切ありません。

Uber Eats配達中に眠くなってきたら疲れた証拠。その日はしっかりと休みましょう

もしあなたがUber Eatsの配達中に眠気を感じてきたら、それは疲れている証拠です。

Uber Eatsの配達中にもし眠くなってきたら、その日はしっかりと休息を取ることに専念しましょう。

Uber Eatsの配達でしっかりと稼ぐには、万全の状態で効率よく稼働をすることです。

眠い状態、疲れた状態で稼働をすると効率も落ちてしまいますし、疲労もどんどん溜まってしまいます。

それは良くないので、疲れたら速やかに家に帰ってお布団にGOするのがベストです。

Uber Eats配達を無理してやろうとしても、事故に遭うリスクなどもあり、良くない

再三になりますが、眠気を我慢しながらUber Eatsの配達を行おうとするのは、おすすめしません。

何より、眠い状態でUber Eatsをやると、居眠り運転につながったり、交通事故につながってしまう可能性もあるからです。

ここで悲しいお知らせですが、Uber Eatsの配達中に事故にあってしまう事例が発生しています。中には、Uber Eatsの配達で死亡事故になってしまった事例もありました。

事故にあってしまったら元も子もありません。Uber Eatsの配達を行う上では、万全の体調で、自分の体力の可能な限り、活動をすることを強く推奨します。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集