Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

女性でもUber Eats(ウーバーイーツ)配達できる??男性ばかりの配達パートナーだが、女性でもしっかりと活動して稼ぐことができるのか解説!

ブタ子ちゃん

Uber Eatsをやっている人はみんな男性のイメージがあるけど・・・女性でも一体できる仕事なのかな?実際に女性で活躍しているUber Eats配達パートナーはいるの?知りたいな。

そんな疑問を解決します。結論から言うと、女性のUber Eats配達パートナー、居ます!

この記事で提供できる情報
  • 女性のUber Eats配達パートナーもいる。結構本格的にやっている人もおおい
  • 女性でこれからやろうか悩んでいる人は、ポジティブに考えて大丈夫
  • Uber Eats配達パートナーになることを心配している女性は実際に活躍している人の話を聞くのがおすすめ

皆さんこんにちは。Uber Eats、楽しんでいますか!?

今回は、「女性でもUber Eatsができるのか?」というテーマの記事になります。

男性でUber Eats配達パートナーをしている方は街中で非常にたくさん見かけますが、「女性だけどUber Eats配達パートナーの仕事をしたい!女性もUber Eats配達パートナーの仕事はできるのか?」と考えている方は多いと思います。

今回はそんな皆さんに向けて、私からは「女性でもUber Eats配達パートナーをどんどんやってほしい!」というススメをさせていただこうと思います!

女性でもUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー(配達員)は出来るのか! ?

ブタ子ちゃん

結論、女性でもUber Eatsの配達パートナーとして活動することは難しくないの?実際に働いている女性っているのかな?

女性のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー(配達員)もいる

私がUber Eatsの配達パートナーとして頑張っていても、実際に女性の配達パートナーの方を見かけることは何度かありました。

確かに男性の配達パートナーよりは数が少ないですが、女性の方が全く居ないというわけではありません。


↑たとえばこの方は女性配達パートナーの方です。

ロードバイクに乗って配達をしているようです。

街で見かける女性のUber Eats配達パートナーの方は、アクティブな方が多い印象があります。

Uber Eats配達パートナーをしている女性の方を街で見かけると、「おっ、すごいなぁ!」と、素直に思います(´ー`)

女性は注意!Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー(配達員)はある程度の体力、筋力は必要です

女性でもUber Eatsの配達パートナーは実際にやっている人がいるので出来るとは思いますが、やはりそれなりの筋力や体力が必要になってくると思います。

というのも、Uber Eatsのエリア内(東京都23区内)は坂道が本当に多いです。

ひたすら坂を登ったり降りたりしなければいけないので、それなりの脚力は必要だと思います。

ただし、しばらく配達パートナーとして頑張り続けていると、体力も筋力もつき、だんだん慣れてくると思います。

すると、少しづつ活躍できる量も増えてくるでしょう。

また、Uber Eatsのリュックは非常にでかく、最初の方はリュックの重みで肩が痛くなるかもしれませんが、配達する食べ物はそこまで重いものを運ばないので(一人分のお弁当などを運ぶことが多いです。)、女性の方でも問題なく配達できると思います。

ママチャリや普通の自転車での配達はかなり厳しいのではないか、と思います。

男である私でさえも、電動自転車を使っていながら一日配達をするとかなり疲れますので、電動自転車orロードバイクorバイク(スクーター)での配達がおすすめです。

電動自転車以外の自転車の選択肢を取るのであれば、ロードバイクは特におすすめかなと思います。

ロードバイクであれば、電動自転車のように自転車のバッテリーを心配することがない上に、そても軽快に町中を走ることができます。

しかしひとつ注意すべき点として、ロードバイクは雨天時は滑って転倒をしやすいため、気をつけてください。

電動自転車の場合は、赤チャリというシェアバイクが都内にはたくさん置いてあります。

私も赤チャリに乗ってUber Eatsの配達をしています。こちらの記事で解説しているので、よかったら読んでみてください。

女性がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー(配達員)するなら自分のできる範囲で頑張ることが大切

女性でもUber Eatsの配達パートナーはできるとは思いますが、いきなり長時間の乗車はやはり体力的にきついのではないかと思います。

男性の私でさえも、一日頑張るのはなかなか大変なことですからね!

とはいえ、シフトが決まっているアルバイトは精神的に辛いでしょう。

アルバイトの場合であれば様々な制約があるからキツイですよね。その中でもあらかじめシフトを決めなければ行けないのが一般的なアルバイトの形であることは皆さんご存知かと思います。

特に女性の方の場合はその日によって男性よりも体調の変化が大きいと思うので、自分の頑張りたいときに頑張るのが気持ち的にも楽なのではないのでしょうか?

Uber Eatsは自分の頑張りたい量だけ頑張ることができる素晴らしいお仕事です。

長時間頑張ってガッツリ稼ごうと考えると挫折してしまう人が多いので、少しづつ自分のできる範囲で長い期間続けることが大切だと思います。

まずは一日数時間から始めてみるとよいと思います。

だんだん慣れてきたら、努力次第では一日に1万円や2万円の報酬を手に入れることも十分に可能です。

臨機応変に自分のできる範囲の頑張り方をしましょう。

体力面で不利な女性がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー(配達員)で戦略的に活躍するための3つの方法

もうすでに配達パートナーをしている人なら分かると思いますが、Uber Eatsの仕事は「体力勝負」な面があります。体力があればそれだけ長時間の稼働ができたり、テキパキと仕事をこなすことが出来るため、ぶっちゃけ、「体力があればあるほど活躍できる」、といっても過言ではないです。

しかし、Uber Eatsで配達パートナーをしている人の大半は男性の配達パートナーです。そのため、体力面で男性よりも不利な条件にある女性はなかなか活躍する事が難しいのではないか?と考えている方も多いと思います。

確かに、体力面に関しては女性は不利であることは間違いなく、筋力のある男性のほうが稼げそうなイメージがありますよね。

そんな不利な条件に置かれているような女性の配達パートナーの方は、「戦略的に行動」することで、バリバリ頑張る男性配達パートナーと同等、むしろそれ以上の額を活躍することも十分可能なのです。

戦略的に行動するかしないかで、Uber Eatsで活躍できる額は大きく変動します。女性配達パートナーの方は体力で引けを取る代わりに、頭を使って戦略的に、効率的にバリバリ稼ぎましょう。

「戦略的」とは具体的にどのようなものなのか?実際に、Uber Eatsで戦略的に活躍する方法を3点ほどご紹介いたします。

※今回の記事はあくまでも個人の見解です。参考程度にしてください。

1.勾配の少ない平地を中心に活動する

第一に、勾配の少ない平地を中心に活動することが上げられます。

東京、特に渋谷周辺などは勾配は非常に多く、体力面で売上額が大きく左右されるとおもいます。電動自転車を使用していても、ある程度は自分の体力が無いと長時間、たくさん活躍することはできません。

体力勝負になってしまうと男性が有利になってしまうことが必然的であるので、女性の方は勾配の少ない平地を中心に活動することがおすすめです。

Uber Eatsエリア内であれば、東京都23区内よりも東京都下に出てしまったほうが勾配が少ない印象があります。具体的に言うと、吉祥寺・荻窪・中野エリアあたりです。

このあたりは、まだお店が23区内よりも少ないため、あまり配達に呼ばれない、と思う方もいるかも知れませんが、みんながそう思っているため、ライバルも少ないです。

そのため、東京都23区内で他の人とピックアップの奪い合いをするよりも、東京都下で配達をしたほうが体力の消耗もなく、結果的に活躍できるような気がします。

2.原付きやバイクを使用する

第二に、原付きやバイクを使用する、ということです。

正直、体力に自身のない女性は自転車を使用しないで原付きやバイクを使用して配達することを強くおすすめします。

Uber Eatsで稼ごうと思ったら必然的に長時間移動し続けることになりますので、いくら電動自転車に乗るとしても、足腰への負担は大きいです。坂道など、電動自転車だから楽だと思いきや、実際、結構きついです。

しかし、原付きやバイクを使用すれば、移動時の体力の消耗を自転車時と比べるとほとんど抑えることができます。原付きやバイクを使用すると体力面をほぼ完全に無視できるので男性に引けを取ることなく、女性でもガッツリと活躍することができます。

もし原付きやバイクを持っていない方は、帝都産業のレンタルバイクがUber Eats配達パートナー限定で割引料金でレンタルをすることができるので、ぜひご検討ください。(詳しくはパートナー説明会の際にも説明があるとおもいます。)

3.活躍できる時間帯を狙って活躍する

第三に、活躍できる時間帯を狙って活躍する、ということです。

もうすでにUber Eats配達パートナーをしている方はご存知だと思いますが、配達する時間帯や日程によって、報酬が左右されることがあります。具体的に言うと、需要が大きい時間帯や日程であればあるほど、インセンティブが発生するのです。これがいわゆる「活躍できる時間帯」です。

Uberの運営からインセンティブのメールが届くこともあります。指定日程に配達を何回すれば、いくらのインセンティブが支給される、といったような内容でインセンティブが実施されるので、その時間をしっかりと狙って配達を行えば、何も考えないで配達を行うよりも多額を活躍することができるでしょう。

また、通常時でもお昼時、ディナー時の混雑時には1.3倍報酬増額などのインセンティブイベントが不定期に発生するので、そのような時間帯に頑張ることでたくさん活躍することができます。

女性Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー(配達員)は尊いです。女性こそUber Eatsで活躍するべき

私は女性Uber Eats配達パートナーの方を本当に尊敬しています。配達パートナーという仕事は大変ですが、Uber Eatsは頑張る時間が完全に自由で自分の都合によってどれだけ頑張るかを決めることが出来るので現在日本国内にある仕事の方法でも一番先進的でイケてる方法だと私は思います。

こんな自由に頑張れる仕事であるからこそ、Uber Eatsの女性配達パートナーの方が広がってくれることを切に願っています。自分のコンディションで頑張り方を選べるUber Eats配達パートナーこそ、女性に優しい仕事の仕方だと思います。

この記事を読んでいる女性の中で、Uber Eats配達パートナーとして頑張っていこうか悩んでいる方、大丈夫です!女性Uber Eats配達パートナーはたくさんいます。Uber運営も、女性限定のUber Eats配達パートナーイベントなども開催されているくらい、女性も活躍できる環境を整えています。

まとめ

ブタ子ちゃん

今回のまとめだよ!

今回は、女性でもUber Eats配達パートナーは出来るのか?というテーマのお話でしたが、結論から言うと、女性もどんどんUber Eats配達パートナーをやってほしい!と私は思います!

Uber Eatsは自分の好きな量だけできるので、一般の会社員よりもとっても柔軟な頑張り方ができる、素晴らしいお仕事です。

女性の社会進出という面に関しても、Uber Eatsはうってつけのお仕事であると感じます。

宅配サービスという仕事柄、体力勝負な面もありますが、疲れたら休めば良いのです。

自分のできる時間にできる量だけ好きな場所で配達が出来るUber Eats配達パートナーは女性にもオススメのお仕事だと思います!

やってみようかな?と考えている方、まずはお試しで一度や二度、ためしてみてはいかがでしょうか?

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です