配達パートナーの登録はこちら

今の時代Uber Eats(ウーバーイーツ)配達があるから会社で擦り切れる必要なんて全く無い

疑問を持ったブタさん

会社で働き続けている現状に疑問を感じているんだけど、ここまで精神的に参りながら、会社で働き続ける必要って一体あるのだろうか・・・?

少なくとも、現状は人間らしく生きることが出来ていない気がする・・・もっと人間らしく、伸び伸びと生きたいなぁ・・・。

そんな擦り切れているあなたのために、この疑問を解決する記事を提供します。

この記事で提供できる情報
  • 【現状】会社で精神を消耗している人が都心には本当に多い
  • 会社で消耗をしなくても、現代ならUber Eatsの配達をすればOK
  • Uber Eats配達ならもっと自由に、気軽に働くことができる

【現状】会社で精神を消耗している人が都心には本当に多い

悲しいかな、これは現状なのですが、会社で精神的に消耗している人は日本中にたくさんいます。

特に、東京を始めとした都心にはそのように精神的に参っている会社員の方が本当に多いです。

事実、私もその中の一人でした。

【悲しい事実】会社にいると消耗をするのは当たり前です

これはとても悲しい事実ですが、残念ながら会社に在籍しつつ働いていると、高確率で消耗をしてしまいます。

中には、会社員として楽しく、伸び伸びと働くことができている人もいることは否定しませんが、大半の人は会社にいる限り消耗をしながら働いていることでしょう。

実際に私も会社員として非常に消耗した生活を送っていました

実際に、私も会社員として働いていた経験がありますが、確かに会社員として、消耗した生活を送っていたことは否定しません。

少なくとも私は、会社員としての生活はとても苦しく、消耗した生活を送っていたことは間違いありません。

具体的に何に消耗していたかというと、こんな感じです。

  • 毎週2回の朝掃除当番
  • 何度も鳴り止まない電話対応
  • 毎日往復1時間以上の通勤
  • etc…

などなど、他にも挙げてみればキリが無いほどのことがありますが、それはそれは消耗した生活を送っていたことは間違いありません。

【悲報】会社で消耗をしていても何も手に入れるものは無い

これは悲報なのですが、会社で消耗しながら働いていても、その結果手に入れる事ができるものは何も無いと言ってもいいでしょう。

「我慢したからそれなりの対価や経験値がもらえる」と考えている人は、残念ながら甘え過ぎですね。むしろ、そのような環境に甘んじて居残り続けたことを恥さえすべきだと私は思います。

そのように会社で消耗をしている間に、優秀な人はどんどん行動をしてどんどん結果を残し、そしてあなたとの差をどんどん広げていきます。

つまり、あなたが会社で消耗をしていることは、残念ながら時間の無駄であるとも言うことができるのです。

会社で消耗をしなくても、現代ならUber Eatsの配達をすればOK

実はこれに気づいていない人も多いのですが、会社内で精神的に消耗をしてまで働かなくても、現代にはもっと精神的に楽に働く方法があります。

それが、Uber Eatsの配達をすることです。

Uber Eatsの配達であれば、会社員のように上司に怒られたり人間関係で難しい思いをすることなく、自分の好きなままに、とても気楽に働くことができるのです。

Uber Eatsの配達なら会社内のように嫌な思いをすることが無い

現在、会社で結構嫌な思いをしながら働いており消耗している人には朗報ですが、Uber Eatsの配達であれば、会社で働いていた時のように消耗することはほとんど無いと言っても過言では無いでしょう。

会社員の場合は、私を含め、主にこのような事に消耗をしている人が多いです。

  • 仕事が出来ないことによる深い自己嫌悪感に陥る
  • 仕事をミスした時に上司にひどく怒られたり、影で愚痴を言われたりする
  • 非常に面倒くさい人間関係をなんとかやり過ごさなければいけない
  • 残業しないと絶対達成できないノルマ
  • 遅くまで会社に残って働くのが当たり前な風潮

事実、私もこのような事に消耗をしている人間の一人でした。

しかし、Uber Eatsの配達パートナーとして活動をすることで、このようなストレスや精神的な消耗からは一切開放されることができるのです。

Uber Eatsの青空の下で働くことのできる喜びは計り知れない

これはUber Eatsの魅力的な面の一つの例になりますが、「青空のもと配達をするのが最高に気持ちいい」と私は思っています。(笑)

私は今まで、システムエンジニア(SE)として薄暗い会社の中で一日中パソコンと向き合いながら仕事をしていましたが’、控えめに言ってずっと画面をみながら作業をしているのは精神的に厳しい物がありました。

人によってはシステムエンジニアあのような働き方に魅力を感じ、伸び伸びと働くことができている人もいることも事実ですが、残念ながら私にはそのような適性はありませんでした。

そんな私にとって、Uber Eatsの配達パートナーの働き方は本当に魅力的なものでした。

特に、晴れの日に青空の下で自転車を漕ぎながら配達をしているときは本当に幸せを感じます。

今まではどんなに天気の良い日でも薄暗い会社内で働かざるを得ませんでしたが、Uber Eatsの配達パートナーとして働けばいくらでも太陽の恩恵に預かり、たくさん光合成をすることができます。w

自分の好きな時間に働く事ができるので満員電車に消耗することもない

さらに、Uber Eatsの配達パートナーは、自分の好きな時間に働くことができるのも魅力的だと思います。

ここで初めて知った方もいるかと思いますが、Uber Eatsの配達パートナーは一般的なアルバイトのように「シフト」の概念が一切ありません。

どういうことかというと、Uber Eatsの配達パートナーは、自分の働きたい時に稼働を開始でき、自分の好きな時間帯だけ稼働をし、そして自分の好きな時間に稼働を終了することができるのです。

そのため、会社員では避けることのできない、「朝の苦しい満員電車」に乗る必要さえ一切ないのがUber Eats配達パートナーの魅力的な部分であると思います。

Uber Eats配達ならもっと自由に、気軽に働くことができる

さあ、あなたもこれから、Uber Eatsで今までよりももっと自由に、そしてもっと気楽に働いてみませんか。

会社員をしていた人であれば、特にUber Eatsの自由で気楽に、そしてのびのびとした働き方の魅力を感じられることでしょう。

【事実】Uber Eatsの配達をしている人は楽しく働いている人が多い

これは事実なのですが、Uber Eatsの配達パートナーとして働いている人は、楽しく働いている人が非常に多いと思います。

少なくとも、会社員として満員電車に揺られながら働いている人に比べると、Uber Eatsの配達パートナーはとても楽しく働くことができていることでしょう。

どうしてこのような事が言えるのかというと、Uber Eatsの配達パートナーの仕事は会社員に比べて、受けるストレスが非常に少ないからです。

先ほども挙げましたが、以下のような点において、Uber Eatsの配達パートナーはストレスを感じにくく働くことができます。

  • 時間の自由(出勤時間が決められていなく、自分の好きな時間に稼働ができる)
  • 人間関係からの開放(上司に怒られることがない。そもそも、上司がいない)
  • タスクからの開放(仕事の裁量は自分で決められる)

会社員は会社に人生をコントロールされるけど、Uber Eats配達は違う

残念ながら会社員の多くは、会社に人生をコントロールされてしまいます。

悲しいし、反論がある人が多くいるかと思うけれど、これは事実です。

会社員として働くということは、会社のために働く、ということです。

給料を良い餌に、会社の経営者に好きなように振り回されている、それが会社員なのです。

しかし、Uber Eats配達パートナーは違います。

そもそも、Uber Eats配達パートナーは会社員ではなく、個人事業主として働くことになります。

つまり、利益を出すかどうかはすべて自分自身の行動で決めることができるのです。

事実、Uber Eatsの配達パートナーで稼いでいる人はたくさんいるし、専業として独立をしている人もたくさんいます。

会社員として会社の中で甘んじて経営者のために働き続けるか、それともUber Eats配達パートナーとして、個人事業主として自分の道を切り開いていくかは、あなた次第です。

始めたい時に始められ、辞めたい時に辞められるUber Eatsはまさに「自由」

Uber Eatsの配達配達パートナーは、誰にでも始めることができます。

しかも、面接もなくすぐに始めることができる上に、自分の好きなときに配達を辞めることもできるので、会社員として働くよりも圧倒的に「自由」に働くことができるのです。

普通の会社員では、このような自由さを手に入れることはなかなか難しいでしょう。しかし、Uber Eatsの配達パートナーであれば、自由な働き方を手に入れることも難しくありません。

個人事業主としての働き方には様々ありますが、Uber Eatsの配達パートナーは、誰にでもお金を稼ぐことのできる働き方だと思っています。

事実、スマホに舞い込んでくる配達依頼を着実にこなしていることで、着実にお金を稼ぐことができます。

このような誰にでも確実性がある個人事業主としての働き方は他を探してみてもなかなかないのではないかと思います。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集