フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアの給料予想【注文・配達を徹底解説】

Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアがいよいよ開始!

日本海側に位置し、海の幸も豊富な北陸地方の石川県。

観光を楽しむ分には申し分ない金沢エリア。しかし、金沢エリアに居住している人にとっては、いささかサービスが行き届いていないこともあるようです。

それは日常生活における食の豊富さ。市場やお店は沢山あり、その場に行けば十分美味しいものが味わえますが、ことデリバリーに関しては未だ発展途上。近隣の中部地方や近畿地方にあるサービスが上陸していないこともしばしば。

しかし、この度あのデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)が金沢エリアに登場しました。待望のUber Eats(ウーバーイーツ)の魅力をご紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアの対応範囲

南北に細長く、日本海や富山湾に面している石川県。約4000㎢の敷地全てが対応範囲ならありがたいのですが、今現在はまだ対応範囲が限られています。

対応地域は金沢市の中の金沢駅を中心とした地域に限られています。

金沢市の南東、山間部や、大学が点在している地域である末町、田上本町などは対応範囲外となっています。

しかし対応範囲はサービス開始当初から広がり、金沢市のすぐ隣、野々市市にまで少しずつ広がっていっています。

このままサービスが継続していけば、金沢市、野々市市に隣接する白山市にもサービス展開されそうです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアで利用できる加盟店鋪・レストラン例

デリバリーサービスを利用するに当たり、最も気になるのが加盟店舗の多さや種類。せっかく利用できても加盟店舗数が少なかったり、同じような種類のお店が並んでいたらガッカリしますよね。

でも金沢エリアでは朝、昼、夜と全ての時間帯に利用しても飽きない様々な店舗が積極的に加盟しているのです。

例えば、休日の遅く起きた朝。

利用したいお店はフレンチトースト専門店「mommy’s french toast」

平日のお昼なら大手ファーストフード店。

「カレーハウス CoCo壱番屋」「松屋」「やよい軒」「ガスト」などなど種類が豊富です。
外食はいけないけれどなにかをつまみながら家飲みがしたい。

それなら居酒屋「笑笑」「串カツ田中」「ゴロゴロお肉の牛タコス」「スシロー」など。
数多のお店が加盟店になっているのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアの注文登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用意欲が高まってきたところで、さっそく注文、利用開始しましょう。

いろいろと面倒な入力があるなら後回しにしようかな……と登録が億劫になってしまいますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録は簡単です。

お手持ちのスマホでアプリ検索を行います。Uber Eats(ウーバーイーツ)の名称でアプリを探しダウンロード。

ダウンロードが完了したら、あとは指示に従ってアカウント登録をするだけ。

名前や連絡先の基本情報を打ち込めば終わりです。

どんなに登録が不慣れな人でも10分以上かかることはまずありません。

スマホのアプリだけでなく、パソコンのブラウザからも登録ができます。その場合はUber

Eats(ウーバーイーツ)のサイトを開きサインインという画面を開きます。

サインイン画面の下部に「アカウントを制作」という案内があるのでクリックしましょう。

あとはアプリ同様指示に従い入力するだけです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアで利用できるクーポン

せっかくUber Eats(ウーバーイーツ)を利用するなら賢くお得に利用したいですよね。

普段新聞広告に挟まっているような特別割引のクーポンのような。果たしてそれらがUber Eats(ウーバーイーツ)にはあるのでしょうか。

結論から申し上げますと、あります。それも、数量限定や、期間限定などではなく、誰でも利用できるお得なクーポンなのです。

紹介クーポンで1,000円分の割引クーポンを配布中

誰でも利用できるお得なクーポン。それは「紹介クーポン」です。

この紹介クーポンは、既にUber Eats(ウーバーイーツ)を利用している人が「クーポンコード」を発行し、まだ注文利用をしていない、新規の利用者に向けてクーポンをプレゼントする仕組みになっています。

新規利用者はクーポンコードを受け取り、注文をする際アプリに入力するだけでOK。1,000円もお得に注文できるのです。

しかも、このクーポンは嬉しいことに直接の「友人・知人」に限らず誰にもらっても利用できます。そんなクーポンコードは、次の記事で紹介しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)注文が1000円割引になる紹介クーポンを配布中!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアの送料・手数料

利用したいお店や、商品が決まればさっそく注文。と、いきたいところですがデリバリーサービスには送料や手数料がつきもの。

送料や手数料に変動があるのか、いくらくらいがかかるのか。知らずに注文すると、損をすることがあるのでは、と心配になりますよね。

こちらでは、送料や手数料などのサービス料をご紹介します。

送料

金沢エリアの送料は一律ではありません。利用者とお店との距離によって送料は異なります。手近だと安く遠いと高いという基準があります。

しかし、金沢エリア直径で東西に6キロ、南北に10キロ程度の範囲なので、範囲内の端から端で注文しない限り高額にはならないでしょう。平均的に300円前後の送料がかかるようです。

また同じような距離でもお店によって送料に変動がありますので注文する際は確認を怠らないよう注意してください。

サービス料

Uber Eats(ウーバーイーツ)には送料とは別に配達を請け負うためのサービス料金が追加されます。このサービス料はお店ごとの変動ではなく、一律で決定しています。

パーセンテージは「10%」です。

注文した商品全てが決定したら、それらの小計に10%が掛けられます。

このサービス料ですが例外的に除外されることがあります。それはUber Eats(ウーバーイーツ)と提携している配達パートナーではなく、お店の店員自らが配達する場合です。

配達パートナーを介さない場合、サービス料はかかりません。

少額注文手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)の利点の一つが、どんなものでもどんな量でも依頼されれば届けてくれるところです。最低注文金額が存在しません。

タピオカミルクティー一杯や、コンビニで販売しているお酒一缶、卵一つでも配達してくれます。

しかし、それら少額の注文には少額注文手数料がかかってしまいます。あまりに注文金額が少ないと請求される費用のことです。

少額注文手数料は注文金額が700円以下の商品に「150円」かかります。

少ない量で注文する場合は、少額注文手数料も加味して利用してください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアで送料無料で利用できるEatsパスとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用し始め、様々なお店から商品をデリバリーしてもらうようになると、気になってくるのがその送料。週に一回、月四回。この頻度で利用すると送料は1000円以上かかるのは必須。

どうしても必要な料金だとはわかっているけど、できれば出費を抑えたい。

そんなあなたにうってつけのサービスがあります。それが「Eatsパス」です。

これはUber Eats(ウーバーイーツ)が展開している送料のサブスクサービス。

月額980円。税込み1200円を超える注文で送料が何度でも無料になります。

Eatsパスに登録すると、初回一ヶ月が無料で利用できます。Uber Eats(ウーバーイーツ)を定期的に利用する方には必見です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアの配達登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)では常に配達パートナーを募集しています。配達パートナーとはデリバリーサービスのバイトとは違い個人事業主の扱いとなります。

個人事業主、と聞くと働くまでに結構な時間がかかるのでは、と身構えてしまいますが、申請方法はいたって簡単で、必要書類を事前に揃えるだけです。

配達パートナーとして登録する前に、ご自身が配達で使う種類を決めてください。主要なものは三種類。軽自動車、原付バイク、自転車です。

この移動手段によって必要書類が異なります。

軽自動車や原付バイクは運転免許証やナンバープレートの写真、自賠責保険証を準備します。

自転車の場合はご自身のプロフィール写真と身分証明書です。これらが準備できたら、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサイトにてアカウント登録を行い、

指示にしたがって必要事項を入力します。登録したあと、一週間から二週間程度審査があり、返答が来れば配達パートナーになることができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアの給料予想【稼げる金額はいくら?】

配達パートナーは個人事業主です。そして、バイトなどの時給制度ではありません。
いわば出来高制の報酬は一体どのような仕組みになっているのでしょうか。

まず、配達の際発生するのは「基本料金」です。

この基本料金は受け取り完了、受け渡し完了、移動距離の三点から算出されます。

移動距離が長ければ長いほど料金が加算されるため、基本料金は都度変わるのです。

この三点があわせられた基本料金から仲介元であるUber Eats(ウーバーイーツ)への手数料が引かれます。手数料は一割です。

金沢エリア一件の配達平均は400~500円程。一見少ないように感じますが、ほとんどが配達に一時間もかからないため、二件まわれば、時給千円程度になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアで稼ぐためのコツ

効率よく稼ぐためのコツはなんといっても、一時間にどれだけ配達ができるかです。

配達一件、500円程度だとしても一時間に四件回れば、時給二千円も夢ではありません。

加盟店は金沢駅周辺はもちろんのこと、金沢城跡の観光周辺にも加盟店が軒を連ねていますので、都市部中心に狙いを定めても良いかもしれません。

需要の多いランチタイム・ディナータイムを狙う

飲食店にピーク時間があるように配達パートナーの需要にもピークはあります。
それがランチタイムとディナータイムです。

ランチタイムは特に利用者が手軽にそして早く食事を求めているため、配達パートナーはできるだけ沢山受け取り、沢山配達できると良いでしょう。

ディナータイムは家族や親戚の集まりで利用する場合があります。土日祝日の楽しみとして

デリバリーサービスを活用する頻度が高まるので、その時間帯を狙って稼働すると稼げるでしょう。

稼げるエリアで配達をする

金沢駅は北陸新幹線が通る石川県の出入り口です。観光が訪れる場所でもありますが、ビジネスマンが利用する場所でもあります。そして金沢駅周辺にはホテルが四十超も点在しているのです。

出張に利用するビジネスホテルもあり、また客室数も多いこれらのホテル。最近では、ビジネスホテル側がデリバリーサービスの配達を許可しているところも多く、仕事の都合で単身訪れた人が気軽に利用できるようになっています。

石川県在住の利用者と共に、これら単発の利用者にも届けられるため、金沢駅周辺での配達は最も稼げるエリアの一つと言えるでしょう。

雨の日に稼働する

配達パートナーが自分もしくは少数であれば、配達の受け取りなど競争はありませんが、人気の仕事であるがゆえに、どうしても仕事の取り合いは発生してしまいます。

これを回避するための方法の一つとして、天候があげられます。

雨の日は配達パートナーは若干数減るのです。しかし、利用者は増加します。

この雨の日、悪天候が予想される日に稼働できるのなら、ライバルたちに先を越される心配が少ないでしょう。

また、悪天候の日は配達パートナーに追加料金が発生されるので、ご自身の安全と体調を整えたうえで、配達に取り組みより多く稼ぎましょう。

ブースト時に稼働する

配達パートナーが受け取る報酬がさらに高くなる、ブーストという制度をご存じですか。
これは、特別な条件が重なった時に発生するのです。

その条件とは、指定された時間と場所によって異なります。

配達の依頼が多い時間帯に、配達パートナーがより多く稼働するようなシステムなので、ランチやディナータイムなどのピーク時発生する可能性が高いです。

このブースト時に配達を行うと報酬が1.1倍~最高で2.0倍にまで跳ね上がります。

配達パートナー専用のアプリで確認できるので、まめにチェックして効率よく配達を行いましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアで稼げるエリアはどこ?

金沢エリアはUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスが展開されてまだまもないです。そのため、対応範囲が大都市と比べて限られています。

配達パートナーは利用者の多い場所に行けばいいのか、加盟店舗の周辺で待機していればいいのか迷ってしまうのも当然です。

では、どのように配達を行い、どの後足りで待機しているのが最善でしょうか。

店鋪の多く集まってる場所

狙い目はまず加盟店舗が多く集まっている場所です。この近くに待機していれば、受け取りも素早く行えて、利用者に届けるまでの時間を短縮できます。

金沢エリアで加盟店舗がより密集している地域といえば、金沢市役所周辺。こちらは隣接して金沢21世紀美術館や金沢城跡、兼六園が立ち並び、観光名所の様相がありますが、その分働く人やホテルも多く利用者、そして加盟店舗が密集しているエリアなのです。

繁華街エリア

やはり外せないのは繁華街エリア。金沢エリアでにぎわう場所と言えば、金沢駅周辺と近江町市場周辺です。この金沢駅と近江町市場は直線の大通りでつながっており、距離は一キロ程度。バイクでも自転車でも素早く往復できる距離です。

またこの周辺にはカフェの加盟店があり、ランチやディナーのピーク時だけでなく、朝のコーヒーや、お昼過ぎのおやつとしてUber Eats(ウーバーイーツ)を利用する需要が見込まれます。

駅周辺エリア

金沢エリアの中心地はやはり金沢駅。巨大ターミナルを中心に動きたいところですが当然ながらライバルも多いです。

そこで忘れてはいけないのが、金沢市に隣接する野々市市。

JR北陸本線の「野々市」駅と石川本線の「野々市工大前」駅です。金沢駅からほどなく距離がありますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアの範囲内であり、加盟店も点在しています。

住宅地や大学もあるため利用者が見込まれます。バイクを使用する配達パートナーは中心部と野々市周辺を往復して稼ぐことが可能です。

有名チェーン店周辺

外食やテイクアウトでも利用頻度の多いチェーン店はUber Eats(ウーバーイーツ)でも多く注文されます。

加盟店はファーストフード店だけでなく、お弁当屋も含まれているので、お昼時などこのチェーン店周辺に待機していれば受け取りが素早く行えます。

また、食事だけでなく、コンビニエンスストアも加盟店舗として名を連ねているので、場所を頭にいれておいて損はないでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアの配達で持っておきたいアイテム

配達パートナーとして働くために必要な申請書類の有無や簡単に応募できることは前述しました。ですが、登録後、必要なものはなにかあるのか。費用はどれほどかかるのかなど、事前に知っておきたいですよね。

先輩配達パートナーたちが必須としているアイテムをこちらでご案内します。

モバイルバッテリー

配達パートナーは専用アプリで仕事の請負を行います。一日中稼働するかたであればあるほど、充電のチェックはこまめにしておく必要があります。

急な充電切れが起きないよう持っておきたいのはモバイルバッテリー。

安価なものでは1000円前後の商品がありますが、充電回数が1~2回程度しかできないものが多いです。普段使いなら十分ですが仕事に利用するには頼りないので、4回ほど充電できるモバイルバッテリーを選びましょう。

荷物を少なくするためにワイヤレス充電可能や、衝撃耐性や塵を防ぐ機能がついていると尚良いでしょう。

スマホホルダー

配達パートナーが使用する移動手段の大半がバイクと自転車です。これらを運転しながらスマホを操作することは法律違反になります。ですが、地図などを見るたびにカバンやポケットからいちいちだすのも面倒です。

そのために、ハンドル部分に装着できるスマホホルダーを入手しておくと良いでしょう。
スマホホルダーの取り付けはねじで止めるなど簡単なものが多く、またしっかりとスマホを固定してくれます。

バイクや自転車の運転を止め、素早くみられるのが特徴です。
一方向にしっかり止めるタイプもありますが、縦横と動かしたい場合は固定部分が自由に稼働できるタイプを選ぶと良いでしょう。

スマホホルダーの値段は三千円前後が多く、こだわりが多い分費用が加算される傾向にあります。

大容量SIM・WiMAX

配達パートナーという個人事業主であるあなたが抑えたいのはやはり必要経費ではないでしょうか。そしてこの仕事と切っても切り離せないのがスマホの利用料。

差し支えなければ、大容量SIM・WiMAXに切り替えて安く費用を抑えましょう。

気になる通信可能エリアも金沢市中心街であれば十分につながります。

大容量SIM・WiMAXで、ルーターなどを使いギガ使い放題のプランも設定されているため検討する価値大です。

配達専用バッグ

Uber Eats(ウーバーイーツ)専用バックは通称「ウバック」と言います。

このウバックは会社から配達パートナーに送付されるのではなく、自身で購入する必要があります。

購入方法は大手通販サイトのAmazonから。Amazon内で検索するとすぐにヒットします。価格は5,000円。

黒地のタイプと緑地のタイプがあります。夜間も稼働するのであれば、色がついている緑色を選ぶと良いでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達バックの指定をしていませんが、価格や安全面などから考えてもウバックの使用が適切です。

タオル

配達パートナー必須のアイテム。最後はタオルです。

言われなくても用意するよ、と思っているあなたはご自身の汗を拭くためのものだと思っていませんか?

もちろんその用途もあるのですが、一番の用途は「緩衝材」です。ウバックはしっかりとした作りですがすべての商品に対応した形ではありません。

お店側でも商品を固定する対応はしていますが、絶対に倒れないという保証はないのです。丁寧に運ぶことが前提ですがそれでもまったく振動をさせずに移動することはできません。

商品がこぼれるのを防いでくれるのが、タオルなのです。商品とウバックの隙間に差し込んで緩衝材にすれば倒れる心配が軽減します。また、タオルは持ち運びが軽く何枚でも用意できるので、配達パートナーの必須アイテムとなっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアで利用できるシェア自転車

配達の移動手段として重宝されているのが自転車です。自分で用意しても良いですが、シェア自転車を利用するという手段もあります。

金沢エリアで展開しているシェア自転車サービスには「まちのり」があります。

まちのりは会員登録をして利用することが可能です。

一回利用は30分165円。それ以降は30分165円加算されます。

月額利用も可能で、月額1650円支払うと最初の30分は無料。次の30分から110円が加算されます。

一日の超過料金の上限が、2200円なので、効率よく利用してみてはいかがでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)金沢エリアを楽しく利用しよう!【まとめ】

金沢エリアのサービス範囲はまだ中心部に限られていますが、その範囲は徐々に拡大しています。

加盟店舗も有名チェーン店だけでなく、地元で愛されている有名店や、新鮮な魚を扱う寿司店まで様々。地元の人が利用するのもよし、出張者や旅行者利用するもよしと、様々な利用者が存在します。

今後Uber Eats(ウーバーイーツ)の需要が高まれば高まるほど利用範囲や加盟店舗が増えることが見込まれます。

新規サービスエリアでは配達パートナー不足も起きる為、配達車手を上げるのも良いですね。

金沢エリアのUber Eats(ウーバーイーツ)がより盛り上がるよう、皆さんも是非利用してみてください。

コメント