配達パートナーの登録はこちら

会社員に路上で笑われたときにやる気が出る気持ちの持ち方を紹介

疑問を持ったブタさん

んーーーー、なんとなく、Uber Eatsの配達をしていると、道行く会社員に笑われているような気がする。。。

やっぱり、この大きなリュックを背負って配達をしている姿は滑稽なのかな、、、いや、そんなことないはず、、、うーーん。。。

そんなあなたの疑問を解決します。

結論から言うと、Uber Eatsの働き方はとても魅力的なので、継続するべきです。

この記事で提供できる情報
  • 【悲報】Uber Eatsの配達パートナーをしていると路上で笑われます。
  • 路上で笑われるからといって配達をやめてしまうのは非常にもったいない
  • 【予言】今後は配達パートナーが激増します。今のうちに稼ぎきれ

【悲報】Uber Eatsの配達パートナーをしていると路上で笑われます。

いきなりの悲報になってしまいますが、Uber Eatsの配達パートナーをしていると、高確率で路上で笑われることが多いです。

結論、まだまだUber Eatsの配達が世間に馴染んでいないのでしょう。

利用者は増えているので人によってはUber Eatsの配達パートナーへの理解がある人も多いです。

しかし、普段利用しない人にとっては「大きいリュックを背負ったよくわからない人」という認識をされているようです。

大きな四角いリュックを背負っている姿はまだまだ珍しく見られがち

Uber Eatsの配達パートナーの姿として、大きな特徴と言えるのが、「大きくて四角いリュック」ですよね。

通称「ウバッグ(ウーバーイーツのバッグ)」と呼ばれているこのバッグですが、内側は保冷素材を用いており、食事を美味しく届けるための工夫がされています。

この四角いバッグを背負って都内で自転車に乗っている人はほぼ間違いなく、Uber Eatsの配達パートナーです。

このような働き方をしているのは、今のところUber Eatpの配達パートナーくらいなので、物凄い独特に感じるかと思います。

どんどんUber Eatsに対する認知度は増えているとはいえ、まだまだ珍しい働き方であるという風に見られることも多いようです。

【事実】スーツを着ている会社員などに鼻で笑われるのはちょっとイラッとします

これはUber Eatsの配達パートナーとして実際に私が感じている点なので事実なのですが、Uber Eatsの配達をしている最中にスーツを着た会社員に鼻で笑われることが時々あります。

ぶっちゃけ、会社員に笑われると、ちょっとイラッとしてしまいます(笑)

ちょっと口は悪いかもしれませんが、スーツに縛られている会社員が何を笑ってるんだよ、なんて思ってしまう時もあります(笑)

まだまだUber Eatsの働き方が浸透しきっていないとも言えるかも

正直な話、Uber Eatsの働き方はまだまだ浸透しきっているとは言えません。

そのため、物珍しそうにUber Eatsの配達パートナーをじっとみたり、街中の人に変な目で見られることも時にはあるかもしれません。

しかし、考え方をかえてみると、そんな働き方は時代を先取りした「イケてる働き方」ということもできるかと思います。

実際、シフト自由で週払いで嫌な人間関係もないUber Eatsの配達パートナーは非常に魅力的な働き方である、と、実際にUber Eatsの配達パートナーとして活動している私の目から見ても思います。

路上で笑われるからといって配達をやめてしまうのは非常にもったいない

Uber Eatsの配達を始めたはいいものの、途中でやめてしまう人は実は少なくありません。

その原因の一つとして、「路上で笑われてしまうから」という理由があるのであれば、それは非常にもったいないと思います。

【悲報】Uber Eatsの配達を途中でやめてしまう人が残念ながら多い

残念なお知らせですが、Uber Eatsの配達を始めたはいいものの、早々に配達をやめてしまう人が非常に多いです。

どうしてこのような事が分かるかというと、Uber Eatsの配達パートナーを紹介した人は、紹介相手が配達をどれくらい行ったか、最初の50回ほどは確認することができるからです。

私もこのブログなどを通じて、多くの配達パートナーを紹介していますが、登録はいいものの配達を一回もしなかったり、10回未満で配達をやめてしまう人が非常に多いです。

Uber Eatsの配達はとても自由度が高く、魅力的な働き方であるだけに、すぐにやめてしまうことはとてももったいないことだと思います。

すこし頑張ってコツをつかんでみると、Uber Eatsの配達はとても良い働き方であることが理解できると思います。

Uber Eatsの配達パートナーは実はとても魅力的な働き方です

Uber Eatsの配達パートナーは、とても魅力的な働き方であると断言することができます。

  • 働く時間が自由
  • 給料が週払い
  • 上司に干渉されたり怒られたりすることがない

このように、Uber Eatsの配達パートナーという仕事は、一般的な働き方の懸念点を解消して働く事ができます。

参入障壁もとても低く、普通の就職やアルバイトのように採用面接があるわけでもなありません。

やりたいと思ったらWEBにて登録をしてパートナーセンターで説明会を受け、必要に応じてレンタルバイクやシェア自転車の登録をすませるだけで、活動を開始することができます。

正直な話、ここまで柔軟に働くことができる仕事はUber Eats以外ではなかなか見つけることが難しいと思います。

他の人の目を気にして配達パートナーをやめてしまうのは非常にもったいないです

上記のような理由もあり、「他の人の目が気になる」からといってUber Eatsの配達をやめてしまうのは非常にもったいないと思います。

Uber Eatsの働き方は、まだまだ世間には馴染んでいないかもしれません。

しかしそれは、まだ新しい働き方である、ということでもあります。

Uber Eatsの働き方は、普通の働き方よりも圧倒的に柔軟な働き方ができるため、現在はどんどん人気が拡大しています。

現在、配達パートナーもどんどん増加しており、引き続き今後も圧倒的な成長をし続けると思います。

【予言】今後は配達パートナーが激増します。今のうちに稼ぎきれ

ここだけの話、Uber Eatsの将来を予言します。

Uber Eatsの配達パートナーは、今後、圧倒的に成長を続けます。その結果、配達パートナーは激増し、もしかすると今後稼ぎづらい分野になるかもしれません。

言い換えてみると、現在のUber Eats配達パートナーは「働きやすく稼げる業界」ということができます。

Uber Eatsの配達パートナーに少しでも興味がある人は、少しでもはやく活動を始めることを強くおすすめします。

【結論】Uber Eatsが魅力的な働き方であることは間違いがない

結論から言うと、Uber Eatsの配達パートナーが魅力的な働き方であることは間違いありません。

少なくとも、他の一般的な会社員やアルバイトよりも柔軟な働き方であることは間違いないでしょう。

シフトが自由・給料が毎週支払われる・上司に干渉されない・・・こんないい働き方を他に探すのはなかなか難しいかと思います。

現在、驚異的なスピードで配達パートナーが増えています

これは事実なのですが、現在、Uber Eatsの配達パートナーは驚異的なスピードで増え続けているという現実があります。

事実、東京都23区内を歩いていると、一日に最低一回は必ずと言っていいほどUber Eatsの配達パートナーに出会います。

遠目に見ても、Uber Eatsの配達パートナーの絶対数は増え続けていることがわかります。

Uber Eats運営側も人員を増加させるのに全力を注いでおり、一人紹介するたびに多額の報酬を支払うキャンペーンを時々行ったりもしています。

今のうちに配達パートナーでしっかりと稼ぎ切ることが得策

Uber Eatsの配達パートナーとして現在活動している人や、これから活動しようと考えている人は、今のうちにしっかりと稼ぎ切るのがセオリーであるということができるでしょう。

今後、Uber Eatsの配達パートナーの絶対数は圧倒的に伸び続けます。

その結果、配達パートナーが飽和状態になり、いつ稼げなくなってもおかしくはありません。

ただひとつ言えるのは、現在ならまだ、Uber Eatsの配達で稼ぐことは十分に可能です。

まだまだ成長途上にある今のうちに、ガンガン稼ぎきってしまいましょう!

【a】Uber Eats 配達パートナー募集