フード注文1,000円割引クーポンをGET

【経験者が語る】Uber Eatsで稼げるエリアと稼ぎ方を完全暴露!!

実際に稼いだからわかる、Uber Eatsで稼げるエリア、稼ぎ方を暴露します!!

疑問を持ったブタさん

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げるエリアってどこだろう?

折角Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするなら、ガッツリ稼ぎたいな。

Uber Eatsは成果報酬で自分の配達した分だけ報酬が入ったり、日によって報酬の上下があることは分かっているけれど、とにかく、できるだけお金が欲しいな。

そのためのコツを教えてほしい!

そんなあなたの疑問を解決します。

今回は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)で活躍できるエリアはどこか?」という疑問を持つ皆さんへ向けた記事になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活躍するにあたり、沢山稼ぎたいですよね。

沢山活躍するためには、やはり沢山の注文が入るエリアにいることがとても大切になります。

そこで今回は、私の体験談をもとに、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文が沢山入るエリアについてお話をしていこうと思います。

もくじ

「稼げるエリア」で活動しないとUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしてもなかなか稼げない

「稼げるエリア」で活動しないとUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしてもなかなか稼げない

この記事を読んでいる人の中には、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしているけれどもなかなか自分の思ったように稼ぐことが出来ず、

「本当にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うことは自分にとって最適な方法なのか?」

と、疑問に感じている人もいることと思います。

確かに、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている人の中には、

ガンガンお金を稼ぐことができている人と、あまりお金を稼ぐことが出来ていない人

がいることは事実です。

そこで、ここでは、

「Uber Eats(ウーバーイーツ)であまりお金を稼げていない人」

の気持ちにフォーカスして、どういった気持ちでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達に取り組んで行くべきか?を考えてみたいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達はエリア次第で稼げる人と稼げない人の差が生まれる働き方です

これは悲しい事実ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方は、「完全成果報酬型」の働き方になります。

一般的なアルバイトや会社員の場合は、基本的に「時給労働」の働き方をするため、給料形態は皆さん横並びになります。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達という働き方は、時給労働ではなく、

「どれだけ配達を行ったか」

にて決まるので、同じ時間だけ働いたとしても、そこには大きな収益の格差が生まれてしまうのです。

ただし、この記事を読んでいる皆さんにとって、これはメリットとして捉えるべきです。

なぜなら、完全成果報酬制の働き方の場合、「自由度が高く」働くことができるというメリットがあります。

そして「時給労働よりも多く稼ぐことができる」というメリットを兼ね備えているからです。

この記事を読んでいる皆さんには、ぜひ「稼げるUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー」を目指してほしいです。

そのために、私もこのサイトで引き続き圧倒的に情報提供をしていきたいと思っています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で稼げるエリアで稼げれば楽しいけれど、稼げないとただツライ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行って、自分の思っていた以上にお金を稼ぐことができると皆さん、とても楽しいと思うかと思います。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、その日によって稼ぎが異なりますので、日によっては「今日全然稼げない、ツライ・・・」と感じる日もあることかと思います。

そんな日が続くと、精神的にも辛いと感じてしまいがちになってしまいます。

ここで皆さんに質問なのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている皆さんは、一日にどれくらい稼ぐことができていますか?

  1. 〜5,000円
  2. 5,000〜10,000円
  3. 10,000円以上

Uber Eats(ウーバーイーツ)を初めて間もない方や、一日に数時間程度のみの配達をしている方であれば、1.の金額の範囲内である人が多いでしょう。

ある程度Uber Eats(ウーバーイーツ)に慣れてくると、2.の段階を平均的に稼ぎだす人が多いかと思います。

実際、私も一日に10,000円前後の稼ぎになることが多いです。

しかし、配達を行う人の中には、一日に2万円や3万円を稼ぎだす人がいることも事実です。

このように、一日の稼ぎにしても、大きな差が生まれるのがUber Eats(ウーバーイーツ)という働き方の特徴です。

事実、たくさん稼いでいる人は経験年数が長く、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐためのコツを知っている人が多いです。

このレベルで稼ぐことができるようになると、専業でのUber Eats(ウーバーイーツ)配達も視野に入り、人生の選択肢が大きく広がるのではないかと思います。

なかなか稼げず、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達をやめようと考えていたらエリアを考える必要あり

とはいえ、この記事を読んでいる人の中には、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でなかなか稼ぐことができず、

「配達をやめようかな・・・」

と考えている人もいるでしょう。

しかし、配達を辞めるのはちょっと待ってください!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、他の働き方に比べても非常に魅力的な働き方ができる、特別な働き方です。

  • 自分の好きな時間に活動開始できる
  • 自分の好きな時間だけ活動できる
  • 自分の好きな時間に活動終了できる
  • 毎週報酬が振り込まれる

控えめに言って、このような魅力的な働き方ができるのはUber Eats(ウーバーイーツ)以外に無いのではないでしょうか?

 

あなたが現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でなかなか稼ぐことができないのは、Uber Eats(ウーバーイーツ)での「稼ぎ方」にまだまだ大きな伸びしろがあるのだと私は思っています。

なぜなら、もうすでに、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でしっかりと稼いでいる人が事実たくさんいるからです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)って、平均してどのくらい稼げるもの?私の実際の経験から、稼げる目安を語ります

Uber Eats(ウーバーイーツ)って、平均してどのくらい稼げるもの?私の実際の経験から、稼げる目安を語ります

そもそもの話になりますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、平均して一日にどのくらい稼ぐことが出来るかご存知でしょうか?

また、ご存知でない方は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーでは一日にいくらくらい稼ぐことが出来ると思いますか?

ここでは、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動している私の経験を基に、「どれくらい稼ぐことが出来るのか?」について解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達では1日ガッツリ働けば1万円稼げる時もあるし、そうでない時もある

これまで私が実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしてきて感じるのは、「1日頑張れば大体1万円くらい」稼げるな、と思いました。

ちなみに私の配達している環境は以下のような感じです。

  • 配達時の乗り物は、シェア自転車「ドコモ バイクシェア」
  • 配達開始場所は「新宿駅周辺」が多い
  • 配達時間は、1日10時間くらい
  • スマホは、iPhone6を主に使用
  • WiMAX端末「GMOとくとくbb WiMAX」を配達時に使用
  • スマホホルダーも使用

この通りです。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのパターンとしては、よくあるパターンだろうな、と思います。

私のような条件下で1日10時間くらいの配達を行えば、1万円近くの稼ぎにはなるのではないかと思います。

ただし、いくら稼げるかに関しては、その日の「時の運」などもありますので、一日に1万円以上稼げる日もあれば、一万円に満たない日もあることは確かです。

結局、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達でどれくらい稼げるかは自分の頑張り次第で大きく変わる

結論を言ってしまうと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして稼ぐには、結局「自分の頑張り次第」であると言うことが出来るのではないか、と思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、一般的な働き方のような「時給労働」ではありません。

自分自身が配達をした件数や、配達距離に応じて報酬が決定します。

そのため、自分が頑張って沢山配達をこなすことが出来れば、それに否定して報酬を増やすことができます。

逆に言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)で報酬を増やすためには、「どうしたらたくさん配達ができるようになるだろう?」「どうしたら長距離の配達ができるようになるだろう?」というものを突き詰めて考えていくことが大切だと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達はアルバイトよりも圧倒的に自由度高い上には稼げる?!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、なんだかんだ言って、アルバイトより圧倒的に高い自由度で稼げると私は思います。

一般的なアルバイトの場合、まずシフト調整が面倒ですよね。

その上に、仕事をしっかりと覚える必要があったり、上司や同僚と良い人間関係を保ったり、仕事終わりには掃除をしたり、、、と大変なことづくめです。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーであれば、そのような事は一切ありません。

まず、シフトが自由なので自分の好きな時に働くことが出来ます。

さらに、個人単位での仕事のため、上司や同僚と良い人間関係を保つために消耗する必要もありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達において、ただやることと言えば「与えられた配達の仕事をこなすだけ」これに尽きます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でなかなか稼げるようになれない?→あなたが稼げないのには「原因」が必ずあります

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でなかなか稼げるようになれない?→あなたが稼げないのには「原因」が必ずあります

もしあなたがもう既にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行っており、「なかなか稼げないなあ。」と感じているのであれば、それには必ず「あなたが稼げない原因」が隠れています。

ここでは、あなたがどうしてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼ぐことが出来ないのか?について考えていきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で報酬を稼ぐことができないのは、あなたの働き方に問題があるかも

もし、あなたがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達でなかなか稼ぐことが出来ない・・・と考えているのであれば、あなたの働き方に問題があるかもしれません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働き、収益を積み上げていくためには、正しい方法で配達をする必要があります。効率的でない働き方をしている人は、なかなか稼げるようになりません。

なぜなら、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという仕事は、時給労働ではなく、完全に成果報酬型の働き方だからです。

成果報酬型の働き方においては、生産効率を工場させればさせるほど収益は伸びていきます。

これは一般的な働き方とは大きく異なる特徴であると言えるでしょう。

逆に言えば、生産効率さえ伸ばす工夫をしていくと、同じ労働時間でもどんどん収益を伸ばすことが出来ます。

こんなことしてない?Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼げないときにチェックすべき項目一覧

「Uber Eats(ウーバーイーツ)でなかなか稼げるようにならない・・・」と悩んでいる方は、もしかして、以下のようなことをしていないでしょうか?

  • 自分の自転車があるからといって、ママチャリや思い自転車で配達をしていませんか?
  • 配達エリアだからといって、エリアギリギリのなかなか注文が入らない地域にいることは多くないですか?
  • そのその、1日にどれくらい稼働していますか?
  • ちょっと遠そうだからといって、注文依頼のキャンセルを繰り返していませんか?
  • 配達依頼を受けてから、のんびりと移動をしていないでしょうか?

もし、これらのどれか1つでも当てはまるのであれば、あなたは現在、生産効率の低い配達の仕方をしていることと思います。

逆に言えば、上に挙げたようなことを改善していくことで、あなたの生産性はどんどん向上し、それに伴い、あなたの収益もどんどん伸ばすことができるようになります。

何度も申し上げますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは「完全成果報酬型」の働き方であるので、自分自身の生産性を高めていくことに集中することで報酬を伸ばしていくことができます。

少しの工夫でも、気づいたことがあれば改善をしていく、このような気持ちで配達に臨んでいる人が、大きく稼ぐことができるようになります。

今一度、自分の働き方を振り返って、改善できる点があったらどんどん改善を繰り返してほしいと思います。

【終了しました】このサイトからUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録者を対象に収入補填キャンペーン実施中です

〜追記:このキャンペーンは、終了しました〜

ここで一つキャンペーンのお知らせがあります。

まだUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録していない人に朗報なのですが、このサイトからUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録した方を対象に、「収入補償キャンペーン」を実施しています。

概要

新規配達パートナー様に対して、初回配達後30日以内に完了した配達回数のレベルに応じて、純収入が下記の基準額を下回った際に、差額を追加でお支払するキャンペーンです。

対象者

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして登録し、期間中に初回の配達をされた方(キャンペーンの登録等事前申し込みは不要です)

特別報酬

30日以内に完了した配達回数のレベルに応じて、純収入が下記の基準額を下回った際に、差額を追加でお支払いたします。

  • 配達数:10回 基準額: 5,000円
  • 配達数:30回 基準額:15,000円
  • 配達数:50回 基準額:30,000円
  • 配達数:80回 基準額:50,000円
  • 配達数:120回 基準額:80,000円
  • 配達数:150回 基準額:100,000円

例えば、このキャンペーン期間中に80回の配達を完了し、それで得た収入が35,000円であった場合、補償金額と純収入(50,000円)の差額である15,000円を追加でお支払いいたします!!

もしこの記事を読んでいる方で、まだUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録していない、という方は、ぜひこのサイトの登録リンクから配達パートナーに登録することをおすすめいたします。

稼げないUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが稼げるようになるためには、こんなマインドを持つ必要があります

稼げないUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが稼げるようになるためには、こんなマインドを持つ必要があります

もしあなたが現在、「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でなかなか稼げない」と感じているのであれば、

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をする上で必要ないくつかのマインドが足りていないことが原因かもしれません。

ここでは、「こんなマインドを持てば、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼げるようになる」と期待できるためのマインドについてご紹介します。

これから紹介することを意識するだけで、あなたはUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で今まで以上に稼げるようになること間違いなしです。

稼ごうと思ったら早朝から気合を入れて活動しよう

あなたがもしUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で少しでも稼ぎたい、と考えているのであれば、早朝から気合を入れて配達をするようにしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、東京都心であれば朝の9時、それ以外のところでも朝の10時から始まっています。

稼ぎたいと考えている人は、少なくとも配達開始の時間には稼働ができるようにしておくべきです。

朝早めに稼働を開始すれば、その分早めに自分の目標金額に到達することが出来ます。

また、朝イチから活動を開始したほうが、高いモチベーションを保つことができます。

正直な話、午後の2時か3時から配達を開始しても良いですが、あまりモチベーションを高く保つことができず、また、そもそもあまり長い稼働をすることができないため、収益的にはあまり伸びは期待できないでしょう。

そういった理由で、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行う際には、朝イチで配達を開始することをおすすめしています。

食事休憩はササッと。飛んできた依頼は基本的に全承認しよう

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をする日には、食事休憩はササッととりましょう。

食事休憩を取ることで、大きなタイムロスが生まれます。

食事休憩をとっても良いですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしている日には、食事休憩でその分の稼働が失われてしまうことはとてももったいないです。

私がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしているときは、いつもコンビニでおにぎりや軽いお弁当を購入して、空いた時間に公園なんかでご飯を食べるようにしています。

公園でご飯を食べるのは気持ちいいですし、配達依頼が来た際にはすぐに出動することができ、配達依頼のヌケモレをすることもなくなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達において収益を伸ばすためには、「できるだけ沢山の配達依頼をこなす」ことがキーポイントとなりますので、少しでも収益を伸ばしたい、と考えている人であれば、1件でも多くの配達依頼をこなせるように工夫をすべきだと思います。

注文依頼のたくさんくるエリアで待機をしよう

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で収益を伸ばすには、注文依頼の沢山来るエリアで待機をすることをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達においては、「地の利」が非常に強く働きます。

つまり、配達の多いエリアにいるとたくさん配達をすることになりますし、そうでないエリアにいると全然配達ができない、というようなことになります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で収益を伸ばしたいのであれば、配達のたくさん来るエリアで待機することが必須になります。

実は、あなたが稼げない理由は、「稼げるエリア」にいない事が原因かもしれません

実は、あなたが稼げない理由は、「稼げるエリア」にいない事が原因かもしれません

ここだけの話ですが、あなたがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達でなかなか稼ぐことができない理由として、あなたが「稼げるエリア」で活動していない事が原因かもしれません。

そう、実は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行う上で、「稼げるエリア」と「稼げない」エリアというものがあるのです。

具体的にどういうことかというと、稼げるエリアと稼げないエリアで同じ時間、同じように活動を行っていても、その2つのエリアの間には大きな収益の格差が生まれるのです、

そこで、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行う人は、いかに「稼げるエリア」にて配達を行うのかがポイントとなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、稼げないエリアに留まっていると稼ぐことができない

これは紛れもない事実ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行う上で、「稼げないエリア」でとどまって活動をしていると、絶対に稼ぐことはできません。

これはUber Eats(ウーバーイーツ)に限らずすべてのビジネスで共通して言えることなのですが、「お金が集まっていない場所でお金を稼ごうと雄持っていても、絶対に無理」なのです。

なぜなら、そもそもそこにはお金が動いていないからです。

具体的に言うと、どのようなエリアが「稼げないエリア」であるかというと、

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)対応エリアギリギリの場所
  • 過疎っている僻地・人が全然居ない
  • お店の量が圧倒的に少ない

このようなエリアで活動をしても、基本的には稼ぐことは出来ないでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼ぐためには、稼げる場所で活動をする必要があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼いでいる人は、稼げるエリアで効率的に活動をしています

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でしっかりと稼ぐためにはどうすればいいか?というと、何度も言いますが、「稼げるエリア」で活動をすることです。

稼げるエリアで活動をすることによって、稼げないエリアで活動する人よりも、ヘタしたら倍以上の収益の差が生まれる可能性も十分にありえます。

それでは、具体的に「稼げるエリア」とはどのようなエリアなのか?についてお教えします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での稼げるエリアの特徴としては、大きく分けて以下のような点がポイントになります。

  • 人がたくさん集まっているエリア
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の対応店舗が多いエリア
  • 主要な駅周辺

このような地域は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げるエリア」である可能性が非常に高いです。

実際、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達活動をしていると、「ここの近くにいると、すごい鳴るなぁ・・・」と思うエリアがあなたにも有るかと思います。

そのようなエリアを拠点にして活動をすることで、「稼げるエリア」で活動することができるようになります。

稼げるエリアで活動をすることで、稼げないエリアにいる場合よりも圧倒的に稼げる

これは何度も言っておりますが、事実なのでもう一度言うと、

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行う上で、稼げるエリアで活動をすると稼げないエリアにいる時よりも圧倒的に稼げる」

ということを改めて主張しておきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げないと嘆いている人の多くは、稼げるエリアから外れて活動をしている時間が長く、配達の効率が落ちている場合が多いです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ごうと考えたら、1円でも多く稼ごうとう貪欲な気持ちを持つことが必要です。

そのためには、少なくとも「稼げるエリア」にて活動をすることが最低限不可欠になります。

逆に言えば、稼げるエリアで活動をすることで、あなたが今まで稼ぐことの出来なかった大きな金額を稼ぐことができる可能性は非常に高いでしょう。

【あくまでも一例】Uber Eats(ウーバーイーツ)稼ぐなら、恵比寿がおすすめです

【あくまでも一例】Uber Eats(ウーバーイーツ)稼ぐなら、恵比寿がおすすめです

疑問を持ったブタさん

結局、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達が沢山受けられるエリアはどのあたりなんだろう?

「Uber Eats(ウーバーイーツ)をはじめてみたけれど、思ったほど注文がこないなぁ・・・」と思いながらコンビニのイートインスペースで待機しているそこのあなた!恵比寿周辺には行ってみましたか?

私はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして稼働する際には、ほぼ必ず恵比寿界隈へピックアップや配達を行っています。恵比寿は本当にUber Eats(ウーバーイーツ)のユーザーが多いみたいですね。

恵比寿で稼ぐには「マクドナルド恵比寿駅前店」がキーとなります

私の体感ですが、恵比寿エリアは注文、配達の量がとても多いと感じました。特に恵比寿エリアで多い注文店は、「マクドナルド恵比寿駅前店」です。

このマクドナルドはUber Eats(ウーバーイーツ)対応店舗で、恵比寿界隈にいると非常にたくさんの配達発注がここから来ます。

私はまだ数回しかUber Eats(ウーバーイーツ)をやっていませんが、もう何回ここのマックに来たことやら・・・(笑)

ここのマクドナルドにピックアップに来た際には、他のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが待機していることも多いです。

駅前店舗で本当にたくさんの人が利用しているマクドナルドなので、恵比寿周辺でUber Eats(ウーバーイーツ)をやっていればほぼ必ずこのマクドナルドにピックアップに来る日があなたにも訪れるでしょうw

また、マクドナルドでは「朝マック」もやっているので、比較的いつの時間でもマクドナルドからの配達は多いです。

平日の早朝などは、他のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがあまりいないため、効率的に活躍することができます。

大学生などで平日の午前中に稼働できる方にはおすすめです。

<マクドナルド恵比寿駅前店の地図>

なお、ここの恵比寿駅前店を含め、東京都内では33店舗がUber Eats(ウーバーイーツ)に対応しているようです。

恵比寿で人気のタピオカ屋もUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐためのポイント!

マクドナルドについで恵比寿でよく注文の入るお店があります。

それが、タピオカ屋の「THE ALLEY(ジ・アレイ)鹿角巷(ルージャオシャン)」です。

鹿のマークが目印のこちらのタピオカ屋、みなさんも見たことがあるかと思います。

こちらはチェーン店のお店で都内にも何店舗かあるお店ですが、このうちの1店舗が恵比寿にあります。

私も何度かこのお店に集荷&配達をしたことがありますが、恵比寿の中だとマクドナルドの次くらいに配達が多いようなイメージがあります。

ちなみに、タピオカの配達に関してですが、「フタが外れて中身がこぼれないか心配・・・」と懸念している人もいるかも知れませんが、大丈夫です。

タピオカのカップは、フィルムで圧着されているため、逆さまにしても、シェイクしても、中身がこぼれることはありません。

正直、タピオカの配達が一番気兼ねなく行えるような気もしていますwタピオカはおいしいしサイコーですね(^q^)

恵比寿で赤チャリを活用するのがUber Eats(ウーバーイーツ)配達で稼ぐコツ!

恵比寿で赤チャリを活用するのがUber Eats(ウーバーイーツ)配達で稼ぐコツ!

疑問を持ったブタさん

恵比寿駅の近くで赤チャリ(=シェア自転車)を借りたいんだけど、沢山自転車がおいてあるような場所、ないかな??

赤チャリ(ドコモバイクシェア)を使用している皆さんは、Uber Eats(ウーバーイーツ)をやっていると自転車の電池持ちがとても気になりますよね。

実際に私も赤チャリを使用していると非常に感じるのですが、朝からUber Eats(ウーバーイーツ)を始めると、一日に自転車を何回も交換する必要があるんです!

赤チャリの電池持ちは電池が満タンの状態でもせいぜい30キロ程度が限界なので、多いときには3回や4回程度自転車を乗り換えする必要が出てきます。

<赤チャリ(ドコモバイクシェア)マップ>

GoogleMapsアプリで開く場合はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア内には、上のマップに示されている通り、沢山の赤チャリのポートがあります。基本的にこの場所に行けば自転車を乗り換えることができるのですが、行った先のポートに自転車が置いてあるとは限りません。

また、自転車がおいてあっても、電池が十分に充電されているとは限りません。

そんな中、恵比寿駅に併設された駐輪場サイカパーク恵比寿」の中にあるポートには、常に比較的たくさんの自転車が置いてあります。

このため、私は恵比寿周辺に来たら、頻繁にここのポートに立ち寄って自転車の乗り換えをしています。

「サイカパーク恵比寿」は、Uber Eats(ウーバーイーツ)のピックアップ先として非常に頻繁に行く「マクドナルド恵比寿駅前店」に行った際、自転車の電池残量が少ない場合にはぜひ寄って電池がバリバリある赤チャリに乗り換えましょう!

<サイカパーク恵比寿へのアクセス>

GoogleMapsアプリで開く場合はこちら

サイカパーク恵比寿の赤チャリ駐輪場所は、2階へ上がった右奥に沢山並んでいます。

一般の自転車がたくさんある駐輪場の中にポートが併設されているため、はじめて訪れる場合は少しわかりにくいですが、このポートには沢山の赤チャリストックがあるのでおすすめです。

恵比寿は道を渡る人が少ないため配達しやすく稼ぎやすい

私が恵比寿でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働いてみた印象ですが、渋谷や原宿に比べて、歩行者の数が少ないので自転車の通行の妨げにならないため、非常に運転がしやすいです。

渋谷の場合は、GoogleMapsのナビに従って進んでいくと、あの常に人がめちゃくちゃ多いスクランブル交差点を突っ切らなければいけない場合があります。

(※渋谷のスクランブル交差点は1回の青信号で多いときには3000人が渡るそうです。)

また、原宿の竹下通り・・・はさすがに通ることは無いかと思いますが(あそこに入ったら本当に身動き取れないw)、竹下通りを通り終わってH&Mなどがある明治通りの人の量も半端じゃないです。

(そういえば、原宿のFOREVER21がいつの間にか閉店していました)

原宿エリアでUber Eats(ウーバーイーツ)やってると、あそこを通ることがしょっちゅうあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデカバッグ背負っていると何かと目立つので、はじめて明治通りや渋谷のセンター街を赤チャリで突っ切る時はちょっと恥ずかしかったことを覚えていますw

そんな渋谷や原宿に対して、恵比寿の道は歩行者が少ないため、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとっては非常にアリガタイ限りです。

歩行者があまり居ない割にはオーダーが多い印象を受けるので、私は恵比寿界隈のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになりましたw

そのため私は拠点を恵比寿駅に設け、配達が終わった際には常に恵比寿方向へ戻るようにしています。(しかし大抵恵比寿に戻る際に次のオーダーが来ますw)

稼げるエリアである恵比寿にはUber Eats(ウーバーイーツ)サポートセンターがある

恵比寿には実はUber Eats(ウーバーイーツ)のパートナーセンターがあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に関する質問や相談など、Uber Eats(ウーバーイーツ)に関わることならここのパートナーセンターにいけば解決することができます。

例えば、Uber Eats(ウーバーイーツ)のデカバッグが壊れてしまった!アプリがちゃんと起動しない!うまく動作しない!などなど、困ったことがあればこのパートナーセンターに行けば解決できる事が多いです。

<Uber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンター>

GoogleMapsアプリで開く場合はこちら

住所は【東京都渋谷区恵比寿1-25-1 NAGAHAMAビル 5F】になります。営業時間は、【月曜から土曜は12:00~19:00、日曜日は10:30〜17:00】になります。

↑モザイクのかかったオジサンが立っている場所がUber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターの入り口です。この1口を入って7階に上がると、Uber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターがあります。

↑JR恵比寿駅からのルートです。

※Uber Eats(ウーバーイーツ)パートナーセンターに自転車やバイクでお越しの場合には、サイカパーク恵比寿へ駐輪をお願いします、とのことです。

恵比寿以外にも稼げるエリアはもちろん沢山ある

今回は「Uber Eats(ウーバーイーツ)で活躍できるエリア」というテーマで、恵比寿をピックアップしてみました。

ですが、恵比寿以外にも活躍できるエリアはたくさんあります。

また、日によって活躍できる場所は大きく異なります。

ただ、私が実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやってみて、恵比寿エリアは初心者にはおすすめです。

勾配も渋谷などに比べて少なく、また、人通りもそれほど多くない恵比寿は非常に快適にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達が出来るエリアだとおもいます。

皆さんは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをする際にはどこのエリアがおすすめだと思いますか?よかったら、コメントやSNSにて教えてください!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げる理由とは?他の副業との違いは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げる理由とは?他の副業との違いは?

ここでは、「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達はどうして稼げるって言えるのさ?」と疑問を持っている人に対して、Ueer Eatsの配達が稼げる理由をご紹介いたします。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)を副業として行う人に向けて、ほかの副業と違って優れている点を解説していきます。

他の副業とは違い、配達した分だけ必ず一定の報酬が振り込まれる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、ほかの副業とは異なり!自分の配達した分の報酬に関しては必ず受け取ることが出来る、という特徴があります。

他の副業の場合、自分の気づかない間に「無賃労働」や「超低賃金」で活動してしまうことがあります。

例えば、副業でアフィリエイト(webサイト運営)やwebサービスの運営などをやろうとした場合、それらがヒットしなければ1円もお金は入ってきません。

YouTuberなども同様で、どれだけ動画をお金を使って作り上げても、視聴者がいなければ1円の稼ぎにもなりません。

それに対して、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動すれば、舞い込んでくる配達の依頼を一つづつこなしていくことで、確実に報酬を受け取ることができます。

活動すれば受注できる!仕事(案件)を受注できる確率が他の副業よりも圧倒的に高い

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、他の副業とは異なり、案件の受注率が非常に高いことが魅力として挙げられます。

他の副業として代表的なWeb制作やプログラミング系の仕事の場合、まずは案件を手に入れなければいけない、という高いハードルがあります。

どれだけプログラミングのスキルがあっても、仕事が手に入らないとその人の収益はいつまで経っても0円、というわけです。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーであれば、そんな心配はありません。

現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに配達を頼みたい飲食店は溢れかえっており、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー用のアプリから「配達開始」のスイッチを押すことで、絶え間なく配達依頼が舞い込んできます。

しかも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして仕事を受けるためには特に必要なスキルなどないので、誰でも仕事を受注してお金を稼ぐことが出来るのです。

スキマ時間でも大歓迎!自分の好きな時間に活動することができる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、スキマ時間にも気軽に活動をすることが出来ます。

そもそも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーには「シフト」という概念がありません。

自分の好きな時間(活動したい時間)にスマホアプリのスイッチを入れるだけで配達パートナーとしての活動を開始することができます。

そのため人それぞれ、自分の好きな分だけ働くことが出来るのがUber Eats(ウーバーイーツ)の魅力です。

ガッツリ稼ぎたい人は朝から夜まで活動して万超えの報酬を稼ぐ人もいますし、2-3時間だけさくっと働きたいひとなんかも気軽に働くことができます。

【事実】恵比寿以外にも、稼げるエリアはたくさんあります

【事実】恵比寿以外にも、稼げるエリアはたくさんあります

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の稼げるエリアがずばり恵比寿だ!」とか「恵比寿にいれば稼げる!」とか書いてしまいましたが、正直な話をすると、恵比寿以外にも稼げるエリアはたくさんあります。

別に、恵比寿に固執する必要はありません笑

この記事を読んでいる人は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で圧倒的に稼ぎたいと考えている人が大半だと思うので、「恵比寿以外にも稼げるエリアはたくさんあるんだよ」ということをここで解説しておきます。

具体的に恵比寿以外でどのようなエリアが良いのか?

答えとしては稼げるエリアには「特徴」があり、その特徴を抑えておくことで、常に稼げるエリアにステイして常時配達依頼が舞い込んでくるような状況を作ることができます。

具体的に、稼げるエリアにはどのような「特徴」があるのか?解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)対応店舗の中でも圧倒的に配達の多いマクドナルドは稼ぐためには絶対に外せません

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を語る上で「マクドナルド」は絶対に欠かせない、キーとなる店舗です。

(某・別のUber Eats(ウーバーイーツ)ブログでもマクドナルドのことについては言及しているくらいです笑)

マクドナルドは都内に数えきれないくらいの店舗数があり、そしてその大半の店舗はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達に対応しています。

実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしてみるとわかりますが、マクドナルドからの配達依頼が圧倒的に多いんですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を一日していると、ほぼ100%と言っていいくらい、マクドナルドからの配達依頼が舞い込んできます。

特に混雑時になると、2連続・3連続でマクドナルドの同じ店舗からの依頼、なんてことも起こることもあります笑

つまり、Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率的に稼ぐためには、「マクドナルド」は欠かせない存在なんです。

もし、あなたがよく活動をする配達エリアの近くにマクドナルドがあったら、基本的にはそこで張っていれば大丈夫です。

(そのお店がUber Eats(ウーバーイーツ)対応店舗であれば、)必ず、配達依頼がすぐに舞い込んでくるはずです。

とにかく人・モノ・店の多い場所に行けばOK。都内なら、電車のターミナル駅などが良い

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を効率的に受けるためには、とにかく「配達依頼を受けることのできる可能性の高いエリア=稼げるエリア」にステイすることが重要になります。

具体的に、どのようなエリアがそのようなエリアなのか・という点に関してですが、簡単です。

とにかく

人・モノ・店の多い場所に行けばOK

です。

具体的に言うと、電車のターミナル駅など、巨大な都市が良いですね。

東京都内であれば、このようなエリアです。

  • 東京駅
  • 新宿駅
  • 渋谷駅
  • 恵比寿駅
  • 目黒駅

基本的にこのエリアにいれば、絶え間なく配達の依頼は舞い込んできます。

ポイントは、「いかに稼げないエリアを避けるか」が全てです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしていると、「稼げないエリアに舞い込んでしまう」ことがあります。

これは必然的に起こってしまうことで、配達先がわからないからこそ、東京都内の配達エリアでも人っけ少ない過疎エリアに舞い込んでしまうことは起こりえます。

しかし、そのようなエリアに滞在をし続けていても、配達依頼が舞い込んでくることは少ないので、できるだけ、先程あげた「稼げるエリア」に戻るように行動をすることが必要となります。

要するに、活動する上で「拠点となるエリアを決めろ」という話になります。

極端な話をすると、私はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をするとき、恵比寿駅を拠点としており、配達をしたら常にそこで待機はせず、恵比寿駅にすぐに戻るように行動をしています。

こうすることで、恵比寿駅に戻る前に次の配達依頼が舞い込んで、配達をし、恵比寿駅に戻り・・・というような行動になるのですが、こうすることによって、過疎地域で待機し続けるという不効率な行動を回避することができます。

これはどんなビジネスでも言えることですが、「金のない場所で稼ぐなんて無理」です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼ぐためには、できるだけ多くの時間の割合、稼げるエリアに居続けることがキーとなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げるエリアを見つける方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げるエリアを見つける方法

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動する上で必要な「稼げるエリア」を見つける方法について解説していきます。

はじめに結論を言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)で、稼げるエリアを見つけるためには、以下の3つのことを意識すればオッケーです。

  • 注文のあった場所をメモしておく
  • 注文のない時間帯も常に動き回る
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文サイトでリサーチを徹底して行う

一つづつ詳しく解説をしていきます。

注文のあった場所をメモしておく

1つ目は、「注文のあった場所をメモしておく」ということです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行うと、注文に関して、以下のような情報を手に入れることができます。

  • 注文された時間
  • 注文の鳴った場所
  • ピックアップ先のお店
  • 配達先の住所

注文を受ける度にこれらの情報をノートなどに集めておくだけでも、どの場所から注文が多く入るか、肌感覚で分かるようになってきます。

最低限、「注文された時間」と「注文のなった場所」を覚えておくことで、次回の配達時にも注文を受ける再現性が高まると思います。

注文の無い時間帯も常に動き回る

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが活動する上で、配達注文のなかなか来ない時間帯を遅かれ早かれ経験すると思います。

そのような時は、1箇所でじっと立ち止まっているよりも、常に自転車やバイクに乗って動き回っていた方が注文を受ける可能性が高まります。

その理由としては、仮にあなたがなかなか注文を受けることが出来ず近くにあるコンビニや公園などで立ち止まっていた場合、そのエリア付近ではそもそも食事注文が全くされていない可能性があるからです。

しかし、注文がない時間帯も常に動き回ることで、注文のある地域の依頼も網羅することができ、結果として受けることのできる注文数を増やすことができるかと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文サイトでリサーチを徹底して行う

最後は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)の食事注文サイトでお店のリサーチを徹底して行う」ということです。

極論を言ってしまうと、「食事注文の多い場所があらかじめわかっていれば、その周辺にいれば配達注文が集まる」という理論ですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの多くは、配達専用のアプリ「Uber Driver」しかインストールしていない、という人も多いかと思います。

しかし、食事注文用のUber Eats(ウーバーイーツ)アプリもインストールして時々リサーチをしましょう。

そうすることで、「どんなお店がUber Eats(ウーバーイーツ)に出店しているのか」が分かります。

それが分かると、注文の多い場所を推測して待機することができます。

【実体験】実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼いだ経験を紹介【1日1万円稼ぐ】

【実体験】実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼いだ経験を紹介【1日1万円稼ぐ】

ここでは。実際に私がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働いて、1日に1万円稼いだ事があるので、その経験を共有します。

結論から言うと、1日1万円を稼ぐことは可能です。

【大前提】実際に私はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1日1万円稼いだ経験があります

このブログを書いている私は、もちろんUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動したことのある「経験者」です。

そして、実際に私はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1日に1万円以上を稼いだ経験があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を始めたばかりで、まだ1万円以上の大きなお金を稼いだことのない人にとって参考になるかと思い、ここでは、どのようにして1日に1万円を稼ぐことができるのか?についてご紹介します。

1日1万円を稼ぐのは、結論「まぁまぁ大変」です

結論から言うと、1日に1万円を稼ぐのは「まぁまぁ大変」であると言えるでしょう。

実際、1日に1万円を稼ぐことは「不可能ではありません」。

実際に私は何度も、1日に1万円以上を稼いだ経験があるため、このことに関しては断言をすることができます。

しかし、1日に1万円以上を稼ぐことが「簡単か」と言われると、その限りではありません。

やはり、1日に1万円以上を稼ぐためには、ある程度のコミットをする必要があります。

具体的に言うと、私が1日に1万円を稼いだ時の条件は、以下のような場合が主になります。

  • 配達に使用する乗り物は「ドコモ バイクシェア」(電動シェア自転車)
  • 配達エリアは、「東京都内」
  • 配達時間は「合計10〜11時間程度」

このような条件で私は1日に1万円を稼ぐことができていました。

逆に言うと、この条件を満たすことができれば、1日に1万円を稼ぐ事ができる再現性はわりと高いかと思います

工夫をすれば、1日1万円を稼ぐのは不可能ではありません

実際に、1日に1万円以上を稼ぐことは全然不可能なことではありません。

むしろ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を本気で取り組むのであれば、割と1日に1万円には到達することができるかと思います。

事実、稼いでいる人は1日に2万円以上稼いでいる強者もいるので、工夫次第では収益は大きく伸ばせることと思います。

私は、シェア自転車での配達をメインにしていましたが、バイクでの配達やロードバイクでの配達をしている人は、より収益を伸ばす事ができている人が多いようです。

エリア別Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーセンターまとめ

エリア別Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーセンターまとめ

エリア別に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーセンターの情報をまとめます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーセンターでは、

  • これからUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動をしようと考えている人
  • すでにUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動をしている人

のどちらに当てはまる方でも、何度か役に立つ機会があるかとおもいます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録だけではなく、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で困ったことや疑問があることなど、気になることがあったら、Uber Eats(ウーバーイーツ)のパートナーセンターに相談することができます。

東京都エリアでの配達パートナーセンターは3ヶ所あります【大門・秋葉原・新宿】

東京エリアには現在、大門・秋葉原・新宿の3ヶ所のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーセンターがあります。

東京・大門の配達パートナーセンター

 

東京・大門のパートナーセンター情報
  • 住所:東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル1F
  • 最寄り駅:大門駅より徒歩4分
  • 営業日:月〜日(祝日含む)12:00〜19:00

Googleマップのアプリで見たい方はこちら

東京・秋葉原の配達パートナーセンター

東京・秋葉原のパートナーセンター情報
  • 住所:東京都千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町 4F
  • 最寄り駅:秋葉原駅より徒歩5分、神田駅より徒歩5分、淡路町駅より徒歩4分、岩本町駅より徒歩4分
  • 営業日:月〜日(祝日含む)12:00〜19:00

Googleマップのアプリで見たい方はこちら

東京・新宿の配達パートナーセンター

東京・新宿のパートナーセンター情報
  • 住所:東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル 3F
  • 最寄り駅:新宿駅より徒歩7分
  • 営業日:月〜火・木〜土(祝日含む)12:00〜19:00

Googleマップのアプリで見たい方はこちら

【注意】埼玉県・千葉県エリアで活動する方は東京での登録をしましょう

ここで一つ注意点として、埼玉県、千葉県のエリアでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動を行おうと考えている方は、残念ながら、現在(2019年7月)の時点では埼玉県と千葉県のエリアにはUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーセンターは無いようです。

もし埼玉県、千葉県でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達活動をしようと考えている方は、東京の上記のパートナーセンターで登録を行うと良いでしょう。

神奈川県エリアでの配達パートナーセンターは【横浜】にあります

横浜のパートナーセンター情報
  • 住所:横浜市中区弁天通4-53-2 DOMONビル4階A
  • 最寄り駅:馬車道駅より徒歩4分、関内駅より徒歩7分
  • 営業日:月・水・土(祝日含む): 12:00〜19:00

Googleマップのアプリで見たい方はこちら

愛知県エリアでの配達パートナーセンターは【名古屋市】にあります

名古屋のパートナーセンター情報
  • 住所:名古屋市中区錦2-16-5 セントレイクレノン錦 4階
  • 最寄駅:伏見駅から徒歩1分
  • 営業時間:月〜火、木〜土 12:00〜19:00

Googleマップのアプリで見たい方はこちら

大阪府エリアでの配達パートナーセンターは【心斎橋】にあります

名古屋のパートナーセンター情報
  • 住所:大阪市中央区南船場4-4-21 りそな船場ビル604
  • 最寄駅:心斎橋駅より徒歩2分、四ツ橋駅より徒歩6分
  • 営業時間:月〜日 12:00〜19:00

Googleマップのアプリで見たい方はこちら

京都府エリアでの配達パートナーセンターは【京都市】にあります

京都のパートナーセンター情報
  • 住所:京都市下京区金換町109-1
  • 最寄駅:京都駅から徒歩10分
  • 営業時間:火〜土 12:00〜19:00

Googleマップのアプリで見たい方はこちら

兵庫県エリアでの配達パートナーセンターは【神戸市】にあります

神戸のパートナーセンター情報
  • 住所:神戸市中央区元町通2丁目3番2号 ジェムビル2F C-1 JEC日本研修センター 神戸元町
  • 最寄駅:JR・阪神元町駅から徒歩3分
  • 営業時間:木〜土 12:00〜19:00

Googleマップのアプリで見たい方はこちら

福岡県エリアでの配達パートナーセンターは【福岡市】にあります

福岡のパートナーセンター情報
  • 住所:福岡市中央区天神1-10-13 天神MMTビル6F TKP天神カンファレンスセンター
  • 最寄駅:天神駅から徒歩1分
  • 営業時間:月〜火、木〜土 12:00〜19:00

Googleマップのアプリで見たい方はこちら

まとめ

最後に

ここまで非常に長い記事でしたが、最後までお読みいただき、ありがとうございます!

今回は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げるエリア・稼げる理由・稼ぎ方を教えます」というテーマでお送りしました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で稼ぎたい人にとって、とても有益な内容となっておりますので、この記事を何度も読み返して、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でガッツリと稼ぎ切りましょう!

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です