フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)の手数料が掛かってしまう理由や手数料の種類を解説!

利用方法
現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーセンターが休止しています。それに伴い、現在はオンラインで配達パートナー登録を完結できます。すぐに配達パートナーとしての登録を完了させたい方は、こちらより1分程度で登録できます。

1分で完了!Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の登録はこちら

Uber Eats配達パートナーは必見! 持っておきたいアイテム集!

Uber Eats配達パートナーの方は必見です!

配達時に持っておくと便利なアイテムを楽天ROOMにまとめました。

配達で他の人と差を付けたい方はチェック必見です!

楽天ROOMで便利アイテムをチェック!
「BIGLOBE rakuten_room 2+」
「BIGLOBE WiMAX 2+」
Uber Eats配達パートナーにおすすめ! Wi-Fiを無制限で使えるWiMAX!

Uber Eats配達パートナーにおすすめなのがこちら「BIGLOBE WiMAX 2+」!

容量無制限のモバイルWi-Fi端末なので、Uber Eats配達による通信制限の心配が一切ありません!

サービス開始月は月額0円で利用できるのもポイントです💡

BIGLOBE WiMAXの申し込みはこちら
監修:本田 忠嗣 Uber Eatsの配達を累計5,000回以上行う配達のプロ。効率化を追求し、Uber Eats配達での月間収益は50万円を超える。配達にあたりノウハウをこのサイトで完全公開中。 メッセージ:フード注文1,000円引きクーポンを配布しています!「interjpe216jg4v」をご利用ください。
クーポンを利用する
配達パートナーの登録はこちら

「Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用したいけれど、手数料が高いからなかなか利用できないんだよね」こう思っている方は多いのではないでしょうか?

今回の記事では、そんなUber Eats(ウーバーイーツ)の手数料についてご紹介します。

・Uber Eats(ウーバーイーツ)の手数料とはそもそも何なのか?
・Uber Eats(ウーバーイーツ)の手数料には何が掛かるのか?
・Uber Eats(ウーバーイーツ)の手数料がかかる理由
・Uber Eats(ウーバーイーツ)の手数料を無料する方法

これらの情報についてご紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の手数料とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の手数料とは、Uber Eats(ウーバーイーツ)で食事を注文する際に掛かる、食事金額以外の料金のことを言います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)注文に掛かる手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文に掛かる手数料には、大きく分けて、次の3種類のものがあります。

・配送手数料
・サービス手数料
・少額注文手数料

ここでは、これらの手数料について、1つずつ詳しく解説をしていきます。

配送手数料

配送手数料とは、簡単に言うと送料のことを指します。Uber Eats(ウーバーイーツ)で食事を注文すると、一定額の配送手数料がかかります。

配送手数料は、注文する飲食店によって値段はばらばらです。一番安いところだと50円、高いところだと500円前後の配送手数料が掛かる場合があります。

従来までは配送手数料が一律360円で統一されていましたが、2018年ごろから配送手数料の改定がされ、店舗ごとに異なった配送手数料となっています。

配送手数料は、飲食店から配達先までの距離が関係しています。い一概に言うことはできませんが、距離が遠いほど配送手数料は大きくなる傾向にあります。

サービス料

サービス料とは、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービスを利用することに対してかかる手数料です。配送手数料とは別に、サービス料がかかります。

サービス料の相場としては、食事の注文代金に対して5%~10%程度が掛かることが一般的です。サービス料については、Uber Eats(ウーバーイーツ)のエリアごとに異なる場合があります。

少額注文手数料

少額注文手数料とは、Uber Eats(ウーバーイーツ)で食事を注文する際、少額の注文をした場合に掛かる手数料です。ここでいう少額とは、700円未満の注文を指します。

700円未満の注文をした場合、一縷tで150円の少額注文手数料がかかります。注文の仕方によっては食事の数を増やしたほうが少額注文手数料がかからず安く注文できる場合もあるので、700円前後の注文をする場合には飲み物を1点追加するなどの対応をするとよいでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に手数料が掛かる理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)で食事を注文する際に手数料が掛かる理由は唯一つ、サービスの維持に必要なためです。

仮にUber Eats(ウーバーイーツ)の注文で手数料が不要だった場合、どうなるでしょうか?Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用できる背景には、

・配達に対応する店舗側の努力
・配達パートナーの人件費
・Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービスの運営費

など、食事代金以外に様々な要素が絡んでいます。そのため、食事代金のみではサービスの運営を続けることができないのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は自宅にいながら有名な飲食店の食事を注文できる便利なサービスです。このサービスを利用するための料金と考えると、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文に手数料が掛かることは納得できるかと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送手数料を無料にする方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文をする際に掛かってしまう手数料ですが、実は無料になる方法があります。それは、「Eatsパス」というものを利用する方法です。

Eatsパスは、Uber Eats(ウーバーイーツ)が公式で展開しているサブスク(月額課金)サービスです。Eatsパスを利用することで、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送手数料を無料にすることができます。

※サービス手数料は掛かります。

Eatsパスは、月額980円で利用可能です。一ヶ月の間に2~3回以上の注文をする方であれば、Eatsパスに加入しておいたほうがお得にUber Eats(ウーバーイーツ)の注文を利用することができます。

Eatsパスは、Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリから簡単に登録をすることができます。マイページ内にEatsパス登録のボタンがあるので、ぜひ利用してみてください。(私も加入しています。)

Uber Eats(ウーバーイーツ)の手数料は必要不可欠なものだった【まとめ】

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の手数料についてご紹介しました。手数料が掛かって嫌だなと考えていた方も多いかと思いますが、今回の記事を読むことで、Uber Eats(ウーバーイーツ)に手数料が掛かってしまう納得の理由がわかったと思います。

引き続き、楽しくUber Eats(ウーバーイーツ)を利用しましょう!

監修:本田 忠嗣 Uber Eatsの配達を累計5,000回以上行う配達のプロ。効率化を追求し、Uber Eats配達での月間収益は50万円を超える。配達にあたりノウハウをこのサイトで完全公開中。 メッセージ:フード注文1,000円引きクーポンを配布しています!「interjpe216jg4v」をご利用ください。
クーポンを利用する
配達パートナーの登録はこちら
「BIGLOBE WiMAX 2+」
Uber Eats配達パートナーにおすすめ! Wi-Fiを無制限で使えるWiMAX!

Uber Eats配達パートナーにおすすめなのがこちら「BIGLOBE WiMAX 2+」!

容量無制限のモバイルWi-Fi端末なので、Uber Eats配達による通信制限の心配が一切ありません!

サービス開始月は月額0円で利用できるのもポイントです💡

BIGLOBE WiMAXの申し込みはこちら
Uber Eats配達パートナーは必見! 持っておきたいアイテム集!

Uber Eats配達パートナーの方は必見です!

配達時に持っておくと便利なアイテムを楽天ROOMにまとめました。

配達で他の人と差を付けたい方はチェック必見です!

楽天ROOMで便利アイテムをチェック!
「BIGLOBE rakuten_room 2+」
タイトルとURLをコピーしました