フード注文1,000円割引クーポンをGET

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとっておすすめな「待機場所」はどこ?

待ちが多いUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー

はぁ・・・なかなか注文が入らないなぁ。稼働していても、待機時間が多くて待ってばっかり。待つのも結構疲れるな。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーのみんなも待機している人は多いと思うけれど、実際にみんなはどのようなところで待機をしているんだろう?また、どこで待機するのがおすすめなんだろう。

あとは注文がもっと入ってほしいな。時間帯的に、どの時間が一番注文が入りやすいんだろう・・・?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは「待機時間」が長い、というのは本当なのか?
  • おすすめの待機場所の紹介。それぞれの待機場所のメリット・デメリット
  • できるだけ待機時間を短く、効率的に活躍するためにはどうすればいいか

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは待機時間が長い?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやっている人の多くの課題となっているのが「待機時間」の問題です。配達をしている皆さんは、配達時の待機時間は長いと感じたことはありませんか?

私は、長い待機時間を待たされたことが何度もあります(笑)Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活躍するのであれば、遅かれ早かれ、待機時間の問題と向き合う必要があるように思います。

ゴールデンタイムは「お昼ご飯の時間」と「夜ご飯の時間」

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをしているとだんだんわかってくることなのですが、「よく注文が入る時間帯」と「あまり注文が入らない時間帯」というものがあります。

あまり注文が入らない時間帯に稼働をしても、待機時間が長くなってしまい、時間単位の収益は少なくなってしまいます。そのため、稼動をするのであれば、よく注文の入る時間帯に稼働するのが良いです。

結論から言うと、よく注文の入る時間帯は「お昼ご飯の時間」と「夜ご飯の時間」になります。具体的に言うと、11時〜13時、そして18時〜20時がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの「ゴールデンタイム」となります。この時間帯を狙って稼働することで、収益を挙げることができます。

時間帯によっては待機をしなければいけない場合もある

「注文が入らない時間帯」ですが、注文が入らないときは本当に入らないです。特に、お昼の繁忙時間帯を過ぎたあとの午後3時辺の注文は他の時間帯に比べて注文がやはり少ないです。

この時間帯は待機させられることも多く、時によっては1時間以上も全く注文が入らない・・・なんてことも起こる日もあります。

待機時間に体力を失ってしまうのはモッタイナイ!

注文の入らない時間、待機し続けるのはなかなかしんどいですw待機時間は何もしないのですが、注文が入ってくれないと収益を挙げることができないので、出来る限り待機時間は抑えたいですよね。

待機時間に体力を失ってしまうと、非常にモッタイナイです。折角注文の多い時間帯に自分の最大のコンディションを発揮できないと収益の最大化を図ることはできませんね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとっておすすめの「待機場所」は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが注文の入らない間に待機する場所としておすすめの「待機場所」をご紹介します。

私の実際の配達経験から、待機場所として適している場所を3ヵ所、ランキング形式でお届けします!

1位:コンビニのイートインスペース

第一位は、なんといってもコレ「コンビニのイートインスペース」に間違いありません!

コンビニのイートインスペースはUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの待機場所として絶好の場所になります。なぜなら、コンビニのイートインスペースは、以下のようなメリットがあるからです。

  1. 何も買わないでイートインスペースに居座ってもあまり怒られることもない
  2. なにか買わないといけないにしても、コンビニの商品はお店に入るよりも安い
  3. Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達注文が入ったら、即座にコンビニを出て出発をすることができる

このようなメリットがあるために、コンビニのイートインスペースはUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの待機場所として本当におすすめ場所ということが出来るかと思います。

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの方の中にはコンビニのイートインスペースで待機をする方も多く、私もそこで実際にお話をしたり仲良くなったりした人も多いです。

このコンビニのイートインスペース、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとっては素晴らしい待機場所ですが、デメリットとしては「すべてのコンビニにイートインスペースが必ずついているわけではない」ということ。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のエリアである東京都内では比較的イートインスペースのあるコンビニが増えてきましたが、まだまだイートインスペースのないコンビニも多いです。

そこでおすすめなのが、イートインスペースのついているコンビニを見つけたら、そのコンビニをメモしておきましょう!Googleマップのピンを置く機能などを使っても便利です。

2位:公園

第二位は「公園」です!

公園は市民の憩いの場として、もちろん待機場所としても自由に使うことができます。公園にはベンチもあるしブランコなどもあるので、配達での疲れを休めることだってできちゃいます。

公園のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 場所代、席料もちろん無料なので気兼ねなく使うことができる
  • チェーン展開(笑)している。色んな場所にある
  • 場所によっては、お水が(蛇口から)飲み放題

こんな感じですねw

公園の大きなメリットとして、他の場所のようにお金がかからないことが何より一番だと思います。休憩時間のたびにお店に入っていると、どうしてもお金がかかってしまいます。しかし公園であれば、いくら滞在しても、無料です。

公園のデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 公園によっては昼間は親子連れがたくさん遊んでいるので少々気まずい
  • 雨の日には体が濡れてしまう
  • 真夏の暑い日や真冬の寒い日には体力を失う

平日でも休日でも、昼間の時間帯はどうしても親子連れがたくさん公園にあつまる傾向にありますね。まぁ子どもは公園で遊ぶのが仕事ですからね!

そのため、子供がたくさんいる時間帯に公園のベンチなどで大きなウバッグ(Uberのバッグ)を持って休憩をしていると、「あのオジサンなにやってるの〜〜?あのおおきい箱(ウバッグのことです)はなんだろ〜〜?」みたいに疑問を持たれることもあるかもしれませんw

日中の暑い時間帯に公園にいると体力を失ってしまったり熱中症になってしまう可能性があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達中には帽子をかぶっておくことをおすすめします。上の商品はAmazonでベストセラーにもなっている帽子です。

3位:路上

第三位は「路上」です!w

路上待機のメリットは以下の通りです。

  • 配達注文が入ったらすぐに稼働することが出来る
  • お金がかからない
  • よく注文が入るお店の前で待機していればすぐに注文が来る

特に、すぐに稼働することが出来るのは大きなメリットだと思います!待機のたびにお店に入って席についてしまうと、注文アラートがなってもすぐに対応することができない場合もあります。しかし、路上待機の場合には、注文が入った瞬間にお店に向かうことができるので、結果として効率的に活躍することが出来ること間違いなしです。

また、路上待機の場合には公園同様お金がかからないことが大きいですね。活躍するためにUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやっているのに、待機のためだけにお店に入ってお金を使うのはモッタイナイですからね!

また、よく注文の入るお店の前で待機をしていれば、待機時間が短くなる傾向があります。具体的に言うと、恵比寿駅のマクドナルド前などで待機をしていれば、比較的すぐに注文が入るので、あまり待機をしなくても済むことに繋がります。

路上待機のデメリットは以下の通りです。

  • 場所によっては路上待機しにくいこともある
  • 座る場所の確保ができず、体力を消耗してしまう場合がある

路上待機は込んでいる道路や交通量の多い道路などではやはり待機がし辛い場合もあります。通行人や自動車の迷惑にもなってはいけませんので、路上待機がすべての場所で出来るとは限りません。

路上待機をする際には、出来る限り他の人のじゃまにならないような広くて交通量の少ない場所で道路脇に待機をするように心がけましょう。

また、路上待機はどうしてもしっかりとした席に座ることができないため、お店などで待機する場合よりも体力を消耗してしまう懸念が挙げられます。自分の体力に余裕がある方なら路上待機で良いかもしれませんが、体力のあまりない方は路上待機をしないほうがよいかもしれませんね。

できるだけ待機時間を短く、効率的に稼ぎたい場合にはどうすればいい?

せっかくであれば、できるだけ待機時間を短くして、さらに体力の消耗も抑えながら効率的に稼ぎたいですよね。そのためにはどうすればいいのでしょうか?

注文がピークの時間帯を中心に稼動をする

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーで効率的に活躍するためには、注文の多い時間帯を中心に稼働をする必要があります。逆に言ってしまえば、注文の少ない時間帯に長く稼働をしていても結果的に効率的に活躍することはできません。

「ブースト」の時間帯は注文が増える時間帯なのでおすすめ

注文の多い時間帯は、「ブースト」といって報酬が増えることがあります。報酬の増加率としては、通常の報酬の1.1倍から、2倍にもなることがあります。このブーストになる時間帯は確実に稼働することで、効率的に収益を伸ばすことが出来ます。

また、「インセンティブ」という制度もあります。インセンティブでは、一日のうちに〇回配達を完了させれば〇〇円の報酬アップ、というような制度です。このインセンティブの制度も合わせて行うことで、収益を飛躍的に増大させることができます。

インセンティブ・ブーストの予告ページ(Uber Driverアプリ内)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは午後を中心に働いたほうが効率よく活躍できる

結論をいってしまえば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは午後を中心に働いたほうが効率的に活躍することができます。

特に、夜ご飯の時間帯は昼の時間帯よりも単価も上がるし注文する人が多いので、この時間帯は欠かすことができません。夜の時間帯を狙って稼働することで、収益を大きく伸ばすことができます。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集