Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)とバイトを徹底比較してどちらが楽にたくさん稼げるか調査

疑問を持ったブタさん

Uber Eatsの配達をするか、バイトをするか、どちらをしようか悩むなぁ。

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • Uber Eatsの配達パートナーとバイト、結局どっちが良い?
  • バイトよりもUber Eats配達パートナーが優れている点
  • こんな人は、バイトよりもUber Eatsの配達をしたほうが良い!

Uber Eatsの配達パートナーとバイト、結局どっちが良い?

結局、Uber Eatsの配達パートナーとして活動するのと、バイトとして活動するの、どちらが良いのか?について解説をしていきます。

【結論】Uber Eatsの配達パートナーをやったほうが良いと思います

結論からお話すると、バイトとして働くよりも、Uber Eatsの配達パートナーとして活動をしたほうが良い、と私は思います。

実際に私は、バイトの経験もUber Eatsの配達パートナーとしての経験もありますが、もし私が学生の時にUber Eatsの配達パートナーという選択肢が最初からあったのであれば、間違いなくUber Eats1本でやっていただろうと思います。

簡単に言うと、一般的なバイトは「会社に雇われて働く」働き方であり、その一方、Uber Eats配達パートナーは「個人がUber社と提携をして働く」という形になります。

つまり、Uber Eatsの配達パートナーは「独立して働く」ということになります。

それを象徴するものとして、Uber Eatsの配達パートナーは、自分の働きたい時間に、好きな時間だけ働くことが出来ることが大きなメリットです。

一般的なバイトのように、決められたシフトや勤務時間に振り回されることなく働くことができるのです。

Uber Eatsの配達パートナーは新しい働き方なので魅力やメリットが大きいです

Uber Eatsの働き方は、最近出てきた、新しい働き方です。

もしかしたら、あなたのご両親くらいの世代になると、Uber Eatsの配達パートナーとしての働き方が理解できないかもしれませんね。

Uber Eatsの働き方は、今までの一般的な雇われて働く働き方のような、時間を制約されて働く、ということが一切ありません。

自分の好きな時間に自分のペースで働きたいだけ働くことが出来るのがUber Eatsの魅力です。

さらに、Uber Eatsと私たち配達パートナーは雇用関係を結ばないので、嫌な上司などがいるわけでもありません。

誰にも口出しされずに自分の好きなように働くことが出来るのもUber Eatsの大きな魅力だと言うことが出来ると思います。

少なくとも、一人の時間が好きで黙々と活動することが性に合っている私にとっては、Uber Eatsの配達パートナーが最高な働き方である事は言うまでもない事実です。

今後、働き方が多様化してきて、バイト人口は減っていくかも?

近年、特にインターネットが成熟してきたここ数年間の間で、新しい働き方がどんどん生まれました。

このUber Eats配達パートナーもそうですが、皆さんご存知の通り、YouTuberやブロガー、インスタグラマーなんかでも上手く活用すればお金を稼ぐことの出来る時代になりました。

この様な媒体でお金を稼いでいる人の多くは、インターネットネイティブ世代と言える、20代の若者を代表としています。

今の時代でそのような働き方がどんどん広がっているのだから、これから先はもっとクリエイティブで新しい働き方がどんどん広がっていくことでしょう。

今までのような、バイトが当たり前のような時代は、遅かれ早かれ、終焉を迎えると思います。

Uber Eatsの配達パートナーは、そんな新しい働き方の中でも、比較的シンプルに、そして誰でも稼げる(=再現性が高い)働き方です。

ここであなたがUber Eatsの配達を始めたくなったら、今日から(今日が土日祝日なら次の平日から)始めることができます!

まずはこちらからUber Eatsの配達パートナーの会員登録を済ませてしまいましょう。

バイトよりもUber Eats配達パートナーが優れている点

ここでは、バイトとして働くよりも、Uber Eatsの配達パートナーとして働くほうが優れている点について解説をしていきます。

もはや、バイトとして働くよりもUber Eatsの配達パートナーとして働く方が優れている点は山のようにあります笑

全部は紹介できないですが、私が特に感じている、代表的なUber Eatsの魅力について解説をしていきます。

バイトはシフトが決まっていて時間の制約があるけど、Uber Eats配達はそれらを解消

まず、バイトは基本的に「シフト制」ですよね。

シフト制というのは、月の頭などにあらかじめ自分の働く日時が固定で決まってしまう形式のものをいいます。

基本的にシフトに入った時間帯はバイトに出勤することが必須になります。

もし、体調が悪くなって休みたい時や、気分が乗らない時などはバイト先に連絡してその理由を話さなければいけません。

このように、シフト制はちょっと「メンドクサイ」んですよね。

しかし、Uber Eatsの配達パートナーの場合は、そのようなメンドクサイシフト制が一切ありません。

そもそも、Uber Eatsは雇われの仕事ではないため、同僚も上司もいません。

Uber Eatsの配達パートナーにおいて、あなたに指示を降るのは、あなたの手元にあるスマホのアプリです。

あなたがUber Eatsの配達を稼働させたい時は、専用のスマホアプリの「稼働スイッチ」をオンにすることで、配達の依頼があった時に通知がなり、配達の仕事が舞い込んできます。

さらに、その配達の以来は、自分自身で「受諾」することも出来れば、「キャンセル」することもできるのです。

もはや、Uber Eatsの配達パートナーという仕事において、あなたを抑えつける要因は一切ないのです!

バイトは上司や人間関係が面倒なこともあるが、Uber Eats配達は一切ない

バイトって、仕事以外にも面倒なことが色々ありますよね。

具体的に挙げてみると、こんな感じです。

  • シフトの調整をするのが面倒
  • シフト通りに出勤しないといけないのが面倒
  • 上司に怒られるのが面倒
  • 気難しい同僚や先輩に気を使うのが面倒
  • 業務内容を細かく覚えないといけないのが面倒
  • 自分の気分で働くことが出来ないことが面倒

・・・などなど、バイトの働き方には面倒なことが盛りだくさんです。

「働くんだから、これくらいのことは当たり前でしょう」

と言う考えを持つ方ももちろんいらっしゃるかと思いますが、私にはこの程度のことでさえ面倒に感じたので、バイトをする事よりもUber Eatsの配達パートナーとして働くことを選びました。

私が実際にUber Eatsの配達パートナーとして働いてみた感想ですが、上に挙げたような面倒なことが見事に解消されていました。

  • シフトの調整→そもそもシフトがないので自分のペースで働ける
  • シフト通りの出勤→そもそもシフトがない
  • 上司に怒られる→そもそも上司がいない
  • 気難しい同僚や先輩→そもそも同僚や先輩がいない
  • 業務内容→アプリの指示に従って食事受け取りと配達をするだけ
  • 自分の気分で→働ける。好きな時間に好きなだけ働いてOK

・・・これが、Uber Eats配達パートナーの働き方です。

バイトは給料が月に1回だが、Uber Eats配達は報酬が毎週振り込まれる

バイトの場合は、基本的に給料日は月に1回ですね。

バイトに限らず、一般的な会社員の多くは、給料日は月に1回というのが一般的です。

月に1回しかない給料日だと、ちゃんと計画的にお金を使っていかないと、お金がカツカツになってしまいます。

それを象徴するものとして、毎月25日には多くの会社の給料日がありますが、その日になるとATMには大勢が並んでいる姿を皆さんも見たことがあるかと思います。

「出来ることならば、月に何回か給料日があればいいのにな・・・」と思ったことはありませんか?

Uber Eatsの配達パートナーであれば、毎週が給料日です。

Uber Eatsの報酬は、毎週末締めの翌週払い、というシステムを採用しています。

そのため、今週頑張って5万円を稼いだら、来週にはもう、その5万円が振り込まれてくる、というわけです。

学生にとっては、卒業旅行やお出かけ、洋服ですぐにお金が欲しい!という人も多いかと思います。

そんな人にとって、Uber Eatsの配達パートナーはとても魅力的な働き方と言えるのではないかと思います。

こんな人は、バイトよりもUber Eatsの配達をしたほうが良い!

具体的に、どんな人が、バイトをするよりもUber Eatsの配達パートナーとして活動をしたほうが良いのか?について解説をしていきます。

自分の好きな時間に働きたい、と考えている人はシフト自由なUber Eats配達が良い

「自分の気分で、好きな時間に働けたらいいなあ」と思っている人にとっては、Uber Eatsの配達パートナーは非常に良い働き方だと思います。

Uber Eatsの配達パートナーは、「シフト」という概念がありません。

自分が働きたいと思った時に、Uber Eats配達パートナー専用アプリの「出発」ボタンをオンにすることで、その時に配達の依頼をしたい飲食店から通知が飛んでくるような仕組みになっています。

1つの配達ごとに報酬が出る仕組みなので、「時給」という概念もありません。

つまり、自分が沢山稼ぎたかったら沢山配達をこなせばいいし、空き時間にサクッと稼ぎたかったら軽く配達をこなせば良いのです。

もちろん、配達を終了したいばあいには、スマホアプリから配達終了のボタンを押すだけで、その日の配達を終了することができます。

Uber Eatsの配達パートナーは、完全に自分の好きな時間に好きな時間だけ働くことの出来る、これ以上ないほど融通の利く働き方なのです。

近々旅行や大きな買い物をしたいと考えている人は毎週振り込まれるUber Eats配達が良い

  • 1ヶ月以内に旅行をしようと考えているけど、お金が無い
  • すぐに欲しいものがあるけれど、手元のお金じゃ足りない
  • いまからバイトを頑張っても、給料日は先だからお金が間に合わない

こんな思いをもつ学生の方はとても多いかと思います。

確かに、普通のバイトをする場合、今いくら頑張っても、1ヶ月先にならないと給料は入ってきませんよね。

バイト以外にも「日雇い派遣バイト」などの働き方がありますが、勤務地が遠かったり、勤務内容がかなりキツそうなものであったり、先着や抽選で仕事にありつけない・・・などといった問題点があります。

こういった働き方のデメリットに関しても、Uber Eatsの配達パートナーであれば完全に解決ができています。

Uber Eatsの配達パートナーでは、「週払い制」を採用しています。

来週なにまとまったお金が欲しいのであれば、今週だけ頑張って配達を行えば良いのです。

まだUber Eatsの配達パートナーに登録していない人でも問題ありません。

まずはこちらからWEB登録を完了させてしまい、あとはUber Eats配達パートナーセンターにて軽い説明を受けリュックを受け取り、必要であればレンタルバイクやシェア電動自転車の契約を済ませてしまえば、もうその瞬間から配達を開始することができます。

(すべて1日で完了することができます。)

アウトドア派の人は、街中を走り回れるUber Eats配達をしたほうが良い!

Uber Eatsの配達パートナーとしての働き方は、アウトドア派の人にとっても非常に魅力的です。

多くの一般的なバイトの場合、場所を移動しないで1箇所で働く場合が多いでしょう。

しかし、Uber Eats配達パートナーの場合、都会を自転車やバイクで走り回って配達を行うような形になります。

そのため、自転車が好きな人はもちろん、旅行が好きな人、散歩が好きな人、アウトドア派の人にとってはUber Eatsの配達パートナーとしての働き方は最高の働き方なのではないか、と思います。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集