配達パートナーの登録はこちら

30代のフリーターでもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を問題なくこなすことは出来るのか?

疑問を持ったブタさん

自分は30代のフリーターなんだけど、Uber Eats(ウーバーイーツ)で働いてお金を稼ぐことは出来るのだろうか・・・? Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている人は、若い人が多いイメージだから、30代が参入してお金を稼ぐ余地はあるのかな?教えてください!

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーにはどんな人が多く働いているのか?

疑問を持ったブタさん

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働いている人たちって、一体どんな人たちなの??

まず始めに、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動している人の中にはどんな人が多いのか?について、私が配達をしながら多くの配達パートナーを見てきた経験を元にお話していこうと思います。

全体的に見ると20代の若い人が多いイメージが強い

私は実際に東京都内を自転車でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行っているのですが、活動をしていると多くのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを見かけます。

そんな都内で活動しているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを見ていると、様々な人が活動をしていることがわかりますが、全体的に20代の若い人たちが活動しているのがよく目に入ります。

やはり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしての働き方は、近年出てきた新しい働き方であるため、若い人の方がUberやUber Eats(ウーバーイーツ)に対しての認知度が高いのでしょう。

特に、最近の若い人の考え方として、「会社で従順に働く」というよりも「好きなことで生きていく」とく生き方を求める人が多く、そのようなニーズにUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしての活動はうまくマッチしていると思います。

そのため、20代を中心とした若年層がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして多く活動しているのだとおもいます。

時間に自由のある大学生はやはり多い

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動している人の多くは20代の人である、ということをお話しましたが、中でも大学生でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動している人がとても多い印象を受けます。

大学生は「人生の夏休み」と揶揄されることも多く(もちろん本分は学業で学業や研究に必死に打ち込んでいる人ももちろんいらっしゃいますが…)、特に文系の大学生なんかはかなり自由な時間を過ごしている人がとても多いです。

実際、私も大学生の頃は今までの人生の中でも一番と言っていいほど自由な時間がたくさんあり、その間は旅行に行ったり、アルバイトをしたり、とっても楽しい思い出です。

しかし、大学生にとって問題が一つあります。それは、時間はあるけどお金がない、という問題です。

そんな自由な時間のある、自由を求める大学生にとって、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは自分の好きな時間に好きな時間活動でき、なおかつお金を稼ぐことができるため、非常に魅力的な働き方であると言えると思います。

女性の配達パートナーの方も実は結構活躍している!その多くはロードバイク乗り

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの方は皆さん男性の方ばかりである、とお思いの方もいるかもしれませんが、実はそうとも限りません!

女性の配達パートナーの方も、実はけっこういらっしゃるんです。実際に私も配達パートナーとして街に繰り出して配達をしてみると、女性の方で配達をしている方が私の想像以上に多くいらっしゃいました!

そんな女性の配達パートナーさんの多くは、カッコいいスポーティなロードバイクなどを乗りこなしている人が意外と多いです。どうやら、自転車にに乗ることが大好きな女性の方が、好きな自転車に乗りながらお金を稼ぐことのできる Uber Eats(ウーバーイーツ)を選んでいるようです。

もちろん、全員がロードバイクというわけでもなく、「赤チャリ」と言われるシェアバイクに乗って配達をしている女性配達パートナーの方も多く見かけます!

つまり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は男女問わず誰でも出来る仕事である、ということですね!

「女性×Uber Eats(ウーバーイーツ)」の話題に関連して、こちらの記事でも熱を込めて記事を書いたので、合わせてご覧ください。

女性Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー(配達員)は稼げる?

30代のフリーターでも問題なくUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をこなすことはできるのか?

疑問を持ったブタさん

結局、30代のフリーターがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行っても大丈夫なの?

次に、30代のフリーターの方でもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして配達の仕事をまともにこなすことができるのか?についてお話をしていきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは20代の人が多いイメージがあるかとは思いますが、30代の人でもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして20代と同等に、そしてフリーターの人でも問題なくお金を稼ぐことが出来るのか?解説します。

【結論】可能です。むしろ30代のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは結構いると思う

結論を言ってしまうと、30代でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動することは全然可能です。

実際に、30代くらいの配達パートナーであれば街ナカでたくさん遭遇します。もっと言ってしまえば、40代、50代の人でさえも配達パートナーとして活躍している人がいるほどです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの中で一番割合が高い年齢層は、やはり20代だとは思いますが、それは体力的な面というよりも、Uber Eats(ウーバーイーツ)というサービスの知名度や働き方に一番馴染みがあるのが20代である、という理由からでしょう。

とにもかくにも、30代でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をすることは全然可能です!30代の方で、

「こんな自分はUber Eats(ウーバーイーツ)で若者たちと同じ配達をこなすことができるのだろうか・・・」

と考えている方もいらっしゃるかと思いますが、あなたがそう考えている間に別の30代の方は着実にUber Eats(ウーバーイーツ)でお金を稼いでいる、というがあります。

フリーターの人が健康になるために、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は特におすすめです

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、フリーターの方にも非常におすすめです。

フリーターの人の多くは、健康的な生活リズムを送ることが出来ていない人が非常に多いです。特に、夜勤をしている方などは、昼夜逆転の生活まっしぐら、という人も非常に多いですね。

そんなフリーターの方が健康になるためには、まずは日中体を動かしましょう、ということがおすすめです。そのために、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの活動はかなり最適な選択である、ということが出来ると思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの業務は、基本的に朝の9時から深夜の0時まで、自分の好きな時間に稼働することができます。少なくとも深夜の時間帯は営業をしていないので、昼夜逆転してしまう、ということはあまりないでしょう。

そもそも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を日中に行っていると、体を動かしている分、夜の寝付きは非常に良くなります。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うことで、お金は稼げるし、健康になることもできます。(本当にガッツリ活動すれば、引き締まった細マッチョボディを目指すことだって出来ます。)

そういった理由で、フリーターの人が健康的な生活を送るためには、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達活動が非常におすすめです。

給料日が4回あるので、普通のフリーター生活をするよりも心理的に幸せです

これは個人的に相当な魅力ポイントだと思うのですが、実はUber Eats(ウーバーイーツ)の給料日は、月になんと4回もあります。

というのも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の支払いは、「週払い」なんです。そのため、前の週に活動したぶんの報酬は、次の週になればもう手に入れることができてしまうのです。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、すぐにお金を手に入れたい人にも非常におすすめな働き方です。例えば、最近だと卒業旅行を控えた大学生などは、なるべく早くお金を手に入れたいですよね。そんなときにUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはかなりおすすめなお金の稼ぎ方の一つになります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーにまだなっていない人もこの記事を読んでいるかと思いますが、大丈夫です。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、「やりたい!」と思ってから実際に活動できるようになるまで、最短で1日も掛かりません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになりたい場合は、まずはWEBで無料会員登録を行い、その後は日本各地にある、「Uber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンター」に言って簡単な説明を聞き、銀行口座の登録などを済まして配達料のリュックを受け取れば、その瞬間から配達を開始することが出来ます。

給料日が月に4回も訪れるUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーであれば他の一般的な会社員などにくらべて4倍、いや、それ以上の幸福度を感じることが出来るでしょう。

30代のフリーターがUber Eats(ウーバーイーツ)配達を行う上での注意点

疑問を持ったブタさん

最後に、30代のフリーターがUber Eats(ウーバーイーツ)をする時の注意点があったら教えてほしいな!

最後に、30代の方がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うにあたり、注意しておくべき点をご紹介いたします。

個人によって差がありますが30代のUber Eats(ウーバーイーツ)パートナーの平均的な体力は、やはり20代の方よりも落ちてしまっている事が多いと思います。

そんな30代の配達パートナーがより長くUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活躍するためにはどんなことに気をつければよいか?解説をいたします。

無理は禁物!自分の体力をしっかりと見定めて稼働しよう!

30代の人がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うに当たり、一番気をつけてもらいたい注意点といえば、やはり「無理しすぎること」でしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーのお仕事は、何だかんだ言って、自分の体が資本のお仕事になります。30代、かつ今まであまり運動をしてこなかった人の場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達活動は始めのことは特に、なかなかハードなものとなることを覚悟したほうがいいかもしれません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を自転車で一日中行うと、仮に自転車が電動自転車だとしても、結構疲れます。特に東京都内の場合は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアである東京の都心は勾配の激しいところが非常に多く、電動自転車とはいえ脚力を相当使うことになります。

とはいえ、配達を継続的に行っていけば、段々と体力がついてきたり、慣れてくることも事実です。最初にシンドイ思いをするのをある程度覚悟しておけば、慣れたときにガンガン活動してガンガン稼ぐことができるのではないかと思います。

とにもかくにも、まずははじめてみなければ自分に合っているのかどうかわかりません。Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはシフトなどで拘束されない、完全に自由なお仕事のため、試しに1回、配達を行ってみたらいかがでしょうか。

早朝の時間帯はまだ若い子たちがあまり稼働していないので狙い目!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐための小技としては、「早朝から活動をする」ということが一つ挙げられます。

早朝と言っても、Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業開始時間は朝の9時からになります。朝の9時に活動を開始できるように準備をしておくと、営業開始とともに配達依頼がトントンと舞い込んでくることもあります。

そもそも、早朝の時間帯は、まだ他の配達パートナーさんも活動をしていない人が多く、稼ぐために実は狙い目の時間帯だったりします。また、早朝から活動しておけば、その日の目標などを決めていた場合、昼過ぎから始めるよりも早くその目標を達成することが出来るでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の活動にかかわらず、早朝から活動を開始するのはものすごいおすすめです。「早起きは三文の徳」ということわざがありますが、それは本当にそのとおりで、早起きをするとさまざまなメリットがあります。

休みの日はしっかりと休もう!お風呂や温泉は大事です

Uber Eats(ウーバーイーツ)の活動は、特にシフトなど決められていないため、自分の活動したいときに好きな時間だけ活動をすることができます。

しかし、それを良いことに、長時間の活動を継続的に行っている人は、しっかり休むことも考えましょう。あまり力を入れすぎて取り組むと、燃え尽き症候群になってしまい、 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をすることが億劫になってしまう懸念もあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの活動は、自己管理がとても大切です。特に、休みの日は自分を大切に労ってあげましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の活動は自分の体が資本なため、自分の体のメンテナンスは特に気を使いましょう。休みの日には温泉にいったり、マッサージを受けに行ったりするのも良いと思います。自分の体調を壊してしまうほど、働きすぎることがないよう、気をつけてください。

まとめ

今回は、以下の内容についてお話をしました。

今回の内容のポイント

結論を一言でまとめると、30代でもまだまだUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーでバリバリ活躍することは十分可能だし、バリバリ活躍している30代のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーさんもたくさんいらっしゃいます!

ただし、特に30代の方は自分の体力に気を使いながら、怪我をしないように稼働することが長くUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活躍するためには必要です。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集