配達パートナーの登録はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達疲れが溜まった時に疲れを癒やすおすすめグッズ3選

疑問を持ったブタさん

ああ〜〜〜〜。。。Uber Eatsの配達、なんだかんだ疲れるなぁ。もう、どっと疲れが溜まってしまったよ・・・。疲れを取りたいけれど、どんな方法で疲れを取るのが効果的なのだろうか。

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 【悲報】Uber Eatsは結局体力勝負なので疲れます
  • Uber Eatsの配達疲れが溜まった時に激オススメな癒やしグッズ3選
  • 【気楽に】疲れを溜めず工夫をして楽しく働くことが一番大事です

【悲報】Uber Eatsは結局体力勝負なので疲れます

これは悲しいお知らせですが、結局の話をしてしまうと、Uber Eatsの配達パートナーは体力勝負の仕事なので、頑張ると疲れます。

Uber Eatsは自由度の高い仕事ですが、成果報酬制という特性があるゆえに、どんどん頑張ってどんどん稼ごうと気合が入りすぎてしまい、「働き過ぎて疲れた・・・」となってしまう人も少なくありません。

結局体を動かす仕事なので疲れるのは間違いがない

結局の話、Uber Eatsの配達パートナーは「配達屋さん」なので、仕事をしている最中は体を動かしつづけることになります。

Uber Eatsの配達では、手段として自転車での配達とバイクでの配達を選ぶことができますが、特に自転車での配達の場合、一日中Uber Eatsの配達を行うと足腰にかかる負担は大きくなります。

事実、私もUber Eatsの配達パートナーとして活動をしていますが、一日中働いた日には、どっと疲れが出ることも少なくありません。

Uber Eatsは非常に魅力的な新しい働き方ですが、その本質は配達の仕事なので、体が疲れることは間違いありません。

自転車配達をしているとだんだん体力がついてきて慣れてくる

とはいえ、Uber Eatsの配達パートナーとして働くことは、「常に疲れ続ける」わけではありません。

それこそ、初めてUber Eatsの配達を始めた人にとっては、一日中配達をし続けると疲れを感じることもあるかとおもいます。

しかし、継続的に配達を行っていると、だんだんと体がUber Eatsの配達に慣れてきます。

継続することで、筋肉も体力もついてくるため、Uber Eatsの配達用の身体が出来上がってきます。

実際、私もUber Eatsの配達をやってみて、最初の1周間こそ自転車を漕ぎ続けて大変すぎる・・・と思っていました。

しかし気づいたら慣れてきた上に体力もついてきたので、そこからは楽しく働くことができていました。

疲れるけれど自由度の高く魅力的な働き方、それがUber Eats

結論を言うと、Uber Eatsの配達パートナーとしての働き方は「疲れるけれど自由度の高く魅力的な働き方」であるということができるでしょう。

Uber Eatsの配達パートナーは、なんだかんだ言って、普通のアルバイトや会社員の働き方よりも圧倒的に自由な働き方ができます。

  • シフトが完全に自由(自分の働きたい時に働きたい時間だけ働ける)
  • 給料が毎週支払われる
  • 上司に怒られたり、嫌な人間関係が一切ない

このような点は、一般的な働き方をしているとなかなか手に入れることが難しいかと思います。

しかし、Uber Eatsの配達であれば、このような働き方を実現可能です。

体力勝負で始めは疲れることもあるかもしれませんが、実際に配達パートナーとして活動をしている私が結論を言ってしまうと、Uber Eatsの配達パートナーは非常に魅力的な働き方であると断言をすることができます。

Uber Eatsの配達疲れが溜まった時に激オススメな癒やしグッズ3選

ここでは、配達疲れが溜まったUber Eatsの配達パートナーに非常にオススメな癒やしグッズを3つご紹介します。

Uber Eatsの配達パートナーは、一日中自転車を漕いだり配達をすることもあるので、気づかないうちに疲労が溜まりがちです。

そんなUber Eats配達パートナーの疲労をできるだけ和らげるために、持っておくと非常に良い癒やしグッズをご紹介します。

充電式のホットアイマスクは令和必須の革命的癒やしアイテム!!

まず最初にご紹介するのは、充電式のホットアイマスクです。

一昔前に、「蒸気でホッとアイマスク」という商品が発売され、爆発的な人気を誇ったのを、みなさんはご存知でしょうか?

現在では、そんなホットアイマスクの充電式タイプの製品が人気なのです。

しかも、この製品は、ただ暖かくなるだけではなく、マッサージ機能も付いている画期的な商品になります。

この商品を使えば、疲れを圧倒的に癒やしてくれること、まちがいなしでしょう。

この充電式ホットアイマスクは、令話元年の大ヒット商品になること間違い無しです。

首マッサージャーはリュックをいつも背負う配達パートナーの良い友となる

首マッサージャー U型 ネックマッサージャー USB充電式 低反発 旅行用 自宅用 多機能 肩こり ストレス解消 人間工学設計 自動オフ 日本語取扱説明書付 ご家族へのプレゼント
Lakully

充電式ホットアイマスク同様、ここ最近爆発的人気を誇っている商品が、こちら「首マッサージャー」です。

疲れてくると、首のコリが気になりますよね。

特に、Uber Eatsの配達パートナーなんかは大きなリュックを背負って自転車やバイクに長時間乗るため、とても首が凝りやすいと思います。

そんなときに、この「首マッサージャー」を使うことで、首のコリをひとりで癒やすことができます。

お風呂にはやっぱりコレでしょ!!安心安定の入浴剤「バブ」

最後にご紹介するのは、安定の入浴剤です。

疲れが出てきたら、なんだかんだ「お風呂」で疲れを癒やすのが一番ですよね。

お風呂に入れば、一日の疲れをある程度リセットさせることができます。

ゆっくりお風呂に浸かることは本当に大事です。

ぬるめのお湯で、ゆっくりとお風呂に入ることで、効果的に疲れを取ることが出来ます。

そんなお風呂のお供として効果的なのは、やっぱり「バブ」でしょう。

バブがあれば、いつものお風呂があっという間に温泉に早変わりです。

お風呂にバブをぽんと入れるだけで、炭酸効果で効果的に疲れを取ることができます。

【気楽に】疲れを溜めず工夫をして楽しく働くことが一番大事です

結論をいうと、Uber Eatsの配達をする上で何よりも大切なことは「疲れを溜めずに工夫をして楽しく働くこと」だと私は思います。

Uber Eatsの配達パートナーという働き方は、一般的な会社員とはアルバイトよりも圧倒的に自由度の高い魅力的な仕事だと思います。

それゆえに、自分でも気づかないうちに働き過ぎて、疲れが溜まってしまうこともあるでしょう。

ただ、継続的にUber Eatsの配達パートナーとしての活動を楽しむためには、疲れを溜めずに働く工夫をすることが必要です。

【事実】疲れが溜まり続けても働き続けるとイヤになっちゃいます

これは事実なのですが、Uber Eatsの配達を熱中的に行っていると、気付かない間に疲れが溜まってしまうことがあります。

疲れが溜まっている状態でUber Eatsの配達パートナーとしての活動を続けていると、だんだんと配達の仕事がイヤになってしまうこともあるでしょう。

Uber Eatsの配達パートナーは非常に魅力的な働き方ですが、あまり頑張りすぎてしまうと、あなたにとって「ツラい仕事」となってしまうこともあります。

「辛い」と感じながらも続けると、トラウマやスランプに陥ります

コレは事実ですが、いくら自由な働き方ができるUber Eatsの配達パートナーという仕事でも、「辛い」と感じる事があるでしょう。

もしあなたが、Uber Eatsの配達で辛いと感じているのであれば、それは注意すべきです。

Uber Eatsの配達を継続していくうえで、「辛い」と感じている状態で配達活動を続けると、結果としてそれがトラウマになったり、スランプになってしまう原因となります。

Uber Eats配達パートナーの先輩としてアドバイスをすると、少しでも「辛い」と感じた場合には、その時は配達活動をできるだけ控えるべきです。

一旦休んで、疲れをしっかりとって気持ちもリフレッシュさせることで、長期的にUber Eatsの配達パートナーとして高いモチベーションで活動を継続することができると思います。

【事実】辛さを感じずにリラックスして継続することが何よりも大事です

なんども同じようなことを書きますが、事実なので最後にもう一度書くことにします。

Uber Eatsの配達を行う上で、辛いと感じることがあるかもしれません。

しかし、Uber Eatsの配達を長期的に高いモチベーションで継続するためには、できるだけ辛さを感じず、気持ちがリラックスした状態で活動を継続することが大切です。

瞬発的な100点満点は必要ありません。継続的な70点をキープすることが、結果としてUber Eatsの配達パートナーとして合理的に働くことができると私は思います。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集