配達パートナーの登録はこちら

【横浜】Uber Eats(ウーバーイーツ)対応エリア・登録方法・稼げるエリア・休憩できる公園情報【徹底解説】

今回の記事では、横浜でのUber Eats(ウーバーイーツ)対応エリアや稼ぐための方法、シェア自転車の情報などを特集します。

実はUber Eats(ウーバーイーツ)は東京だけでなく、横浜でもサービスを展開しています。

今回の記事は、横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)を利用したい方、横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしようと考えている皆さんは必見です。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達ができる横浜のサービスエリア

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に対応している横浜のサービスエリアをご紹介します。

※時間がなくて、記事全部を読む時間はないけれど、とにかく早く横浜でウーバーイーツの配達員をやりたいと思っている人は、以下から登録してください。

こちらが、横浜エリアのサービスエリアマップです。横浜市内の8つの区でUber Eats(ウーバーイーツ)を利用することができます。

※横浜市以外の市町村や、横浜市内の対応エリア内でも一部エリアでは、まだUber Eats(ウーバーイーツ)を利用することができない場所もあります。

横浜エリアで対応しているUber Eats(ウーバーイーツ)のエリアは以下の通りです。

  • 西区
  • 南区
  • 中区
  • 保土ヶ谷区
  • 神奈川区
  • 港南区
  • 磯子区
  • 鶴見区

横浜でのUber Eats(ウーバーイーツ)配達の基本料金について

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の報酬の内訳は、「基本料金×ブースト倍率+クエスト-手数料」と計算できます。

ここでは、基本料金について解説をします。

基本料金の内訳としては、「受取料金+受け渡し料金+距離料金」となります。

この基本料金に加え、時に発生するブーストやクエストの料金が加わり、その合計からサービス手数料の10%を引いた金額が配達パートナーの報酬になります。

※Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の内訳はさておき、はやく配達パートナーに登録をして活動を開始したい、と考えている方は、こちらのリンクから会員登録をお済ませください。

受取料金:250円

受取料金は、レストランにて商品を受け取った際に発生します。

横浜エリアでの受取料金は250円です。

受渡料金:120円

受け渡し料金は、注文者に商品を渡した際に発生します。

横浜エリアでの受け渡し料金は120円です。

距離料金:60円/km

距離料金は、レストランから配達先までの距離に応じて計算されます。

つまり、遠い距離を配達すればするほど、距離料金は多くなって、配達パートナーに支払われる報酬も大きくなる、ということです。

横浜エリアでの距離料金は、1kmあたり60円です。

横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)配達をしたらいくら稼ぐことができるのか?事例紹介

横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしたら、いくら稼ぐことができるのか?

実際に横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている人のTwitter上の収益報告を調べてみました。

横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに登録する方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録をする手順としては、以下の3つの手順が必要になります。

  1. 事前にUber Eats(ウーバーイーツ)のアカウントをWEB登録する
  2. パートナーセンターに行き、説明会を受ける
  3. シェア自転車やレンタルバイクを借りて配達スタート

具体的に、一つずつ手順をご紹介します。

事前にUber Eats(ウーバーイーツ)のアカウントをWEB登録する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動を開始するためには、最初にWEBでのUber Eats(ウーバーイーツ)配達用アカウントへの登録が必要になります。

以下のリンクから、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーのアカウント登録ができます。

パートナーセンターに行き、説明会を受ける

WEB登録が完了ても、すぐに配達を開始できるわけではありません。

パートナーセンターに行き、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に関する説明会を受講しましょう。

説明会を受けることで、配達パートナー専用アプリの使い方を教えてもらうことができたり、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達専用バッグを受け取ることができます。

レンタル自転車やレンタルバイクを借りて配達スタート

説明会を受け終わったら、もうすぐ配達を開始できます!

自分自身の自転車やバイクを持っているのであれば、それらを使って配達をすることができます。

もし持っていない場合、レンタル自転車やレンタルバイクを借りて配達をスタートしましょう。

横浜でレンタルバイクやレンタル自転車を借りる手段については、のちほど解説します。

横浜のUber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターについて

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動を開始する時や、配達に関してのトラブルや困ったことの対処をするために、Uber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターのお世話になることは欠かすことができません。

ここでは、横浜エリアのUber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターの場所や営業時間などの情報をご紹介します。

※Uber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターで本登録を行う前に、こちらのリンクからWEBでの会員登録を簡単に行うことができますので、まだの方はこちらから登録を完了させましょう。

住所

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜パートナーセンターの住所は、「神奈川県横浜市中区弁天通4-53-2 DOMONビル4階A」です。

最寄り駅

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜パートナーセンターの最寄り駅は、馬車道駅です。

馬車道駅から徒歩1~2分の場所に位置しています。

営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜パートナーセンターの営業時間は、月曜日、水曜日、土曜日の、12:00〜19:00です。

祝日も営業を行っています。

日曜日、火曜日、木曜日、金曜日は定休日になりますので、ご注意ください。

オンラインサポート

Uber Eats(ウーバーイーツ)横浜エリアでは、オンラインでのサポートも行っています。

アカウントのセットアップや料金に関する問い合わせ、その他、必要なことがあれば、ヘルプページ(外部リンク)よりお問い合わせください。

横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしてたくさん稼ぐための3つの方法

結論、横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしてたくさん稼ぐためには、以下の3つの要素が最低限必要になります。

  • 稼げるエリアで配達をする
  • 稼げる時間帯に配達をする
  • 雨の日も配達をし、ブーストやクエストを狙う

一つずつ、具体的にご紹介します。

※時間がなくて、記事全部を読む時間はないけれど、とにかく早く横浜でウーバーイーツの配達員をやりたいと思っている人は、以下から登録してください。

稼げるエリアで配達をする

まず、横浜エリアで稼ぐためには、稼げるエリアで配達活動を行うことが必須です。

具体的にどのエリアが稼げるエリアなのか?詳しくは後ほど紹介しますが、みなとみらいエリア・中華街エリア・横浜駅エリアなどのエリアで稼ぐことが出来ます。

稼げる時間帯に配達をする

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐためには、稼げる時間帯に配達をすることも非常に重要です。

具体的に言うと、午前11時から午後2時までのランチタイムや、午後6時から午後9時のディナータイムは注文が必然的に増加し、稼げる時間帯ということが出来ます。

逆に、それ以外の時間帯は長時間稼働してもなかなか注文依頼が来ず、稼げないことも多いです。

雨の日も配達をし、ブーストやクエストを狙う

また、雨の日に配達をすることでも、稼ぐことができます。

雨の日は、他の配達パートナーが活動を休止することや、ブーストやクエストなどのインセンティブが発生しやすく、実は稼ぐのに非常にチャンスなのです。

稼ぐために、あえて雨の日を狙って活動する、というのも一つの戦略です。

横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)配達で稼げるエリア(稼ぎたい人)

横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をする上で具体的にどのようなエリアが「稼げるエリア」かというと、人やお店が多く集まっている地域は、比較的注文が多く、「稼げるエリア」ということが出来ます。

横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をして稼ぎたい人は、これから紹介するエリアを中心に活動することで大きく稼ぐことが出来る可能性が広がるかもしれません。

それでは、ご紹介していきます。今回、「横浜で稼げるエリア」としてご紹介するエリアは、

  • みなとみらいエリア
  • 中華街エリア
  • 横浜駅エリア

の3ヶ所になります。1ヶ所ずつ、詳細を解説していきます。

※時間がなくて、記事全部を読む時間はないけれど、とにかく早く横浜でウーバーイーツの配達員をやりたいと思っている人は、以下から登録してください。

みなとみらいエリア

1つめの稼げるエリアは、「みなとみらいエリア」です。

みなとみらいエリアには、コスモワールドや赤レンガ倉庫などもあり、常に多くの人で賑わっているエリアです。

そんなみなとみらいエリアですが、Uber Eatsの配達に対応している店舗が非常に密集していることからも、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとっておすすめの稼げるエリアということができます。

また、みなとみらいエリアには多くのシェア自転車のポートがあることも、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとっては非常におすすめなエリアであるということができます。

みなとみらいエリアの最寄り駅

みなとみらいエリアの最寄り駅は、「みなとみらい線・みなとみらい駅」になります。

みなとみらいエリアの代表的施設

みなとみらいエリアの代表的施設としては、

  • クイーンズスクエア横浜
  • 横浜ワールドポーターズ
  • カップヌードルミュージアム横浜

などがあります。

中華街エリア

2つめの稼げるエリアは、「中華街エリア」です。

中華街エリアには、言わずとしれた「横浜中華街」があります。

中華街エリアの最寄り駅

中華街エリアの最寄り駅は、「みなとみらい線・元町・中華街駅」になります。

中華街エリアの代表的施設

中華街エリアの代表的施設としては、

  • 横浜中華街
  • 山下公園
  • 横浜公園

などがあります。

横浜駅エリア

横浜駅エリアの最寄り駅

横浜駅エリアの最寄り駅は、横浜駅です。

横浜駅には、

  • ブルーライン
  • 京浜東北線
  • みなとみらい線
  • 成田エクスプレス
  • 根岸線
  • 踊り子
  • 湘南新宿ライン
  • 相鉄本線
  • 東海道本線
  • 東急東横線
  • 横浜線
  • 横須賀線

が通っています。

横浜駅エリアの代表的施設

横浜駅エリアの代表的施設としては、

  • 横浜タカシマヤ
  • 横浜ビブレ
  • そごう横浜店

などがあります。

横浜のウーバーイーツ配達で休憩に使えそうな公園

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で疲れた時の休憩場所として、また、配達依頼が来るまでの待機場所として、公園で一休みするのは非常におすすめです。

横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするにあたり、休憩に使えそうな公園をご紹介します。今回ご紹介する公園は、以下の8ヶ所の公園です。

  • グランモール公園
  • 清水が丘公園
  • 山下公園
  • 保土ヶ谷公園
  • 三ツ沢公園
  • 久良岐公園
  • 岡村公園
  • 神奈川県立三ツ池公園

1ヶ所づつ特徴とアクセスをご紹介します。

※休憩のための公園の情報などよいから、とにかく早く横浜でウーバーイーツの配達員をやりたい、早く稼ぎたいと思っている人は、以下から登録してください。

グランモール公園(西区)

グランモール公園は、みなとみらいに併設された公園です。

住所

グランモール公園の住所は、「〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4」です。

最寄り駅

グランモール公園の最寄り駅は、「みなとみらい線・みなとみらい駅」です。

営業時間

グランモール公園は、24時間営業の公園です。

近くの有名施設

グランモール公園の近くの有名施設には、

  • 横浜ランドマークタワー
  • クイーンズスクエア横浜
  • 横浜ワールドポーターズ

などがあります。

ベンチ

グランモール公園には、多数のベンチが設置されています。

横浜の海をモチーフにした、波型のベンチが特徴です。

トイレ

グランモール公園には、トイレは設置されていません。

グランモール公園付近でトイレに生きたい場合は、マークイズみなとみらいが目の前にあるので、そちらのトイレに行くことをおすすめします。

自販機

グランモール公園には、自販機は設置されていません。

飲み物が欲しい場合は、近くのコンビニに行きましょう。

近くのコンビニ

グランモール公園の近くのコンビニとしては、

  • ナチュラルローソン マークイズみなとみらい店
  • セブンイレブン みなとみらい駅B2改札前店

などがあります。

清水ヶ丘公園(南区)

住所

清水が丘公園の住所は、「〒232-0007 神奈川県横浜市南区清水ケ丘87-2」です。

最寄り駅

清水ヶ丘公園の最寄り駅は、「京急本線・井土ヶ谷駅」です。

営業時間

清水ヶ丘公園は、24時間営業の公園です。

近くの有名施設

清水ヶ丘公園付近の有名施設には、

  • 横浜清陵高校
  • 横浜商業高校

などがあります。

ベンチ

清水ヶ丘公園には、見晴台の榎の木の近くにベンチが設置されています。

ベンチからは横浜の街を一望することができます。

トイレ

清水ヶ丘公園には、洋式トイレが設置されています。

自販機

清水ヶ丘公園には、自販機が設置されています。

アイスの自販機も設置されているので、暑い日や小腹がすいた日には良いですね。

近くのコンビニ

清水ヶ丘公園付近のコンビニとしては、

  • ローソン LTF 清水ヶ丘店
  • セブンイレブン 横浜保土ケ谷公園前店

などがあります。

山下公園(中区)

住所

山下公園の住所は、〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279です。

最寄り駅

山下公園の最寄り駅は、「みなとみらい線・元町・中華街駅」です。

営業時間

山下公園は、24時間営業の公園です。

近くの有名施設

山下公園の近くの有名施設には、

  • 横浜中華街
  • 横浜赤レンガ倉庫

などがあります。

ベンチ

山下公園には、たくさんのベンチが設置されています。

このベンチにたくさんのカップルが座っている光景は山下公園の象徴ですよね。

トイレ

山下公園には、トイレが設置されています。

面白いデザインのトイレが多数あるので、ぜひ行ってみてください。

自販機

山下公園には、自販機が設置されています。

近くのコンビニ

山下公園の近くのコンビニとしては、

  • ローソン HAPPYLAWSON山下公園店
  • ファミリーマート山下公園前店

などがあります。

保土ヶ谷公園(保土ケ谷区)

住所

保土ヶ谷公園の住所は、「〒240-0017 神奈川県横浜市保土ケ谷区花見台4-2」です。

最寄り駅

保土ヶ谷公園の最寄り駅は、「相鉄本線・保土ヶ谷駅」です。

営業時間

保土ヶ谷公園は、24時間営業の公園です。

近くの有名施設

保土ヶ谷公園の近くの有名施設には、

  • 横浜国立大学
  • 神奈川アートホール

などがあります。

ベンチ

山下公園には、多数のベンチが設置されています。

トイレ

山下公園には、トイレがあります。

面白いデザインのトイレがいくつかあることが特徴です。

自販機

山下公園には、自動販売機が設置されています。

近くのコンビニ

山下公園の近くのコンビニとしては、

  • ローソン HAPPYLAWSON山下公園店
  • ファミリーマート山下公園前店

などがあります。

三ツ沢公園(神奈川区)

住所

三ツ沢公園の住所は、「〒221-0855 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1」です。

最寄り駅

三ツ沢公園の最寄り駅は、「ブルーライン・三ツ沢上町駅」です。

営業時間

三ツ沢公園は、24時間営業の公園です。

近くの有名施設

三ツ沢公園の近くの有名施設には、

  • 横浜国立大学
  • 横浜市立市民病院

などがあります。

ベンチ

三ツ沢公園には、ベンチが設置されています。

トイレ

三ツ沢公園には、トイレが設置されています。

自販機

三ツ沢公園には、自販機が設置されています。

近くのコンビニ

三ツ沢公園の近くのコンビニとしては、

  • ローソン 岸根公園駅前店
  • セブンイレブン 横浜岸根公園店

などがあります。

久良岐公園(港南区)

住所

久良岐公園の住所は、「〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東3丁目12-1」です。

最寄り駅

久良岐公園の最寄り駅は、「ブルーライン・京急本線・上大岡駅、根岸線・磯子駅」です。

営業時間

久良岐公園は、24時間営業の公園です。

近くの有名施設

久良岐公園

ベンチ

久良岐公園

トイレ

久良岐公園には、洋式トイレが設置されています。

自販機

久良岐公園には、自販機が設置されています。

近くのコンビニ

久良岐公園の近くのコンビニには、

  • ファミリーマート 横浜汐見台店
  • セブン-イレブン 横浜生麦4丁目店

などがあります。

岡村公園(磯子区)

住所

岡村公園の住所は、「〒235-0021 神奈川県横浜市磯子区岡村2丁目17-1」です。

最寄り駅

岡村公園の最寄り駅は、「ブルーライン・京急本線・上大岡駅、根岸線・磯子駅」です。

営業時間

岡村公園は、24時間営業の公園です。

ベンチ

岡村公園には、ベンチが設置されています。

トイレ

岡村公園には、洋式トイレが設置されています。

自販機

岡村公園には、自販機が設置されています。

近くのコンビニ

岡村公園の近くのコンビニには、

  • ファミリーマート 三ツ池公園口店
  • セブンイレブン 三ツ池店

などがあります。

神奈川県立三ツ池公園(鶴見区)

住所

神奈川県立三ツ池公園の住所は、「〒230-0013 神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1-1」です。

最寄り駅

神奈川県立三ツ池公園の最寄り駅は、「京浜東北線・鶴見線・鶴見駅、京急本線・京急鶴見駅」です。

営業時間

神奈川県立三ツ池公園は、24時間営業の公園です。

ベンチ

神奈川県立三ツ池公園には、ベンチが設置されています。

トイレ

神奈川県立三ツ池公園には、トイレが設置されています。

自販機

神奈川県立三ツ池公園には、ベンチが設置されています。

近くのコンビニ

神奈川県立三ツ池公園の近くのコンビニとしては、

  • ファミリーマート 三ツ池公園口店
  • セブン-イレブン 三ツ池店

などがあります。

横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするためのシェア・レンタル自転車一覧

横浜では、以下にご紹介するシェア自転車が普及しており、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはこれらのシェア自転車を使うことをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするために横浜で利用できるシェア自転車の料金や支払情報などをご紹介します。

※シェア自転車に申し込む前に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの会員登録は済ませましたか?以下のリンクから、簡単にUber Eats(ウーバーイーツ)のWEB会員登録をすることができます。

ドコモ・バイクシェア

ドコモ・バイクシェアは、NTTドコモの傘下にある「株式会社ドコモ・バイクシェア」が運営しているシェアバイクサービスになります。

横浜市内もドコモ・バイクシェアのサービス提供エリアであり、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の際にドコモ・バイクシェアを使用することができます。

ドコモ・バイクシェアの月額料金

ドコモ・バイクシェアにはUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー専用プランがあり、月額4,000円で乗り放題のプランがあります。

ドコモ・バイクシェアのUber Eats(ウーバーイーツ)専用プラン内容(2019年8月〜)

ドコモ・バイクシェアのUber Eats(ウーバーイーツ)専用プランは2019年8月に内容の変更がありました。

新プランの内容は、以下の通りです。

  • 月額4,000円
  • ただし、同じ自転車を4時間以上レンタルし続けている場合は30分ごとに100円課金
    • 例1:9:00~14:00までの稼働時間内で、途中12:30に別の自転車に乗り換えた→課金なし
    • 例2:9:00~14:00までの稼働時間内はずっと同じ自転車を使用し続けた→課金あり(200円)

ドコモ・バイクシェアの貸し出し時間

ドコモ・バイクシェアの貸し出しは基本的に24時間対応しています。

ドコモ・バイクシェアの返却時間

ドコモ・バイクシェアの返却は基本的に24時間対応しています。

ドコモ・バイクシェアを貸し借りできる場所(横浜市内)

横浜市内のドコモ・バイクシェアを貸し借りできるポートマップは以下の通りです。


Googleマップで開く場合はこちら

※基本的にすべてのポートは24時間の貸し借りに対応していますが、以下の5ヶ所のポートは24時間対象外です。

  • No.04 都市発展記念館(日本大通り駅) 6:30~23:00
  • No.05 横浜ベイクォーター 8:00~22:00
  • No.30 クイーンズパーク 7:00~21:30
  • No.54 オーケーみなとみらい 6:00~22:00
  • No.55 マリン&ウォークヨコハマ 6:00~22:00

ドコモ・バイクシェアの保険

ドコモ・バイクシェアの付帯保険は以下の通りです。

自身の怪我
  • 死亡・後遺障害保険金額:1,000万円
  • 入院保険金日額:5,000円
  • 通院保険金日額:2,500円
第三者への賠償限度額
  • 対人・対物の補償(1事故2億円)
  • 対人:2億円
  • 対物:2億円
第三者への賠償(特約)
  • 訴訟対応費用補償の支払限度額:1事故・保険期間中1,000万円
  • 初期対応費用補償の支払限度額:1事故・保険期間中1,000万円
  • 被害者治療費等補償の支払限度額:1名につき50万円(見舞品購入費用3万円)

ドコモ・バイクシェアのシェア自転車の車種

ドコモ・バイクシェアのシェア自転車には、ブリヂストンの「BIKKE(ビッケ)」という電動自転車が採用されています。

ドコモ・バイクシェアの登録方法

ドコモ・バイクシェアのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー専用プランに加入するには、こちらからアカウント登録をし、その後、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー限定プランへの変更依頼のメールを送ってください。

詳しいアカウント登録方法については、こちらをご覧ください。

横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするためのレンタルバイク一覧

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でガッツリ稼ぐためには、バイクでの配達は非常に有効な手段です。

なぜかと言うと、バイクでの配達は自転車での配達よりも圧倒的にスピードも出るし体力も消耗しないし、たくさんの配達をこなすことができるからです。

もし現在あなたがバイクを持っていない場合でも、バイクをレンタルして配達をするのは合理的な選択と言うことが出来ると思います。

そこで、今回は、京都での配達で使えるレンタルバイク店をご紹介します。

帝都産業

帝都産業は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達と提携をしているレンタルバイク屋です。

帝都産業のレンタルバイクの特徴として、自宅までレンタルバイクを届けてくれることや、配達に適した車両をレンタルできることなどが挙げられます。

月額料金

帝都産業のレンタルバイクプランの月額料金は、16,000円からとなります。

帝都産業では複数車種の取り扱いがあり、車種によって、金額は異なります。

初月は納車料として5,000円が掛かりますが、3ヶ月一括支払いをすることで納車料が無料となります。

プラン

帝都産業のレンタルバイクプランは、1ヶ月ごとの契約となります。

レンタルできる車両

帝都産業では、ヤマハ発動機の原付・バイクをレンタルすることができます。以下のような車種を選ぶことができます。

原付一種 50cc
  • ギアパーキングスタンド
  • ブレッサ
  • ジャイロX
  • ジャイロキャノピー
ミニカー登録車両 50cc
  • ジャイロキャノピーミニカー

レンタル場所

帝都産業のレンタルバイクプランは、自宅まで車両を届けに来てくれます。

有料オプション

帝都産業のレンタルバイクプランでは、有料オプションとして、配達に便利な、デリバリーボックスを借りることができます。

デリバリーボックスのレンタル料は、通常初月3,000円+2ヶ月目3,000円の合計6,000円が掛かりますが、初回支払い時に3ヶ月分を一括支払いをすると、デリバリーボックスのレンタル料が無料になります。

申込みの流れ

帝都産業のレンタルバイクの申込みは、こちらの専用フォームから行うことができます。

まとめ

今回は、横浜のUber Eats(ウーバーイーツ)対応サービスエリアのご紹介や、横浜でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになりたい人に向けた登録方法や稼げるエリアなどをご紹介しました。

今回の記事を読むことで、横浜でのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして良いスタートダッシュを切ることができることと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動を開始するためには、まずはWEBでのUber Eats(ウーバーイーツ)アカウント登録が必要です。以下のリンクからアカウント登録を行うことができます。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集