配達パートナーの登録はこちら

赤チャリ(ドコモバイクシェア )でUber Eats(ウーバーイーツ)本格的にやるなら、定額プランが絶対におすすめです

今回の記事のポイント

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは赤チャリに乗るなら4,000円の定額プランに入るべき!

電動自転車は自転車配達の大きなアドバンテージ!ママチャリ配達はやめといたほうが…

赤チャリ定額プランなら電池が切れたら何度でも乗り換えることが出来る!!!

皆さんこんにちは。今回は、赤チャリ(ドコモ・バイクシェア)にのってUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をやろう、と考えている方には、Uber Eats(ウーバーイーツ)専用の自転車定額プランに加入することをおすすめする理由をご紹介します。

私も実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は赤チャリを使って行っていますが、私も定額プランに加入しています。Uber Eats(ウーバーイーツ)専用の定額プランは、月額4,000円します。「自転車を借りるだけで月に4,000円も取られるの!?」と考えているあなたは、ひとまずこの記事を読んでみてください。

赤チャリでUber Eats(ウーバーイーツ)やるなら定額プランがおすすめ!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーならどれだけ使っても月額4,000円!

赤チャリ(ドコモ・バイクシェア)の利用料金は以下のようになっています。

参照サイト:ご利用料金・時間 | 東京・港区自転車シェアリング(レンタサイクル)

自転車の利用時間ごとに料金がかかる1回会員は、最初の30分が150円、そしてそれ以降は30分ごとに100円が追加でかかるようになっています。1回会員プランで8時間使用すると、(150+100)+(1002)7=1,650円かかります。高いですね…

月額会員は、最初の30分こそ無料ですが、30分以降は1回会員と同様に30分ごとに100円がかかるようになっています。長時間利用するUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーには向いていないですね。

1日パスは、1日毎に1,500円かかります。高いですね。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは特別に、プランが用意されています。

実はUber Eats(ウーバーイーツ)とドコモ・バイクシェアは提携をしています。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録している人限定で、ドコモ・バイクシェアには月額4,000円で使い放題ができるプランがあります。

この月額4,000円のプランに加入すれば、契約期間内であればどれだけ使っても月額料金が4,000円から増えることはありません。

電池が切れたら何回でも乗り替えられる

こちらの記事でもご紹介しましたが、東京都内、特にUber Eats(ウーバーイーツ)のエリア内には赤チャリ(ドコモ・バイクシェア)の駐輪場、いわゆるポートがたくさんあります。

<赤チャリ(ドコモバイクシェア)マップ>

GoogleMapsアプリで開く場合はこちら

さらに、赤チャリのポートはドコモ・バイクシェアのアプリで現在地に近いポートやそのポートに現在何台の自転車が駐輪されているか?ということも見ることができます。

ドコモ・バイクシェアの赤チャリは電動自転車ですが、バッテリーは数時間しか持ちません。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしていると、一日に何台もの自転車を乗り換えすることになります。(私は平均して一日およそ8時間〜10時間の配達に3台〜4台の乗り換えをしています。)

そんな時でも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の会員プランであれば自分で好きなだけ自転車の交換をすることができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の赤チャリ配達パートナーにとって、自転車のバッテリーは命です。(バッテリーがなくなったら電動自転車はクソほど重くなります)

躊躇なくバッテリーを交換するためにも、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは4,000円のUber Eats(ウーバーイーツ)限定乗り放題プランに申し込むのが良いでしょう。

電動自転車は楽!勾配の多い東京都内では電動自転車は大きなアドバンテージ

「自転車に乗ってUber Eats(ウーバーイーツ)をやろう!」と考えている方は多いかと思いますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして自転車を使って活躍するためには、電動自転車は非常に大きなアドバンテージになります。

というより、Uber Eats(ウーバーイーツ)は長時間自転車を漕ぎ続けることになるため、ママチャリでやろう!と考えている方、結構きついと思うので赤チャリを借りたほうが良いと思います(笑)東京都内、特にUber Eats(ウーバーイーツ)エリア内は坂道が多く、アップダウンが激しいので電動自転車や軽いロードバイクなり、移動に体力を消耗しないような自転車を選ぶべきです。

特に、一日1万円以上稼ぎたい場合には自転車の場合、10時間以上自転車を漕ぎ続けることが必要になることが多いです。そう考えると、やはりアシストの付いている電動自転車は大きな助けとなります。

まとめ

今回は、赤チャリ(ドコモ・バイクシェア)を使ってUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやるなら、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー専用の4,000円の乗り放題プランに契約することがおすすめである、という内容で記事を書かさせていただきました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、自転車かバイクの2択です。バイクの場合には、走行するのに体力をそれほど使いませんが、自転車の場合は坂道もあり漕ぐための体力が相当必要になります。

出来る限り消耗する体力を減らすことが、Uber Eats(ウーバーイーツ)で長時間活躍することが出来るし、活躍できる事ができるとおもいます。そのため、電動自転車を月額料金4,000を支払ってでも利用することはトータルで診たら大きなプラスになります。

皆さん、どんどん赤チャリの定額プランで沢山Uber Eats(ウーバーイーツ)しましょう!!

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です